カードローン審査の「困った」を解決

主婦でも借りられる三井住友銀行のカードローンは最強!

大手銀行で販売されているカードローンは、主婦を対象としているものが少ない時代もありました。

ですが、今では大手銀行ほどカードローン審査を緩いものに変えているので、主婦であってもチャンスはあります。

そんな主婦でも利用可能な三井住友銀行とカードローンについて、今回はどのような商品内容となっているのか明確にしていきます。以前から大手銀行での借入に興味があった方は、良ければ記事を参考にして借入の検討を進めてください。
(⇒三井住友銀行ならおまとめローンもできる?

主婦でも借りられる!なぜ、主婦でも借りられるのか?

カードローンは、主婦では借りられない・・・と思っている人は、大きく分けて2種類のタイプに分類できます。

1つは、単純に主婦イコール低収入と思い込んでいる人。もう1つは、主婦という職業そのものを低く見立ててしまっている人ですが、両方ともマイナスイメージではなかったりします。

その理由ですが、銀行のカードローン審査が昔と比較して緩くなっているからです。具体的に何が緩くなったのか?というと、下記のようなところが緩くなっています。

  • 学生でもカードローン審査の対象となった
  • 主婦でもカードローン審査の対象となった
  • 無収入でもカードローン審査の対象となった
  • 担保なしでも審査を行ってもらえる
  • 保証人も同様で必要ではなくなっている

主婦として借りる際のメリット!借りる際に発生するデメリット

三井住友銀行のカードローン審査では、主婦として借りる際のデメリッがまったくありません。

昔は、返済などで遅延をしてしまうと返済に関する連絡(通知)が送られてきました。

ですが、このようなデメリットについても今では配慮されているため、今では通知用のハガキが1通送られてくるだけです。遅延だけであれば、現代の銀行カードローンはなにも言わない仕組みになっているのです。

ただ、2・3ヶ月ほど遅延しているだけでなく、返済に関する連絡の対応が見られない場合は、電話などが何度もかかるようになっています。

その他のデメリットでは、下記のようなことがデメリットとなっているだけです。注意するだけで対応可能なので、大きなデメリットとなることは無いでしょう。

  • 初回の借入は昔も今もそれほど多くはない
  • 事業性資金を目的としたローンは行えない
  • ローンの返済期間は定められた年数で行わなければならない
  • 増額に関する審査は契約者側で申請をしないといけない
  • 通知に関する設定は契約者側で申請をしないといけない

契約者側で申請をしないといけない・・・についてですが、今ではインターネットからで申請可能となっています。つまり、ネット環境があれば家庭内だけでカードローンの調整ができるようになっているのです。

使いやすいサービス!今ではネットだけで入出金まで可能!?

借り入れを三井住友銀行で行う上で、忘れてはいけないものがネット銀行と呼ばれているサービスです。今では三井住友銀行だけでなく、楽天銀行のような大手でも同様のサービスを提供しています。

こちらは、申し込み不要となっているものも多いので、いつの間にかネット銀行サービスが利用できるケースまであります。

ネット銀行とは

カードローンの借り入れはATMで入出金を行う必要があります。ですが、ネット銀行サービスを利用できる場合は、入出金をインターネット経由で行うだけで問題ありません。

返済が楽になるだけでなく、現在の借入状況についてもインターネットで照会できるようになっています。

このようなサービスは無料で利用できるようになっています。また、契約状況の把握だけでなく、将来的な融資の増額についてもインターネット1つで申請できるようになっているのです。

三井住友銀行カードローンは、主婦も審査対象となっているのじゃ。なので、主婦の場合は収入などの影響で審査対象というわけではないのじゃぞ。

しかも、三井住友銀行はこれといった利用上のデメリットも無いのじゃ。インターネット経由でお金の借り入れ、返済まで可能になっているので、利便性についても評価されているのじゃぞ。

便利なネット審査!申込む際はネット審査がオススメ

今では、女性であってもカードローンを利用している人が、4人に1人以上いる時代です。

なぜ女性たちから、カードローンは高い支持を得ているのか?というと、それはインターネットのみでカードローン契約ができるからです。昔は10人に1人の利用者がいる程度だったので、今ではかなりの女性が利用している状況となります。

どうしてインターネットにこだわるのか?というと、女性は「インターネットで契約すると人に見られない」という面に注目をして、利用されている人が多いからです。そのため、今ではインターネット対応のカードローンが人気となってます。

また、ネット審査や自動契約機(通常のカードローン申請)は審査のステップに違いがありません。

  • ステップ1:カードローン申請を行う
  • ステップ2:カードローン審査を受ける
  • ステップ3:カードローン審査後の本人確認を受ける
  • ステップ4:カードローン契約で必要な書類の対応を行う
  • ステップ5:カードローン契約完了

三井住友銀行でもステップについては大きな違いがありません。

銀行や消費者金融に関係なく、大まかなマニュアルが存在しているようで、どこの金融業者でもステップは4~6程度しか存在しないのです。

また、契約完了(ステップ5)についてですが、インターネットから審査を受けている場合、ステップ5の時点で利用が行えるようになってます。

ステップ5の時点で、「マイアカウント情報」というものがメールで送られてくるからです。

この情報を利用すると、インターネットだけで自分のカードローンの利用が行えるので、自分の口座に現金を振り込むことも可能となります。

即日融資も便利!主婦もカードローンの即日融資を利用している

三井住友銀行は、即日融資にも対応しているので融資そのもので手間取ることがありません。

即日融資とは

融資を受けるまでの日数が、審査を行った日と同日になる融資サービスのことです。

本来であれば、融資というのは審査完了後から1・2日後となってます。その為、従来のカードローンでは「翌日に審査完了の連絡を行っている」旨を案内しています。

つまり、三井住友銀行などの大手銀行では審査スピードも早いので、このような即日融資についても対応が可能となっているのです。

また、即日融資には他の魅力もあります。

それは、即日融資を受けられる銀行では、カード発行そのものにも時間がかからない場合が多いという魅力です。

銀行以外のサービスでは、消費者金融でも同じサービスが行われています。

ですが、消費者金融の場合、銀行のような魅力的な金利でサービスを行っているわけではないので、主婦と相性が良いか検討すると、自然と三井住友銀行のような大手銀行が選ばれやすくなります。

三井住友銀行はネット審査に対応しているのじゃ。そのため、周囲の人にバレずにカードローン契約を組めるため、今では主婦などの女性から支持されているのじゃぞ。

しかも、三井住友銀行カードローンは即日融資が可能じゃ。無駄に時間を使わずカードローン契約が組めるため、時間を無駄にしたくない人とも相性が良いじゃろう。

他のローンとの違いは?三井住友銀行は審査時に同意書も必要

主婦が受けるカードローンと、一般の人が受けるカードローンを比較すると、審査の際に必要になる書類に違いがあるのがわかります。

どのような書類が必要になるのかというと、同意書が必要になるところが違っています。

また、主婦が副収入などの収入源をもっており、その収入が不安定なものではない場合、同意書無しで審査が可能にもなっているので、主婦というより専業主婦の場合は、契約を結ぶ人の同意書が必要となります。

具体的に誰の同意書が必要になるのかは下記を参考にしてください。

  • 夫(主人)の同意書が必要
  • 両親の同意書が必要
  • 保証人となる方の同意書が必要

主に銀行からお願いされるケースでは、「家族に該当する人物」の同意書です。

保証人付きでローンを組むことも可能となっていますが、銀行側はローンに関するトラブルを避けるために、あまりそのようなローンを好ましいとは考えていません。

なので、どうしても保証人付きでカードローン審査を受ける場合は、「保証人付き(担保付き)ローンの申込も可能」なのか聞いておいたほうが良いでしょう。

現代のローン事情!担保・保証人は不要で問題ない

三井住友銀行だけでなく、今では銀行や消費者金融のほとんどが担保・保証人を不要と定めています。

なので、担保・保証人について悩まずにカードローン審査を受けても問題ありません。

どうして担保・保証人なしでカードローンが組めるようになっているのかというと、現代では「保証会社」というシステムでカードローン審査が行われているからです。

保証会社とは

カードローン全体の保証を行っている会社のことです。

補償ではありませんので注意してください。主にどのような保証を行っているのかというと、カードローン契約者の借入に関する保証を受け持つサービスとなっています。

すでに保証が発生している状態で契約が完了するので、担保・保証人が不要とされているのです。

また、銀行などのカードローンでは、低収入のため保証人となる方が必要となるケースもある・・・と言われていますが、これも昔の話です。

というのも、現代では「1万円単位でお金を貸せる時代」になっているので、年収が100万円未満と少ない場合には、10万円未満で貸すなどの対応を行うだけで済む問題だからです。

他の人と比較すると、稼ぎが少ないことが気になっている人は、それこそ三井住友銀行のような細かいプランを提示できる銀行で、相談を受けておいたほうが良いでしょう。近年では、マネーアドバイザーといった専門家と相談できるようにもなっています。

三井住友銀行でお金を借りる場合、同意書を求められることもあるのじゃ。ただし、収入が安定しているとみなされる人物は、同意書無しでカードローン審査を受けられるのじゃぞ。

また、三井住友銀行は保証会社を通じて審査を行っているため、担保・保証人が不要でカードローン契約を組めるのじゃ。

大きな借入は難しい!?初回は50万円未満で借りている人が多い

主婦が三井住友銀行でカードローン契約を結ぶ場合、初回の借入は多くても50万円未満で多いとされています。

これは銀行だけでなく、消費者金融でも同じケースが目立つのですが、初回の借入は金融業者全体で同じようになってます。

その理由ですが、初回借入の際には「信用がない状態で借入を始める」からです。

信用というのは、三井住友銀行の場合は三井住友銀行で記録している信用だと思ってください。信用は、カードローン契約者となり利用をしていないと、増加していかないようにもなってます。

その為、カードローン契約後の利用をされていない人の場合、銀行側は「あまり使っていただけていないようだ」と判断します。

つまり、ある程度決められたタイミングで使ってくれないのであれば、貸し渋りではありませんが貸す金額を調整するようになってくるのです。

その為、カードローンの利用実績が少ない主婦の場合、高額のカードローンは組めないケースが多いです。

総量規制とは?銀行は総量規制対象外で借りられる

収入が少ないと、総量規制の影響であまりお金を借りられないと思っている人がいます。

総量規制とは

銀行以外の金融業者で施工されている規制です。

総量規制対象外となっている銀行では、総量規制がかからないようになっているので注意しましょう。主に消費者金融や街金、クレジットカードのキャッシング枠を利用する際に、総量規制がかかるようになっています。

総量規制は、「年収の3分の1までしか借りられなくなる規制」でもあるので、あまりお金を借りられない・・・と考えてしまう人もいるのですが、総量規制対象外の場合は、主に属性評価によるスコアリングしか行われていないので、問題の少ない人であれば審査の通過も難しくありません。

属性評価とは

カードローン申請を行っている本人に関する属性の評価です。属性というのは、年収を軸にしてどのような「返済能力があるのかを判定する」際に用いられます。

年収以外では、勤続年数や転勤の有無などが見られ、職業などが高収入(安定した収入)であるほど高評価となります。

銀行でカードローン契約を組む場合、初回から大きな借入が認められるとは思わないほうが良いじゃろう。三井住友銀行であっても、初回は50万円未満でお金を借りている人が多いのじゃ。

また、銀行カードローン審査では属性が重要となるのじゃ。属性は信用の高い人物ほど評価が高まっていくため、今までの借入に関しても調査され、カードローン審査の結果が出るのじゃぞ。

フリーローンってなに?フリーローンは限度額が大きい

三井住友銀行は「800万円も借りられる銀行カードローン」として有名です。

また、カードローンの案内ページを覗くと、「フリーローン」という項目で紹介されているため、主婦などがこのページを覗いた際には、「カードローンなの?フリーローンなの?」ということで悩んでしまいます。

フリーローンとは

自由なお使いみちで使っていただけるローンのことです。

現代では、カードローンとフリーローンの定義に関しては、特に細かい定義が存在しないので、銀行は昔から販売しているフリーローンをカードローンとして販売しています。

カードローンというのは、消費者金融を元にして誕生した個人向け小口融資を主にいうので、フリーローンとの違いを明確にすると、「借りられる金額」に大きな違いがあるくらいです。

また、銀行によってはカードローンも販売していますが、正確には「フリーローンのプランが複数ある」だけです。

フリーローン2のようなプランがあった場合、それを「○○カードローン」という名称に変更しているだけなので、フリーローンとして案内されているものが、最も高額な限度額で利用可能なカードローンとなります。

主婦からも人気!三井住友銀行カードローンの商品内容

三井住友銀行カードローンの詳細情報は下記のとおりです。これからカードローンの利用を検討されている方の参考になれば幸いです。

お使いみち 自由
融資限度額 800万円
金利(年率) 4.0%~14.5%
収入証明 300万円以上で必要
返済方法 当銀行のATM
提携先のATM
コンビニATM
即日融資 対応可能
担保・保証人 不要
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス

三井住友銀行だけの特徴!誰でも利用しやすい大手銀行のローン

三井住友銀行だけの優良な部分をまとめてみました。やはり他の金融業者と比較すると、メリットが多い銀行として評価できます。

1.三井住友銀行は審査が甘い

他の銀行カードローンと比較すると審査が甘いです。甘いというのは、最初から50万円以上でも借りられる人もいる、もしくは増額審査が定期的に発生する場合を指して言っています。

2.無収入の方でも審査に通るチャンスがある

大手銀行としては、無収入の方に対しても審査が甘い部類です。

ただし、定期的に収入が発生する、または年金受給といった形で収入が約束されている人であれば、無収入であっても審査可能となっているため、完全に無収入の場合は他と同じで審査に通りません。

3.高年齢でもカードローンを持てる

三井住友銀行は60歳以上でも安心して借りられるカードローンです。

今では借換カードローンも対応しているので、100万円程度の借金がある状態で、その借金を三井住友銀行に移すといった行為も認められています。

【参考ページはこちら】
カードローン会社一覧をチェック!

三井住友銀行カードローンは、主婦であってもカードローン審査に通るチャンスがあるのじゃ。低収入の場合は、低収入者用のカードローンプランを提供してくれるのじゃぞ。

しかも、インターネットで簡単に審査を行えるのじゃ。マネーアドバイザーもいるため、現在の収入に見合ったカードローンプランを教えてもらうことも可能じゃ。

このように多くのサービスがあるのに、三井住友銀行はカードローンの金利が低金利なのじゃ。長く使っていけるカードローンとしても、今では高い評判を得ているのもうなずけるじゃろう。

閉じる
閉じる