カードローン審査の「困った」を解決

誰でも審査に落ちる可能性あり?カードローンの審査はどう行われるか

最近カードローンのCMが多いと思いませんか。これらのCMを見ていると誰でもすぐにお金が借りられるようなイメージを抱きます。

利用を考えている人にとっては背中を押されるような気分になることは間違いありません。しかしカードローンもローンであり、借りる前に審査が行われることを忘れてはいけません。

誰でも借りられそうに思えても、よく考えてみると結局この審査に通らなければお金を借りることはでき無いことに気づきます。逆に言えば誰でも落ちる可能性があるという事です。

自分は大丈夫は過信!審査を安易に考え過ぎていませんか

審査の捉え方というのは人それぞれで、性格的なものもあってまったく気にしない人もいます。こういう人の場合、楽天的な性格でたとえ落とされてもまた次を狙えばよいだけというように前向きに考えるようです。切り替えが早いといってもよいかもしれません。

それに対して、審査を必要以上に心配する人もいます。審査に落とされたらまるで人生お先真っ暗というように考えてしまうようで、審査通過の連絡をもらうまで心配で落ち着いていられずイライラを募らせるタイプの人です。

根拠のない自信はあとで後悔することになる

このように両極端な人も居ますがやはり審査結果を気にして落ち着かないという程度の人は多いと思います。

しかし普通に考えれば収入が安定していて返済能力に問題がなければそれほど審査を心配する必要はないのかもしれません。ただし審査が行われる以上絶対に通るという保証はありません。

よく聞く話ですが、同じような状況の人であっても、審査に通る人もいれば、通らない人もいるのです。はっきり言えば金融機関の考え方次第という事です。

したがって自分はそれなりに収入があるので、審査に落ちるようなことはないと思っている人であっても、収入上の問題ではない何らかの原因で審査に通らない可能性はあるのです。ですから審査については根拠のない自信を持つのは止めましょう。

審査は金融機関の審査基準で行われる

では金融機関は何をもとに審査をしているのでしょうか。

審査は審査基準というものがあり金融機関あるいは金融機関に委託された保証会社は、それに沿って審査を行っています。

この審査基準に抵触しなければ審査は通りますが、抵触する項目があれば審査は通りません。

この審査基準というのは金融機関ごとに長い時間をかけて作り上げてきたもので、必要に応じて常に最新の状況に合わせて見直されて今も進化しています。
(⇒カードローンの審査基準はどうなってる?

勿論公開はされず、金融機関の間であっても共有はされていませんので、内容はそれぞれ異なっています。

この審査基準にはもちろん収入の規定などもありますが、そのほかにも様々な規定が含まれており、収入だけが落とされる原因ではありません。ですから審査に通らない理由にも様々なケースが考えられるわけです。

自分に合った審査基準もあれば合わない審査基準もある

したがって審査というものは同じ人が申込んだとしても、金融機関によって審査結果が変わってくる可能性も十分考えられることです。この点からも楽観はできないという事がわかります。

このことは銀行系のカードローン、消費者金融系のカードローンあるいは信販会社のカードローンであっても基本的には変わりません。

簡単に言えば自分の状況に合った審査基準なら通り易いですし、自分の状況に合っていない審査基準の場合には通りにくいという事になりますから、次の例に示すように利用者ごとに審査に通り易い金融機関があれば通りにくい金融機関もあることになります。

返済能力 信用力 返済能力重視の金融機関 信用重視の金融機関
大きい 大きい 通り易い 通り易い
大きい 小さい 通り易い 通り難い
小さい 大きい 通り難い 通り易い
小さい 小さい 通り難い 通り難い

実際にはもっと多くの条件がある訳です。そうしてこれが通り易い金融機関は審査が甘く、通りにくい金融機関は審査が厳しいという判断をする事に繋がって行くのですが、ここには問題があります。判断基準が自分だという事です。

楽観していてはいけない!誰でも落とされる可能性がある

このように審査基準というものはいいろいろあるわけですから、自分にとって相性の悪い審査基準を持つ金融機関というものがあるわけです。そういう金融機関にたまたま当たってしまうと審査は厳しくなってしまいます。

したがって自分の状況を自分なりに判断して審査は問題はないだろうと考えてカードローンを申込んだとしても、金融機関側の審査基準の内容によっては、審査に落とされる可能性というものは常に存在することになるのです。

このためカードローンに限らずローンの審査というものは、どのような状況の人であっても落とされてしまう可能性というものは常にあるのです。このあたりが審査の怖いところと言えるのではないでしょうか。

落とされる人は珍しくない!落ち込んでいてはいけない

この話から判断すればカードローンの審査に落とされるという事は、それほど特殊な事ではないという事です。

もちろん必要があって申込んだ人にとっては大問題ですが、一つ申込んで落とされたとしてもそれをもって深刻に落ち込む必要はありません。

審査基準というものは説明したように金融機関ごとに違うわけですから、ある金融機関のカードローンの審査に落とされたとしても、別に金融機関のカードローンの審査ではアッサリ通る可能性はあるという事になるのです。

したがって審査に落とされた場合には、もう一度最初に戻って借入れしないで済む方法を考えたうえで、借り入れがどうしても必要という場合には、しばらく間をおいて別の金融機関のカードローンを申し込んでみてはいかがでしょうか。

それでも通る保証があるとは言えませんが少なくとも別の審査基準で審査をしてもらえます。

審査に落ちた時の注意!申込ブラックとは何か

ここでしばらく間をおいてと言ったのは申込ブラックにならないためです。

カードローンの申込み情報というのは審査に通らなかったとしても信用情報に残ることになります。これが申込ブラックにつながってしまうことになるのです。

この信用情報というのは基本的には銀行、消費者金融会社、信販会社などの業界ごとに個人信用情報機関が属性情報、利用履歴などの個人情報をそれぞれ管理していますが、これらの金融機関に都合の悪い滞納情報などの金融事故情報は業界間でも共有される仕組みになっています。

ブラックというのはどの金融機関に行っても貸してもらえない状態のことです。申込み情報があり短期間のうちに再度申込をしていることがわかると、その申込者は余程お金に困っているのではないかと金融機関側が判断して危険性を感じて貸さなくなるのです。

したがって申し込みブラックを避けて再度申し込む場合にはこの申込み情報が信用情報の中から消えた後にすればよいのです。この申込み情報の記載期間は6か月を超えない範囲となっており早い場合には1か月程度多くは3か月程度で消されているようです。

最近、銀行や大手消費者金融のカードローンのCMをよく見る様になった。あれを見ると申込みさえすれば誰でも利用できそうに思えてくるんじゃが、ローンというものには審査がつきものでの、審査がある以上、必ずと落とされる者がおるもんじゃ。決して見くびってはいかん。

審査というものは金融機関が貸したお金を返してもらえるかどうかを事前にチェックするものじゃ。だから返済能力とか過去の金融事故などを調べるわけじゃ。

この審査は各金融機関が長年にわたって経験した様々なトラブルから作り上げた審査基準で行っておるんじゃが、それぞれ内容は違っておるから、同じ申込者でも通る金融機関が有れば通らない金融機関も出てくることになる。油断は禁物じゃぞ。

意味を理解しよう!審査が厳しいとか甘いとはどういう事か

カードローンのことを調べ始めると審査について厳しいとか甘いとかいう情報をよく見かけます。では審査に厳しいと言われるのはどういう場合なのでしょう。

審査ですからどのカードローンにも通る人もいれば通らない人もいるのです。誰でもどこのカードローンでも落とされる可能性というものは常に存在しているわけですから、厳しいと言えばすべて厳しいという事にはならないのでしょうか。

世の中に流通している厳しいという情報の根拠は何なのでしょう。

口コミ情報が溢れかえっている

審査を気にしている人というのはまず何を調べるのかというと多くは口コミ情報です。いまはインターネットが発達していますから、検索をかければ目的のカードローンの口コミ情報が簡単に見つかります。便利な時代になったものです。

もちろん利用者の多いカードローンでは口コミ情報も多く、中小の消費者金融を利用する場合には利用者は少なくなりますから、口コミ情報も量としては少なくなります。しかし驚くことに余程新しい消費者金融でもない限り情報は必ず投稿されています。

こういう情報には様々なものが含まれており、審査について厳しいだとか甘いという情報もたくさんあるため、これから申込みをしようと考えている人にとっては大変参考になる情報だと考えがちになります。確かに何もないよりは良いのかもしれません。

口コミ情報は使えるのか!審査への意見はその人の経験に基づく

しかし問題がないわけではないのです。

まず口コミ情報というのは何を目的にして書かれているのかわからないという事です。自分の経験から書かれているのであればまだよいのですが、虚偽の情報ではないという保証はどこにもありません。

たとえば金融業者が利用者を集めるために自分のところに都合のよい情報ばかりを流したとしても、利用者のほうは虚偽の情報だと気が付かないでしょう。面白半分に書き込みを行っている人もいるでしょう。

ここでは以後一応情報を信じたとして話を進めます。

情報が正しいものとして、その情報というのはどういうものでしょう。普通は今言ったように自分の経験したことを書き込んだものです。場合によっては自分の隣人の実体験という場合も考えられます。つまり個人の経験談なのです。

審査基準と審査の厳しさには関係がある

そこで次に審査基準と審査の厳しさの関係について考えてみましょう。

説明してきたように審査基準と申込者の状況によって通る人と通らない人が出てきます。要するに申込みをする人によって通り易さが違うという事です。

審査を受けた時に通らなかったという人はどう感じるでしょうか。もちろんそのカードローンの審査は厳しいと感じるはずです。こういう人が口コミ情報に書き込めば厳しいという意見が一つ増えることになる訳です。

逆に審査に通ったという人にとってはそのカードローンの審査は甘いと感じるでしょう。

口コミ情報に書き込むかどうかはともかく、厳しいか甘いかの判断というのは結局のところ審査に通った人、通らなかった人の個人的な意見に依存することになるわけです。

口コミ情報の欠点!他人の経験が自分に当てはまるとは言えない

分かりやすいようにこの審査に通ったという人を自分だと仮定してみてください。そこで口コミ情報を見て厳しいという書き込みを見たとしましょう。しかし自分は審査に通っているのですから、自分の感覚からいえば審査は甘かったと感じるはずです。

要するに他人の経験というものは情報として読んだとしても、それが自分に当てはまるというものではないのです。

審査はその人の状態と審査基準のいわば相性で決まります。したがって誰かの書き込みを見て勝手に審査が厳しいと判断するのはナンセンスなのです。

このようなわけで、口コミ情報というのは全体の傾向のようなものを参考にするのであればよいのですが、自分がそれを見て申込むか申込まないかを決める情報として利用するには、あまり参考にできる情報ではないという事をよく覚えておきましょう。

重視しなければならないのは自分の状況と審査基準の関係

要は審査が厳しいのか甘いのかという事はあくまで自分を基準にして判断するしかないという事です。他の人の話をいくら聞いたところで自分と審査基準の相性というものは見えてきません。自分の状況を分析したほうがずっと役に立ちます。

口コミ情報というのは実際には虚偽の情報も相当数含まれている可能性があるため、本来であればそういう見極めも必要になり、はっきり言って本当に参考にできるかどうかも分かりません。読んでそんな事もあるのかというようにお話として考えるようにしましょう。

ではどうやって最終的に判断すればよいのかと困っている人もいますが、こういったお金が絡んでくる話は、いろいろと情報を集めることはよいのですが最終的な判断というのは自分で行うのが基本です。誰かがこうだったから自分もという決め方はよくありません。

審査の厳しさや甘さは気にしなければならないのか

インターネットが利用できるようになって情報というものがあふれかえっていますし、カードローンの情報もたくさんありますが、結局どこを見たとしても自分についての情報など書かれてはいません。あくまで他人のものです。

したがって、カードローンを決めようというときには口コミ情報を読むなとは言いませんし、危ない点などは読んでおいたほうが良いですが、審査についての情報というのは厳しいという話も甘いという話もあまり気にしないほうが良い選択ができます。

それよりもどうしたって審査に落ちる可能性というものは排除できないわけですから、カードローンというものは自分の使い勝手を考えて選んだほうが良いのです。

そこでまずは自分がカードローンに何を期待しているのかを纏めることに時間を使いましょう。

実際にカードローンを申込む場合、審査が気になるほど、何とか審査が緩いところを探そうとするものじゃが、実はそれはあまり意味は無いんじゃ。

そういう場合に頼りにされるのが実際の利用者の口コミ情報なんじゃ。今ではインターネット上にあらゆる事に対する口コミ情報があるし、実際に参考になるものもあるが、カードローンの審査についてはあまり参考にはならん。

何故かと言えば、先ほど説明したように審査は各金融機関の審査基準によって行われるが、ある者が通った審査の審査基準にまったく状況の異なる自分が通る保証などないからじゃ。

審査が甘いという口コミ情報が有っても、審査基準と自分の状況の相性によっては、厳しい結果に終わる可能性があるわけじゃ。だから口コミ情報を見る場合は、全体の傾向のようなものを見る程度にしておいたほうがよじゃろうのう。

利用中も油断禁物!より有利な利用に向けて契約後も審査は続く

何はともあれ審査に通ればカードローンが利用できるようになって一安心と考えがちですが、実はカードローンの特徴は長期にわたって利用できるという事であり、その間は心配はいらないと考えるのは早計なのです。そう言うとちょっと気になる人もいるでしょう。

カードローンを利用しながら金融機関とお付き合いを続けていくためには、実は最初の一回の審査で終わるわけではありません。常に審査というものを念頭に置いて利用するにも注意していかなければならないことがあるのです。

最初に設定される利用限度額はたかがしれている

カードローンでは申込時に希望する借入額を申告します。しかし申込んだことがある人はよくわかると思いますが、それがそのまま認められるわけではありません。

多くの人は審査結果が来たとしても設定された利用限度額を見てその少なさにがっかりします。実はカードローンの利用限度額というのは最初は誰でも少ないのが普通で、なんで自分はこんなに少ないのかというように悩む必要はありません。

年収にもよりますが、場合によっては10万円に満たないような人もいます。しかも金利は自分は信用できるはずだから最も低いレベルだろうと勝手に思っている人もいますが、実際には最も高い金利が適用され自分はそんなに信用がないのかと2重にがっかりというのが普通です。

利用中にもっと大きな利用限度額がほしくなる

それでも、まあしょうがないかという事で少ない利用限度額で利用を始めます。よく考えれば例えば給料日までのつなぎとか生活費の補てん程度であれば十分な金額であることがわかります。

ただしそのうちにもっと大きなお金を利用したいと思うようになります。それは人生たまには大きなお金を使ってレジャーを楽しみたいと思う場合もあれば、冠婚葬祭などでどうしても必要という状況になることもあるためです。

そこで人によってはもう1つ別のカードローンを契約してしまおうと考える人も出てきます。しかしカードローンの利用状況というのは常に金融機関が見ていることを忘れてはいけません。

他社の利用は分からないだろうと思われがちですが、常に監視しているわけではないですが、このことは、あとで説明するように困ったことになることがあるのです。

利用限度額は増額できる!その方法とは

さてこの少なく設定される利用限度額ですが、少ない理由はお付き合いによる信用が最初はないためです。

しかしカードローンを利用続けていればこのお付き合いが深まって信用というものの判断が違ってきます。このため利用限度額というのは増額が可能なのです。

ただし増額できるほど信用をつけるためには金融期間によって違いますが、短くても半年、長い場合には1年あるいはそれ以上のお付き合いが必要になります。しかもこの間返済が滞らないような適正利用を続けなければなりません。

この信用ができると金融機関によって方法は違いますが、多くの場合金融機関のほうから何らかの形で利用限度枠の増額ができる旨の連絡が来ます。

増額できればそれに伴って信用に応じた金利設定も見直されて有利な利用も可能になります。

増額を希望する場合にはあらためて審査を受ける必要がある

ただし、増額の案内が来たからといって、それがすぐに利用限度額の増額につながるわけではありません。そんなことをしたら誰でも長期間利用していれば増額できるという事になってしまいかねません。金融機関はそれほど甘いところではないのです。

増額の案内というのはあくまで増額のための申込みができるという事にすぎません。この申し込みが行われると、再度審査が行われて申込者が増額するにふさわしのかどうかという事が判断されます。要するにここでまた審査があるのです。

金融機関は最初の申込み以後のカードローンの利用状況を見てそろそろ増額してのよいかどうかを判断したうえで増額の案内を出しますから、案内を貰えば審査に通る可能性は高いですが、利用者の状況によっては必ず通るというものではありません。

増額は一気には進まない!徐々に行われることになる

しかもこの増額をしたからといっていきなりそのカードローンの貸出限度額いっぱいまで借りられるようになるわけではありません。増額されたとしても貸出限度額から見れば少しだけです。

もちろんそれまでの利用限度額から見れば大きく増えることにはなります。要するに増額というものは徐々に行われるという事です。

一度増額したらその中でまたある程度の期間適正な利用を続けて、再度増額するというように徐々に増えていくのです。利用者にとってはイライラする人もいるかもしれませんね。

したがって再度増額を申し込めばその時点でまたまた審査を受けることになります。

このようにカードローンと言うのは長期間借りたり返したりするという特性上、利用限度額などの見直しが入ることになり、利用中何度も審査を受けるという特徴があるのです。

増額を希望するのはより良い生活を追究したいという人間の特性

この増額というのは人間の特性をくすぐるものです。収入が増えてくれば、利用するお金が増えて、大きなお金を利用したくなります。このため必然的に借入れの額も大きくなっていきます。カードローンはそれに合わせるように増額が可能になっているわけです。

人間には自分の生活を向上させたいという願望があります。そのためには大きなお金が必要と考える人も多いわけです。したがって時が経てば経つほどさらに大きなお金が必要になるので、この願望が続く限り増額も続き審査も続くという事になるのです。

このようにカードローンではずっと審査というものが続くことになり、常に利用の仕方に気を使わなければりません。

例えば先ほど言ったようにもし途中で他社の利用などがあれば、その分返済能力が削られることになるため、低評価になってしまうことになるのです。低評価になればせっかくの増額審査も落ちる可能性が高くなります。特に他社借り入れについては最も嫌がられる行為だと考えてください。

カードローンで注意が必要なのは、一度審査に通って、これで安心と考えてはいかんという事じゃ。

カードローンでは利用限度額と金利が審査で決められるのじゃが、残念ながら最初は少額で高い金利になってしまう。そのかわり暫く利用を続けることで信用ができてくると、利用限度額が増額され金利も低くなっていくわけじゃ。

しかし増額してもらうためには、申込時と同じで審査を受ける必要が有る。つまりじゃな、カードローンの審査というのは申込時だけではなく、そのあとも延々と続くという訳じゃ。

その審査に通らなければ、いつまでたっても不利な条件で使い続けなければならんということじゃ。

審査に落ちても慌ててはいけない!次の対応が難しい

では最後に審査に落ちてしまっった時のことを考えていきましょう。説明してきたように審査というものは絶対に通るという保証はありません。誰にでも落とされてしまう可能性はあるのです。したがって予めそういうものだと思うようにしましょう。

そしてもし落ちてしまった場合でも、落ち込んだり取り乱したりするのではなくて、まずは落ち着くことが必要です。冒頭で言ったようにこういうことをまったく気にしない人もいますが、気にはしたとしてもあまり深刻になる必要はありません。

審査に落ちても慌てず次を考える

審査に落ちてしまったらまずは落ち着いて、慌てずに次を考えることが重要です。混乱しているのであれば落ち着いて考えられるようになるまで、あまり動きを取らないほうがよいと思います。混乱している時にいろいろやっても再度失敗してしまう可能性は高いです。

お金が必要でカードローンを申し込んだわけですから慌ててしまいますが、まずは慌てずに自分の置かれた状況というものを分析しなければ次につながる判断というものができません。この時点で絶対に慌ててはいけないのです。

先ほども説明したように短期間に何度も申込を繰り返すと申込ブラックと判断されることになりますから、あわてて再度どこかのカードローンを申込んだとしても落とされる可能性が極めて高くなります。その点もよく理解しておきましょう。

申込ブラックにならないように申込みには間をあける

申込ブラックというのは金融機関にとってはもっとも危ない状態だと認識されていますので、最近増えてきているブラックの人でも融資してくれる業者に申し込んだとしても、やはり融資を断られるのが普通です。それだけリスクが大きいという事です。

したがって再度申し込むのはできれば6か月経過してからにするほうが安心して申込むことができます。

そんなに待てない場合でもできれば3か月は空けてください。それより短い期間だと申込ブラックと判断されてその申込情報がさらに残ることになります。

再度申し込んでも審査に落とされる?ブラックを疑ってみる

十分期間をあけて申込んでもやはり落とされてしまうという場合も存在します。もちそん返済能力がなければなかなか利用させてくれるところは見つかりませんが、返済能力に問題が無い場合であっても何度申込んでも落とされるという人もいます。

そういう場合には自分はブラックではないかと疑う必要が出てきます。ここでいうブラックというのはここまでに出てきた申込ブラックではなく金融ブラックというもので、過去に問題があって借り入れができなくなってしまう人のことを言います。

混乱しないためにブラックについて表に示します。

ブラックの種類 原因 信用情報への記載期間
金融ブラック 滞納、債務整理 滞納:5年、債務整理:10年
申込ブラック 短期間の申込の繰返し 6か月を超えない範囲

そこでまずは自分の過去にブラックになった原因がないか表に示した期間をさかのぼって思い出してみてください。

滞納という場合は公共料金や電話料金の支払いも含まれるので注意が必要です。最近では携帯電話料金の滞納が目立った原因になっています。

ブラックだった場合には期間が過ぎるのを待つ

もし心当たりを思い出した場合には、ブラックの可能性が高くなります。このような場合には特に対策というものはありません。信用情報の中から該当する情報が消えるのを待つ必要があります。

表からわかるように滞納で5年間、債務整理は10年間ブラックとなります。人生においても無視できない長さの期間です。

最近では携帯電話を安易に利用し続けて支払いができなくなる人も多いですが、あとあと大きな影響が出ることを認識しなければなりません。

ブラック対応業者も存在するが借入れは見合わせよう

場合によってはそんなに長い期間は待てないような状況に追いつめられてしまう場合もあるかもしれません。人生何があるかわかりませんから、その意味でもブラックになるというのは大変なリスクだと言えます。

最近では景気低迷でブラックの人が増えている為か、ブラックでも貸してくれるブラック対応という消費者金融も出現しています。

こういった業者であればブラックでも返済能力次第で借り入れできる可能性があります。

ただしこういった消費者金融であっても審査というものは必ず行われますので、何度も言いますがそこには必ず落とされる人が出てきます。

なにより一度ブラックになった場合、再度同じ状況に陥る可能性も高いため、安易な借り入れを考えるのではなく、先々をよく考えて借入れしなくて済むように生活するようにしましょう。

ブラックかどうか分からないときにはどうするか

どうしても審査に通らないが、何度思い出してみてもブラックになりそうな記憶がないという人もいます。そういう人の場合たまたま申込む金融機関がすべて相性が悪いという可能性もありますが、やはり何か隠れた問題があるとも考えられます。

このためどうしても分からないという場合には、自分の信用情報というものは閲覧することができるようになっています。閲覧して何が問題になっているのかを確認してみてはいかがでしょうか。確認すれば思い出せるかもしれません。

また確認しても思い出せないという場合もあります。可能性としては滅多に有りませんが、記載のミスという事も無いとは言えません。

その場合は訂正を請求することが可能です。どうしても納得できないときには利用してみてください。

【参考ページはこちら】
カードローンのよくある質問はこちら

カードローンは誰でも簡単に利用できるように多くの宣伝媒体で印象操作されておるが、実際には利用する前に審査が行われ、それに通らなければ、利用することはできん。安易に考えて申し込んでも落とされる可能性が有るのじゃ。

そこで参考にしたいと思うのがネット上にある多くの口コミ情報なのじゃが、実は口コミ情報というのは他人の経験であって、審査という個別に行われるチェックでは自分にも当てはまる保証なない。口コミ情報をあまり頼りにしてはいかんのじゃ。

また審査に通って利用を始めた後も、利用限度額などは信用が大きくなるにしたがって見直され、そのたびに再度審査が行われることになる。じゃから一度審査に通って安心していてはいかんのじゃ、有利な利用を目指すのであれば常に審査を意識する必要がある訳じゃ。

もし申込みに落ちてしまった場合には、慌てんことが重要じゃ。慌てて次を申込んでも短期間に何度も申込んだという事で申込ブラックになってしまう。次の申込みはしばらく間をおいてから行うようにする必要が有るんじゃ。

最も重要なのは再度申込みをお行う前に、もう一度本当に借入れが必要なのか考えてみる事じゃ。カードローンやキャッシングは借金じゃ、何とか遣り繰りできれば借入れしなくてもよくなる。なるべく借入れしなくても良いように考えることが必要じゃ。

閉じる
閉じる