カードローン審査の「困った」を解決

学生におすすめなカードローンの紹介記事をひとまとめにしました!

学生だからカードローンは借りれないと思っていませんか?それは大きな勘違いです。

そんな風に思っていると、どうしてもお金が必要になった時に違法業者に引っかかる危険性もあるので気をつけてくださいね。あちらこちらで見かけるカードローン会社の広告、あの殆どは学生対応なんですよ。

ただ学生が審査に通りやすいかというとそうとは言えません。やはり一定の条件を満たしていないと借りれませんし、中には申し込めないケースもあります。

そこで学生に役立つカードローン情報をお届けします。若い方の借入で気をつけていただきたいポイントも記載しましたので是非お見逃しなく!

学生もカードローンを使えるってホント?こんな企業ならば安心です!

「学生がお金を借りるなんて」という声もありますが、いざという時に安全な借入先を知っているかいないかは大きな違いです。

「学生はカードローンを申し込めない」と思い込んでいると、妙な業者に引っかかる可能性だってありますよ。まずは学生の申込みOKなのはどんな企業なのか考えてみましょう。

成人でアルバイトをしていれば学生もカードローンを申込める

基本どのカードローンも、成人していて収入があれば利用の基本条件は満たしています。

つまり20歳以上でアルバイトをしていれば、学生だってカードローンの申込条件はクリアしていることになるのです。

ただ審査に通るか通らないかはまた別の話。そこでなるべく学生が審査に通りやすい借入先を選ぶことが重要だということになります。

(こちらもご参考に→カードローンを利用できる職業とは?

消費者金融はアルバイトをしていれば申込める

皆さんもよくご存知のアコムやプロミスといった消費者金融も、アルバイトをしていれば学生でも申込み可能です。

このような企業は法律の関係上、必ず収入がないと利用できないことになっています。なので学生でも必ずアルバイトをしていることが条件なんですね。

しかしカードローン審査は、アルバイトの収入だけで決まる訳ではありません。

カードローン審査においては、もしも一人暮らしならば住居のこと、また実家住まいなら同居家族についてなど、様々な要素を総合した上でその人の返済能力を判断します。

従ってアルバイト年収が低いことや月収が安定しないことは、さほど気にしなくても大丈夫です。学生なら沢山稼げなくて当たり前だからです。

銀行カードローンは学生も申込めるが条件が厳しい?

銀行カードローンも殆どが学生OKですが、中には不可のものもあります。銀行は様々な商品を取り扱っており、それぞれのカードローンの申し込み条件をよくチェックすることが大切です。

中には成約の前には必ず親に電話連絡が入る銀行カードローンもありますから、事前によく説明書を読まないと後で困ることになるかもしれません。

審査もやや厳しいと言われていますが、これは人によって千差万別でなんとも言えないところです。

ただ銀行にはメガバンクのほか地方銀行やネットバンクも含まれますので、その気になって探せば申込めるカードローンの数は結構たくさんありますよ。

  • みずほ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン

クレジットカードは学生に使いやすい借入方法

でも学生にとって最も使いやすいのはクレジットカードかもしれません。クレジットカードはショッピング機能がよく利用されますが、キャッシング機能もついています。

学生向けや若者向けのカードも発行されており、カードデビューに最適です。卒業後は同じシリーズのカードでバージョンアップしていくこともできるので、将来へ向けての楽しみが多いのも嬉しいですね。

ただこのような若者向け商品の中にはキャッシング機能が制限されているものも。お金を借りたい方は、申込む前には必ず詳細を確認してください。

なおクレジットカードは18歳から申込めるものが多いのですが、未成年の申込みには親権者の同意が必要です。

学生ローンは借りやすいが使い過ぎに注意!

学生が借りやすいものに、学生専用カードローンがあります。

学生ローンとか学ロンと呼ばれるもので、金利が低く沢山借りれるので、学生にとってはかなり気になる業者のひとつです。

企業としての分類では中小消費者金融にあたり、大手消費者金融よりは規模や信頼度は劣るかもしれませんが、決して違法業者ではありません。

ただ学生ローンは沢山借りれることこそ問題で、つまりこういうところで借りれば、返済が長引く可能性があるのです。

卒業後まで債務を引きずることは、若い方にとってあまり良いことではありません。もしも学生ローンを利用するなら、必要以上は借り過ぎないよう用心することが大切です。

学生ローンも18歳からの借入に対応している業者もありますが、この場合も必ず親権者の同意が必要です。

学生が申込めるのは、銀行と消費者金融で、消費者金融には学生専用の業者もある。審査は簡単とは言えんが、アルバイトの稼ぎが少ないからといってそれだけで落ちることはないので安心するように。

学生の場合、自分の稼ぎよりも実家の存在や身分保証がポイントじゃ。銀行の場合は親に連絡が入るケースもあるので、申込む前には説明書を隅々までチェックしておくようにな。でもここまでくればもう借りれたも同然じゃよ!

どの学生もカードローンを申込む時に必ず心配する3つのことって?

学生とは一般に大学生のことですが、短大生、大学院生、専門学校生なども含まれます。ところでどの学生もいざカードローンを申し込もうという時には、必ず3つのことが心配になるようです。

それは以下の3点です。

  • 親に連絡されることはないのか?
  • 学校にバレないか?
  • 就職活動に影響しないか?

カードローンによっては親に電話されるケースもある

まずは親に連絡されるかどうかは、学生にとってはかなり気になる点ですよね。

成人していれば基本的に自分の判断でお金を借りるので、カードローン利用に親の同意は必要ありません。しかし学生の身分ではまだ責任が不十分だと考えられることもあるようです。

例えば三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの審査では、学生の場合親に確認電話が入ることになっています。

但しこれは借入前の最終確認です。申し込むだけで親に連絡されることはありません。また親が保証人になるという意味ではないのでその点もご安心ください。

カードローン利用が学校にバレることはない

次に学校にバレないかどうかです。学生の場合、借入が決まると本人確認書類と学生証を提出する必要があります。

そのため学校にバレないかどうかを気にする方がいますが、その心配はありません。

カードローン会社にとって必要なのは、あくまでも身分の確認であって、連絡先のデータではないからです。

例え延滞してもカードローン会社から学校に連絡がいくことはないのでご安心ください。

カードローン利用が就職活動に影響する可能性は?

学生が最も心配なのが就職活動への影響でしょう。これも殆どの場合は心配無用です。一般の企業が信用情報をチェックすることはできないからです。

信用情報の照会はあくまでも借入に関する調査が目的で、それ以外の目的で他人が利用することは認められていません。

カードローン審査の際ですら、本人の同意なしに信用情報のチェックはできないようになっています。カードローン申込みの前に、必ず信用情報に関する規約を読んで同意にチェックを入れるのはこのためです。

金融機関への就職や学生時代の自己破産にはご注意!

しかし銀行など金融関係の職場だとそうもいきません。これらの企業では素行調査が厳しく、影響が出る可能性もあります。

ただ借り過ぎや延滞がなければ大丈夫なのか、あるいは借りているだけでもだめなのか、クレジットカードのキャッシングはどうなのかなど、詳細についてはよく分かっていません。

完済して解約しても信用情報上の記録は5年間は残るため、金融関係に進む予定のある方はカードローン利用はしない方が安心です。

なお学生時代に自己破産してしまったという場合は、信用情報の前に官報に載りますから、どんな企業への就職に影響が出たっておかしくはありません。

就職内定中は無職であることにご注意!

無事就職が内定して、新たな生活に向けてお金を借りたいと思う学生も多いでしょう。でも内定段階では無職の扱いになることにご注意ください。

内定先の会社を「勤務先」として申告するのも嘘になるのでやめましょう。カードローン申込書では、今現在働いている勤務先しか申告することはできません。

学生がお金を借りる際には、いろんなことが気になるもんじゃ。まずは親や学校にバレないかということ、そして一番大きいのが就職への影響じゃな。

しかし一般的にはカードローン利用が就活に影響する心配はまずないので安心するように。ただ金融機関への就職ではそうも言えんところがあるようじゃな。解約しても記録はしばらく残っているから、利用した事実までは消すことはできんぞ。

学生にありがちなカードローンの失敗例とは?若い人の借入の注意点

学生が借金するなんて絶対ダメという声があるのは、それが大きな失敗につながる危険性もあるからです。

学生でもOKのカードローンは数々ありますが、その利用にはかなり慎重になるべきことは確かです。学生時代は大丈夫でも、実は社会人になってからが問題なのです。

学生中の借入は卒業までに返済するのが基本!

学生時代に借りたお金は、やはり学生時代に返済するのが基本。つまり卒業までに返せないほどは借りない方がいいのです。

例えば4回生の半ば頃に10万円借りて毎月5千円づつ返していくとすると、返済回数は24回、つまり1年かかることになります。

【借入額】  10万円
【返済額】  5,000円/月
【返済期間】 1年間
【利息総額】 19,429円

毎月5千円ならアルバイトをしながらでも比較的楽に返せますが、これだと卒業後まで返済が続きます。

でも毎月の返済額を1万8千円に増やせば、このように卒業前の完済も可能です。しかも利息総額も大幅に圧縮できます。

【借入額】  10万円
【返済額】  18,000円/月
【返済期間】 6ヶ月
【利息総額】 5,135円

社会人になってからの借金返済は思ったよりも苦しい!?

でも現実には、卒業以降も引き続き返済する方が少なくありません。

あなたもひょっとして「社会人になったら簡単に返済できる」と楽観していませんか?実はこれこそが危うい考え方です。

というのも社会人になると生活スタイルが一変し、出費も学生時代とは比べものにならないほど増えるからです。その結果、借金返済が楽になるとは限らず、却って苦しくなることだって考えられます。

社会人になったら返せるという考えは甘い!?

しかも就職難や転職の可能性だってゼロではありません。これは奨学金の返済が家計を圧迫し生活苦に陥る人達の例からも明らかですよね。

つまり「社会人になったら返せる」という考えは、はっきり言って甘いのです。

特に奨学金も借りている方は、社会人になってからの返済がダブルでのし掛かってくることを忘れないようにしましょう。

【参考ページはこちら】
みずほ銀行カードローンは学生も使える?

学生でもカードローンは申込めるが、若い人はいろいろと注意した方がよいな。というのも、社会人になってからも返済を続けている人が多いからじゃ。特に奨学金を借りている人は、後々の返済生活のことをよく考えてから申込むようにしてほしい。

学生時代と違って生活しながらの返済は負担も大きく、破綻する危険性もあるので、学生時代の借入にはくれぐれも用心するように。気をつけて使うのであれば、消費者金融でも銀行でも、学生にとってカードローンはいざという時にとても役立つアイテムじゃよ。

学生がカードローンの利用をしようと思ったら、借入先...

12
閉じる
閉じる