カードローン審査の「困った」を解決

カードローンの増額ができない!よくある理由はコレだ

カードローンは、自由に借入が出来る便利なものです。しかし、利用できる金額には制限がありますよね。それが限度額です。限度額が大きくなればそれだけ借入できる金額も大きくなるわけですから、出来るだけ高い限度額を希望したいと思う人も少なくないでしょう。

カードローン審査に通ったけど希望限度額よりも少なかった、もう少し限度額が高いと助かる、そんなケースもあるはずです。その場合は、カードローンの増額審査にクリアすれば限度額の増額が可能となります。

ただし、誰でも増額が出来るわけではありません。申し込んでみたけど審査に通らなかった、その理由として考えられる3つのポイントをご紹介しておきましょう。

増額審査の最大のポイントは「信用」!その判断材料とは

カードローンの増額が出来ない、その理由は審査で落ちてしまう、返済能力が不足していると判断する為でしょう。

カードローン増額のためには、審査にクリアしなければいけないのです。

審査をクリアするポイント、それは信用です。

限度額を上げてもしっかり返済できる、返済に遅れることなく完済できる、そう判断できなければいけません。

審査で落ちてしまう、限度額が増額出来ない、そういった場合は、増額しても返済できるという信用に欠けているためだと言えるでしょう。

  • 一定の利用実績がある
  • 返済に遅れがない、返済日をしっかりと守っている
  • 個人信用情報に問題がない

最低でもこの3点はクリアしておきましょう。カードローンを一切利用していない状態で増額を希望しても、返済能力が判断できないため審査に通ることはできません。

1年以上は利用実績を作りたいですね。そして、ただ利用するだけではなく返済日に遅れがない、きちんと利用分は完済しているという実績を作りましょう。これが、返済能力があるという信用に繋がります。

増額を希望するカードローン会社で問題がなくても、他社で延滞を起こす等の問題を起こしてしまうのはNGです。増額審査でも、個人信用情報はチェックされますからね。

増額審査をクリアするためには、増額分を返済できるという信用が必要となることは覚えておきましょう。

増額出来る金額には上限がある!?総量規制による借入上限額とは

そのカードローンが設定している最高限度額まで、誰もが増額できるわけではありません。いくら信用があっても、優良顧客だったとしても法律によって借入できる上限額が決められてしまう場合があるのです。

それが総量規制ですね。総量規制が適用される消費者金融や信販会社等の貸金業者では、借入できる上限額が年収の3分の1を超えない金額と決められているのです。

総量規制が設定される以前は、収入のない専業主婦の人たちでも借入できたわけですが、総量規制によって収入がない人々の借入は難しくなりました。

収入が低い人も、設定できる限度額が少額になってしまう、審査に通らないということが出てきたのです。しかし、総量規制は悪い物ではありません。

個人が借り入れできる上限額を決めることで、無理のない返済が出来る範囲での借り入れを可能としたのです。

ただ、いくら総量規制の範囲内で利用をしていたとしても、無計画な借り入れをすれば返済額が膨らみ、返済が苦しくなるケースが出てきます。返済のことを考えて、借入をすることが大切ですね。

増額審査をクリアするには、信用が必要不可欠なのじゃな。確かに、今の限度額でも返済に遅れてしまうような人物に更に大きなお金を貸すのはリスクが高いじゃろう。

それに、全然利用していない相手に高額な金額を貸すのも抵抗があるのは当然じゃ。一定の利用実績があり、その利用実績に問題がないこと、ここが最低限クリアすべきポイントとなるようじゃな。

カードローン会社側から増額の打診が来ることもある!?

カードローンの増額は、自分で申し込みをしなくてもカードローン会社から増額の打診が来る、すでに増額をしたとの連絡が来る場合があります。

カードローン会社から増額を打診された場合は、希望すればすぐに増額対応を行ってもらうことが出来ます。必要な審査はカードローン会社側で終了している状態ですから、スムーズに進められるのです。

ただし、誰でも待っていればカードローン会社から増額の打診が来るわけではありません。

  • 一定の利用実績がある
  • 返済に遅れがない、返済日をしっかりと守っている
  • 個人信用情報に問題がない

この3点をクリアしていることが条件となってくるでしょう。この3点、実は増額審査をクリアする為の条件と同様のものです。

自分で増額申し込みをしても、カードローン会社が審査をします。そして、増額を打診される際も事前にカードローン会社が審査を行っているわけですから、増額の条件としては変わらないのです。

カードローンの増額のためには、問題のない一定以上の利用実績があり、優良顧客であると判断されることが重要となるわけですね。

カードローン会社はお金をたくさん貸した方が得をする!?

カードローン会社の主な収益源は、利息です。利息は、貸したお金が高額になればなるほど、多く手元に入ってきます。

ですから、カードローン会社はお金を貸した方が収益も大きくなるのです。ただ、むやみやたらにお金を貸してしまえば、貸し倒れのリスクが生じます。

ですから、しっかりと審査を行って信用できるかどうかを見極めるのです。

逆に言えば、信用できる人にはどんどんお金を借りてもらって、利息収入を得た方が良いわけです。ですから、自分から希望しなくても優良だと判断した顧客に対し、増額に打診を行うわけですね。

カードローン会社は、信用できる人物を求めています。ですから、返済能力があるということをアピールし、信用できると判断してもらえれば相応の限度額設定を行ってもラることが出来るのです。

カードローン会社側から増額を打診してくるケースもあるわけじゃな。その場合は、カードローン会社が審査を行って優良であると、信用できると判断したということなのじゃな。

ただ、信用できるとの判断には一定の利用実績、それも返済日に遅れることのないものが必要じゃ。自分で増額を申し込んで審査を受けるときと、何ら条件は変わらんということはチェックしておきたいのう。

増額の申し込みはカードローンごとに違う!その方法とは

カードローンの増額をするためには、カードローン会社からの打診がない限りは自分で申し込みをしなければいけません。

増額の申し込み方法は、カードローン会社によって異なっています。そこで、代表的なカードローン会社の増額申し込み方法をご紹介しておきましょう。

カードローン名 増額申し込み方法 対応時間
アイフル 会員サービスから申し込み 24時間OK
アコム 会員ページから申し込み 24時間OK
プロミス 会員サービス 24時間OK
審査受付時間は平日9時~18時
SMBCモビット コールセンターへ問い合わせ 9時~21時

今回は消費者金融のカードローン商品を例として挙げましたが、銀行カードローンの増額も同様の申し込み方法となっています。

増額をしたいなら、まずは申し込みが必要です。だからこそ、しっかりと申し込みの手続き方法を確認しておきたいですね。

増額申し込み後は即日の限度額アップも可能!その流れとは

増額申し込みをした後は、審査を受けることになります。審査の結果、増額が可能だと判断されればすぐにアップされた限度額が適用となるわけです。

新規申し込み時と異なり、カード発行や契約といった手続きが不要となりますので、審査さえ終えれば限度額を上げられるのです。

スムーズに審査が進めば、申し込み当日からの限度額アップも可能です。ただし、その場合は審査が申し込み当日中に終わることが前提となります。

申し込み時間が遅くなれば、翌日・翌営業日の審査になってしまいますので、申し込み時間には気を付けておきたいですね。

増額の申し込み方法は各カードローンによって異なるようじゃが、主な方法としては会員サービス、または電話ということになるようじゃな。

会員サービスはネットサービスなので24時間対応という点は嬉しいのう。ただ、受付は24時間行っていても審査を行うのは営業時間内になるじゃろうから、そこは注意が必要じゃぞ。

利用状況に応じて限度額が変動!カードローンの利用は計画的に

カードローンは、利用状況に応じて増額が可能となります。また、実は利用状況が悪ければ逆に減額されてしまうこともあるのです。

  • 度重なる返済遅れ
  • 延滞
  • 収入の減少

利用実績の中で、これらの問題が生じれば限度額は今よりも減少してしまうことがあるわけですね。

カードローンは、契約期間が決まっており、期間満了時には自動的に更新審査が行われるようになっています。この更新審査
では、個人信用情報のチェック、必要があれば収入証明書の提出を求められることもあります。

その際、個人信用情報に不安要素がある、収入が変更していることが発覚すれば、限度額は今よりも少なくなってしまう、最悪の場合は新規借入停止となってしまう恐れもあるのです。

個人信用情報では、他社の借入状況を確認することが出来ます。現在利用しているカードローンの返済に問題がなくても、他社のカードローンで延滞をしている、代位弁済が行われた、他社借入れが増えていることが分かれば、返済能力が不安視されて限度額の減額に繋がるのです。

限度額は、契約時の限度額がそのまま維持されるわけではありません。しっかり利用していれば、増額が認められて今よりも多くの借入が可能となりますし、逆に利用実績人問題があれば減額されて借入できる金額も減ってしまいます。

カードローンを利用する際は、問題を起こさないように、返済が滞るような事態に陥らないよう、計画的に利用するようにしておきたいですね。

【参考ページはこちら】
カードローンのよくある質問はこちら

カードローンは利用実績によって減額される恐れもあるのじゃな。確かに、返済にたびたび遅れるようなことがある、延滞をしているということなら返済能力が不安になるからのう。

貸し倒れのリスクを考えれば当然だと言えるじゃろう。カードローンを上手に使うためには、確実に返済できる金額を借入するという計画的な利用が求められるわけじゃな。

計画的な利用を心がけ、きちんと利用しておればおのずと限度額の増額も見えてくるじゃろう。

閉じる
閉じる