カードローン審査の「困った」を解決

アルバイトでもお金が借りたい時審査に通るカードローン一覧

アルバイトをしてお金を稼いではいるけれど、急な飲み会が入ったり冠婚葬祭があったりと、思わぬ出費でお金が足りず、頭を抱えることもありますよね。学生さんなら、学業に必要なものでまとまった出費があって困ることがあるかもしれません。

そんな時には、アルバイトの収入を元にお金を借りる方法があります。ですが、正直なところアルバイトの人はカードローン審査には不利で、場合によっては借りられないこともあるのです。

そこで、それでは困る、審査に通りたい!と思うあなたに向けて、アルバイトの人がお金を借りたい時に審査に通るために守るべきポイントと、アルバイトでも借り入れができる業者を一覧でご紹介します!

アルバイトが審査に通りにくい理由解説とその対策まとめ

アルバイトの人のカードローン審査ですが、正社員などの雇用形態に比べて、審査に不利になるのは事実です。

では、なぜアルバイトの人は審査に通りにくいのでしょうか。まずはその理由を確認することで、審査に通り安するための対策を考えてみたいと思います。

アルバイトだとカードローン審査に不利になる理由

実は、カードローン審査を受ける際、雇用形態によって審査の受かりやすさに違いがあります。通りやすい順に上から並べると、以下のようになっています。

  • 最も通りやすい…正社員
  • まあまあ通りやすい…派遣社員や契約社員
  • 通りにくい…アルバイト・パート・自営業

なぜ雇用形態によって審査の通りやすさに差が出るのかというと、審査に通りやすい雇用形態の人ほど収入が安定していると考えられるからです。

カードローン審査で最も重視されるのは、貸したお金をきちんと返してくれるかどうか、つまり返済能力があるかどうかです。

正社員だと、他の雇用形態の人よりも長く仕事を続ける可能性が高いですよね。そのため、返済能力が高いと判断されるので、最も審査に通りやすい雇用形態と言えるのです。逆に、アルバイト・パート・自営業は、返済能力が高いとは判断されません。

それは、離職率の高さと収入が安定しにくいというところから来ています。これらの雇用形態の場合、正社員とは違い、ずっとその仕事を続けるかどうかはわかりません。

また、アルバイト・パートの場合時給制であることもあり、仕事に入る回数や回数は同じでも勤務時間が減れば収入も少なくなるなど、収入が安定しにくい雇用形態でもあります。自営業の場合も、仕事の受注が安定しなければ、収入が得られませんよね。そのため、これらの雇用形態の人はカードローンの審査では不利になってしまうのです。

では、不利な条件でも審査に通るために、ここからはアルバイトの人が審査に通るためのポイントを具体的に確認していきましょう。

審査基準はカードローンごとに違う!アルバイトOKの業者を探す

審査に不利だというのなら、アルバイトだと審査に通ることはできないのかと思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、結論から言えば、そんなことは決してありません。アルバイトの人でも借り入れができるカードローンももちろんあります。

しかし、選ぶカードローンを間違えると、アルバイトの人は借り入れをすることができません。なぜなら、カードローンの審査は、それぞれのカードローンごとに決められた基準を元に行われるからです。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準について

どのように基準が違うのか、例えば収入の安定を例に考えてみると、収入が300万円以上あることを条件としているカードローン商品もあれば、金額による基準は設けていないカードローンもあります。この場合、年収の具体的な額を基準として申し込み者を見ているわけですね。

また、正社員でなければ借り入れができない、アルバイトやパートであっても借り入れできるなど、雇用形態によって安定性を測ることもあります。

つまり、同じように利用条件として収入が安定していることが挙げられていても、それがどこまでの範囲を意味しているのかを確認してから利用する必要があるということになりますね。

これらのことから、アルバイトの人がお金を借りる場合、まず一番にチェックしなければいけないのが、審査を申し込もうとしている商品がアルバイトOKの商品かどうかだということです。

アルバイトOKとわかっている商品でなければ、申し込んでも審査に通ることはできません。

年齢など、その他の借り入れ条件も合わせて確認しよう

アルバイトの人がお金を借りたい時、アルバイトOKという基準だけを満たせばいいわけではありません。カードローンにはその他にも利用条件が設けられていて、それにあっていなければ利用できないのです。

例えば、アルバイトをしている学生さんがこの記事を読まれている場合、年齢が20歳を超えている人もいれば未成年の人もいらっしゃるかもしれません。実は、カードローンのほとんどは、未成年者は利用できないことになっています。そのため、年齢の条件など、その他の条件も合わせて確認する必要があるのです。

では、どのような条件があるのか、具体的に見ていきましょう。カードローンの利用条件として挙げられる内容としては、下記のようなものがあります。

  • 年齢に関する制限
  • 収入に関する制限
  • 保証会社の保証に関する制限
  • 居住地に関する制限

まずは年齢に関する条件ですが、この条件に合っていない人はカードローンを利用できません。

次に収入に関する制限ですが、多くのカードローンの利用条件として『継続した安定収入があること』というような書き方がされています。この安定しているという部分が、先ほどもお話ししたように解釈が分かれる部分です。

保証会社の保証を受けられるかどうかということは、保証会社の審査に通るかどうかということを意味しています。保証会社をつける意味は、そのカードローンを発行している金融機関にとって、万が一返済が滞った場合、保証会社が立て替えて返済をしてくれるという安心感があるということです。

保証会社をつけるのは銀行のカードローンで、消費者金融は自社で審査をして自社で貸し出しを行っています。

居住地に関しては、例えば地方銀行や信用金庫、それから中小企業の消費者金融のカードローンに多い規定なのですが、その金融機関の営業地域内に住んでいる人、または勤務先がある人しか利用できないといった規定を持つところもあります。

これらの条件は、どのカードローンでも全部の条件に合っていることが求められるというものではありません。それぞれのカードローンによって挙げられている条件が違い、条件が厳しいところもあればそうでないところもあるという形になっています。

それぞれのカードローンごとに、どのようなことが求められているのかが利用条件として明記されていますので、それを確認して自分に合っている商品に申し込まなければ審査には通らないということですね。

アルバイトならではの注意点!年収と借り入れ額の兼ね合いとは

消費者金融からお金を借りる場合、年収の3分の1を超える金額のお金を借りることは、貸金業法という法律の定めによってできないことになっています。この決まりは総量規制と呼ばれるものです。

もちろん、これは正社員や派遣社員などその他の雇用形態の人も守らなければいけない決まりなので、誰もが注意しなければいけないことではあるのですが、アルバイトやパートの人には特に重要な問題となります。

なぜかというと、アルバイトやパートの人の場合、もともとの年収が低いことが多いからです。そのため、契約希望額が他の雇用形態の人に比べて年収の3分の1を超えやすく、その結果審査にも通りにくくなることがあります。

そこで、自分の年収をきちんと把握し、その3分の1を超えないように契約希望額を書くことが大切です。

銀行は貸金業法ではなく銀行法に従ってお金を貸していますので、総量規制の制限は受けません。とはいえ、お金を貸しても返って来ないと困るので、際限なくお金を貸すことはあり得ません。銀行の場合も、年収の3分の1を超えているかどうかが1つの基準になっていると言われています。

再審査で落ちにくくするために、一度審査落ちした時試すべきこと

アルバイトの人の場合、審査にはどうしても不利になるので、審査落ちしてしまうことが無いとは言えません。ですが、一度審査に落ちたら絶対に審査に通らないということはなく、別の業者で審査を受けることで通る可能性も残されています。

それは、先ほどもお話ししたように、カードローンの審査基準はそれぞれのカードローンごとに違うからです。ですが、やみくもに審査を受けても、通りやすくはなりません。そこで、再審査で落ちにくくしたい時には、以下のことを試してみましょう。

  • 次々申し込まず1社ずつ申し込む
  • 銀行でダメだった場合消費者金融で審査を受け直す

まず、同時に複数のカードローンに申し込むと、よほどお金に困っているんだと思われがちで、それが原因で審査に通らないこともあり得ます。そのため、初めて申し込む時から、1社ずつ審査を受けることがポイントです。受からなくても、受けるのは3社までにしましょう。

個人信用情報機関というところが申し込みや借り入れに関する情報を管理していますので、たとえ申し込みの際に記入することがなくても、これまでの申し込みの履歴は残っています。

次に、銀行でダメだった場合に消費者金融で審査を受け直す際に注意すべき点を確認しましょう。まずは別の銀行ではダメなのかということからですが、一般的に銀行のカードローンの方が審査が厳しいので、別の銀行を受け直すよりは消費者金融で審査を受けた方が通る可能性が高いのです。

それから、最初に銀行で審査を受けた場合、保証会社がどこかにも注目する必要があります。銀行の場合、大手消費者金融を傘下にして、以下のように同じグループになっているところがあります。

  • アコム…三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • プロミス…三井住友銀行グループ
  • SMBCモビット…SMBCグループ
  • ノーローン…新生銀行グループ

つまり、これらの大手消費者金融は銀行系消費者金融で、アコムは三菱UFJ銀行のカードローン商品「バンクイック」の保証会社になっていますし、プロミスは三井住友銀行カードローンの保証会社になっているというような関係があります。

保証会社は返済が滞った時に銀行に対して返済をし、利用者に対しては督促を行う、審査を行うなどの働きをしていますが、そのリスクが大きいわりに利益は保証料のみなので、自社で貸し出す時の方が審査がゆるくなっています。

そのため、消費者金融で審査を受け直す時に同行系の消費者金融で審査を受け直しても問題はありません。

例えば、「バンクイック」の審査に落ちてもアコムの審査に通る可能性はあるということです。

ですが、気になる人は落ちた商品の保証会社になっていない消費者金融で審査を受け直す手もあります。

アルバイトの人はカードローンの審査に通りにくいから、アルバイトの人は通りやすいカードローンを選んで申し込みをすることが大切なんじゃぞ。アルバイトでも利用可能な商品を探すことが、何よりもしなければいけんことじゃな。

ほかにも、その他の借り入れ条件に合っているかチェックしたり、契約希望金額が高すぎないかを確認してから申し込んだり、見るべきところはいくつもあるんじゃ。それを知っておくだけで、審査の通貨率がずいぶん変わってくるぞ。

審査厳しめの銀行カードローンでもアルバイトOKのものがある!

それではここからは、実際にアルバイトでも借り入れOKと明記されている商品を、一覧でご紹介していきましょう。

まずは、銀行のカードローン商品からです。ここでは、アルバイトも借り入れできると明記されていて、全国からの利用できる銀行の商品をいくつかご紹介したいと思います。

これらの銀行以外にも、地方銀行や信用金庫のカードローン商品の中にもアルバイトOKと明記されているものもあるので、ご自分の居住地区にある地方銀行などを当たる方法もあります。

その場合、その銀行の営業区域内に住んでいるか職場があるかすることが条件となることが多いので、そちらも合わせて確認してください。

オリックス銀行

商品名 金利(%) 最大利用限度額 利用できる年齢
オリックス銀行カードローン 3.0~17.8 800万円 満20歳以上65歳以下

アルバイトに関する記載としては、よくある質問をまとめたページに原則毎月安定した収入があれば申し込めると書かれています。

はっきりアルバイトでもいいとは書かれていませんが、専業主婦や学生、年金受給者は除くとなっていますので、それ以外の人は利用できるということになります。
(⇒専業主婦でも申込めるカードローンは?

ただし、学生は利用できないということですので、学生の人はアルバイトをしていても利用できません。

オリックス銀行カードローンは、オリックス銀行に口座が無い人でも利用できますし、申込み後に口座を開設する必要もありません。

申し込みは、インターネットでできます。

借り入れ方法には、パソコンや電話を利用して振り込みを依頼する方法と、提携先のATMを利用する方法とが使えます。

返済方法には、口座引き落とし、AMTからの返済、返済用口座を利用しての返済専用口座への振り込みがあります。

新生銀行

商品名 金利(%) 最大利用限度額 利用できる年齢
レイク 4.5~18.0 500万円 満20歳以上70歳以下

アルバイトに関する記載としては、よくある質問をまとめたページにパートやアルバイトでも安定した収入があれば申し込みをすることができると書かれています。

新生銀行に口座が無い人でも利用できますし、申込み後に口座を開設する必要もありません。

レイクは、初めて利用する人は無利息期間の適用が受けられる、女性専用の商品レディースレイクを持っているという特徴があります。

申し込みには下記の方法が使えます。

  • 自動契約機
  • インターネット
  • 電話
  • 郵送

借り入れ方法には、インターネットを利用して振り込みを依頼する方法、レイクATM、提携先のATMが使えます。

返済方法には、自動引き落とし、AMTからの返済、銀行振り込み、Web上での返済があります。

三菱UFJ銀行

商品名 金利(%) 最大利用限度額 利用できる年齢
バンクイック 4.6~14.6 500万円 満20歳以上65歳未満

アルバイトに関する記載としては、よくある質問をまとめたページにパートやアルバイトでも原則安定した収入があれば申し込みをすることができると書かれています。

三菱UFJ銀行に口座が無い人でも利用できますし、申込み後に口座を開設する必要もありません。

申し込みには下記の方法が使えます。

  • テレビ窓口
  • インターネット
  • 電話
  • 郵送

借り入れ方法には、三菱UFJ銀行のATM、提携先のコンビニATM、インターネットか電話を利用しての振り込み依頼が使えます。

返済方法には、自動支払い、AMTからの返済、振り込みがあります。

りそな銀行

商品名 金利(%) 最大利用限度額 利用できる年齢
クイックカードローン 12.475 100万円 満20歳以上66歳未満

アルバイトに関する記載としては、クイックカードローンを紹介するページにパートやアルバイトでも申し込みをすることができると書かれています。ただし、りそな銀行のクイックカードローンを利用する際には、りそな銀行に口座を持っていない場合申込み前に口座を開設する必要があります。口座開設はインターネット上で行えます。

申し込みには下記の方法が使えます。

  • インターネット
  • 郵送
  • 電話
  • ファックス

借り入れ方法には、りそな銀行のATM、提携先のコンビニATMがあります。また、りそな銀行の場合、ローン専用のカードが発行されるのではなく、キャッシュカードが利用できます。

そのため、預金の残高を超えてカードローンを利用して希望する金額を引き出すことも可能です。

返済方法には、自動引き落とし、AMTからの返済、マイゲートを利用しての返済があります。マイゲートとは、Webを通して取り引きを行うものです。

銀行の審査は消費者金融の審査に比べて厳しめなんじゃが、それでもアルバイトでも借り入れができると明記しているところは多くあるんじゃぞ。

ただし、銀行の場合はその銀行の口座を開設しなければカードローンが利用できないなどの制約がついていることもあるから、それもきちんとチェックしてから借り入れ先を選ぶことが大切なのじゃ。

ネット銀行の商品にもアルバイト利用OKのものがあります!

次にネット銀行のカードローン商品を見てみましょう。アルバイトも借り入れできると明記されていて、全国から利用ができるのは以下のカードローンです。

じぶん銀行

商品名 金利(%) 最大利用限度額 利用できる年齢
じぶんローン 3.9~17.5 500万円 満20歳以上70歳未満

アルバイトに関する記載としては、商品詳細のページに自営業やパート、アルバイト、年金受給者でも申し込みをすることができると書かれています。

じぶん銀行に口座が無い人でも利用できますし、申込み後に口座を開設する必要もありません。

申し込みは、インターネットでできます。

借り入れ方法には、提携先のATM、インターネットか電話を利用しての振り込み依頼が使えます。

返済方法には、自動支払い、AMTからの返済があります。ただし、自動支払いの返済方法は、じぶん銀行に口座を持っている人しか選べません。

楽天銀行

商品名 金利(%) 最大利用限度額 利用できる年齢
スーパーローン 4.9~14.5 500万円 満20歳以上60歳以下

アルバイトに関する記載としては、申し込みのページにパート・アルバイトの人を対象とした申し込みフォームがあります。

また、商品詳細のところで、通常20歳以上62歳以下の人が申し込みできるとあるのですが、パート・アルバイト・専業主婦の人は60歳以下に限るとなっていることから、そういった人も対象としていることがわかります。

つまり、通常楽天銀行スーパーローンを利用できるのは20歳以上62歳以下なのですが、アルバイトの場合は60歳以下となっているため、上の表には60歳で掲載しました。

楽天銀行の口座を持っていない人でも利用できますし、申込み後口座を開設する必要もありません。

申し込みは、インターネットでできます。

借り入れ方法には、提携CD・ATMの利用、インターネットか電話を利用しての振り込み依頼が使えます。

返済方法には、通常は自動引き落とし、臨時返済にはAMTかインターネットからの返済があります。

今となっては、ネット銀行という選択もあるな。インターネットを通して手続きができるから、とても便利に使えるんじゃぞ。

そのネット銀行の商品にも、はっきりとアルバイトでも利用できると書いてあるものがあるから、説明をしっかり読んで探してみるんじゃな。

大手消費者金融の商品は全てアルバイトでも利用可!

ここからは、消費者金融の商品を見てみましょう。まずは大手の消費者金融からです。

アイフル

金利(%) 最大利用限度額 利用できる年齢
4.5~18.0 500万円 満20歳以上69歳まで

アルバイトに関する記述としては、貸し付け対象者として給与所得者、自営業者、派遣社員、出向社員、委託社員、パート、アルバイトの人が利用できると書かれています。アイフルには、女性専用ダイヤルもあります。

申し込みには下記の方法が使えます。

  • 店舗
  • 契約ルーム
  • インターネット
  • 電話

借り入れ方法には、店舗での融資、アイフルATM・提携ATMの利用、インターネットか電話を利用しての振り込み依頼が使えます。

返済方法には、銀行振り込み、AMTからの返済、店舗での返済、口座振替があります。

アコム

金利(%) 最大利用限度額 利用できる年齢
3.0%~18.0% 800万円 満20歳以上69歳まで

アルバイトに関する記述としては、よくある質問をまとめたページの中にパート、アルバイト、派遣社員でも利用できると書かれています。

申し込みには下記の方法が使えます。

  • 店舗
  • 自動契約機(むじんくん)
  • インターネット
  • 電話
  • 郵送

借り入れ方法には、店舗での融資、提携ATMの利用、インターネットか電話を利用しての振り込み依頼が使えます。

返済方法には、インターネットからの返済、AMTからの返済、店舗での返済があります。

ノーローン

金利(%) 最大利用限度額 利用できる年齢
4.9~18.0 300万円 満20歳以上69歳まで

アルバイトに関する記述としては、よくある質問をまとめたページにアルバイトや派遣社員でも利用できると書かれています。

ノーローンは、所定の条件を満たせば何度でも1週間無利息で利用できるという特徴を持つ消費者金融です。

申し込みには下記の方法が使えます。

  • レイクの自動契約コーナー
  • インターネット
  • 電話

借り入れ方法には提携ATMの利用、インターネットか電話を利用しての振り込み依頼が使えます。

楽天銀行の口座を持っている人は、インターネットを通してリアルタイム融資が受けられます。

返済方法には、銀行振り込み、AMTからの返済、インターネットを通してのリアルタイム返済、口座振替があります。

プロミス

金利(%) 最大利用限度額 利用できる年齢
4.5~17.8 500万円 満20歳以上69歳以下

アルバイトに関する記述としては、貸し付け対象者としてパート、アルバイトの人でも安定した収入があれば申し込みができると書かれています。

申し込みには下記の方法が使えます。

  • 店舗
  • 契約ルーム
  • インターネット
  • 電話

借り入れ方法には、店舗での融資、プロミスATM・提携ATMの利用、インターネットか電話を利用しての振り込み依頼が使えます。

返済方法には、銀行振り込み、コンビニ返済、インターネットを通しての返済、AMTからの返済、店舗での返済、口座振替があります。

SMBCモビット

金利(%) 最大利用限度額 利用できる年齢
3.0%~18.0% 800万円 20歳以上69歳以下

アルバイトに関する記述としては、申し込みができる人としてアルバイト、パート、派遣社員、自営業でも利用ができると書かれています。

申し込みには下記の方法が使えます。

  • ローン申込機
  • インターネット
  • 電話
  • 郵送

借り入れ方法には、提携ATMの利用、インターネットか電話を利用しての振り込み依頼が使えます。

返済方法には、銀行振り込み、AMTからの返済、口座振替(三井住友銀行または三菱UFJ銀行に口座がある人のみ)があります。

消費者金融は銀行より審査基準が緩めに設定されておって、より多くの人にとって借り入れがしやすいんじゃ。じゃからこそ、大手の消費者金融はどこもアルバイトでも借入ができると明記しておるんじゃな。

銀行とはそういう点で違うから、審査が不安な人は消費者金融をメインに借り入れ先を選ぶと安心じゃぞ。

中小消費者金融のアルバイトでも利用可能な商品一覧

中小企業消費者金融で、アルバイトでも借り入れができると明記しているのは下記のような消費者金融となります。

ただし、中小企業の消費者金融の商品には、もちろんカードローンもあるのですが、そうでないものもあります。

銀行や大手消費者金融の、利用限度額の範囲内なら何度でも借り入れができるという特徴があるカードローンとは違って、一度借り入れをしたら返済をするだけという使い方になっているものもあるので注意が必要です。

しかし、カードローンではなくても、アルバイトの人が借り入れできる可能性がある商品であることは確かです。

さらに、銀行や大手消費者金融よりも審査基準が甘いといった理由から、アルバイトの人がより借り入れがしやすいため、中小企業の消費者金融の商品も今回合わせて紹介します。

キャネット(北海道)

金利(%) 最大利用限度額 利用できる年齢
15.0~20.0 新規50万円(実績により300万円) 満20歳以上

北海道に本社があるキャネットの商品は、カードローンではなく一度借り入れをしたら後は返済するだけという使い方をするものです。

アルバイトに関する記述としては、よくある質問をまとめたページに安定した収入があればアルバイト・パートでも利用できると書かれています。

基本的には北海道に住んでいる人を融資の対象としていますが、北海道以外に住んでいても、インターネットか郵送・ファックスで申し込めば利用することが可能です(地域により無理な場合もあります)。

申し込みには下記の方法が使えます。

  • インターネット
  • 電話
  • ファックス
  • 郵送

借り入れ方法には、店頭での借り入れ、電話を利用しての振り込み依頼が使えます。

返済方法には、店頭、銀行振り込みでの返済があります。

キャネット(京都)

金利(%) 最大利用限度額 利用できる年齢
15.0~20.0 300万円 満20歳以上69歳以下

京都に本社があるキャネットの商品も、カードローンではなく一度借り入れをしたら後は返済するだけという使い方をするものです。

アルバイトに関する記述としては、よくある質問をまとめたページに一定の収入があればアルバイト・派遣社員でも利用できると書かれています。

申し込みには下記の方法が使えます。

  • 店頭
  • インターネット
  • 電話
  • ファックス
  • 郵送

借り入れ方法には、店頭での借り入れ、インターネットか電話を利用しての振り込み依頼が使えます。

返済方法には、店頭、銀行振り込み、現金書留での返済があります。

ニチデン

金利(%) 最大利用限度額 利用できる年齢
9.49~17.52 50万円 満20歳以上

ニチデンの商品も、やはり一度借り入れをしたら後は返済をするのみの使い方となります。

アルバイトに関する記述としては、貸し付け条件として対象者が会社員、自営業、パート、アルバイトであることが挙げられています。

申し込みは、インターネットでできます。

借り入れ方法には、インターネットでの振り込み依頼が使えます。

返済方法には、店頭、銀行振り込みでの返済があります。

中小企業の消費者金融にも、アルバイトの人が借り入れできると明記しておるところがあるんじゃな。

中小企業の消費者金融の場合、カードローン形式になっているところとそうでないところがあるから、どういう借り方をしたいのか、希望も含めて借り入れ先を選ぶことが必要じゃぞ。

審査に通るにはアルバイトOKの商品を選ぶことがコツ!

以上のことから、アルバイトの人がカードローンの審査に通るためには、アルバイトOKの商品を選ぶことが最も大切だと言えます。その上で、利用条件をチェックして、自分に遭う商品を選びましょう。

ただし、ここで1つ注意点があります。それは、ここまでアルバイトOKの商品を見てきましたが、同じアルバイトでも短期のバイトを時々やっているというような状態だと、審査に通らないことがあるということです。

なぜかというと、継続して収入を得ているとは言えないからです。カードローンの審査で一番重視されるのは、今後も利用者が続けて収入を得て、借りたお金をきちんと返済してくれるかどうかということです。そのため、長期のアルバイトを続けている場合、今後も続ける可能性が高いと判断してもらえます。

しかし、短期のアルバイトの場合、その契約が終わったら収入が無くなってしまいます。それでは、時間がある時だけ短期のアルバイトを繰り返しているような場合はどうなのかというと、残念ながらこれも審査に通らない可能性が高いです。

短期のアルバイトの場合、次のアルバイトを探せないと収入が得られません。そのため、いくら時間がある時に短期のバイトをくり返しているような状態だとは言っても、次の保証が無いので審査には通りにくいというわけです。

以上のことから、アルバイトの人が審査に通るには、下記の点をチェックして申し込むことが必要だと言えます。

  • アルバイトでも利用可能と明記されている商品を選ぶ
  • その他の利用条件をチェックして自分に合っている商品を選ぶ
  • 長期のアルバイトをする

以上の点を守って、確実に借りられるようなカードローンに申し込みをしたいものです。

アルバイトという雇用形態で働いている人がカードローンの審査を受けたい時、一番にチェックすべきことはその商品がアルバイトの人でも利用できる商品かどうかということじゃ。アルバイトでも利用可能とわかれば、審査に通る確率がずいぶん上がるのじゃからな。

その上で、他の条件も合わせて確認して、自分が申し込み条件に合っている商品を選ぶようにするといいんじゃな。

選ぶ商品によって審査の通りやすさはずいぶん変わるから、商品選びが何より大切なんじゃ。審査が心配な人は、消費者金融に申し込む方がお勧めじゃぞ。

閉じる
閉じる