カードローン審査の「困った」を解決

三井住友銀行カードローン利用で読みたい記事一覧はこちら!

キャッシングやカードローンにはいくつかの業種がありますが、何系を利用するかによって、その内容にいろんな違いがあります。中でも大きな違いとしては、銀行系なら元々給与振込などで利用しているところから借りられるという点が挙げられます。

このカテゴリーで取り上げる三井住友銀行も、メガバンクですから非常に多くの人が普通預金や大口ローンなどをすでに利用していることでしょう。そのような方々は、同じ金融機関でカードローンを利用するのも良い方法です。

もちろん、これまで三井住友銀行を使っていなかった人が、カードローンだけ利用するのも悪くありません。この機会に、ぜひ三井住友銀行カードローンについて知っておきましょう。

銀行系の特徴と三井住友銀行カードローンの審査について知ろう!

三井住友銀行は、誰もが知る日本3大メガバンクのひとつです。そんな三井住友銀行のカードローンは、当然ながら「銀行系」に分類されます。まずは、他の業種と比較しながらその特徴を見ていくとともに、審査基準についても知っておきましょう。

銀行系の特徴って?

カードローンには、三井住友銀行が含まれる「銀行系」の他に、「消費者金融系」、そして「信販系」の3種類があります。

それぞれの特徴としては、以下のようなものがあります。

業種 特徴
銀行系 ・最大限度額が大きい
・金利が低い
・総量規制対象外
消費者金融系 ・最大限度額は銀行系と信販系の間くらい
・金利が高い
・総量規制の対象
・利用できるATMが多いなど利便性が高い
信販系 ・最大限度額は小さめ
・金利が高い
・総量規制の対象
・申し込みから融資まで時間がかかる

このように、銀行系はその他の業種と異なり、総量規制の対象外です。したがって、年収の1/3以上の借り入れができたり、配偶者に安定収入がある専業主婦でも申し込めたりするメリットがあります。

また、利息が安いというのも、銀行系の大きな魅力ですね。

とはいえ、実際には銀行系に匹敵するほど大きな最大限度額を設定している消費者金融もありますし、スピード融資が可能な信販系もあります。個々の会社については、こちらの記事もご参考にしてくださいね。(⇒カードローン会社一覧はこちら

審査はどのように行われるの?

三井住友銀行カードローンの審査は、同行およびSMBCコンシューマーファイナンス株式会社という保証会社によって行われます。

審査基準については公表されていませんが、他の業者と同じように返済能力があるかどうかを見極めるために、以下のような個人情報をもとにして審査を行うことには変わりありません。

  • 勤務先・年収・勤続年数・雇用形態
  • 家族構成・居住形態・居住年数
  • 固定電話・携帯電話の有無
  • 個人信用情報
それぞれの項目について、「こうでなければならない」という決まりはありません。年収も契約希望額とのバランスが取れていれば、特別高収入でなくても大丈夫です。勤続年数についても「○年以上」という記載はありませんが、長ければ長いほど有利になります。

個人信用情報に注意!

審査に必要な個人情報の中で、個人信用情報はかなり重要なものです。個人信用情報とは、CICなどの指定信用情報機関にて収集・保管されている、個人のクレジットヒストリーのことです。

債務整理や返済の遅延などが個人信用情報機関に保管されていると、審査において非常に不利になります。

仮に完済済みであっても、過去に延滞したことがある等の情報は数年間記載され続けます。確実に審査通過したいならば、身に覚えのある方は審査申込の前に情報開示することをオススメします。

三井住友銀行カードローンは銀行系で、低金利で総量規制対象外というメリットがあるんじゃ。

しかし、三井住友銀行カードローンの保証会社でもあるSMBCコンシューマーファイナンスには「プロミス」というサービスブランドがあり、これは消費者金融系に分類されるんじゃ。

より広範囲で比較検討したいという人には、プロミスについての記事も一緒に読むことをオススメしたいんじゃ!

三井住友銀行カードローンの概要をチェック!メリットは何?

では次に、三井住友銀行カードローンの商品内容について見ていきましょう。

三井住友銀行カードローンの概要

三井住友銀行カードローンの基本的な内容を、以下にまとめました。

項目 内容
限度額 800万円
金利 4.0%~14.5%
申し込み条件 ・申込時の年齢が満20歳以上満69歳以下の人
・原則として安定した収入のある人
・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる人
必要書類 ・運転免許証などの本人確認書類
・源泉徴収票などの収入証明書類

最大で800万円までの枠がもらえる可能性があるというのは、なかなか心強いですね。しかしながら、最初は数十万円までの契約極度額になることがほとんどです。

適切な利用を続ければ増枠していくことは可能ですので、末永くお付き合いしたい人にもおすすめのカードローンです。

三井住友銀行カードローンへの申込方法

三井住友銀行カードローンの申し込み方法には、以下のようなものが用意されています。

  • パソコン・スマホ
  • インターネットバンキング
  • 自動契約機
  • 店頭窓口
  • 電話
  • 郵送

インターネットバンキングなら、最短30分で審査が終わります。在籍確認の電話連絡を含めても、可決ならばその日のうちに融資可能です。

三井住友銀行カードローンは、自行に預金口座を持っていない人でも申し込み可能です。しかし、口座がある方は、キャッシュカードにローンカード機能が一体化したカードを利用することができます。

さらに、借り入れや返済も、インターネットバンキングを通じて便利に使うことができます。

これは普通預金口座を持っている人しか利用できないサービスなので、カードローンを利用するなら口座を開くとよいかもしれません。(⇒三井住友銀行カードローンはネットサービスが豊富

三井住友銀行カードローンは、ローン専用カードが発行されるタイプと、キャッシュカード一体型のタイプが選択できるんじゃな。

しかも、三井住友銀行に口座を作らなくても、カードローンの利用は可能じゃ。

ただし、普通預金口座があるかどうかやカードのタイプによって、使えるATMやサービスが少し違ったりすることに注意じゃ!

三井住友銀行カードローンはどうやって利用するの?使えるATMは?

三井住友銀行カードローンの概要をご紹介しましたが、実際の利用方法についてはどうなっているのでしょうか?借入方法や返済方法を、簡単にお話します。さらに詳しいことについては、ぜひ他の記事からも情報を得てくださいね。

借入と返済の方法

先にも少し触れましたが、三井住友銀行カードローンの借入方法および返済方法には、以下のようなものがあります。

  • インターネットバンキング
  • ATM
  • 口座振替(返済)

やはり、インターネットバンキングの利用が便利ですね。それ以外の方法でももちろん良いのですが、返済日を忘れて滞納したりしないように気を付けましょう。

返済日は、毎月5日・15日・25日・月末のうちから、都合の良いものを選んで指定します。その月々の返済以外にも、余裕のある時に随時返済が可能です。

利用できるATMは?

ATMを使って借入や返済をしようと考えている人にとっては、どのATMが利用できるのかが気になりますよね。

三井住友銀行カードローンで利用できるATMは、以下の通りです。

  • 三井住友銀行ATM
  • イーネット(コンビニ)ATM
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • みずほ銀行ATM
  • りそな銀行ATM
  • 埼玉りそな銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • 地方銀行・信用組合等、多数の提携金融機関のATM
ただし、みずほ銀行以下の提携金融機関のATMは、借り入れのみの利用となります。また、ゆうちょ銀行ではカードの種類によって、使えない取引がありますので、詳しくはカテゴリー内の記事などでご確認ください。
ローン専用カードの方が、使えるATMは多いんじゃ。自分がどの金融機関のATMをよく使うのかを思い返して、より便利なカードを選ぶべきじゃな。

インターネットバンキングがメインで取引するなど、カードをあまり使わない予定の人は、どちらのカードでもそれほど問題なさそうじゃが、いざという時に使えるATMは、やはりあらかじめ把握しておいた方が良さそうじゃ!

三井住友銀行カードローンはインターネットバンキングの活用が便利!

三井住友銀行カードローンについて、基本的な部分についてご紹介してきました。銀行系なので、低金利で利用していくことができますし、大手銀行ならではの安心感もありますよね。

即日審査や即日融資も可能であることや、インターネットバンキングでいつでもどこでも借り入れや返済手続きができる等、大手消費者金融並みの利便性も期待できます。

ご自分に合うかもしれないと思った方は、ぜひご検討くださいね!

【参考ページはこちら】
三井住友銀行カードローンのデメリットは?

三井住友銀行は、言わずと知れたメガバンクじゃ。支店も全国にあるし、コンビニATMも利用できるから、誰にとっても便利で利用価値の高いカードローンじゃ!

しかし、借り入れ方法、返済総額や返済方法など、事前に詳しく知っておいた方が良いポイントはたくさんあるんじゃ。

ここでも、おおまかな点はご紹介できたはずじゃが、申し込んでしまう前にカテゴリー内の記事を読んで、より詳しいことまで頭に入れておくと良いんじゃよ!

日本にはメガバンクと呼ばれる預金残高が莫大となって...

12
閉じる
閉じる