カードローン審査の「困った」を解決

審査通った方も絶賛!三井住友銀行カードローン完全攻略

キャッシングをしたい、借入をしたいと思ったら、いつでも好きなときに利用できるカードローンが便利ですよね。カードローンを取り扱っているところは多くありますが、やはり安心度でいけば銀行カードローンが良い!と考える人も多いのでは?

メガバンクの1つである三井住友銀行のカードローンは、審査に通って実際に利用している人の満足度も高い魅力的な商品となっています。商品内容、申し込みや返済方法等の基本情報共に、知って得する情報をご紹介していきましょう!

三井住友銀行カードローンを知り尽くし、これから利用を検討する際の参考にしてくださいね。

最高800万円まで利用可能!気になる商品概要をご紹介

まずは、三井住友銀行カードローンの商品概要をチェックしていきましょう。

限度額 金利 必要書類
最高800万円
(10万円単位)
4.0~14.5% ・身分証明書
・収入証明書
(300万円を超える希望する場合)

三井住友銀行カードローンの特徴は、銀行ならではの高額融資が可能となっていること、そして低金利での利用が可能であるということですね。

金利は、契約極度額に応じて決定されるようになっています。

極度額 金利
100万円以下 12.0~14.5%
100万円超 200万円以下 10.0~12.0%
200万円超 300万円以下 8.0~10.0%
300万円超 400万円以下 7.0~8.0%
400万円超 500万円以下 6.0~77.0%
500万円超 600万円以下 5.0~6.0%
600万円超 700万円以下 4.5~5.0%
700万円超 800万円以下 4.0~4.5%

100万円以下の限度額になったとしても、14.5%という低金利で利用できるというのはとても魅力的です。

消費者金融を利用した場合、100万円以下の限度額では18.0%前後の設定となる事がほとんどですから、いかに三井住友銀行カードローンの金利がお得かということが分かりますね。

SMBCグループの消費者金融もある!?その特徴とは

消費者金融と銀行は、対極にあるイメージがあるかもしれません。しかし、最近では大手銀行が消費者金融とグループ関係になる事も珍しくはないのです。

三井住友銀行にも、グループ関係にある消費者金融があります。同行系消費者金融は、次の通りです。

  • プロミス
  • SMBCモビット

いずれも、知名度の高い大手消費者金融ですね。銀行とグループ関係になることで、消費者金融には色々なメリットが挙げられます。

  • グループに銀行の名前があることで、利用者に安心感を与える
  • 資金調達の心配がなくなる

一方、銀行にとっても消費者金融とグループ関係にあることで得られるメリットがあります。

  • 消費者金融のノウハウを得ることが出来る
  • ATMや保証会社等の提携が可能となる

個人への融資に関しては、銀行よりも消費者金融が専門的だと言えます。また、同グループの消費者金融に保証会社になってもらうことで審査を委託できるというメリットもありますね。

ちなみに、他にも銀行とグループ関係にある消費者金融があります。有名なのは、三菱UFJフィナンシャルグループのアコムでしょう。

レイクも、以前は新生銀行グループの消費者金融でしたが、現在は新生銀行に吸収されて新生銀行のカードローン商品となっています。レイクは、すでに消費者金融ではないのです。
(⇒新生銀行レイクのカードローン情報

今後も、銀行と消費者金融がグループ関係になることが出てくるかもしれません。動向には注意しておきたいですね。

大手銀行カードローンと限度額・金利情報を徹底比較!

三井住友銀行カードローンと、他の銀行カードローンの限度額・金利を比較してみましょう。

銀行名 限度額 金利
三菱UFJ銀行 500万円 4.6~14.6%
みずほ銀行 1,000万円 3.0~7.0%(エグゼクティブプラン)
3.5~14.0%(コンフォートプラン)
新生銀行 500万円 4.5~18.0%

三井住友銀行カードローンと比較してみると、みずほ銀行が限度額・金利共に魅力的のように思えます。しかし、みずほ銀行

三井住友銀行カードローンは、他の銀行カードローンと比較しても劣ることのない魅力的な商品だと言えるでしょう。

銀行カードローンは総量規制対象外!信用があれば高額融資も可能

三井住友銀行カードローンは、総量規制の対象外となっています。

総量規制に関係なくキャッシングできるということは、つまり年収に対して大きな割合の限度額設定も可能となるということです。年収90万円の場合は、総量規制による上限が30万円となりますが、50万円の限度額設定も理論的には可能となるわけですね。

ただし、限度額の設定は審査によって決定します。その限度額を設定して、確実に返済できると判断されなければいけないのです。

  • 収入の金額・安定性
  • 問題のない個人信用情報

収入は高額である必要はありませんが、その金額が継続して得られる、安定して得られるということが重要です。

雇用形態が安定していること、勤続年数が一定期間以上あることは大切ですね。雇用形態は、パートやアルバイトが利用できないわけではありませんが、安定性を示すためには1年以上の勤続年数があると良いでしょう。

また、個人信用情報も重要視されます。現在、複数の他社借り入れがある、事故情報が登録されているということであれば、限度額は低くなってしまうだけでなく審査に通る事自体が難しくなってしまいます。

希望する限度額を設定してもらうためには、信用が重要となるという事を覚えておきましょう。

三井住友銀行カードローンは、他行のカードローンと比較しても劣らない魅力的な商品内容となっているようじゃな。銀行カードローンということで総量規制の対象にならないという点も嬉しい点じゃろう。

ただ、いくら総量規制対象外でも信用度が低ければ低い限度額しか設定出来んようじゃ。返済能力があるということを示す必要があるということを覚えておきたいものじゃのう。

審査は最短30分!即日発行も可能な申し込み方法とは

銀行カードローンは審査に時間がかかる、融資実行まで時間がかかってしまうというイメージを持つ人も少なくないかもしれません。しかし、そうとは限らないのです。

三井住友銀行カードローンは、即日でのカード発行も可能となっています。

審査にかかる時間は最短30分となっており、申し込み当日からカードローンを利用することも出来るのです。即日利用が可能な申し込み方法をチェックしておきましょう。

まず、三井住友銀行カードローンには6通りの申し込み方法があります。

  • PC、スマートフォン
  • インターネットバンキング
  • ローン契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 来店

このうち、郵送以外の申し込みであれば即日利用が出来る可能性があります。ただし、必ず即日利用が出来るわけではないのです。

まず、審査回答時間は9~21時までとなっていますので、それまでに申し込みをしなければいけません。もちろん、審査時間も最短30分となってはいますが、込み具合によってはさらに時間がかかることが予想されます。

出来るだけ早い時間で申し込みを済ませておくと良いでしょう。そして、契約手続きを自動契約で行うようにする必要があります。郵送での契約となれば、当然その日のうちに手続きを済ませることが出来ません。

身分証明書を持って、自動契約機の営業時間に契約手続きを済ませてカードを受け取るようにしましょう。

もしインターネットバンキングを利用しているのであれば、書類の提出をすることなく手続きを進めることが出来ます。インターネットバンキングの画面に、「カードローン(CL)」と表示されれば、すぐに利用することが出来るのです。もちろん、キャッシュカードでATMから借入をしてもOKです。

即日利用をしたいという場合は、申し込み方法、申し込み時間、そして必要書類の有無に気を付けておきましょう。

口座を持っていなくてもOK!必要なのは身分証明書のみ

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座を持っていなくても申し込みをすることが可能となっています。口座を開設してから利用しなければいけないとなれば、開設手続きのために来店する時間を作らなければいけませんが、それが不要というのは助かりますよね。

そして、ローンの自動契約機も土日祝日関わらず21時まで申し込み受付をしていますので、平日は仕事で時間が取れないという人も安心です。

カードローンを利用するために、多くの書類が必要であれば手間もかかりますが、基本的に必要となるのは身分証明書のみです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

これらの書類を用意しておきましょう。ただし、300万円を超える金額を希望する場合は、収入証明書の提出が必要となります。

カードローンの利用を検討している人も多くは、100万円以下の少額融資利用となっています。ですから、ほとんどの人は身分証明書のみで申し込みが出来るでしょう。

ほとんどの申し込み方法で即日利用が可能というのは凄いことじゃな。ただ、自動契約機で契約手続きをする必要があるようじゃ。自動契約機の場所はチェックしておく必要があるじゃろう。

あとは、必要書類をすぐに提出できるように準備しておく必要もあるのう。身分証明書は特に準備が必要なものでも無いじゃろうが、自動契約機に持って行くのを忘れんように気を付けるんじゃぞ。

銀行ATMだけでなくコンビニATMも利用手数料無料!

カードローンを利用する際、インターネットバンキングで借入をするという方法もありますが、やはりATMを利用して現金を借入するという方法が主流でしょう。

ただ、利用可能ATMが少なかったり、提携先のATM利用時には手数料がかかってしまったりする場合も少なくありません。せっかく便利なカードローンなのに、そういったところで不便さがあるのは残念ですよね。

しかし、三井住友銀行カードローンなら三井住友銀行のATMはもちろん、提携ATMであるコンビニATMやゆうちょ銀行ATMも利用手数料無料で利用することが出来るのです。しかも、時間外手数料も発生しません。

提携ATMはどこなのか、それは以下の通りです。

  • E-net(イーネット)ATM
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょATM

これらのATMであれば、時間外関係なくATM利用手数料無料となっています。コンビニATMが手数料無料で利用できれば、とても便利ですよね。

ただし注意しなければいけないのが、提携金融機関ATMを利用する際は手数料がかかってしまうという点です。

利用手数料無料で利用できるATMはどこか、手数料が発生してしまうATMはどこか把握しておくことが大切です。三井住友銀行のカードローンの有効な活用方法として、ATM利用手数料無料という情報は是非チェックしておきたいですね。

提携先のATMも、時間関係なく利用手数料無料で使えるというのは素晴らしいことじゃな。コンビニのATMが無料で使えるのはとても便利じゃろう。

ただ、提携している金融機関ATMは手数料がかかってしまうようじゃ。無料で使えるATMをしっかりと把握しておくと良いぞ。

返済日が選べる!?知っておきたいカードローン返済方法

カードローンを利用すれば、当然返済をしなければいけませんよね。ですから、カードローン利用を検討する際は返済方法、返済額についてもしっかりチェックしておく必要があるのです。

三井住友銀行カードローンでは、3つの返済方法から選択することが可能です。

  • ATMで返済
  • 振込で返済
  • 口座振替
ATMは、三井住友銀行、コンビニ、ゆうちょ銀行での返済が可能となっています。ただし、ゆうちょ銀行ATMを利用する際はローン専用カードのみの取り扱いとなり、キャッシュカードの利用が出来ませんので注意しましょう。

カードローンの返済日も、以下から自分で選択できるようになっています。

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 月末

口座振替は設定日に引き落としが行われますが、ATMや振込で返済する場合は指定日までに決められた返済額を返済すればOKです。自身の収入・支出を考えて返済日を決めると良いでしょう。

借り入れが多くなれば返済額も増える!?返済額の決定法とは

三井住友銀行カードローンでは、借入残高に応じて返済額が決まるようになっています。借入残高が大きくなれば、返済額も高額になる仕組みですね。

借り入れ残高が500万円以下の場合、返済額は以下の通りです。

借入残高 返済額
50万円以下 10,000円
50万円超 100万円以下 15,000円
100万円超 150万円以下 20,000円
150万円超 200万円以下 25,000円

このように、借入残高が50万円増えるごとに返済額が5,000円増えていくわけです。

借入残高が500万円を超える場合は、以下の通りです。

借入残高 返済額
500万円超 600万円以下 60,000円
600万円超 700万円以下 65,000円
700万円超 800万円以下 70,000円

こちらは、借入残高が100万円単位で増えるごとに、返済額が5,000円上がるということになっていますね。高額な借り入れになれば、返済負担も大きくなります。

この返済額を長期間続けていかなければいけなくなりますので、完済まで滞りなく返済できるのか、しっかりと考えてから借入をするようにしたいですね。

【参考ページはこちら】
カードローンのよくある質問はこちら

三井住友銀行カードローンは、銀行ならではの低金利が特徴というのはもちろんじゃが、申し込み当日から利用できる、返済方法が色々選べるといった魅力があるのじゃな。

利用可能なATMも多く、ほとんどは手数料がかからないということじゃから魅力的なカードローンと言って良いじゃろう。

ただし、利用しすぎると返済額も膨らんでしまうようじゃ。利用はあくまでも計画的に行わねばならんぞ。便利なカードローンなのじゃから、上手に使わないとのう。

閉じる
閉じる