カードローン審査の「困った」を解決

電話連絡なし!こっそり借りたい人のカードローンはコレ!

カードローンの利用はまだまだ「うしろめたい」モノがつきまとってしまいがち。

お金を借りることは悪いことではありませんが、なんとなく周りの人にお金を借りていることは知られたくないですよね。

そんな方のネックは、勤務先に電話がかかってくる「在籍確認」だと思います。5分程度で済むし個人名なので大丈夫!とはいっても、不安なものは不安です。

誰にも会わず、しかも在籍確認もないカードローンなんて夢のまた夢…と思っていませんか?実はそんなことはありません。

その条件を満たす、救世主と言えるようなカードローンが実はあるんです!

「プロミス」なら在籍確認ナシで借りられる!

 
在籍確認なしで利用することが出来るカードローン会社、ひとつめは「プロミス」です。

プロミスは消費者金融最大手のひとつとして有名ですが、あまり「在籍確認がない消費者金融」として有名というわけではありませんよね。なのになぜ、プロミスで在籍確認が回避できるのでしょうか。

在籍確認無しの秘密は「代替案」

在籍確認の電話をしない代わりに、プロミスでは「勤務先に在籍してることを確認できる書類」を提出することで在籍確認を行うのと同じ扱いをしてくれるんです。

在籍確認を一切しなくてもお金を借りられるというわけではなく、代替案として書類の提出で在籍確認をパスしてくれるというわけですね。

電話連絡の代わりの、在籍証明の書類として受け付けてくれる書類は

  • 給与明細書(直近のもの)
  • 健康保険証
  • 社員証

などの、勤務先の名前がわかる書類を用意する必要があります。

書類の提出は郵送などではなく、携帯電話(スマートフォン)で写真を撮影し、それをメールに添付して送る方法ですので、ほとんどの方が問題なくクリアできるでしょう。

電話で相談が必須!書類提出はメールでもOK

この方法で在籍確認の方法を変更したい場合、インターネットからではなく、電話(プロミスコール)にて申し込みを行い、オペレーターさんにその旨を相談する必要があります。受付時間は9:00~22:00と遅くまでやっていますので、仕事の後でも安心です。

プロミスは即日融資が可能な消費者金融ですが、このような方法をとった場合即日融資は難しくなる可能性がありますので、急いで借りたい方は注意しましょう。

審査完了後、以下の3種類から契約方法を選びます。

  • プロミスへ来店し窓口で契約
  • 自動契約機で契約
  • 郵送で契約

のいずれかとなるでしょう。職場バレのみがNGな場合はどの方法でも問題ありませんが、家族バレもNGな場合はプロミスの店頭窓口に行くか、自動契約機での契約がいいですね。

郵送はそもそも利用できるまでに時間がかかってしまいますので、家族バレOKでもあまりおすすめはしない方法です。

プロミスの商品概要

書類を代わりに提出すれば、在籍確認の電話をパスできるプロミス。金利や利用限度額など、基本的な商品概要も知っておく必要があるでしょう。ざっくりとですが表にまとめました。

内容
利用限度額 500万円まで
借り入れ利率 4.5%~17.8%
遅延利率 20.0%
返済期日 5日、15日、25日、末日のいずれか
※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の
金融機関から口座振替での返済を希望する場合は5日のみ
返済期間・返済回数 5最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
申込条件 年齢が満20歳以上69歳以下で安定した収入があること
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証・保険証・パスポート)
・収入証明書類(源泉徴収票・確定申告書など)

プロミスは消費者金融のため、主婦や学生であってもパート・アルバイトで自身に収入があれば利用することが出来ますが、専業主婦の方は残念ながら利用することが出来ません。
(⇒カードローンを利用できる職業とは?

また、収入証明書類は本来はプロミスから50万円を超えた金額の利用限度額で契約する場合、あるいは他社借り入れ額と合わせて100万円を超える場合に必ず必要となります。

CMなどでもお馴染みのプロミスじゃが、実は在籍確認ナシで利用することが出来るんじゃ。

しかしそれは絶対ではない。利用限度額を高く希望している場合や、プロミスが「在籍確認をきちんと電話で行ったほうがいい」と判断した時は代替案がNGとなることもあるじゃろう。

じゃが、他の大手消費者金融に比べると代替案が通る確率が高い傾向にあるようじゃ。「とりあえず在籍確認ナシでお金を借りたい」という場合、まずはプロミスで相談してみるのは十分にアリと言えるじゃろうな。

SMBCモビットの「WEB完結」も厳し目条件ながら電話連絡なし!

もうひとつの「電話連絡なし」で借りられるカードローンと言えば、こちらも大手消費者金融であるSMBCモビットの「WEB完結」でしょう。

「WEB完結」最大の魅力はその名の通り、すべてWEB上で申し込みから契約、借り入れまでが可能なこと。そして何よりも電話連絡なしで利用出来ることではないでしょうか。

その代わり申し込み条件は厳しめ

出来るだけ周りにバレずにお金を借りたいと思っている方にとっては、まさに救世主!と言える「WEB完結」。

ですが、残念ながらその申込条件は先ほどご紹介したプロミスに比べるとずっと厳しい…というか、面倒な内容になっています。

  • WEB完結申込時の年齢が20歳以上69歳以下の方
  • 定期的に安定した収入のある方
  • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行、またはゆうちょ銀行に普通預金口座を持っている方(本人名義のみ)
  • 全国健康保険協会の保険証(社会保険証)、または組合保険証を持っている方
社会保険証とは一般的に会社員の方が持っているもので、全国健康保険協会(協会けんぽ)が発行しているもの、組合保険証は会社員、公務員、自衛官などの方で各企業の健康保険組合や公務員の共済組合などが発行している保険証になります。

上2つはカードローン利用時の基本的な条件といえますが、下2つが多少人を選ぶ内容となっています。契約社員や正社員じゃないと社会保険証がもらえないことが多いですし、メガバンクといえ預金口座を持っていない方もいるのではないでしょうか。

少々面倒な内容ではありますが、すべてクリアしているならWEB完結を利用できる可能性は高いと言えます。

申込みから利用までの流れ

ここでは、「WEB完結」の申込みから利用までの流れをざっとご紹介していきます。

当たり前ですが、「WEB完結」を申し込めるのはインターネットを利用した「パソコン」あるいは「スマートフォン」のみとなり、他の申込み方法では利用できません。申込み自体はSMBCモビットのホームページの「WEBは完結申込」ボタンから必要事項を入力し、送信するだけでOKです。

すべての連絡はメールにて行われます。審査は最短30分で完了し、メールにて審査結果が送られてきます。審査に可決した場合、ネット上で入会(契約)の手続きを行い、入会完了メールが手元に届いた時点で利用可能となります。

すべてネット上で完結しますので、そのスピーディーさはプロミスよりも上回っていると言えるでしょう。

郵送物も一切届きませんので、家族バレを気にしている方でも安心して利用することが出来る点も魅力ですね。

申込みに必要な書類も多い

申し込むための必要な書類は「本人確認書類」と、「収入証明書類」、そして「勤務先を確認できる書類」の3種類が利用する金額にかかわらずすべて必要になります。いずれもコピーで問題ありません。

項目 該当する書類
本人確認書類 運転免許証・パスポート
収入証明書類 源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書
給与明細書(直近2ヶ月分、可能なら直近1年分の賞与明細書も)
勤務先の確認書類 ・健康保険証(全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、
 もしくは組合保険証)
・給与明細書(直近1ヶ月分)
※収入証明書類として給与明細書を提出した場合は不要

少々種類が多いですが、運転免許証と給与明細書(直近2ヶ月分、あれば賞与明細書)を用意しておけば問題ない、とおぼえておいてください。

SMBCモビットの商品概要及びWEB完結の注意点

金利などのSMBCモビットの商品概要はこちらです。800万円までと、かなり余裕の借入が可能です。

内容
利用限度額 800万円まで
実質年率 3.0%~18.0%
遅延利率(実質年率) 20.0%
返済期日 毎月5日、15日、25日、末日
返済期間・返済回数 最長60回(5年)。ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)

そしてWEB完結利用時の注意点です。

ネット上ですべて契約できて非常に楽なのですが、カードローン用のカードが発行されませんので、ATMを通じた借入が出来ず、すべて会員サイト「Myモビ」を通じた振り込みでの借入となります。

SMBCモビットは2018年10月15日より原則24時間最短3分でお振込可能です。

WEB完結は出た当時、非常に話題になった商品じゃ。追随する会社がないから、SMBCモビット唯一の商品と言っても過言ではないのう。

用意する書類が多く、条件としてもパートやアルバイトの人は利用できないようなもんじゃから、ハードルが高いのは確かじゃ。

しかし電話連絡がなく利用できるのは、希望する人によっては非常にありがたい存在と言えるじゃろうな。

ただしカードが発行されない点は要注意じゃ。一般的なカードローンとは違う運用を考える必要があるのう。

銀行系カードローンなら「セブン銀行」がオススメ

ここまで2つの在籍確認がないカードローンをご紹介してきましたが、どちらも消費者金融系カードローンでした。

銀行系カードローンに比べるとちょっと金利が高めですし、できれば銀行カードローンで在籍確認がないところが…というワガママな気持ちの方もいらっしゃると思います。

そんな方にオススメなのが「セブン銀行」の「ローンサービス」です!

そもそも、基本的に在籍確認ナシ!審査時間も最短10分!

驚くべきことに、セブン銀行の「ローンサービス」では、基本的に在籍確認を行うことがありません。とはいえ、あくまで「基本的に」ですので、場合によっては在籍確認として連絡をすることがある可能性も。

しかし仮に在籍確認の電話がかかってきたとしても、「銀行」からかかってきていますので職場バレの可能性は低いと言えるでしょう。家族バレも同様ですね。

そして驚くポイント2つ目として、審査時間がなんと最短10分!という短さということです。

あくまで最短ですので、必ず10分で終わる…というわけではありませんが、それでも早いですよね。

ただ、審査の申込み時間によって審査回答タイミングが以下のように変わるので注意してください。

審査申込み完了時間 審査回答時間
0:00~9:00 当日9:00以降順次回答
平日9:00~20:30
土日祝日9:00~15:30
申込完了後、原則30分以内
平日20:30~
土日祝日15:30~
翌日の9:00以降順次

即日利用もOK!その代わり事前の口座開設が必須

セブン銀行の「ローンサービス」は、キャッシュカードにカードローン機能をプラスするタイプの商品です。そのため、セブン銀行の口座を持っていれば契約完了次第、すぐに利用することが出来るんです。

借入はもちろんセブン銀行ATMをはじめとした提携金融機関のATMからの引き出しに加えて、ネットバンキング(ダイレクトバンキング)での振り込み融資にも対応。

しかも、基本的に24時間365日OK!夜中や早朝でもリアルタイムで借入ができちゃいます。

項目 セブン銀行ATM ダイレクトバンキング
借入方法 現金(キャッシュカード使用) セブン銀行の普通預金への振替
借入単位 1.000円 1円
利用不可時間 毎月第3日曜日の
翌日0:30~5:30
毎月第3日曜日の
23:30頃~翌日5:30頃

ただし、即日利用できるのはセブン銀行の普通預金口座を既に開設している人の場合です。

ローンサービスの申込みと同時に預金口座開設の申込みも出来るのですが、口座の開設までには1~2週間とそれなりの時間が必要になってしまいます。

急いでお金を借りたい方は、即日融資の可能性が高い消費者金融系カードローンを候補にしたほうがいいでしょう。

プチカードローンとして最適な、ローンサービスの商品概要

最後に、「ローンサービス」の商品概要をご紹介しておきたいと思います。

内容
利用限度額 10万円・30万円・50万円
(新規申込時は30万円まで)
借り入れ利率 15.0%
遅延損害金 不要(なし)
返済期日 毎月27日
借入条件 ・セブン銀行の口座を持っている個人の方
・契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方
・保証会社の保証を受けられる方
必要書類 不要
(口座開設と同時の場合は運転免許証・健康保険証などの
本人確認書類や公共料金の領収書が必要)

利用限度額は最高でも50万円とかなり低い印象となっています。しかも新規申し込み時は最高でも30万円までしか利用することが出来ません。

とはいえ30万円もなかなかの大金。これで足りない、というケースは緊急性を要さない日常生活においては十分な金額と言えるのではないでしょうか。

加えて、利用から2ヶ月経過すれば増額審査を受けることも可能です。

金利も銀行ならではの低金利といえる15%。大手銀行系カードローンと比べてもほぼ遜色がなく、かつ24時間365日利用できる、利便性の高いカードローンです。

今回紹介する中で唯一の銀行系カードローンとなってしまったが、セブン銀行のローンサービスは非常に利用しやすいカードローンじゃ。

利用限度額は確かに低いものの、その利便性の高さが大きな魅力じゃな。特に振り込みでも24時間対応OKというのはなかなかないものじゃ。

消費者金融ではプロミス、アコム、ノーローンが対応しておるが、いずれも特定の金融機関のみじゃ。セブン銀行も自行だけではあるがな。

コンパクトに便利さがまとまっておる優等生な商品じゃ。しかも在籍確認不要というのはありがたいのう。口座開設と一緒だと時間がかかるから、その点には注意するんじゃぞ。

不要な商品はあっても、基本的に在籍確認は避けられない!

今回は、職場バレをしないような在籍確認がない(可能性が低い)カードローンを3つご紹介しましたが、カードローンを利用する上では、残念ながら在籍確認を避けて通ることは出来ないと思っておいたほうがいいでしょう。

カードローンを提供している消費者金融や銀行にとって、やはり在籍確認というのは大事なものです。

「きちんとその勤務先に在籍しているのか?」「ウソの情報を記載していないか?」ということを確認する必要があるからです。仮に働いているといってウソをついて無職の人がお金を借りても、返済なんて出来ませんよね。

きちんとお金を貸しても返済してくれるかどうかを見極めるためにも、在籍確認は必要なものなんです。逆に言うと、在籍確認があるからこそ信頼して保証人や担保なしでお金を借りることが出来るとも言えるんですよね。

ただ、在籍確認がどうしても出来ない場合、ない場合もあります。代表的なのは「派遣社員の方」ですね。

大きな派遣会社の場合は抱えている派遣社員の数が一般的な会社に比べて膨大です。そのため、エリア担当者の方は知っているとしても派遣会社の総務部がすべての社員の情報を知っているかと言われると、それは疑問です。また、社員が多いと在籍確認の数も多くなり、対応が追いつかないケースもあります。

そこで、大手の派遣会社の中には電話での在籍確認に応じない代わりに「在籍証明書」という書類を発行し、本人から金融機関側に提出してもらうことで在籍確認をパスするという形を取っていることもあります。

自営業やフリーランスの方、そして専業主婦の方はそもそも在籍確認が不可能な部分があるのでまた別ですが、どこかに勤めている方であれば、在籍確認は避けられないものと思いましょう。

会社に電話がかかってくるのは確かに怖いですが、在籍確認を避けたければ今回ご紹介しました商品をセレクトすればいいんです。自分の環境や希望に合わせて、利用しやすいカードローンを選びましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンのよくある質問をチェック!

カードローンと在籍確認は、どこかに勤めているのであれば切っても切れない関係と言えるじゃろう。

在籍確認の電話は、先方は会社名を名乗らずに個人名でかけてくるとはいえ、電話を受けた人によっては「怪しい」と思ってしまうことも多いからのう。

金融業者側も電話をかけたくてかけているわけじゃないから、その点は理解するしかないんじゃ。どうしてもイヤなら、今回紹介したようなところからお金を借りるようにしたほうがよいの。

紹介した3社以外にも書類提出で在籍確認をパスできる会社もあるようじゃから、どうしてもここから借りたい!と思ったら交渉してみるのも手じゃな。

閉じる
閉じる