カードローン審査の「困った」を解決

在籍確認なしは無理!カードローンの噂に惑わされないためのポイント

カードローン審査の在籍確認は無しにすることができません。なので、インターネットに存在する在籍確認無しの情報は、正確に調査されていない情報、もしくは過去の情報を参考にしている案内だと思いましょう。

また、在籍確認無しの情報で紛らわしい情報についても案内していますので、良ければそちらも参考にしてカードローンの知識を深めてください。

他にも、記事内では上手なカードローンの申込方法も併せて案内しています。

在籍確認の内容は?今では電話連絡による確認がほとんど?

実際に在籍確認を受けられたことがある人であれば知っていることですが、在籍確認はカードローン審査で必須となっています。

ですが、在籍確認は電話連絡のみで完了するよう配慮されているので、在籍確認だけで長時間使ってしまうケースは少ないです。なので、在籍確認だけで10分以上かかるケースは少ないと思って問題ありません。

また、在籍確認の電話連絡で聞かれることは多くありません。

  • カードローンの申込みを行った本人か?
  • カードローンの申込内容に問題はないか?

このようなことを聞かれるだけなので、カードローンを申込んだ本人であれば、無駄に時間を使うことなく対応できるでしょう。

騙されてはいけない!在籍確認無しに関する情報は間違っている

消費者金融で多く見つかる誤った情報に、消費者金融は条件次第で在籍確認無しという業者も存在するという情報があります。

条件もそれほど厳しくはないと書かれていることが多いのですが、今では以下のようなサービスを行っている業者はほとんど存在しないのです。

  • 初回借入キャンペーンに申込む
  • 無利息期間中のみ借入を行う

両方とも「キャンペーン」という面で共通しているのですが、キャンペーンそのものも短期間において対応しているだけなので、全期間において在籍確認無しとなるわけではありません。

中小なら在籍確認無し!?このような対応も今では減っている

すでに案内しましたが、消費者金融のような金融機関でも在籍確認無しとはなりません。
申込みの内容が少額のカードローンであっても、在籍確認無しになるわけではないのです。また、大手だけが在籍確認無しの対応をしているわけではありません。

中小はカードローン審査を省略してくれるため、在籍確認無しになることもある・・・という情報も見つかりますが、今では中小も他の金融機関と同じような形で審査マニュアルを用意しています。

つまり、大手、中小に関係無く在籍確認無しの業者は、まったく存在しないのです。

カードローン審査の在籍確認無しは、誤った情報が多いので注意が必要じゃ。過去であれば対応していることもあった・・・という情報のほうが多いのじゃぞ。

また中小、大手の審査に関係なく、在籍確認無しになるケースは稀だと思っておいたほうが賢明じゃろう。

どうしても在籍確認時間を短くしたい!そんな時はアイフルを利用

どうしても在籍確認時間を短くしたいという場合、アイフルのような在籍確認時間も配慮してくれる金融機関を利用しましょう。

アイフルの場合、そもそも在籍確認で聞かれることが多くないため、無駄な時間を使わずに在籍確認を終えられます。また、申込者と同性のスタッフから電話連絡が入るので、落ち着いて在籍確認を終えられるところも評価されています。

このような在籍確認の対応を行っているため、アイフルは「学生、主婦」といった立場の人からも評価されているのです。(こちらもご参考に→主婦が借り入れをする場合は?

アイフルは、昔から収入が少ない人に対してもカードローン審査を行っているので、カードローン審査を申込むこと自体が問題になるケースも稀となっています。
(⇒学生におすすめカードローン情報

消費者金融のローン審査!消費者金融はすべて審査がゆるくない

先ほどの在籍確認についての補足ですが、消費者金融はアルバイトやパートでも審査がゆるくないです。

また、どうして低収入の人であっても審査がゆるくないのか?と言うと、昔と違い年収に対して規制が設けられているからです。

昔であれば、パートやアルバイトが50万円以上のお金を借りる・・・ということも可能でした。ですが、今では総量規制という規制が存在するため、パートやアルバイトでは10万円、20万円程度しかお金を借りられない状況となっています。

総量規制とは

年収の3分の1を超える借入が行えない規制を総量規制と言います。そのため、年収が100万円の場合、多くても30万円前後しかお金を借りることができません。

在籍確認無しはカードローン審査において難しいが、在籍確認時間の短縮は金融機関によっては可能じゃ。ただし、カードローン審査自体が甘くなるわけではないので注意も必要じゃぞ。

収入が少ない場合、50万円以上といった大きな借入を要求しないほうが賢明じゃろう。

危険な情報も存在する!完全に不要という情報は信用しない

銀行ではまったく見ませんが、消費者金融の中には在籍確認をどのような人であっても行っていないと、明言している業者まで存在します。

しかし、基本的にこの条件は嘘なので信用してはいけないです。

というのも、下記のような業者が新規の顧客を狙って、嘘の情報を流しているだけだからです。

  • 単純に在籍確認が後回しになっているだけの業者
  • 複数のローンに同時に申込んだ場合のみ適用とする業者
  • 違法金利でカードローン契約を結ばせようとする業者

このような方法でカードローン契約を組ませようとしている業者は、以下の面で問題があるので利用しないほうが無難です。

・在籍確認が後回しになっている場合

そもそも業者側の対応が杜撰(ずさん)であったり、営業届けが出ていないような違法性の高い業者である場合が多いので利用しないほうが良いです。

・複数のローンに同時に申込んだ場合

人にもよりますが借り過ぎてしまい返済で辛い目にあってしまう人が多いです。

しかも、このような業者は返済が難しくなると、性急に返済をするよう命ずる場合も多いため、返済がスムーズに行えなくなるリスクも存在するのです。

在籍確認無しの危険性!その他の危険性も存在することを学ぼう

前述では、あまり出来過ぎた話は信じないほうが良い・・・という案内をしました。

ですが、なにげなく信用してしまう情報の中にも危険性の高いものがあるので、今回はそのパターンの在籍確認無しについて案内します。

どのようなパターンがあるのかというと、以下のような宣伝などは高確率で在籍確認無しという案内で、危険な借入を勧めているだけだったりします。

  • 家族全体で在籍確認不要のカードローン
  • 自営業者も在籍確認不要のカードローン
  • 金利も非常に低金利となっているカードローン

このような形でカードローン契約を結んでしまった場合、以下のような迷惑(損失)がありえるので注意してください。

1.家族全体で在籍確認不要のパターン

そもそも、このような形ではカードローン契約を組めない場合が多いです。

カードローン会社側で用意していないので、家族全体で在籍確認不要というのはありえないと思っておきましょう。

2.自営業者も在籍確認無しのパターン

自営業者の場合、在籍確認は必須となっているので、不要という時点で怪しまないといけません。

自営業者の場合は在籍確認だけでなく、営業の実績について帳簿の確認も行う・・・となっているので、在籍確認無しとなるわけがないのです。

3.金利も非常に低金利となっているパターン

在籍確認無しというのは、銀行ではほぼ見かけません。

銀行や消費者金融はマニュアルに沿って審査の対応を行っているので、在籍確認無しとなることがまったくありません。

在籍確認無しという案内を頻繁に行っている業者は危険じゃ。まともな運営を行っていない業者に限って、このような案内を良く行っているのじゃぞ。

また、条件付きで在籍確認無しという案内にもリスクが生じるのじゃ。今では、まったく見かけないサービスなので、無理に利用する必要はないと判断したほうが良いのじゃぞ。

在籍確認の用意!在籍確認の申込前に口座を開設しておく

カードローンの申込は、審査申込前に口座を開設しておくのもテクニックです。

というのも、口座を開設しているとそのままカードローンの申込を行えるからです。銀行の場合、審査申込前に口座の開設を要求してくることもありますが、先に口座を開設しておくと在籍確認を含めた審査時間が短くなります。

また、口座を開設しておくと以下のような恩恵を受けることもあります。

  • 連絡先の電話番号、メールアドレスを1つにまとめられる
  • 口座の開設で使用した情報をそのまま使い、カードローン審査を申込める

銀行や消費者金融で口座の開設を行っていると、記入された情報が金融機関内のデータベースに保存されます。

そのため、新しいローン(カードローン含む)の申込時に、かつて記入した情報をまた記入するという手間を省けるのです。

間接的な借入方法!便利なオートチャージサービス

銀行カードには、オートチャージサービスという機能が付帯しています。

オートチャージサービスとは

銀行カードを作成した後に申込めるサービス、もしくは、カード作成と同時に付帯されることがあるサービスを、オートチャージサービスと言います。

オートチャージサービスが機能している銀行カードであれば、銀行のATMでお金を借りることができます。「1万円~20万円」の範囲で設定されていることが多いため、プチカードローンとしても有名なのです。

金融機関でお金を借りる場合、あらかじめ口座を開設しておくのもテクニックじゃ。これにより、カードローン審査、在籍確認の電話連絡にかかる時間などを短くできることがあるのじゃぞ。

もし、少額の融資のみ検討している場合は、少額の融資に対応している銀行のオートチャージサービスを利用するのも良いじゃろう。

ローン以外でお金を借りる方法!クレジットカードを発行する

カードローン審査より、さらに楽な方法でお金を借りる方法があります。それは、「クレジットカードの契約をキャッシング枠あり」で組むことです。

キャッシング枠とは

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2つの枠があります。

普通にクレジットカードで契約をされている人は、「ショッピング枠50万円以内、キャッシング枠0円」となっている場合が多いでしょう。つまり、クレジットカードの契約時はキャッシング枠が0円のままなのです。

ですが、こちらは任意で設定できる枠となっているので、すでにクレジットカードを所持されている場合は、申込を行うだけでキャッシング枠を設定することも可能です。

ただし、カードローン審査と同様で審査は甘くありません。収入に余裕が無い場合は、このような方法でもローンは組めないと思ったほうが賢明でしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準をチェック!

カードローン審査の在籍確認は必須だと思ったほうが良いじゃろう。というのも、銀行や消費者金融で必ず対応しておるからじゃ。

カードローン審査に関する情報を探っておると、在籍確認無しという情報を見つけることもあるじゃろう。しかし、現代では対応しなくなっているサービスなので、鵜呑みにしてしまっては危険じゃ。

中には、悪徳業者としてなにも知らない人を狙っている業者も存在するからじゃ。在籍確認無しということで契約してしまうと、違法な金利で利息の支払いを要求されることもあるのじゃぞ。

閉じる
閉じる