カードローン審査の「困った」を解決

SMBCモビットで借りたい!気になる審査基準を推定!

世間にはありとあらゆる貸金業者があって、お金を借りたいと思い立っても一体どこから借りるべきか迷ってしまうほどです。でも一番よく知られているのは、やっぱり大手消費者金融ではないでしょうか。大手ならば、誰でも気軽に借りられますよね。

でも審査に通るかどうかが、ちょっと気になるところです。とはいえ、どんな業者でも審査基準は非公開となっています。しかし、ある程度の基準を知っておかないと、無駄に申し込むことになってしまいますよね。

そこで、今回は大手消費者金融の中からSMBCモビットを選び、どんな審査基準なのかを推測してみました。ぜひ、申し込みの際の参考にしてくださいね!

ここにご注意!消費者金融ならではの審査基準とは

大手・中小消費者金融、銀行や信用金庫、クレジットカード会社などなど、貸金業者にはいろんな種類が存在します。そして、それぞれの種類によって審査基準が異なる部分があります。

SMBCモビットは消費者金融ですから、まずは消費者金融に特徴的な審査基準となるものを見ていきましょう。(こちらもご参考に→SMBCモビットは銀行系消費者金融?

貸金業法が基準!

上記に挙げた各種貸金業者は、すべて「貸金業法」という法律に則って営業しなければなりません。現在施行されている貸金業法とは、2010年に改正版が完全施行されたものとなっています。

改正貸金業法の要点は、以下の3つです。

  • 上限金利の引き下げ
  • 総量規制
  • 貸金業者に対する規制の強化

上限金利の引き下げも大きなポイントですが、これは銀行系でも信販系でも共通しています。

上記の中の「総量規制」というものが、消費者金融特有の審査基準に関わってくるものなんです。

総量規制とは?

貸金業法の改正には、多重債務などといった社会問題が背景としてあり、個人の返済能力を超えた貸し過ぎを防ぐという目的があります。そのための規則のひとつが、総量規制なのです。

その総量規制とはどんなものかというと、借入額の上限を規定するものです。つまり、

総借入額は年収の1/3まで

という決まりです。消費者金融で借りようと思ったら、誰でも必ず総量規制の範囲内の金額になるのです。たとえば、年収450万円の人なら、450×1/3=150となり、合計150万円までの借入しかできません。

お伝えしたように、消費者金融は総量規制の範囲内でしか借入ができません。SMBCモビットも消費者金融なので、最大でも年収の1/3までの借入となります。

ですから、SMBCモビットに申し込むときは、希望借入額を年収の1/3未満にしなければなりません。

総量規制には例外もある

総量規制には以下のような例外もあります。

  • 顧客に一方的に有利になる借り換え(おまとめローンなど)
  • 緊急の医療費の貸し付け
  • 個人事業者への貸し付け
  • 配偶者の年収と合わせて1/3以下の貸し付け

たとえば専業主婦な年収がゼロですから0×1/3=0となり、原則として消費者金融では借入不可能です。

しかし、配偶者の年収と合わせた金額の1/3までなら借りられるという例外もあるので、この例外が適用されれば借入も絶対不可能というわけではないんです。

また、住宅ローンや自動車ローンなどは、除外されます。なので、すでにこのような大きなローンを組んでいる人でも、消費者金融で借入できる可能性はあります。

また、銀行系は総量規制対象外となっています。したがって、銀行系であれば年収の1/3を超える借り入れも可能ですから、たくさん借りたい人は消費者金融ではなく、銀行系を狙うと良いでしょう。

SMBCモビットのような大手消費者金融で借入をするならば、総量規制に関する知識は必ず持っているべきじゃ。間違っても、申し込み時に年収の1/3を超える借り入れ金額を希望してはダメじゃよ。

もしもそんなことをしてしまうと、借りられないばかりか、申し込みブラックとなってしまう恐れもあるのじゃ!

総量規制の範囲内では困るという人は、この規制の対象外である銀行系や、例外を適用してくれそうな中小規模の消費者金融を検討してみると良いんじゃよ。

一般的な審査基準について知ろう!スコアリングシステムとは?

SMBCモビットを含む消費者金融では、総量規制が前提となることをお話しました。つまり、年収の1/3を超える金額で借入を申し込んでしまえば、即座に否決となってしまうわけです。

しかし、審査基準は希望借入額と総量規制に関してだけではありません。ここからは、その他の審査基準をより具体的にご紹介していきます。

審査基準となる項目とは

どんな貸金業者であれ、借入を申し込むときには様々な情報を元に審査が行われます。申し込みに当たって伝えなければならない情報には、以下のようなものがあります。

  • 年齢・性別
  • 勤務先・職種・雇用形態
  • 年収
  • 勤続年数
  • 保険証の種類
  • 居住形態・居住年数
  • 固定電話・携帯電話の有無
  • 個人信用情報(クレジットヒストリー)

もちろん、SMBCモビットに申し込んでもこれらの情報を元に審査が行われ、可決となった人しか借入はできません。

どんな属性が有利なのか

上記の各項目には、審査において重視されるものとそれほどでもないものがあります。重要なものについて、それぞれ有利なものから不利なものまでを、表で確認してみましょう。

項目 有利なもの 不利なもの
勤務先・職種・雇用形態 公務員・大企業の正社員 非正規雇用・無職
勤続年数 長ければ長いほど良い 1年未満は不利
保険証の種類 共済組合・健康保険組合 国民健康保険
居住形態・居住年数 持ち家に長く住んでいるほど良い 公営住宅・短いほど不利
個人信用情報 継続的に適切な利用がある ブラック・まったく履歴がない

年収も上限の借入額を決めるうえでは大切な項目ではありますが、それよりも勤続年数が意外と大切です。

短期間で仕事をコロコロ変えていると、信用してもらえないこともありますのでご注意ください。

上記の中でも特に重要なのが、個人信用情報です。これは個人信用情報機関というところが保管する、個人ごとのクレジット履歴のことです。たとえば、過去の債務整理、現在の借入状況、延滞や申し込み状況などが記載されています。

この信用情報に債務整理や延滞などの情報が載っているものを、俗に「ブラック」と呼びます。そして、ブラックの人が審査に通るのは、非常に厳しくなります。

スコアリングシステムとは?

審査においてチェックされる項目と、その中でも特に重視されるものについて、簡単にお話しました。実際の審査では、これらすべての項目は点数化され、合計点数によって可否が決定される、いわゆるスコアリングシステムを採っている業者が多いです。

公表はされていないので絶対というわけではありませんが、特に顧客数の多い大手消費者金融では、申込者について一人ひとりをアナログ方式で審査していてはとても間に合いませんから、コンピューターによるスコアリングシステムによって審査をしていると考えて良いでしょう。

したがって、SMBCモビットもこのような審査基準によって結果を出していると考えられます。ですから、ひとつやふたつ不利な項目があっても、合計点数が一定の水準に達していればOKなのです。

とはいえ、特に重要な項目に問題があれば、他がいくら優れていてもカードローン審査に落ちることもあり得ます。

特に金融事故などがあって個人信用情報がブラックの場合は、SMBCモビットのような大手で借りるのは難しいです。

どの属性にどれくらいの点数をつけるのかは、各業者によって微妙な差があることが予想されるが、大まかな傾向としてはそんなに違いはないはずじゃ。

短期的に年収が多いことよりも、安定継続した収入がある仕事を長年続けていることの方が、ずっと大事じゃよ。

そして、個人信用情報もとても大切じゃ!ブラックはもちろん、まったく利用履歴がないのも審査に通りにくくなるから、要注意じゃ!

低金利!SMBCモビットのキャッシング商品の特徴をご紹介します!

一般的な消費者金融での審査についてご紹介したところで、いよいよSMBCモビットのキャッシングについて具体的に見ていきましょう。

SMBCモビットのキャッシング商品とは

SMBCモビットでお金を借りるなら、以下のような内容になります。

項目 内容
限度額 1万円~800万円
実質年率 3.00%~18.00%
申し込み条件 ・満年齢20才~69才の安定した収入のある人
・SMBCモビットの基準を満たす人
必要書類 ・運転免許証などの本人確認書類
・場合によっては源泉徴収票などの所得証明書類

消費者金融の中ではトップクラスの最大限度額と、それに比例した低金利がSMBCモビットの大きな特長です。

申込条件に「SMBCモビットの基準を満たす人」とあり、この基準は公表されていませんが、専業主婦がNGであることなどから、ここまでお話してきた一般的な消費者金融の基準と同等と考えて良いでしょう。

WEB完結がオススメ!

SMBCモビットには、以下のような様々な申し込み方法が用意されています。

  • パソコン・携帯・スマホ
  • 郵便
  • 電話
  • ローン申し込み機

この中で一番オススメなのが、パソコンやスマホからの「WEB完結」という申し込み方法です。WEB完結の大きなメリットとして、

  • ローンカードが発行されない
  • 郵送物がない
  • 電話連絡がない

などがあります。申し込みはもちろん、借入や返済の手続きもすべてWEBでできるので、非常に簡単でスピーディーです。

WEB完結の条件から見えてくるSMBCモビットの審査基準

大変便利なWEB完結ですが、これを利用するには以下の4つの条件があります。

・三井住友銀行または三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行に本人名義の普通預金口座があること
・その口座をSMBCモビットからの借入・返済に利用すること
・収入証明書類を提出すること
・社会保険証か組合保険証を持っていて写しを提出すること

職場への電話連絡がないのはとても助かりますが、そこには借入金額にかかわらず収入証明書が必要となることや、社会保険か組合保険の保険証があることなど、在籍確認の代わりとなるような条件があるというわけですね。

上記の条件を満たせない人でも、WEB完結ではなく通常のカードローンの申し込みであれば可能ですし、属性に大きな問題がなければ借入も可能です。

ただ、SMBCモビットにとってより嬉しい顧客というのは、WEB完結ができるような属性、すなわち元々メガバンクに口座をもっていて、自営業ではなく公務員や会社員であり、収入証明書類を提出できるような人と言えますね。

ここに、SMBCモビットの審査基準の傾向が表れていると考えられます。

SMBCモビットは消費者金融にしては大きな限度額を誇っているから、たくさん借りたい人にはオススメじゃ。でもいくら限度額が大きいといっても、年収の1/3までしか借りられないことは忘れてはいかんのじゃ!

WEB完結は便利だし、わずらわしい職場への電話や郵送物がないのも優れモノじゃ!ただし、口座がある銀行や保険証の種類に制限があるから、要注意じゃ!

SMBCモビットがWEB完結の利用を推奨しているのには、より安定性の高い属性の人をお客さんとして取り込みたい意図があるわけじゃな。安定性に自信のある人は、SMBCモビットにWEB完結で申し込んでみると良いのじゃ!

SMBCモビットでは長くお勤めしている人が特に有利!WEB完結がオススメ

消費者金融の審査基準は、誰もがとても知りたいけれど残念ながらはっきりとは分からないことです。それでも、大まかな傾向としては、勤続年数や保険証の種類、個人信用情報などが重視されるということが推測されます。

SMBCモビットも例外ではありません。ブラックなどではない限り、多くの人に門戸を開いている大手消費者金融ではありますが、特にSMBCモビットでは公務員や会社員を長く続けていて、収入証明書を提出できる人が歓迎されていると言えます。

これに当てはまる人は、自信を持ってSMBCモビットに申し込んでみましょう。ただ、そうではない方でも可能性はありますので、SMBCモビットが気に入ったなら諦めずに問い合わせるなどしてみてくださいね。

【参考ページはこちら】
カードローンのよくある質問はこちら

SMBCモビットも大手消費者金融のひとつじゃから、様々な個人情報やクレジットヒストリーにスコアリングをしたものを審査基準にしていることは、まず間違いないじゃろう。だから事故情報が載っているようなブラックの人は、審査に通るのは難しいのじゃ。

さらにSMBCモビットの特徴として、WEB完結とそれを利用できる人の条件に注目じゃ!大手銀行に口座を持っている人や社会保険証か組合保険証を持っている人が、WEB完結を利用できるんじゃよ。

すなわち、SMBCモビットは他社よりもはっきりと、自営業の人より公務員や会社員を歓迎するような審査基準を持っていると言えるんじゃ。安定性重視というわけじゃな!

閉じる
閉じる