カードローン審査の「困った」を解決

銀行はメリットが多い?なぜ銀行系カードローンがこれほど人気なのか

銀行系カードローンの魅力について案内しています。また、銀行系カードローンが人気となっている理由についても解説していますので、メリットなど気になる方にオススメの内容です。

他にも、最近になって見られるようになったサービスも案内しています。お堅いイメージのある銀行ですが、今ではどれほどの変化が見られるようになったのかも案内していますので、良ければこちらも御一読いただければ幸いです。

案内の中には、カードローン審査の審査基準についても触れていますので、これからカードローンを持ちたい方にも有用な情報が多く含まれています。

ブランド価値が人気の理由!銀行は信用が高いため人気も高い

カードローン選びで最も重要なものは、借りられる金額だけではない時代になっています。

というのも、ブランド力がしっかりしているかもチェックされるからです。ブランド力とは、今まで問題を起こさず高い知名度(人気)を保っていたかどうかを主に言うのですが、ブランド力が高いほど人気も高まる仕組みになっています。

銀行系カードローンは、昔から現代にかけて大きな問題が起きていないため、これからカードローン選びをされる方と相性が良いわけです。

なにより、銀行系カードローンは無料でカードローン相談を受けられるメリットまであります。今までに借り入れをされた経験が無い方にとっては、大きな安心感にもつながるでしょう。

銀行では、ネットのみでカードローン相談を行うことも可能なため、時間を無駄にすること無くカードローン審査まで進められるのです。

このような多様なサービスに応じられるのは、銀行系カードローンを除くと一部の金融機関のみ対応可能という状況です。つまり、多様性においてもブランド価値があるため、高い安心感と人気を銀行は得ているのです。

銀行系カードローンの特徴!銀行系は女性からも支持されている

現代では女性が支持している金融業者として、銀行系カードローンは人気でもあります。

どうして女性がカードローンで銀行を支持ているのかというと、それは消費者金融と違って、昔から親しまれている金融業者だからです。

消費者金融は、過去では過払い金返還請求騒動がありましたので、その際には契約者が銀行へ移るなどのトラブルもありました。

過払い金返還請求とは

主に消費者金融など高い金利で貸付を行っていた業者で発生しました。

現在も調整しながら返還している業者が存在するほど、そのトラブル数の多さは何度もテレビなどで報道されたのです。

また、過払い金返還請求そのものは、基本的に契約者本人が申請をして返還してもらうものです。

昔は20%超で借入が可能であったために、このようなトラブルが起きた・・・と言われているのですが、銀行は昔からクリーンな金利で経営を行っています。

また、過払い金返還請求というと大手消費者金融が登場しますが、実際は中小消費者金融で多く発生したトラブルです。過払い金返還請求は、大手消費者金融でも確かに発生はしました。

ですが、そのほとんどは早い段階で返還に応じるという形で解決したのです。

しかし、中小消費者金融の中には、返還に応じることができないため潰れてしまった業者も存在し、その為、請求を行う業者が見つからなくなるケースまであったのです。

このようなトラブルが報道されるようになってからは、「安易にお金を貸すような業者は信用できない」というイメージが出来上がりました。なので、銀行系カードローンはその面でもメリットが多いと評価されています。

銀行系カードローンのメリットは、なんといってもトラブルが少ないところじゃろう。他の金融機関では、過去にニュースになるような問題を起こしている業者も存在するのじゃ。

しかも、サービス面においても銀行系カードローンは魅力的じゃ。今では、無料でカードローン相談、ネットを通じて行えるカードローン審査に対応しているのじゃぞ。

長期の借入で信用が上がる!銀行系カードローンのみの魅力

信用を高める目的でカードローン契約をするのであれば、銀行系カードローンにしておいたほうが良いです。

その理由は、借入だけでも信用の証になるからです。実際に銀行系カードローンで契約をしていると、他のカードローン業者でも借りやすくなったという話は多く、他の金融業者であっても銀行系を使っているだけで信用を高く見積もるのです。

そもそもカードローンの信用というのは、「借りている金額、返済している金額」で算出されるようになっています。なので、10万円を借りて1万円を返済している人より、100万円を借りて5万円で返済されている人のほうが、段々と信用度というものが増加していくようになっているのです。

信用度についての補足

信用度がどれほど高まっているのかについて、業者側はなにも言ってきません。また、こちらの信用について質問した場合でも、同じように信用度について案内されるわけでもありません。

借入に関する情報も個人信用情報として取り扱われているので、プライバシー保護の観点から誰にも教えないようになっているのです。

また、信用度ではなく返済不履行といったトラブルについては、後になって個人で確認することも可能になっています。

例えば、個人信用情報機関(CICなど)に対して、本人証明を行われている場合は、書類を郵送する形で自分の借入状況、登録状況を知ることができるのです。

もし、過去にローンで問題を起こされている場合、現在はどのようなマイナス評価を受けているのか、前述の方法でチェックしてみるのも賢い手段です。

借入は計画的なほど良い!複数で借り過ぎているとマイナス評価

最近になって知られるようになってきましたが、基本的に借入は大手の業者を利用している場合でも、複数で借りている場合はマイナス評価になりやすい傾向にあります。

マイナス評価とは

従来の借入や返済で発生するプラス評価とは違い、主に返済において何かしらのトラブルを起こしてしまうと、借入に関する評価が悪くなってしまうのです。

複数件でローンをされている場合や、それ以外のマイナス評価については大まかに定まっている部分があります。

主に下記のようなローンをされている場合、段々と悪い評価になっていく可能性が高いです。

  • 消費者金融で複数件からローン契約をしている
  • 借入の合計額がカードローンだけで100万円以上
  • 返済の遅延が2・3ヶ月以上となっている
  • 知名度の低いカードローンばかりで契約をしている
  • ヤミ金など危険な業者でカードローン契約をしている

銀行系カードローンはメリットが多いと言われている理由も、上記のようなデメリットがほとんどないからです。銀行ではマニュアルが用意されているので、審査などが不安定ではありません。

その為、100万円まで借りられている人がいた場合、その相手によってはそれ以上貸せないというふうに設定するのです。すると、他の金融業者を使ってしまわずに済むので、マイナス評価となってしまうトラブルも未然に防ぐことが可能となります。

銀行系カードローンは、契約を組んでいるだけでもプラス評価されるのじゃ。このようなメリットがあるので、銀行系カードローンの人気は高いのじゃぞ。

ただし、複数でカードローン契約を組んでいると、過度な利用と判断され評価が悪くなってしまうのじゃ。そのことも考慮して、計画的にお金を借りたほうが良いじゃろう。

他にも便利なところが多い!流通系カードローンより便利と評判

銀行系カードローンとよく比較されるカードローンでは、消費者金融で行えるカードローンが比較の対象として良くあがってきます。

ですが、最近では流通系カードローンとも良く比較されるようになってきました。

なので、今回は流通系カードローンと比較する形で、銀行系カードローンのメリットを案内していこうと思います。

流通系カードローンとは

主にスーパーやショッピングセンターのレジで契約できるカードローンです。

近年では、カードローンだけでなく、クレジットカードで提携しているものも登場しています。

重要な部分を下記の表にまとめましたので、両者が気になっている方は下記の表を参考にしてください。

項目 銀行系 流通系
金利 4.0%~14.0% 6.0%~18.0%
融資限度額 500万円 100万円
カード発行 1・2日後 即日可能

よく流通系カードローンなら、金利が安いと言われているのですが、実際はそうでもなかったりします。流通系カードローンは、「3回以内の支払い」において金利が安いなど、特殊な条件で安いだけです。

銀行系カードローンは設定された金利が適用されるので、利用回数で金利が変動するわけではなく、安定した金利で返済が行えるようになってます。

クレジットカードはお得?銀行系カードローンと比較した場合は?

ここまで銀行系カードローンのメリットや、他のカードローンより利便性が高いことを案内してきました。

ですが、少額だけで細かく使っていく予定しかない場合は、クレジットカードのほうがお得です。

というのも、クレジットカードは12.0%という安定した低金利となっているからです。

銀行系カードローンは、初回から100万円以上借りられる場合に12.0%付近で借りられる場合が多いので、一般の人は50万円程度で借りる場合が多いため、実際は14.0%という金利で利用している場合が多いです。

金利差は2.0%ほどとなっていますが、クレジットカードは「一回払いの場合は金利が0%」となっているので、毎月1・2万円をショッピングで利用する程度であれば、無理をして銀行系カードローンの契約をしなくても問題ありません。

これから5万円以上の商品であったり、10万円以上のローン契約を結びたいという場合であれば、カードローンでは銀行系が一番というだけです。

また、クレジットカードの豆知識ですが、クレジットカードにはクレジットヒストリーがあります。

クレジットヒストリー

実際にクレジットカードを利用した際に発生する実績です。

実績があまりにも少ない人、もしくは利用経験がない人の場合、新規でクレジットカード契約を組むのが難しくなるデメリットが発生します。

近年では、このようなクレジットヒストリーとの絡みもあるので、「銀行系カードローンと併せてクレジットカードも作っておいたほうが良い」と言われています。

補足となりますが、今ではクレジットカード一体型のカードローンも存在するので、こちらで申込むとカード枚数が無駄に多くなることもありません。

流通系カードローンは金利が安いと言われておるが、実際はそれほど安いわけではないのじゃ。なので、金利を意識してお金を借りる際は銀行系カードローンのほうがお得じゃろう。

また、クレジットカードのほうが金利面ではお得じゃ。少額の利用のみ考えている場合は、クレジットカードのみ用いるというのも賢い手なのじゃぞ。

主婦でも利用可能!銀行系カードローンは審査に余裕がある

今では、「パートやアルバイトでも利用できるカードローン」が人気となっています。

実際にクチコミを見ても、10万円~30万円といった少額で借りている人が多く、これは銀行や消費者金融に関係なく対応しているサービスなので、今では人気の高いサービスにもなっています。

ですが、銀行系カードローンであれば、主婦でもカードローン審査を受けられるようになっているので、サービスの幅でいうと銀行系のほうが上であったりします。

また、なぜ主婦がわざわざ銀行でカードローン契約を結ぶのか?というと、やはり消費者金融にはブラックなイメージが付きまとっているからです。

消費者金融でも、カードローン審査の対象に主婦を含んではいます。ですが、「貸しすぎるケースも存在する」ので、あまり良いイメージは持たれていません。

他にも、消費者金融を使っているだけで信用を下げてしまったりするケースや、新しいローンを結ぶ際にあまり相性が良くないために、銀行系に絞ってカードローン契約されている主婦が多いのです。

新しいローンというのは主に以下のローンを言います。

  • 住宅ローン
  • 不動産ローン
  • 投資ローン
  • ビジネスローン
  • マイカーローン

上記のようなローンは消費者金融では対応していない可能性があります。

実際に主婦が平均的にどれほど借りているのか?というと30万円ほどです。男性の場合、サラリーマンだけでも70万円前後しか借りていないのです。

つまり、よほど収入が安定していて、長期に渡って消費者金融を利用していない限り、消費者金融では100万円以上借りるのは困難なのです。

上記リストに含まれているローンは、安いものでも200万円前後するものばかりです。

銀行系では「平均的な融資限度額が500万円程度」と設定されているので、100万円以上の借金であっても、必要と認められれば貸してもらえるようになっています。

ビジネスローンとは

実際にビジネスの実績がある方(法人などの運営を行っている人)専用のローンです。

銀行系カードローンはビジネスローンではないので、ビジネスローンを希望されている方は、銀行の窓口でビジネスローンの相談を受けると良いでしょう。

借換ローンにも対応している!銀行系カードローンは借換も心強い

銀行系カードローンと消費者金融のカードローンを比較すると、借換でも便利なのは銀行系カードローンというのがわかります。

借換というのは、例えば消費者金融のA社を使っている場合に、A銀行に借入を移す場合を言います。

借りている業者を変えるために、今では「借換ローン」と略されて表現されています。

また、クチコミなどを見ると消費者金融より、銀行系カードローンのほうが借換でもお得・・・と言われていますが、これにはしっかりとした理由があります。

それは、「元々設定されている金利が金利優遇される」という仕組みが、借換ローンにはあるからです。

具体的な借換で変化する金利については、下記の表を参考にしてください。

銀行で借換 14.0%が13.5%に優遇される
サラ金で借換 18.0%が17.5%に優遇される

パッと見た感じでは、両方とも0.5%しか減っていません。

ですが、元から少ない金利となっている銀行系が、さらに低い金利を実現しているので、実際にカードローンの借換をされてみると、銀行のほうが金利面でお得なのです。

また、銀行では「100万円以上の借換も対応可能」となっているので、大きなローンを1つにまとめてしまいたい場合でも、銀行系カードローンなら安定した金額で借入を実現できます。

銀行であれば、良いイメージがあるため主婦からも親しまれているのじゃ。しかも、カードローン以外のローンとして生活に必要なローンなども組めるのじゃぞ。

さらに、銀行系カードローンは借換ローンにも対応しているのじゃ。安い金利が金利優遇でさらに安くなるので、今では消費者金融から銀行に借換えている人も多いのじゃ。

人気の高い銀行一覧!銀行ごとの魅力をピックアップ!

銀行系カードローンで有名な業者をリストアップしたものが下記の表です。

オリックス銀行カードローン:金利3.0%~17.8%

17.8%と銀行系カードローンにしては金利が高いのですが、「新規、借換、おまとめ」において安定感があるので、最初のカードローンで選ばれる銀行として人気が高いです。

最大では800万円の融資も可能となっているので、大きな借入についても不足はありません。なによりも300万円まで所得証明書が不要なので、後になって再審査を受ける手間を大きく省けます。

三井住友カードゴールドローン:金利3.5%~9.8%

金利を見ると一目でわかるのですが、他とは比較にならないほどの低金利を実現しています。また、融資限度額も700万円となっていますので、借入において問題点などはありません。

金利が低いため、「借換カードローンに最適のカードローン」となっています。ただ、他のカードローンと比較すると、カードローン審査がやや厳しい傾向にあります。

もし、すでにカードローン契約があるのであれば、少額であっても「一本化を目的」として契約を結ばれたほうが、審査において落ちづらくなります。

人気の高い消費者金融!審査で通りたい場合にオススメ

消費者金融もリストアップしました。どの業者であれば安全に借りられるのか気になっている方は、良ければ下記の消費者金融を元にして、銀行系と併せて借入の検討をしてください。

SMBCモビット:金利3.0%~18.0%

SMBCモビットは消費者金融なのですが、金利などが優遇されやすいことで注目を集めている消費者金融です。

カードローン審査をとりあえず受けておき、後から審査するか検討したい・・・という場合は、大手銀行とSMBCモビットを選択すると、相性が良いのでオススメです。

プロミス:金利4.5%~17.8%

他のカードローン業者では対応していないサービスにも、プロミスは対応しています。

例えば、借入の際にサービス期間中の利用で申請されている場合、「30日間無利息キャンペーン」が利用できます。

消費者金融で有名なサービスなのですが、プロミスは金利が低く融資限度額も500万円と高いため、どのような人であっても安心して借りられる強みがあります。

審査もスピード審査を採用しているので、「最短30分以内」でもカードローン審査が行えるメリットまであるのです。

【参考ページはこちら】
カードローン会社一覧はこちら

銀行系カードローンのメリットは、誰でも安心して借りられるというブランド価値じゃろう。他の金融機関では、トラブルなどが起きていたりと信用が低いのじゃ。

しかも、銀行系カードローンのほとんどで低金利を実現しておるので、これから長く借りる際にもメリットが多いじゃろう。銀行系は総量規制対象外なので、消費者金融などより大きな借入にも対応しているのじゃ。

そして、今では主婦といった低収入の方も借入可能じゃ。10万円、20万円のプランまで用意されているので、小さくコツコツ借りたいという人でも、銀行系カードローンであれば応援してもらえるじゃろう。

閉じる
閉じる