カードローン審査の「困った」を解決

年収とカードローンの関係が気になる人の疑問を解消する記事一覧

カードローンを利用する時には、必ず年収の質問があります。年収はプライバシーに関わることだから、できれば答えたくない…そう思う方もいますよね。

けれど、カードローンを利用するという事はお金を借りるというコトですので、年収の分からない方にお金を貸すことはできません。もしお金を貸した方が無職だったら返済してもらえない可能性が高まるからですね。

そのためカードローンを利用するには年収の申告が必要なのです。しっかりした収入がある方しかカードローンの利用は出来ないのです。

いくらあれば、どのくらい借りられる?年収とカードローンの関係

カードローンを利用する時に、いくらまで借りられるのか気になりますよね。いくらまで借りられるのかと言えば、申込む方の状況によって異なるのです。

例えば、初めての借入れで金融機関と信用関係を築けていない場合は、30万円や50万円となることが多いし、勤続年数が短ければ10万円となることもあります。

また、年収が高い方で既に信用関係を築けている場合は100万円・300万円といった大口融資が可能となる事もあります。そのため、一概には言えないのです。

総量規制が目安になる

消費者金融では、総量規制と言って年収の1/3を超える借入れはできません。

これは消費者金融やクレジットカードのキャッシングが適用するのですが、銀行カードローンでも年収の1/2~1/3を超える借入れは難しくなっています。

そのため、年収を超える借入れ金額を希望しても審査に通ることはありません。特に勤続年数が短い・これまでにカードローンの利用がない場合では、最低限必要な金額での申し込みが安心ですよ。

カードローン商品には増額ができる物が多数ありますので、勤続年数が長くなってから、もしくは金融機関との信用関係が築けてから、増額審査に申し込むと利用後に融資額を上げることができるのです。

カードローンを利用する時には、年収が関係してくるのじゃ。

初めての借入れや金融機関と信用関係を築けていない場合は、小額融資となるのじゃぞ。

けれど、借入・返済を繰り返し、信用関係が築けてくると増額できる商品も多数あるのじゃ。

だから最初は小額で申込み、信用関係が築けてから増額という方法がスムーズなのじゃ。

いくら借りられるのかと言えば、総量規制を見ると分かるように年収の1/3程度までの申し込みが目安じゃぞ。

知っておきたい!年収で借入額が決まる

これまで見た通り、年収で借入額が決まります。千葉興業銀行のカードローン商品「リリーフ」を見ると分かりやすいので、参考にしていきましょう。

千葉興業銀行カードローン

千葉興業銀行カードローン「リリーフ」では、借入額が年収によって以下のように決まっています。

借入極度額 年収条件
30万円・50万円・100万円 なし
200万円 400万円以上
300万円 600万円以上
400万円 800万円以上
500万円 1,000万円以上

つまり、年収によってカードローンの利用極度額が決定することがハッキリ分かりますね。千葉興業銀行では、借入希望額の倍以上の年収が条件となっています。
(⇒カードローン限度額は年収が目安?

30万円・50万円・100万円の借入極度額では年収条件は無しになっていますが、借入希望額の2倍~3倍程度の年収は欲しいところですね。

借入額は年収次第

千葉興業銀行のカードローンを見ると分かるように、借入額は年収によって決まるのです。申込者が「300万円借りたい!」と思っていても、年収が300万円しかなければ借りることはできません。

先ほどの表で言うと300万円借りたいなら、年収条件は600万円以上必要となりますね。逆に言えば、年収300万円の方が借入できる金額は30万円・50万円・100万円のいずれかになりますよ。

このように、借入額は年収次第と言えますので、自分の年収を把握して、金融機関に正確に伝える必要がありますよ。

高額融資を希望する時には、収入証明書類の提出も必要となりますので、収入証明書類も併せて用意しておくとスムーズですね。

カードローンを利用しようと思ったら、借入額は年収で決まるのじゃ。

千葉興業銀行のように、ハッキリ年収条件を表示しているところでは、自分がいくら借りられるのかハッキリ分かるのじゃ。

千葉興業銀行では年収300万円の場合は借入額は30万円・50万円・100万円までじゃぞ。

それ以上の借入額となると、借入希望額の倍以上の年収が必要になるのじゃ。

カードローンの仕組み!借入額が決まると返済額も決まる

カードローンの返済額は、借入残高に応じて決定しているところが多いのです。そのため、借入額が分かると返済額もだいたい分かります。

返済額の例

返済額の例として、千葉興業銀行の場合は以下になっています。

借入残高 返済額
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 5万円
300万円超400万円以下 7万円
400万円超500万円以下 9万円
500万円超 10万円

リリーフの融資額は500万円までとなっていますが、カードローンの使用時期や延長等によって500万円を超える金額となった場合は、返済額は10万円となるのです。

例えば年収300万円の場合は、借入額は最高でも100万円となりますので、返済額は2万円だと分かりますね。

このように年収で借入額や返済額が分かりますので、返済計画も立てることができるのです。

無理なくカードローンを利用するには、返済額まで把握しておく必要があります。そのため年収とカードローンは密接な関係があることが分かりますね。
年収で借入限度額が分かり、借入額が分かることで、返済額も分かるのじゃ。

月々の返済額が分かると、あらかじめ返済計画も立てやすく、返済に困る心配もなくなるのじゃ。

このように、カードローンでは年収で借入額も返済額もあらかじめ想像がつくのじゃ。無理なく借りるには、大切なことじゃぞ。

意外に知らない!専業主婦なら本人に収入が無くてもOK

ここまでで、カードローンを利用するなら年収が関係することを簡単に紹介しましたが、専業主婦なら本人に収入が無くても借入れができるのです。

専業主婦のカードローン利用方法

専業主婦の場合は、収入を得る仕事をしていないため収入がありません。

けれど、銀行カードローンでは専業主婦の申し込み可能としているところが多いのです。

銀行名 専業主婦の借入れ
バンクイック 本人に収入がなくても、配偶者に収入のある方は申込可能
イオン銀行 専業主婦の方で本人に収入がなく、配偶者に収入がある方も申込可能
楽天銀行 専業主婦の方も申込可能(専用サイトあり)
銀行カードローンでは、配偶者に収入がある専業主婦は申し込み可能となっているのです。ただし、専業主婦の申し込みでは借入額が別に定めてある場合が多く、借入額が多いところでも50万円までとなりますよ。

消費者金融の場合は、配偶者貸付けを利用することになりますので、配偶者貸付けを取り扱っている消費者金融を探す必要があり、配偶者の同意や婚姻を証明する書類が必要になります。

消費者金融では手間が多いですが、配偶者の年収の1/3まで借入可能となりますので、銀行カードローンでは借入額が足りない場合は、役立ちますね。

カードローンを利用するには、年収が大いに関係するのです。

【参考ページはこちら】
年収が200万でもカードローン利用できる?

カードローンを利用する場合は、年収がいくらあるかで借入額が変わってくるのじゃ。

たくさんお金を借りようと思ったら、年収も高額が必要となるのじゃ。

銀行によっては、年収条件としてハッキリ明記しているところもあるから、参考にすると良いのじゃぞ。

借入額が分かれば返済額も分かるから、自分の年収でいくらの返済ができるのか、目安を知ることもできるのじゃ。

そうすると、返済計画もあらかじめ立てることができ、安心して借入れが出来るのじゃ。

専業主婦の場合は、銀行カードローンでは本人に年収が無くても、配偶者に収入があれば借入可能じゃぞ。

つまり、カードローンを利用するには年収が関係してくるから、年収の把握が必要なのじゃ。

12
閉じる
閉じる