カードローン審査の「困った」を解決

カードローン業界で話題のmoneykit、一体何のこと?

カードローンや消費者金融などを調べている人なら一度は聞いたことがあるであろう名前、それがmoneykitではないかと思います。

マネーキットとも言いますが、これはソニー銀行のホームページの名称のことを指します。

moneykitを使うと一体どういうことが出来るのか、そしてあえてそのような名前をつけているソニー銀行というのは一体どういう意図を持っているのでしょうか。

最終的にはmoneykitを使うとなにか良いことがあるのかまで考えてみたいと思います。

moneykitとはなにか

ソニー銀行のホームページを開いてみると出てくるのですが、それがmoneykitです。

もともとこのマネーキットはかなり歴史の古いホームページで、2001年からスタートしています。もうすでに10年以上の歴史があるホームページということになります。

あえてソニー銀行のホームページというように言わなかったことにも理由があるようです。

それがライフスタイルをサポートするお金の道具箱というものを具現化したいという思いから作られたホームページの名称だということです。

一般的な銀行のホームページというのはどこを見てもたいてい同じで味気ないものになっています。

商品紹介のページや銀行の支店などを紹介していて、それらは十分役立つものですけれども、ライフスタイルをサポートするようなものではありません。

あくまでただの情報発信というものから抜けだそうとしたものが、このソニー銀行のmoneykitというわけです。

moneykit自体のホームページは他の銀行のホームページとはだいぶ違っているので、見た目だけでもその特徴はわかると思います。

moneykitでできること

では一般的な銀行のホームページとは違うマネーキットは一体どういうことが出来るのでしょうか。

特徴的なサービスをいくつか見ていくことで、他の銀行のホームページとは違うということがわかるかと思いますので紹介していきましょう。

人生通帳

おそらくマネーキットの中で最も特徴的なものであり、象徴的なものとして考えられるのがこの人生通帳ではないかと思います。

一般的な銀行通帳と違う点は自分自身の生活や人生をお金の収支で見ていくことが出来るということです。

例えば毎月支払いをしなければいけないものというのがあると思います。水道料金や電気代、電話代などがあるでしょう。

クレジットカードの支払などもあると思います。そういった支払いをするときに、いったい自分の口座からどれだけ減るのかがすぐに分かるのです。

支払金額自体はクレジットカードの明細などを見ればすぐに分かりますが、その支払を行った後にどのくらいの口座残高になるのかが一目見てわかるようになっているのです。

これがわかるとその後のお金の使い方というのが計画しやすくなります。

他にも投資をしている人であれば、分配金や配当金が出てくる時にどのくらいの収入があって支出はどのくらいか?ということもわかるようになります。

最近はネットで簡単に株式投資なども出来るようになっているので便利です。

また高齢者の人も年金暮らしだけでは物足りないということで、投資信託などを購入している人も多いと言われています。

そういった人たちにはこの人生通帳を使って、投資管理をすることが出来るので収支を一気に把握することが可能です。

まさにライフスタイルからお金を見る、ということを体現しているサービスがこの人生通帳というわけです。

ほしいもの貯金箱

これもマネーキットならではの商品で口座を小分けにすることが出来ます。預金口座を別々に持つのではなく、ひとつの口座を分けて管理するように出来るものです。

例えば10万円の口座残高があった時に「支払い用」に3万円「生活用」に7万円とするのです。

こうすれば7万円の生活用のお金を使い過ぎないように管理できるというわけです。

また何かを買うときに「ほしいもの」の口座を分けることによって、そこに貯金していくことが出来ます。そして他の目的にそのお金を使わないようにできるわけです。

今まではたくさんの口座を持って貯金用であるとか生活用といったように分けなければいけなかったのが、ソニー銀行の口座一つでできるようになるというわけです。これは非常に便利なものだといえるでしょう。

moneykitの弱点は?

他にもツールだけをみてもシミュレーションツールなどが充実しているので、moneykitのホームページだけでいろいろなシミュレーションをすることが出来ます。

将来の役に立つお金の使い方を考える上では非常に使えるホームページであることは確かです。

ただしmoneykitも何でも出来るわけではありませんし、最近になってからは弱点も出てきています。

その典型的なものがカードローンではないかと思います。ソニー銀行のカードローンというとソニーというブランド名もあって一時期人気がすごかったのです。

じゃあ今でもソニーブランドが好きな人は多いから、ソニー銀行のカードローンは人気なんじゃないのか?と思うかもしれませんが、実はソニー銀行のカードローンは現在新規申し込みができないようになっているのです。

新規申し込みが出来ないということはカードローンを使って借入をして、それを好きなことに使うというのが出来ないというわけです。

moneykitはライフスタイルを提案してくれるという割にはカードローンが使えないのでその分自由度が減ってしまったのです。

カードローン申込停止の理由

ソニー銀行のカードローンはせっかく人気もあったし非常に使いやすいマネーキットのホームページもあったにもかかわらず申込停止しているのです。

この理由については諸説言われているのですが、うわさも色々と語られているようです。

そもそもソニー銀行の親元であるソニーグループというとトランジスタラジオやウォークマンで有名になった企業です。

つまりものづくり企業であり、製造業なわけですが今ではこういった金融商品も取り扱う企業がグループ内に存在するのです。

そして今ではあまり調子が良くないと言われている家電などの部門に変わって、保険会社やソニー銀行などの金融部門が最も利益を上げていると言われています。つまり利益の源泉になっていて、ソニー銀行がないとグループとして存続が難しいのです。

そんなソニーグループの要にもなっているソニー銀行もできればカードローンを発行したいと思うでしょう。

しかし発行できない理由は様々言われていますが、ひとつは法律の改正によるところが大きいというものです。直近の貸金業法の改正です。

貸金業法が改正されてからというもの、貸出が難しくなったというのはご存知のとおりです。

ソニー銀行のカードローンもそれは同じで金利も抑えないといけないし、貸出をしても利益が少なくなってしまったと言われています。

ただ、ソニー銀行のカードローンはもちろん銀行系カードローンの扱いになりますから基本的にはあまり総量規制のことは関係しません。(こちらもご参考に→総量規制対象外の銀行カードローン

なのでこの理由というのは確かに少しは関係しているでしょうが、直接的な理由ではないと思います。

もう一つ語られている理由はソニー銀行が貸出出来るだけのお金を用意できない、ということです。

これは諸説あるのですが例えば銀行間の取引がうまくいっていないであるとか、ソニー本体の利益が出ていないのでお金が用意できない等と言われています。

おそらくこちらのほうが理由としては強いかなとは思いますが、実際の原因については定かではありません。

現在moneykitのホームページ上では申込みの新規停止が行われていて、再開する時には通知するという事が書かれています。

カードローンはどこで借りるか

つまりこのようにソニー銀行のカードローンが使えないことによって、ライフスタイルから将来設計やお金の使い道などを考えるということがmoneykit上でできなくなっているというわけです。ちなみに目的別ローンであるフリーローンも停止されています。

カードローンやフリーローンを使ってやりたいことをやる、使いたいものにお金を使うというライフスタイルも世の中には存在しています。

給料が少ないところで働いているので給料日前だけ借入をしてそれで食いつないで給料日後に返済をするというスタイルもあります。

また急な出費については貯金に手を付けずにカードローンを使うという人もいます。

カードローンで3万円を冠婚葬祭費として借入をするであるとか、色々な使い方をしている人がいるのに、そういったものがmoneykitでは使えないのです。

じゃあ借入はどうしたらいいのかといえば、ソニー銀行以外から使うしか無いでしょう。

カードローンについては残念ながらソニー銀行では今でも見通しが建っていないので別の業者を使う以外に手はないということです。

幸い、今の日本ではカードローンの業者というのがたくさんありますから選びたい放題と言えます。

いろいろなカードローンの業者を使うことが出来ますので、比較して自分にあったところを使いましょう。できればソニー銀行のカードローンと比較するといいでしょう。

ソニー銀行のカードローンがあれば使えていたはずのカードローンの金利は6.5%~12.0%であり、借入金額は10万円から300万円となっています。

カードローンに詳しい人はわかると思いますがかなり有利な借入ができる条件になっています。

これだけの条件のカードローンが現在使えないというのは非常におしいですが、近いものは探せばあるでしょう。

ただ、審査に通るかどうかは別ですので、審査に通らないのであれば、一般的なカードローンを使うことが推奨されるでしょう。

これからのソニー銀行は?

今後ソニー銀行はmoneykitを2001年から使っており、10年以上の歴史を持っているのですから、さらに沢山の人達に使ってもらいたいと思っているでしょう。

しかし、今後もまだまだカードローンの利用については再開は未定になっています。

再開は未定のカードローンやフリーローン以外の部分を利用してもらって、moneykitを使ってもらいたいということなのかもしれません。

確かに2001年や少し前までは使いやすかったのかもしれませんが、今はあまり使えないサービスだといえるでしょう。

最近の消費者金融やカードローンでも同じようなサービスを行っているところはありますし、世の中にはベンチャー企業などが立ち上げた口座などを一括管理するためのサービスというのもあります。しかも無料でかなり使えるものです。

こういった無料で使える口座管理サービスなどはカードローンやクレジットカード、その他のローンなども統合することが可能なものもあります。

それらを使えば今の人生通帳と似たようなことも出来るわけで、あまり価値がなくなっていくのかもしれません。

今後ソニー銀行がmoneykitをどのようにしていくのか、そして今後もこのページのままで行くのかはわかりません。

数年のうちにもしかするとリニューアルするのかもしれませんが、その時もカードローンが使えないのであればあまり利用価値はないかもしれません。

ネットの世界は非常に早く進化しています。

それにともなってカードローンもどんどん対応を早くしていて、今人気のあるカードローンのほとんどがそれらに対応して、使いやすいスマホページなどを用意しているのです。

それに比べるとソニー銀行のmoneykitはまだまだ遅れています。
(⇒ソニー銀行で借りたい方におすすめ記事

カードローンも使えないしフリーローンも使えない、しかもホームページは少し昔のもので、スマートフォン対応の他の業者に比べると使いにくいということもあるでしょう。

しかもネットの専用ページにログインしてからもスマートフォンから申し込みができるかどうか、返済ができるかどうかなど今当たり前にできることもソニー銀行のmoneykitは少し遅れているような感じがしますので、今は様子見の方がいいと思います。

今でもソニーファンの人は多いでしょうし、出来るならばソニー製品を使いたいしソニー銀行も使いたいと思っている人も多いと思います。

しかし、今は使うタイミングではないと思います。今後のリニューアルに期待して様子見するほうがいいのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
カードローン会社一覧をチェック!

閉じる
閉じる