カードローン審査の「困った」を解決

銀行系カードローンはどこがお得!?大手3社を徹底比較

カードローンは銀行、銀行系、信販会社、消費者金融というように取り扱い先によって分類が行われています。中でも銀行系は知名度、安心感、金利面でバランスが良く人気があるカードローンですね。

そんな銀行系カードローンは多くの種類があります。そこで、実際どこがお得なのか、それぞれどのような特徴があるのか、利用条件はどうなっているのか、大手3社に絞って徹底比較していきましょう。

安心感が魅力!?銀行系カードローンの特徴とは

銀行系カードローンは銀行カードローンとは別物です。
(⇒銀行系カードローンって何?

銀行系カードローンとは銀行ではなく銀行と提携している、もしくは銀行と同じグループにある消費者金融のカードローンのことですね。

銀行系カードローンの特徴としては、次の3項目が代表として挙げられることが多くなっています。

  • 銀行系ということで安心感がある
  • 金利が他の消費者金融よりお得
  • 銀行よりも審査に通りやすい

銀行系カードローンは知名度があるところが多いのですが、そこにプラスして銀行グループということで初めてでも利用しやすい、安心感があります。

銀行グループであれば騙される、怖い目に合うという不安が少ないと考えられるわけです。カードローンを利用するにあたって安心というのは最も重要です。

自分がいかに安心して、信用して利用できるか、そこを重要視する人が多いため、銀行グループであることがメリットとなっているわけですね。

また、銀行系カードローンは比較的大手が多い事、銀行グループであることで資金調達がしやすい事、利用者が多い事から金利が低めになっている傾向にあります。消費者金融は高金利というイメージとは異なるのです。

また、あくまでも消費者記入になりますので審査は銀行よりも優しくなります。銀行の審査に落ちてしまうような条件でも、銀行系カードローンであれば審査に通る可能性があるのです。

銀行系カードローンは、銀行がバックについているという安心感、審査に通りやすいという安心感があると言えるでしょう。

「銀行系」は総量規制の対象!年収による限度額制限アリ

銀行系カードローンは銀行カードローンと誤解されることが多いのもまた事実です。その1つが総量規制ですね。銀行カードローンは貸金業法に定められている総量規制の対象にはなりませんが、銀行系カードローンはあくまでも消費者金融です。

つまり、銀行系カードローンは総量規制の対象になってしまうわけですね。他社借り入れも含めて、年収の3分の1を超える限度額設定は不可能となっているため、他社カードローン利用があれば新規契約限度額を低く設定されてしまう事もあるでしょう。

銀行が総量規制の対象とならないのは、銀行が貸金業ではないためです。総量規制は貸金業法を対象としていますし、そもそも銀行は銀行法という別の法律を順守しているので基準となる法律が全く異なっているのです。

銀行系カードローンは銀行グループの消費者金融です。消費者金融の為総量規制の対象にはなりますが、銀行グループという安心感がメリットとなっています。

銀行にとっても消費者金融にとってもグループ関係になることのメリットはあります。銀行は消費者金融をグループ化することで個人向け少額融資のノウハウ、顧客獲得をすることが可能なので、一方的にグループとなった消費者金融が得をしているわけではないのです。

これからもカードローンを取り扱う銀行、消費者金融、信販会社で再編が行われている可能性もありますね。

銀行系カードローンは銀行の商品ではなく、あくまでも消費者金融という位置づけになるということじゃな。消費者金融ということで、当然総量規制の対象にもなるわけじゃ。

ただ、銀行系ということでの安心感、そして比較的審査に通りやすく金利も低めであるということが魅力となっておる。こういった点が、銀行カードローンが人気である理由と言えるわけじゃな。

限度額は?金利は?大手3社の利用条件を比較!

銀行系カードローンには大手と呼ばれる3社があります。アコム、SMBCモビット、プロミスですね。この3社は消費者金融の中でも利用者数上位となっているカードローンです。

そんな大手3社の利用条件を比較してみましょう。

カードローン会社名 最高限度額 金利 グループ銀行 特徴
アコム 800万円 3.0%~18.0% 三菱東京UFJ銀行 クレジット機能付きカードを選択可能
SMBCモビット 800万円 3.0~18.0% 三井住友銀行 ネット申し込みなら10秒で事前審査結果表示
プロミス 500万円 4.5~18.0% 三井住友銀行 30日間の無利息期間がある

最高限度額はSMBCモビットが800万円と大きな金額にはなっていますが、金利では大きな違いはありません。最高限度額の500万円や800万円を利用するとなると、総量規制の関係上年収が1,500万円以上、2,400万円以上必要となってきます。

この年収額は現実的ではありませんよね。ですから、それぞれのカードローンの特色を見て利用するカードローンを選ぶことになりそうですね。

アコム・プロミス・SMBCモビットそれぞれの特色をご紹介

では、それぞれのカードローンの特色をチェックしていきましょう。まずアコムですが、クレジットカードの取り扱いを始めたというのが特徴の1つですね。カードをクレジットカードとしても、ローンカードとしても利用することが可能となりました。

パッと見ではクレジットカードですので、カードローンを利用していることがばれづらいというメリットはあります。

SMBCモビットの特色としては、ネット申し込みをすると最短10秒で事前審査結果が表示されるというスピードが魅力です。審査だけではなく、振り込みキャッシングを依頼した際も最短3分で振り込みとなっていますから、スピード感を求めるのであればオススメですね。

プロミスは契約後30日間の無利息期間を利用することが出来るという点が最大の魅力でしょう。この期間をうまく活用すれば、かかる金利を最低限にして借り入れをすることが可能です。

金利は他社とほぼ変わらなくても、30日間の無利息期間があることでお得な利用が可能となります。

金利を比較する際は最低金利ではなく最高金利をチェック

金利を比較する際は、どうしても最低金利に目が行きがちです。今回取り上げた3社の最低金利は、いずれも4%台という低金利設定となっていて魅力的ですよね。

しかし、金利をチェックする際は最低金利ではなく最高金利を見なければいけません。なぜなら、カードローンの新規利用での金利設定は、ほとんどが最高金利近くの設定となってしまうのです。

基本的に、カードローンを新規で申し込む際は最高限度額である500万円や800万円を設定してもらうことは不可能だと考えてください。新規では、審査のみで信用度、返済能力を判断することが難しい為、多くの場合数十万円単位での設定となる傾向にあるのです。

そして、金利は限度額が高額になればなるほど低く、限度額が低くなればなるほど高い設定になる傾向にあります。ですから、限度額が比較的少額の設定になりやすい新規契約時では、最高金利の設定になる可能性が高いわけです。

カードローンを比較する際は、最低金利ではなく最低金利を比較の基準とするようにしておきましょう。

銀行系カードローンは、最高限度額でSMBCモビットが最高800万円という高額設定が可能となっている点が特徴的ではありますが、金利面では大きな違いはありません。

また、初回契約時に高額限度額の設定が行われるケースは稀ですので、限度額や金利ではなく、その他の特色を見て、自分に合ったカードローンを選択すると良いでしょう。

SMBCモビットは最高800万円まで借りられるというのは大きいの。しかし、総量規制がある以上は、最高800万円という限度額を利用できるのは僅かな人のみじゃ。

だからこそ、その他の特色をチェックして選ぶということが大切になるのじゃな。金利を比較する際は、最低金利ではなく最高金利を基準にチェックすることも忘れてはならぬぞ。

どうすれば利用できる?各社の申し込み方法とは

では、この3社のカードローンをどうすれば利用することが出来るのか、その申し込み方法をご紹介していきたいと思います。

会社名 申し込み方法 特徴
アコム インターネット
電話
窓口・むじんくん
郵送
ネット・電話で申し込みをして
14時までに必要書類提出後に
窓口・むじんくんでカードを受け取れば
即日利用可能
SMBCモビット インターネット
電話
ローン申込み機
郵送
ネット申し込み後電話をすれば即審査が開始
会員登録後は振込orカードで即日利用可能
プロミス インターネット
電話
窓口・ローン契約機
郵送
WEB契約なら即日利用可能

急ぎで利用したいと思っても、この3社であればいずれも即日融資が可能となっている点は嬉しいですね。当日中に契約手続きが可能となるのは、やはり審査スピードが速いということも大きく関係しています。

しかし、申し込み後の手続きがアコムは14時、SMBCモビットは14時50分までに完了し振り込み依頼を行わなければ当日中の振込融資を受けることはできません。(原則24時間最短3分でお振込可能)

審査スピードは、各社とも最短30分ほどとなっていますが、申し込みをする時間によっては当日中に手続が終わらない可能性もあります。出来るだけ早い時間に申し込むようにしたいですね。

毎月の返済はいくら?各社の返済方法を比較しよう

カードローンを利用した後は、返済をしなければいけません。毎月の最低返済金額はいくらなのか、返済方法はどうなっているのか、比較していきましょう。

会社名 返済方法 返済回数
アコム 限度額30万円以下
⇒借入金額の4.2%以上
限度額30万円超
⇒借入金額の3%以上
限度額100万円超
⇒借入金額の3%、2.5%、2%以上
限度額30万円以下
⇒最長3年(1~31回)
限度額30万円超
返済金額3%以上
⇒最長4年11か月(1~51回)
返済金額2.5%以上
⇒最長5年9か月(1~60回)
返済金額2%以上
⇒最長6年9か月(1~80回)
SMBCモビット 利用残高に応じて決定
10万円以下なら4,000円
最長60回(5年)。ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)
プロミス 借入残高30万円以下
⇒借入金額3.61%
借入残高30万円超100万円以下
⇒借入金額2.53%
借入残高100万円超
⇒借入金額1.99%
借入残高30万円以下
⇒最長36回
借入残高30万円超100万円以下
⇒最長60回
借入残高100万円超
⇒最長80回

各社、様々な設定となっていますね。これは、あくまでも毎月必ず返済しなければいけない最低金額です。カードローンの返済は、1日ごとに利息がかかっていきます。ですから、1日でも早く完済した方が支払金利を抑えることが出来るのです。

どのカードローン会社でも、毎月の最低金額をしっかり返済していれば自分のタイミングでいつでも追加返済が可能となっています。任意返済・随時返済と呼ばれているものですね。

任意返済・随時返済をする際は、特にカードローン会社へ連絡する必要はありません。ただし、残額を一括で返済したいという場合は、あらかじめ手続きが必要となります。

一括返済をする際、返済日までの利息を計算し、その金額を返済するということになります。ですから、あらかじめカードローン会社に一括返済をしたいということ、いつ返済したいということを伝える必要があるわけです。

あとは、担当者の指示に従うようにしてくださいね。一括返済をすることで、当初の完済予定日よりも少しでも完済することが可能です。早く完済すれば、それだけ支払利息を抑えることが出来ますので、余裕があれば任意返済や一括返済を是非検討してくださいね。

提携ATMを利用すると手数料が発生!?

どの銀行系カードローンもそれぞれのグループ銀行だけでなく、全国に提携金融機関がありATMを利用することが可能です。ただし、カードローンによって提携ATMの利用手数料がかかることがあります。

アコムはアコムATM以外のATM利用は手数料がかかりますね。プロミスは三井住友銀行ATMの手数料は常時無料、SMBCモビットはキャンペーンで三井住友銀行ATMの利用手数料を無料としていることがありますが、やはり提携ATMを利用する際には手数料が発生してしまいます。

利用手数料は、1万円以下で108円、1万円を超えると216円かかることが多いですね。これだけ見ればちょっとした金額かもしれませんが、ATM利用手数料も回数を重ねればそれなりの金額になります。

どのATMを利用すると手数料が発生してしまうのか、各カードローン会社の自社ATMはどこにあるのか、これらをカードローン選択の1つの材料としても良いでしょう。

いずれの会社も申し込みはインターネットで行うことが可能となっておるので、来店不要でも良いというのは嬉しいところじゃな。申し込み方法や時間によっては、当日中の利用も可能というのは魅力的と言えるじゃろう。

返済は最低返済金額が決まっているわけじゃが、金利を支払うと思えば少しでも早く完済しておきたいところじゃな。余裕があるときは少しずつでも返済しておくと良いぞ。

消費者金融なので銀行より審査に通りやすい!

銀行より審査に通りやすいと言われている銀行系消費者金融ですが、その理由は銀行ではなく消費者金融であるからという単純なものです。

銀行カードローンが審査に厳しいのは不安要素が高い人に対する貸し付けを積極的に行ないためです。銀行は法人との取引もありますから、個人への少額融資に対してリスクを冒す必要はないのです。

極端に言えば信用できる人にだけお金を貸し、返してもらうことが出来れば収益は挙げられるわけです。

一方、銀行系カードローンは消費者金融ですから銀行よりも信用は劣ってしまいます。そこで、審査に通りやすく利用しやすいというメリットで顧客獲得を行っているのも事実です。

銀行系カードローンはある程度安心感がありますから、そこにプラスして審査に通りやすいというメリットが加われば利用希望者も多くなることが考えられます。これが、銀行系カードローン人気の理由の1つであると言えるでしょう。

落ちたら意味がない!審査内容は要チェック

しかし、いくら審査スピードが速く比較的審査に通りやすいと言っても、審査で落ちてしまう可能性はゼロではありません。審査では、主に以下の項目がチェックされます。

  • 収入の安定性
  • 他社借入れ件数
  • 事故情報の有無

収入の安定性を判断するのは、年収と勤続年数、雇用形態、そして勤務先ですね。年収は、総量規制の範囲で最高いくらまでの限度額設定が可能かを判断する目的でもチェックされます。

また、勤続年数は長ければ長いほど有利となりますし、雇用形態も正規雇用の方が有利です。しかし、パートやアルバイトでも勤続年数が長ければ審査に通る可能性を高めることが可能です。

逆に、正規雇用でも勤続年数が1年未満であれば、審査で不利になることもあります。「高収入」=「審査で有利」とは、単純に言えないのです。

他社借入れ件数も重要です。いくら収入が安定していても、他社借入れ件数が多く返済に追われた生活をしていれば、返済が滞ってしまう恐れが出てきますよね。

ですから、他社借入れ件数はできるだけ少ない方が良いわけです。何社までならセーフなのかについては、各社で基準が異なりますし、公表されていません。出来るだけ今ある借金を整理して申し込むようにしたいですね。

最重要項目!?事故情報の有無は審査を大きく左右する

事故情報の有無は、審査で最も注視される部分とも言えます。事故情報とは、以下のような情報を指しています。

  • 延滞
  • 債務整理
  • 代位弁済

延滞は3か月以上返済に遅れた経験があること、債務整理とは、任意整理・自己破産・民事再生ですね。代位弁済は、契約者本人が返済できずに保証会社による返済が行われたということです。

いずれも、返済日に必要な金額を返済することが出来なかった事実を指します。ですから、事故情報があるということは返済能力に欠ける人物だと判断されてしますのです。

事故情報の有無は、個人信用情報をチェックすれば簡単に知ることが出来ます。個人信用情報には、現在の債務状況や事故情報の有無、延滞の有無が登録されており、カードローン審査時には必ず確認されるものです。

事故情報がある状態が、俗にブラックと呼ばれているものです。ブラックは、ブラックの人を集めたリストがあるというわけではなく、個人信用情報に事故情報が登録されていて、審査で不利になってしまう状況を指しているのです。

審査落ちが怖い!だからと言って複数申込みは逆効果!?

審査に落ちてしまったら、カードローンを利用することはできませんよね。しかし、だからと言って複数申込みをしてしまおう!という考えは危険です。複数申込みをすることで、かえって審査に通りづらくなってしまうことがあるのです。

カードローンの申込み情報は、全て個人信用情報に登録されています。そして、この情報は6か月間削除されずに残ってしまうのです。

審査の際に、個人信用情報をチェックして複数のカードローン申込み記録があったとします。

  • 他社のカードローンで契約すれば、総量規制をオーバーしてしまうかもしれない< /li>
  • 複数を同時に申し込むような、金銭的に困った状況にあるかもしれない

このような不安要素となり、審査で落とされてしまう可能性が高くなってしまうのです。カードローン申し込み時は、不安かもしれませんが1社のみを申し込むようにして、2社目以降の申込みもある程度期間を開けるようにしておきたいですね。

カードローンを内緒で使いたい!押さえておきたい注意点をご紹介

カードローンを誰にも知られないよう、家族に知られないように利用したいという人は多いはずです。銀行カードローンは、安定した収入があれば主婦や学生でも利用可能です。しかし、主婦や学生の場合は、特に家族に知られてしまうことを恐れるのでは?

銀行系カードローンは、家族に内緒で利用することが可能となっています。ただし、利用状況によっては家族に知られてしまうリスクが生じてしまうのです。

銀行系カードローンを内緒で利用するための注意点は、ズバリ次の2点です。

  • 返済日に遅れない
  • 連絡先が変わった際は速やかに届ける

延滞や返済遅れをしてしまうと、個人の携帯電話へ連絡してくるだけでなく、自宅への電話、督促状の送付が行われるケースがあります。家族と同居していれば、家族にカードローン利用が知られてしまう可能性が出てくるのです。

ですから、まずは返済日に遅れないように注意しておく必要があるわけですね。アコム・SMBCモビット・プロミスでは、会員サービスで返済日お知らせメールが届く設定にすることも可能です。是非活用するようにしておきましょう。

連絡先が変更するということは起こり得る話ですよね。携帯電話を変えて番号が変わったとき、どうしてもカードローン会社への連絡を忘れがちです。

しかし、カードローン会社からの最初の手段は携帯電話への連絡です。この携帯電話の番号が変わっていて連絡が取れないとなれば、当然自宅や勤務先へ連絡しなければいけない状況になってしまいます。

連絡先の変更が生じた際は、速やかにカードローン会社に連絡するようにしましょう。そうしなければ、自宅や勤務先に連絡が来て家族や同僚にバレてしまう可能性が生じてしまうのです。

銀行系カードローンは消費者金融だからこそ、審査に通りやすいというメリットがあるわけじゃな。しかし、審査に通りやすいということが必ず審査に通ることには繋がらないのじゃ。

審査をクリアするためには、それなりの信用が必要となる。だからこそ、普段から延滞などして個人信用情報に事故情報が登録されないよう気を付けておかなければならぬぞ。

銀行系カードローンは家族に内緒で利用することが可能じゃが、返済日に遅れれば自宅に連絡がくる恐れがあるという点にも注意じゃぞ。

銀行系カードローンを大手消費者金融と比較してみよう

銀行系カードローンを大手消費者金融と比較してみましょう。ここではアイフルを取り上げてみます。

最高限度額 金利 特徴
500万円 4.5~18.0% 8種類のカードローン商品がある

アイフルの最高限度額、金利を見てみると大手銀行系カードローンと遜色ない内容であることが分かります。

ただ、やはり消費者金融の利用者数ランキングで銀行系を上回れないのは、「消費者金融」であるという不安感が少なからず利用者にあるためかもしれません。

アイフルの特徴は、何と言ってもその取扱商品の多さです。消費者金融はどうしても総量規制の影響を受けてしまいますが、おまとめ、借り換えを対象とした2つの商品は総量規制の対象外となります。

つまり消費者金融でも、年収の3分の1を超えた金額でも利用可能となります。大手消費者金融にも、それぞれの会社の特徴・強みがあるのです。だからこそ多くの利用者がいるわけですね。

それでも銀行系カードローンの利用者が多いのは、やはり借り入れ限度額や金利といった内容はもちろんですが、「銀行系」という安心感、信頼が強いためであると言っても良いでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローン会社一覧をチェック!

銀行系カードローンは消費者金融じゃ。銀行系ではない大手消費者金融と比較しても商品内容に大きな差はないわけじゃが、それでも銀行系カードローンは人気であることには変わりなかろう。

それは、「銀行系」だということでの信頼・安心感があるのに加えて、消費者金融ということでの審査の通りやすさも要因となっていると言えるじゃろう。

ただし、銀行系カードローンはあくまでも消費者金融であって、総量規制の対象になるということは忘れてはならぬぞ。

閉じる
閉じる