カードローン審査の「困った」を解決

カードローンと職業の相性がスグわかる!お役立ち記事を一挙公開!

カードローン審査において、とても重要な位置を占めるのが職業です。ならば大企業に勤めていれば借りやすいのかと言うと、実はそうとも限りません。

なぜならカードローンの審査基準は、一般的な職業の評価とは必ずしも一致しないからです。

ではカードローンと職業との相性は、一体どのような基準で決まるのでしょうか?またどうすればより審査に通りやすくなるのでしょう?

審査を前に職業について不安のある方に、お役立ち記事を一挙にご紹介します!

カードローン審査に必要なのは職業の○○だった!あなたは大丈夫?

カードローン審査の前にはいろんなことが気になるものです。中には勤務する会社が小さいから落ちるのではと考える方がいますが、そのような心配は無用です。

お金を借りる際に大切なのはあくまでも本人の返済能力ですから、勤務先の規模が問われることはありません。カードローン審査で問題となるのは、職業のもっと別の部分なのです。

カードローン審査では収入の安定度が第一!

ではカードローン審査では一体何が問われるのでしょうか?その答えは「収入の継続性と安定性」です。

職業について問うとすれば、それが安定かつ継続した収入源なのかという一点のみ。はっきり言って、他はどうでもいいくらいです。

会社の規模やレベルや知名度は、実はあなたが思っているほど問題にはされていません。

収入の安定度で評価が高いのはサラリーマン

安定かつ継続した収入が確保できる人といったら、毎月必ずサラリーが入る勤め人、つまりサラリーマンでしょう。

カードローン利用にサラリーマンが適しているのは、返済と給料支給の形がピッタリと合うからです。

返済期日は必ず毎月1回巡ってきますから、給料日に合わせて返済すれば無理がありませんよね。

その反対に収入のある月とない月があったりその金額にムラがある職業では、時には返済できないこともあるかもしれません。

このような人達に比べると、サラリーマンならずっとお金を返しやすいはず。だからサラリーマンはカードローン審査における評価が高いんですね。

固定給のある職業はカードローン審査に通りやすい

そこで毎月一定額のお給料がもらえる職業に就いている人というと、以下の人たちです。

  • 一般企業の会社員
  • 公務員

これなら多くの人が当てはまります。つまり殆どの方は、カードローン審査に通る基本条件を備えているということになります。

営業マンでも製造業でも販売員でも、正規雇用の方なら収入が安定しており、基本的な返済能力ありと判断されます。

ただ厳密に言えば、この中にもランク分けがない訳ではありません。

手堅さで選べばやはり公務員がベストで、同じ企業でも知名度や規模が大きいほど評価は高いでしょう。しかしこれだけが審査結果を大きく左右することはありません。

カードローン審査の前に、自分の職業で悩む人は多いようじゃな。しかし一般に考えられているほど、勤務先の会社の規模やレベルは問題にはされておらんから、心配するだけ損じゃよ。

審査で重要なのは、それよりも収入の安定性と継続性じゃ。毎月ちゃんと給料をもらっておるんなら、それだけで必要にして十分で、営業マンだろうと販売員だろうと問題はない。安定かつ継続した収入があることこそ、カードローン審査ではもっとも評価が高いんじゃ。

収入が不安定な職業でもOK!カードローンを申込めるのはどんな人?

では収入が不安定な職業に就いている人は、絶対にカードローンを申し込めないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。サラリーマンや公務員でなくても、カードローン審査を受けることは可能ですよ。次にカードローンを利用できる様々な職業の形と、それぞれの審査のポイントをご紹介しましょう。
(こちらもご参考に→カードローン審査に通る?通らない?

職業がアルバイトやパートでも審査を受けることができる

殆どのカードローンは、正社員だけでなくアルバイトやパートの人でも申込み可能です。

申し込めないのは銀行カードローンの一部商品くらいで、特に「アルバイト可」といった記載のない場合でもほぼ大丈夫です。

ただアルバイトの方の場合、固定給ではなく時給制という点が審査上のデメリットになるため、やはり難易度は高くなります。

アルバイトやパートの人は家族の収入もポイント

しかし同居する家族に収入が見込める場合は、審査通過率はアップします。例えば家計を支えるためにパートで働いている主婦のようなケースです。

また自宅通学していたり、援助を受けて一人暮らしをしているアルバイト学生も経済的にはまだ実家と繋がっていますが、これも審査上の重要ポイントです。

本人のアルバイトやパートの収入は不安定でも、家計収入として安定している訳で、返済はしやすいと判断されるのです。

つまり職業がアルバイトやパートだという方が審査を受ける際には、本人収入の金額よりも家族構成がより重要だということになります。

一人暮らしで自分の収入だけで生活している方だと、収入額や安定度をより厳しくチェックされるでしょう。派遣社員の方も、その点には気をつけてください。

派遣の人も収入が安定していればより通りやすい

最近は派遣のお仕事が増えていますが、やはり正規雇用に比べれば収入の不安定な職業だと言えます。

派遣の給料には固定給と時給制の2通りありますが、もちろん固定給の方が審査には通りやすいでしょう。

そしてアルバイトの場合と同様、仕事を持つ配偶者や家族と同居していれば、やはり審査のスコアはより高くなると考えられます。

給与形態も家族のことも、どちらもカードローン申込書には申請する欄がありますので、正確に入力するようにしましょう。

自営業は年収証明書をきちんと提出することが大切

収入が安定しない職業には、もうひとつあります。それが個人事業主、自営業といった職業です。

年収額は十分あっても日々の売り上げで収入が左右されるため、月収が安定しないのが審査の弱点になります。

しかも自営業の方の場合、収入面だけでなく、職業そのものが不確実だという問題も。店舗や事務所もないケースでは、実際に仕事をしているかどうか確認する手立てがないからです。

例えばこんな職業です。

  • FXトレーダー
  • WEBライター
  • 文筆業
  • アパート経営者

そのため、カードローン審査では本人確認書類のほか、年収証明書などの提出も求められるのが普通です。必要書類が揃わないと借りれませんので気をつけましょう。

自営業の方には専用カードローンもおすすめ!

ところで自営業者への貸付は総量規制の対象外ってご存知でしたか?職業が自営業だという方は、こちらの方が通常のカードローンよりたくさん借りれますし審査的にも有利です。

大手消費者金融には、事業主専用の融資を扱っているところがあります。一般商品からの借り換えも可能ですので、是非こちらもご検討ください。

もちろん自営業に必要な書類はすべて揃えないと審査には通らないのは、一般商品も専用商品も同様です。

収入が不安定と言われる職業の人でも、カードローン審査を受けることは可能じゃよ。例えばパートやアルバイトや派遣社員など時給制で働く人も、ほぼ全てのカードローンを申込める。パート勤務の主婦はご主人が仕事をしていることが審査の重要ポイントなので、申込書の入力は間違えんようにな。

なお自営業も収入の安定せん職業じゃが、必要書類をきちんと揃えることや自営業専用のカードローンを申し込むなど、審査上の対応策もあるので諦める必要は全くないぞ。

年収の低い職業でも構わない!?カードローン審査の意外な側面とは

カードローン審査でどうしても気になるのが年収です。自分の職業は年収が低いから審査に落ちるのではと心配する方がいますが、実はこれも考えすぎです。

年収が低い職業であっても、お金を借りる上では殆ど問題はありません。ただひとつだけ、収入が審査の大きなポイントになる点があります。次にそれについて少しご説明しておきましょう。

年収の低い職業でもお金を借りることはできる

職業のランクや年収額が一般に考えられているほどカードローン審査に影響しないのは、お金を借りる上では年収と借入額のバランスこそが重要視されるからです。

意外に思うかもしれませんが、年収が低くても借入額とのバランスが取れていて返済能力があれば融資は可能ですし、その反対に高収入の大企業に勤めていても、返済能力なしと判断されれば審査には落ちてしまいます。

カードローン審査のポイントは、年収の多い職業に就いていることではなく、あなたの年収が借入額とバランスが取れているかどうかなのです。

総量規制のため少しでも借り過ぎると審査に落ちる

ここでポイントとなるのが総量規制のことです。

総量規制とは年収の3分の1までしか借りれないという制限で、消費者金融で借りる際に適用されるルールです。このルールでは利用上限が決まっているので、自然と借り過ぎにストップがかかります。

消費者金融では一定額以上は借りれませんから、好むと好まざるとに関わらず、年収と借入額とのバランスは取れてしまうのです。
(こちらもご参考に→年収以上の借入はできる?

例えば年収300万円なら借入総額の上限は100万円ですし、その10倍の年収3,000万円なら1,000万円以上は借りれません。総量規制のせいで、借りれる金額は以前よりも少なくなっています。

従って、あちこちでお金をたくさん借りている人は審査に通りにくくなります。なおこれには消費者金融からの借入のほか、クレジットカードのキャッシング利用額も含まれることにご注意ください。

他で借りていない方も、申し込み時の希望額はなるべく控えめにするのが審査に通りやすくなるためのコツです。

年収が低い職業だからといって、カードローン申込みを遠慮することはないぞ。審査で重要視されるのは、あくまでも借入額とのバランスだからじゃ。

ただ総量規制のせいで、以前よりたくさん借りれなくなっておる。最初から欲張ってたくさん借りようとすると、審査に落ちる可能性もあるので気をつけるようにな。カードローンを申し込む時の希望額は、できる限り少ない額にしておくのがコツじゃよ。

職業のない人でも借りれるってホント!?カードローン選びの極意とは?

ところでまったく仕事をしていない無職の人でも、お金を借りることはできるのでしょうか?

消費者金融には総量規制のため、職業を持たない方・収入のない方は審査を受けることができません。

しかしお金を借りれるのは消費者金融だけではないので、借入先の企業を選べば何とかなるケースもあります。

専業主婦も銀行カードローンなら申込める

銀行カードローンなら総量規制対象外なので、職業のない方でも申込むことができます。但しそれには条件があって、職業を持たない人でも申込めるのは一定の人たちだけです。

そのひとつが専業主婦です。

実は専業主婦(専業主夫)は総量規制の例外に当てはまるため、消費者金融でも申込めないこともないのですが、主な業者が未対応で諦めるしかないというのが実情です。

でも銀行カードローンなら大丈夫。金利も安くて安心な上、無職だからといって特別扱いではありません。但し配偶者に収入があることが前提です。

特に銀行が主婦におすすめなのは、普段利用するキャッシュカードにカードローン機能を付けることができるからです。このタイプはとても便利なだけでなく、見た目が良いので主婦の方には好評です。

年金受給者には信用金庫カードローンもおすすめ!

ふたつめは年金受給者です。

定年退職すれば大概の方は無職になりますが、年金を受給していれば事実上無収入ではありません。

しかし大手消費者金融では、年金収入以外にも何らかの形でお金を稼いでいないと申し込めないのが普通です。

しかし銀行ならば殆どの場合、リタイア後も何らかの収入があれば申込み可能で、それが年金収入だけでも構いません。

全国各地にある信用金庫も、年金受給者が申し込みやすい金融機関としておすすめです。

本当に無職の人はお金を借りることはできない

このように条件付きの無職の人ならば、銀行カードローンで問題なく申し込むことができます。ならばそれ以外の無職の人はお金を借りることはできるのでしょうか?

消費者金融でも銀行でも、全く収入のない人にお金を貸すことはありません。いずれも民間の営利企業ですから、利息と元本を回収できない人には融資を行わないのです。

カードローン利用中にクビになったというような例外を除き、職業も収入もなしにカードローンを利用できる人は存在しません。

勿論このケースでも速やかに無職になったことを申告せねばなりませんし、転職できれば新たな勤務先を登録し直す必要があります。

【参考ページはこちら】
専業主婦でも利用できるカードローンを教えて!

カードローン審査に職業は大きく関係しておる。一番望ましい職業は、とにかく収入が安定・継続しておることじゃ。年収の額や企業ランクはさほど問題にはならん。アルバイト、パート、派遣、自営業といった職業でもOKじゃよ。

職業を持たない人も、一定の条件を満たせば何とかなるケースもあるぞ。例えば専業主婦は、ご主人が働いていれば銀行カードローンを申込める。リタイア後のシニアの人も、何らかの収入があれば借入可能じゃ。

これ以外の無職の人は、民間企業では借入申込みはできんぞ。カードローンは収入のない人は利用できんことを忘れんようにな!

このカテゴリの最新記事
12345...
閉じる
閉じる