教えて!シュタイン博士

カードローン審査の「困った」を解決
もしも…の時こそカードローン!その特徴と審査のコツを徹底解説!

急に現金が必要になる、思ったより出費が多くて手持ちの現金が心もとない、そんなとき便利なのが、利用目的自由でいつでも利用できるカードローンです。

しかし、カードローンを利用するためにはどうすれば良いのか、どのような特徴があるのか、どのような注意点があるのか、きちんと把握できている人は少ないのでは?

いざという時にカードローンを利用できるよう、カードローンそのものの特徴に加え、申込、審査、借入や返済のポイントについて徹底解説していきいましょう!

カードローンは担保保証人不要で自由に使える便利なキャッシング

カードローンは、個人が利用できるキャッシング方法の1つです。カードローンの特徴としては、次の点が挙げられます。

  • 利用目的自由
  • 限度額内であれば、契約期間内何度でも借り入れ可能
  • 担保・保証人不要

キャッシングをするとなれば、どうしても担保や保証人が必要だと思ってしまうかもしれません。しかし、担保となる資産をない、保証人は頼みづらい、そう悩む人も多いはずです。

しかし、カードローンは担保や保証人は不要となっており、申込者自身の信用のみで借り入れが可能となっています。

これは利用者にとって魅力的ですよね。ただし、利用限度額については希望が通るとは限りません。審査によって決定するということは覚えておきましょう。

カードローンは利用する目的に制限がなく、生活費や娯楽、レジャー、交際費、教育資金、どのような目的でも利用可能です。

ただし、カードローンの多くは事業資金での利用を禁止しています。事業資金目的での利用を検討する場合は、個人事業主専用のカードローンを検討するようにしましょう。

カードローンは限度額内で自由にできるキャッシングで、担保や保証人不要で利用できるという便利なものなのじゃ。誰かに迷惑をかける心配がないというので、利用しやすいもんじゃ。

利用目的自由という点も魅力ですが、事業資金目的はNGとなっている場合が多いという点には注意が必要じゃな。

利用先選びのポイント!知っておきたい総量規制

カードローンを利用したいと思っても、実際どこを利用すれば良いのか迷ってしまうかもしれません。カードローンを取り扱っているのは、銀行や消費者金融、信販会社など、多数あるためです。

ここで、利用先を選ぶためのポイントとして総量規制をチェックしておきましょう。

貸金業法内で定められている総量規制は、申込者の年収の3分の1を上限とした貸付しか出来ないよう制限したものです。収入に合わせた借り入れをすることで、借金苦になることを防ぐ目的があります。

個人の借入金額の上限が決まれば、返済負担の上限も必然的に決まってきますよね。ですから、無理のない借り入れを出来るだけ防ごうとした規制なのです。もちろん、上限が決まれば多重債務のリスクも減らすことが出来ます。

この総量規制は、1社だけではなく個人の借入総額にかかってきます。他社借り入れがあれば、他で設定できる限度額は年収の3分の1から他社借り入れ分を差し引いた金額となりますので、可能な限度額設定が低くなってしまうわけです。

実際は借入していなくても、利用限度額の設定が行われていればそれは借入しているとみなされますのて注意しておきましょう。

銀行は総量規制対象外!信用に応じた金額の借入が可能

カードローンを利用する際には、総量規制に注意しなければいけません。

しかし、総量規制は貸金業法内に定められているものですから銀行は対象外となることは覚えておきたいですね。

総量規制は、貸金業者である消費者金融や信販会社に適用されるものなのです。では、総量規制対象外の銀行カードローンをいくつかピックアップしてご紹介しておきましょう。

銀行名 限度額 金利 特徴
セブン銀行 10万円 30万円 50万円 15% 審査最短10分 セブン銀行の口座が必要
イオン銀行 最高800万円 3.8~13.8% 14時までの申し込みで 即日審査結果回答 イオン銀行口座が必要
オリックス銀行 最高800万円 3.0~17.8% 最短即日審査 提携ATM利用手数料ゼロ 口座開設不要

やはり銀行カードローンですから、金利が低めであるという点が魅力ですね。

しかし、この金利は情勢によって変動する可能性がありますので、申込時には必ず最新の金利情報をチェックするようにしましょう。

また、銀行カードローンを利用する際には口座開設の有無もチェックが必要です。口座開設が必須となっている場合、せっかく審査に通っても口座が出来るまで利用することが出来ないということになってしまいますからね。

口座開設が必要な場合、カードローン申込と同時に口座開設の申し込みもできるケースがほとんどです。ただし、時間がかかることも多いですから、急いでいる場合は他のカードローンを検討することも考えましょう。

カードローンを選ぶ際には総量規制の対象かどうかを考えた方が良いようじゃな。銀行の場合は総量規制対象外となっているようじゃが、口座の開設が必要だったり手間もかかりそうじゃな。

消費者金融カードローンと銀行カードローン、どちらを利用するか、総量規制も含めて考えるようにするとよいぞ。

審査に通らなければ借り入れ不可!カードローン利用のコツとは

カードローンを利用するにあたって、どのような流れになるのかを押さえておきましょう。

【申し込み】→【審査】→【契約手続き】→【カード発行】→【利用開始】

基本的には、この流れとなっています。ここでどうしても気になるのが、審査ではないでしょうか。ただ申し込みをしただけでは、カードローンを利用することはできません。

カードローンを利用するためには、審査をパスしなければいけないのです。カードローンを利用するために、審査に通るコツをご紹介していきましょう。

カードローン審査をクリアするための3つの要素をチェック

まず、審査をパスするために必要となる3つの要素を挙げてみます。

  • 安定した収入がある
  • 個人信用情報への事故情報登録がない
  • 多重債務者ではない

カードローンを利用するにあたって、安定した収入というのは必ず必要となります。収入が無ければ、総量規制にも影響しますし、総量規制無関係の銀行カードローンを利用するにしても返済能力を示すことが出来ませんからね。

しかし、審査で最も重要と言えるポイントは、事故情報登録の有無です。

審査では、必ず個人信用情報が確認されます。もし過去の借入でしっかりと完済できなかった事実があれば、審査では大きく不利になるのです。

個人信用情報に登録されている問題、それこそが事故情報です。

  • 延滞
  • 債務整理
  • 代位弁済

これらを引き起こしてしまったという実績があれば、事故情報として登録されてしまうわけですね。これがブラックと呼ばれる状態です。

事故情報とは、返済期日に満額しっかり返済できなかったという事実を示しているため、信用が欠けていると判断されてしまうわけです。

あとは、多重債務でも審査に通るのは難しくなります。他社借り入れをしている状態では、毎月の返済負担が増えることで返済期日に遅れる、返済できないといった可能性が出てくるためですね。

いずれにしても、審査に通るために必要なのは申込者の信用です。審査に通るために、返済能力があるということを3つのポイントを押さえることでアピールできるようにしておきましょう。

カードローンの審査では、信用が重要となるのじゃ。毎月しっかりと返済を行えるかどうか、それを収入や事故情報の有無でチェックするんじゃ。

信用があると判断されれば、カードローンの審査に通ることが出来るんじゃ。まずは不安要素を作らないよう注意しておくんじゃよ。

より便利に!借入や返済はネットやATMを上手に使おう

カードローンの借入や返済は、どのように行うのでしょうか。基本的には、カードローンは発行されたローンカードを使用して、ATMから借り入れを行います。

しかし、カードローンはATMだけで利用できるわけではありません。カードローン会社によっては、ネットでの振込融資に対応しているところもあるのです。

ネットで依頼をして。直接自身の口座へ振り込みをしてもらうことが出来るのです。自分が利用している銀行口座でOKという場合もありますし、カードローン会社が指定している金融機関口座でなければいけない場合もあります。

自身の口座へ直接振り込みをしてもらえるメリットとしては、次の点が挙げられます。

  • 銀行キャッシュカードで借り入れできる
  • 引き落としでの支払いに対応できる

口座へ振込をしてもらうことが出来れば、自分が持っているキャッシュカードで現金を引き出すことが出来ます。つまり、カードローンを利用していることを知られることなく、お金を借り入れできるというメリットがあるわけです。

また、口座残高が不足して引き落としに対応できない!そんなピンチのときでも、振込融資を利用できれば安心ですよね。

返済方法が選べる場合もある!その際は手数料の有無を要チェック

返済については、次の方法が挙げられます。

  • ATM振込
  • 口座振り込み
  • 自動振替

この中で、毎月確実にやってくる返済日を忘れないようにするためには、自動振替がおすすめです。口座から毎月自動で引き落とされますので、返済の管理が楽になります。

もちろん、ATMへの振込や口座振り込みという方法にも、自分の都合の良いタイミングで行えるというメリットはあります。

ただし、振込での返済を選択する場合は、振込手数料の有無についてチェックしておく必要があります。

その都度手数料が生じれば、損をしてしまうことにもなりかねませんからね。カードローン会社によって、手数料の扱いは様々です。

  • 自社ATMのみ無料
  • 自社ではない銀行ATMも無料
  • 手数料無料の回数制限あり
  • 手数料は都度発生

自分が希望するカードローンがあれば、その借入方法と返済方法についてしっかりとチェックしておくようにしたいですね。

カードローンの借入や返済の方法は、ATMを利用する以外にもあるのじゃ。口座振り込みでの借り入れは状況によってはかなり便利で、自動引き落としでの返済も手間が省けて助かりそうじゃな。

どのような方法が利用できるのか、しっかりチェックし、上手にカードローンを活用するようにしたいのう。

最新記事
12345...102030...
閉じる