カードローン審査の「困った」を解決

即日融資って可能なの!?急ぐ方向けのカードローン選び

カードローンの申込み後、結果を待つ時間ほど不安なものはありませんよね。審査は早いに越したことはありません。
(⇒カードローンの申込み方法について

しかしどこで申込んでも当日中に結果を知らせてもらえるかというと、そういう訳にはいきません。当日中が可能な企業は、やはり限られてくるのです。

審査スピードの早いのは、どの企業なのでしょう?そしてより早く結果が分かる申込み方法は、インターネット以外にもあるのでしょうか?

お急ぎの方におススメ!審査回答がスピーディーな業者

お金を借りようという時には、どなたでも急いでいるのが普通です。そのためどのカードローンも、必ず対応の「早さ」が売り文句になっています。

しかしどこを見ても「早い!」「即日!」という文句ばかりで、かえってその信憑性が薄らいでいるような気もします。果たしてこの「早さ」はホンモノなのでしょうか?

各社の審査所要時間は最短30分!?

カードローンの審査所要時間とは、申込書の到着後、仮審査の結果が出るまでにかかる時間のことです。

アコム、プロミス、SMBCモビット、バンクイックなどお馴染みのカードローンは、審査所要時間は全て最短30分ということになっています。
(⇒アイフルカードローンはリボ払い可能?

このような大手企業では最短30分で審査完了、結果連絡が入るということになる訳です。

でもこの「最短」というのがミソ。いつでも必ず30分後に連絡が入るという意味ではありません。

申込みが立て込んでいたり、審査そのものに時間がかかることもありますから、実際にはもう少し長く待つことになります。

またインターネットで申込んだ場合、深夜や早朝に送信する方も多いのですが、実際に審査がスタートするのはあくまで営業時間開始後です。

「最短」を信じて審査に落ちてしまったのではと心配する方もいるので、「30分」という時間には余りこだわらない方がいいようですね。

当日中に間に合わないのは何時を過ぎてから?

しかし30分は難しいにしても、当日中に結果が出ることくらいなら期待してもいいでしょう。しかし実は、これにも例外があります。

ここでカードローンレイクの説明を見てみましょう。レイクの場合、以下の時間帯が「審査結果のお知らせ時間」だということになっています。

平日・土日祝日  8時10分 – 21時50分
第3日曜日    8時10分 – 19時

これを見れば、審査結果が出る時間帯は限られているということが分かります。

もしもこれよりも遅い時間帯に申込んだとすれば、審査結果が出るのは翌日以降。そしてこれは、最短30分と表示しているその他の企業についても同様なのです。

企業によっても審査可能な時間帯は若干異なりますが、いずれの場合もそれを超えると当日中の対応は難しくなってきます。

審査結果が出る時間帯とは?

レイク以外の企業でも、仮審査の対応時間を調べてみましたのでご覧ください。

  • アコム    9時 – 21時
  • プロミス   9時 – 21時
  • バンクイック 9時 – 21時(土・日・祝日は9時 – 17時)
  • SMBCモビット   祝日を除く平日19時までの申込みは最短30分

SMBCモビットだけは審査が最短になる時間帯しか分からなかったのですが、当日中に回答が出る時間帯は、おそらく他と同様でしょう。

大手消費者金融のアコム、プロミス、バンクイック、SMBCモビットは夜9時まで、銀行カードローンレイクについては9時50分までなら審査可能です。

但し申込んだ時点から審査が始まる訳ですから、回答までには最短でもプラス30分が必要です。

するとこれより少なくとも30分は早く申込まないと、当日中の回答は難しいということになりますね。

しかも混み具合も配慮しなくてはなりませんから、当日中の回答を希望するなら、やはり申込みはなるべく夜間にかからない方が安心でしょう。

どの企業も30分程度で審査結果がわかると言われておるが、これは申込み時間にもよるので気をつけた方がよい。

あまり遅い時間帯に申し込んでしまうと、返事が翌営業日以降になってしまうことがあるんじゃ。なるべくならば早い時間帯の申込みが望ましいな。

心配無用?審査回答が遅いウラにはこんなことも!

しかしこのように審査が早い企業でも、審査に予想外に時間がかかってしまうこともあります。

審査結果連絡が遅れてしまうのには、どんな原因によるのでしょうか。余計な心配をしないためにも、一通りの可能性を考えてみましょう。

業務上の事情で遅れている?

まず考えられるのが、単純に忙しいということです。特に銀行などの金融機関では、繁忙期に重なって審査が遅れることがあります。

また休日直前に申込んでしまい、なかなか結果連絡が入らないと心配する方もいるのですが、この場合は審査業務がお休みになっているのかもしれません。

こういうこともあるので、週末や連休前の申込みは、なるだけ避けた方が無難ですね。そうでないと無駄にイライラすることになってしまいます。

これらは100%企業側の事情で、申込む側とは全く関係のない種類の審査の遅れです。

審査そのものに時間がかかっているケース

一方で審査は始まっているのですが、審査そのものに時間がかかっていることもあります。

こちらは、申込んだ人と直接関係のある審査の遅れです。特に他社からの借入のある方は要注意ですよ。

他からの借入については、どの企業もとても神経を使っています。信用情報への照会も必ず行うため、そのチェックには時間がかかるのです。

他社から借りている人は厳しくチェックされる?

アコム、プロミス、SMBCモビットといった消費者金融では、他社からの借入総額が年収の三分の一近くあれば即NGです。

また長期延滞や債務整理など金融ブラックであることが分かれば、ブラックOKの中小消費者金融以外はどこでも瞬殺です。

  • 他社からの借入総額が年収の三分の一を超えている(消費者金融の場合)
  • ブラックである

このような原因では迷い様がありませんから、むしろ審査に時間はかかりません。

時間がかかるのは、むしろ判断がはっきりしないようなケースです。

即NGではないものの、微妙な金額や件数の借入がある場合には、念の為により詳細に調べられる可能性があります。

例えば他で軽い延滞や利息だけの返済が見つかれば、今回の借入については見送りといったこともあるかもしれません。

借入内容も、消費者金融からの借入なのか、クレジットカードなのか、あるいは銀行なのかによって、その判断は微妙に違ってくるでしょう。

いずれにしても、より細かな検討が必要になることは間違いなく、その結果審査には余分な時間がかかる訳です。

最近他でも申込んだという方は要注意!

また一時期にまとめてカードローン申込みをする方がいますが、これも念入り審査の対象になる可能性があります。

信用情報機関に1ヶ月で4件を越える照会履歴が残っていると、審査に落ちると言われています。これは申込みブラックと言われる状態です。

この履歴は半年間で消えるため、待っていれば元通りになるのですが、その半年間は大手でお金を借りることは出来ません。

なぜこれで審査に落ちるのかといえばその理由は簡単で、借入を焦る人には多重債務や貸倒れの危険性があるからです。

短期間に複数の申込みをした形跡は、カードローン審査においては非常に不利な要因となるだけでなく、審査に時間がかかる可能性もあります。

4件以上でなくても申込みが多いと危ない?

しかし4件は超えなくても、連続して次々と審査を受けることは、どなたにでもあり得ることですよね。

例えば最初の限度額に不満だったら、また次を検討せざるを得ません。でもこれだって、怪しまれる可能性は十分にあるのです。

念の為に他で延滞がないかどうか調べてみようということにでもなれば、当然審査には時間がかかって審査回答も遅くなります。

つまり他からの借入が多かったり、最近あちこちで申込みをしたという方は、審査回答により時間がかかる可能性があるのです。

まさかのウッカリ!メールや電話を見逃しているかも?

また「結果が遅い!」という方の中には、連絡はちゃんとあったのにもかかわらず、ウッカリ見逃していたというケースも。

初めての申込みで緊張し過ぎていると、得てしてこういうことが起こりがちです。問い合わせ電話をかけるその前に、必ずメールボックスや着信履歴をよく確認しておきましょう。

審査遅れにはこのように様々な理由が考えられますので、当日中に連絡がなかったからといって、すぐ電話というのは慎んだ方がいいかもしれません。「借入を急ぐ人」という心証が、審査に悪い影響を与えるという説もあるからです。

これが事実かどうかはさておき、審査結果の連絡は、営業日で翌日になることもあると心得て、落ち着いて待つことが大切ですね。
審査が遅れるのは、ただ審査業務が立て込んでいるからというケースがほとんどじゃ。余計な心配をして焦る必要はないぞ。

ただ他社でも借りている人の場合、調査に手間がかかっている可能性もあるな。借入総額や件数だけでなく、ちょっとした返済遅れなどもチェックされているかもしれんぞ!

もっと早く借りたい!契約機利用で更にスピードアップ!

ところで、このような審査回答を更にもっとスピードアップする方法はないのでしょうか?

冒頭のご説明では、全てインターネット申込みを前提にしていました。「最短30分」というのも、ネット申込みの場合の目安です。しかしこれらの大手企業には、自動で契約のできる契約機が全国に設置されています。

これを使うことで審査回答はより迅速になりますし、カード発行や借入が更に早くなります。そこで各社の契約機をご紹介しましょう。

アコムの自動契約機(むじんくん)なら審査回答がスピーディー!

【営業時間】  8時から22時 ※年中無休(年末年始除く)

自動契約機(むじんくん)の名前はどなたもよくご存知ですよね。でも名前は知っていても、使ったことのある方は少ないかもしれません。

残念ながら、契約機はなんとなく抵抗があるという方も多いようです。でも早さという点では、契約機はとても優れた方法なのです。

タッチパネルで申込書に入力後、すぐに仮審査が始まるので、回答も迅速です。オペレーターとも繋がっており、店頭と変わらない審査が可能になっています。

プロミスの自動契約機は全課程が最短30分!

【営業時間】  9時から22時(※設置場所によって異なる場合があります)
        9時から21時(三井住友銀行ローン契約機の場合)

プロミスなら、審査と契約、カード発行までが最短30分で完了します。気になる審査回答もその場で表示、カードは発行されればすぐ利用可能です。

またプロミスの場合、プロミス自動契約機以外に、三井住友銀行ローン契約機も利用できます。消費者金融の契約機には抵抗があるという方には、こちらの銀行内の契約機がお薦めですよ。

バンクイック・テレビ窓口はカード発行までが最短40分!

【営業時間】  9時から20時(平日)
        10時から18時(土、祝)
        10時から17時(日)

三菱UFJ銀行のテレビ窓口は、預金口座開設にも使えるマルチ機能が特徴です。

カードローン専用機ではないからこそ、利用しやすいというメリットがあります。最短40分で契約完了しますので、審査回答も迅速ですよ。

但しテレビ窓口でカードを受け取るには、運転免許証が必要です。免許証をお持ちでない場合、カードは後日郵送ということになります。

でも免許証はなくても、審査を受けるだけなら何も問題はありません。

三菱UFJ銀行は支店も多く利用しやすいですから、とりあえず審査結果がすぐ欲しいというお急ぎの方にもお薦めですよ。

SMBCモビットのローン申込機なら5分で審査結果が!

【営業時間】  8時から21時(※設置場所によって異なる場合があります)

SMBCモビットのローン申込機なら、必要項目入力後、ご融資可能かすぐわかります。

設置場所が近くにあれば、短時間で審査結果が分かり、カード発行から借入も当日中に可能です。

設置場所は、SMBCモビットのサイトのローン申込機検索を使えば、条件を絞り込んで目的のものが簡単に見つかります。またこの検索機能も使えて、申込みにも便利なSMBCモビット公式スマホアプリもお薦めですよ。

契約機は実はネットよりもスピーディー!?

このように契約機は企業によっても様々ですが、基本的に年中無休で営業時間も長いということは共通しています。

ネット申込みも早いのですが、どちらかといえば時間の節約という意味合いが強く、単純にスピードで比べるなら契約機の方が上です。

インターネットだと申込書送信後、審査が始まるまでの間に空白時間がありますが、契約機なら申込みと同時に審査が始まるため、待ち時間のストレスが一切無いのです。

上記の営業時間内に契約機を利用しさえすれば、当日中にその場で審査回答を得ることができるでしょう。

余り遅い時間帯だと借入は翌日以降になる場合もありますが、通常当日中に審査回答、カード発行、借入までが可能です。

自動契約機は借入を急ぐ人には一押しじゃ。何と言ってもその場でカード発行してもらえるので、すぐに借りれるという点がありがたい。

アコムやプロミスといった大手企業で申し込めば他よりも早く借りれるのは、 このように便利な契約機がすぐ利用できるからでもあるんじゃ。

緊急時には来店が一番!?お薦めの窓口対応業者

でも契約機よりも手っ取り早いのは、実は店頭窓口での手続きです。

しかしお金を借りるのにお店へは行きたくないという方がほとんどですから、今は窓口営業をしていない業者も多くなっています。

大手や中堅も店頭で借りれる!?

お店で直接借りるなんて闇金ぽいイメージがありますが、そんなことはありません。正規登録業者でも窓口対応のところがまだまだあります。

消費者金融大手でも、以下の業者では店頭での申込みや借入に対応しています。わからないことにもすぐ答えてもらえるので、初心者の方にもお薦めですよ。

・プロミス
・アコム

またもっと小規模の中堅消費者金融は、昔から窓口業務を大切にしています。特にブラックリスト登録者にも対応する業者は、今だに対面審査が基本というところも。

ブラックOKの中堅業者には以下のようなものがあります。なおこれら業者は全国対応ですが、遠方の利用の場合、申込みは基本Web で借入は全て銀行振り込みです。

・フクホー
・セントラル
・アロー

来店契約を希望する方は、必要なものを全て揃えて持参しましょう。なお中堅業者では、借入額に関係なく収入証明書や住民票の提示を求められるケースもあるので、忘れ物のないようにしてください。

・本人確認書類
・収入証明書
・銀行口座がわかるもの

いくら早くても現金換金はご法度!

お金を借りるのに時間がかかるのは所定の審査があるからです。審査さえなければと思う方も多いのですが、無審査で貸すような業者は正規登録業者ではないので要注意です。

「審査なしでお金を融通してくれる業者って?」
・闇金業者
・現金換金業者

このような業者は信用情報機関にはノータッチですから、万が一利用してしまったとしても、信用情報が汚れることはありません。

但し現金換金はクレジットカードのショッピング枠を利用した方法で、利用者側もカード規約違反で強制退会になることがあるので気をつけましょう。

一刻も早く借りたいときには、消費者金融に飛び込むのもひとつの方法じゃ。その場で審査や融資に応じてくれるので、慌てていてもなんとかなる可能性がある。

ただいくら即融通してもらえるからといって、闇金や現金換金業者には手を出さんようにな。反対に損害を被ることも多いし、クレジットカードの強制退会をくらうと、後々までローン審査に影響が残るかもしれんぞ。

当日中に審査結果を知りたいなら業者選びが重要!

今回ご紹介した企業であれば、当日中に回答を得て、当日中の借入だって不可能ではありません。

また各企業が設置する契約機を積極的に使えば、審査回答だけでなく、手続き全体がよりスピーディーになります。

それ以外の企業で申込むと、審査回答に時間がかかるだけでなく、その後の手続きに時間がかかり、なかなか借りれないといったことも考えられます。

より早く結果が分かり、少しでも早く借りるには、今回ご紹介したような契約機など設備の整った大手企業が理想的です。

でも中堅の消費者金融業者も、店頭で契約すれば申込みから借入までが一度に済みます。特に大手で申込にくくなった方で非常に急ぐ場合は、中堅業者の店頭申込みがお薦めです。

【参考ページはこちら】
カードローンのよくある質問はこちら

当日中に借りたい場合も、設備の整った大手企業なら不可能ではない。その場合は、契約機の利用がお薦めじゃ。その場でカード発行、すぐ借り始めることができるぞ。

一刻も早く借りたい場合は、店舗で直接申し込むというのもいい方法じゃ。但し店頭申込みや借入には、大手では一部業者しか対応しておらんので気をつけてな。

閉じる
閉じる