カードローン審査の「困った」を解決

どんな金融業者のカードローンを使う場合にも役立つ記事特集!

お金を借りるにあたって、返済計画などももちろん大切ですが、どのカードローンを利用するのかということを決めなくては話になりません。でも、カードローンを取り扱っている金融業者には、いろんな種類の会社があって選ぶにも一苦労ですよね。

そもそも、どんな業種にどんなカードローンがあるのか、その違いもよく分からないという人もいるのではないでしょうか。カードローンには業種ごとの違いもあれば、どんな商品にも共通する部分もあります。

ここでは、どんな会社のカードローンを選ぶにしても知っておくべき情報を集めましたので、まずは一通りカードローンのことを知りたいという方は、興味が湧いた記事から読んでみてくださいね。

カードローンを取り扱っている業種は3種類!どんな違いがあるの?

カードローンを取り扱っている業者としては、やはり消費者金融が有名ですが、それ以外にもいくつかの業種が存在します。まずは、そんなごく基本的なところから見ていきましょう。

カードローン会社の種類

現在、カードローンやキャッシングを取り扱っている業種は、以下の3つに大別されます。

系統 業種 企業例
消費者金融系 大手消費者金融
中小消費者金融
アコム、アイフル、
プロミス、SMBCモビット等
信販系 クレジット会社 ジャックス、セゾン等
銀行系 都市銀行、地方銀行、
ネット銀行、信用金庫等
三菱東京UFJ銀行、
新生銀行、楽天銀行等

つまり、カードローンに申し込みをするならば、消費者金融か銀行かクレジットカード会社のいずれかになるというわけです。

すべての業種に共通すること

業種によって、「カードローン」「キャッシング」「キャッシングローン」など、いろんな呼び方がありますが、どれも基本的には同じものです。系統にかかわらずすべての業種のカードローン商品に共通するものには、以下のようなものがあります。

  • 原則として使い道自由(ただし事業性資金はのぞくところが多い)
  • 利用限度額内でならローンカードでいつでも何度でも利用できる
  • 住宅ローンなど大口融資に比べて金利が高い
  • 保証会社が保証するので原則として担保・保証人不要
  • ATMや振込などいろんな借入および返済方法がある

業者によってはカード発行がないところもあったり、事業性資金にも使えるというところがあったりと細かい例外はあるものの、ほとんどのカードローンやキャッシング商品はこれらの特徴を備えていると言えます。

業種ごとの違いは?

それでは、業種によって違いがある部分は、どんなところでしょうか?

もっとも大きな違いは、法律の違いです。それぞれ守らなければならない法律があり、その法律や業種の特性によって、カードローン商品に以下のような違いが出てきます。

業種 法律 特徴
消費者金融系
信販系
貸金業法 ・総量規制の対象
・金利が高め
・大手消費者金融には無利息期間サービスがあることが多い
銀行系 銀行法 ・総量規制の対象外
・金利が低め

総量規制については次節にお話しますが、それ以外の大きな違いはやはり金利の差です。低金利を優先するのなら、銀行系がよいでしょう。こちらもご参考に!→銀行のカードローンなら銀行法

総量規制とは

消費者金融系と信販系から借りる場合は、総量規制の対象となるため、以下のような制限が加わります。

  • 年収の1/3を超える借入はできない
  • 専業主婦など本人に収入のない人は利用できないところが多い

一方、銀行系なら総量規制対象外なので、年収にかかわらず返済能力に見合った金額が借りられますし、配偶者に安定収入があれば専業主婦でも借り入れできる可能性があります。(⇒カードローンしたくは総量規制の対象外?

カードローンには、業種によって消費者金融系・信販系・銀行系の3種類があって、それぞれに共通する点と異なる点があるんじゃな。

専業主婦など特定の業種は利用できない人もいるし、所得証明書が必要になる金額も業種や会社によって違うし、人によってどのカードローンがよいかが変わってくるんじゃ。

まずは、何を優先したいのかよく考えるとよいんじゃよ!

カードローンの審査基準は業者によって違うの?可決するための秘訣

カードローンやキャッシングには、業種ごとに違う点とどんな会社にも共通する点とがあることをお話しました。それでは、気になる審査基準についてはどうなのでしょうか?

いずれにしても、審査に通らなければ借入はできませんから、審査基準や可決するためのコツを知っておきましょう。

審査される個人情報

まずは、審査において必要になる個人情報について見てみましょう。

  • 勤務先・勤続年数・年収
  • 個人信用情報
  • 家族構成・居住形態・居住年数
  • 固定電話の有無

これらの情報を基に審査が行われます。

もっとも重要なのが個人信用情報で、これに延滞や債務整理などの情報が記載されていると、審査落ちの確率が高くなります。

年収なども重要ではありますが、借入額とのバランスが取れていれば問題ないことも多いです。審査について詳しいことは、ぜひカテゴリー内の記事を参考にしてくださいね。

ブラックは原則借りられない

どんなカードローンに申し込んでも、必ず審査があります。しかし、業者によって審査基準が大きく異なるとか、審査が緩いところと特に厳しいところがあるということは、基本的にはありません。

もしも、ブラックOKを謳っている業者や、法律で定められている上限金利である20.0%を超える金利での貸付を勧めてくる業者があれば、それは闇金の可能性があります。どんなに甘い言葉で誘われても、ヤミ金には絶対に近づかないようにしてください。

ただ、個人信用情報がブラックの場合でも、時効があります。

自己破産などの重大な金融事故でも、最大5年ほどで消去されますので、それ以降なら再び借り入れできる可能性が出てきます。

申し込むからには、確実に審査に通りたいものじゃよな。申し込んで否決だと、その情報も個人信用情報に載ってしまって、次の審査に不利になることもあるから要注意じゃ!

どんな業者であっても、ブラックでは借りられないと思っておくべきじゃ。今返済に困っている人は闇金などには手を染めず、おまとめローンなども利用してできるだけ早く完済することをオススメするぞ!

借り換えや個人事業主向けも!カードローン商品の種類をチェック!

では最後に、カードローン商品そのものについてご紹介します。カードローンと言っても、いろんな種類があることを知っておけば、より自分自身に最適なものが選べそうですね。

カードローン商品の種類

一般的なカードローンは、20歳以上で安定収入があれば原則として誰でも利用することができ、使い道は自由です。しかし、そのような通常のカードローン以外にも、以下のような商品もあります。

  • 事業者向けカードローン
  • 女性向けカードローン
  • 目的別カードローン
  • おまとめ(借り換え)カードローン

個人事業主や会社の代表者の方々は、会社員に比べて収入が不安定になりがちなので、借りにくい場合があります。そんな時は、事業者向けローンを検討するのも良いでしょう。

また、旅行や引っ越し、医療費など、使い道が決まっているならば、目的別カードローンにすれば金利がお得になるケースがあります。

とはいえ、これらのカードローンはどの業者にもあるとは限りません。一般的なもの以外のカードローンがある業者を知りたい方は、他の記事をご参照くださいね!

他社借り入れがある方は借り換えも要検討!

お伝えしたように、事業者向けローンや女性向けカードローンなどは、どの業者でも取り扱っているわけではありません。しかし、おまとめローン(借り換えローン)は、多くの業者にて取り扱われています。

おまとめとは、複数の他社借り入れがある人が、それらをひとつの業者でまとめて借り換えるというもので、以下のようなメリットがあります。(⇒借り換えるなら今より低金利なカードローン

  • 金利が下がる可能性がある
  • 返済日を月1回にまとめられる
  • 総量規制の例外

おまとめローンは総量規制の例外に該当するので、まとめた金額が年収の1/3を超えても、消費者金融のおまとめ商品を利用することができます。

また、ローンをひとつにまとめれば今よりも低金利になる可能性があるため、そうなれば返済額を減らすことができます。

一般的なカードローンの他にも、いろんなニーズに向けて特徴的なカードローン商品があるものなんじゃよ。

使い道や属性によっては、そのような特定の人向けのカードローンを選んだ方がお得だったりするから、申し込む前によく調べておくと良いんじゃよ。

借入先を検討する前に、カードローンの基本情報を仕入れよう!

どこで借りようか迷う前に、カードローンというもの全体についての知識を頭に入れておくことは、とても重要なことです。そうすれば、効率的にいろんな業者の商品が比較検討できるようになるからです。

このカテゴリーでは、各業者についての情報はもちろん、カードローン自体や審査などについても分かりやすくご紹介した記事が豊富にそろっています。

気軽に申し込めるとはいえ、カードローンは借金ですから、ぜひこちらの記事でできるだけ多くの情報を集めてから利用してくださいね!

【参考ページはこちら】
カードローンのよくある質問もチェック!

今は本当にたくさんのカードローン商品があるものじゃな。選択肢が広がったのはよいが、かえって迷ってしまうという人も多いはずじゃ。

金利で選ぶなら銀行系がよいし、利便性なら消費者金融も悪くないんじゃ。ただ、銀行の場合はそこに銀行口座を持っていることが条件になっているところも多いから、あらかじめ口座を開いておけば早く融資が受けられるんじゃ。

このように、いざというとき慌てないで借りるためには、事前の準備や情報収集が大事なんじゃよ!一つでも多くの記事をチェックしてみるのじゃ!

カードローンといえば、多くの人が消費者金融もしくは...

カードローンをどこで申込めばよいのだろう。たくさん...

12345...1020...
閉じる
閉じる