カードローン審査の「困った」を解決

ソニー銀行カードローンが新しくなった!変わった点を解説!

SONYといえば、近年は業績不良が話題になりましたが、長年日本のモノづくりをけん引してきた大企業です。そんなSONYの名前を持つ、「ソニー銀行」という金融機関があることを、ご存じですか?

ソニー銀行には、一般の銀行と同じように預金や投資信託、保険などはもちろん、ローン商品もあるんです。中でもカードローンは大変魅力的な商品なんです!

ソニー銀行という金融機関のご紹介も含め、ローン各種やカードローン商品についても、じっくりお話していきます。知らないのはもったいないですから、ぜひこの機会にソニー銀行や、そのカードローンがどんなものなのか、ご一読ください!

SONYって銀行もやってたの?まずはソニー銀行について知ろう!

「ソニー銀行」という銀行があることを知らないという人も、意外と多いかもしれません。確かに、母体の「SONY」に比べたら、格段に知名度が低いと言わざるを得ませんね。

最初の章では、ソニー銀行の成り立ちをご紹介します。「へ~、SONYって銀行もやってたんだ」と思った方はぜひ、ソニー銀行がどんな金融機関なのかを見てみてくださいね。

ソニー銀行とは?

ソニー銀行は、いろんな意味で新しい銀行です。設立は2001年、SONYだけではなく三井住友銀行などが出資してできた銀行です。(こちらもご参考に→三井住友銀行カードローン情報はこちら)大正や昭和の時代から続く銀行も多い中、21世紀に入ってからできた、新しい銀行なのです。

もう一つの新しさは、その営業形態です。

本店は東京にありますが、事務所という位置づけであり、実店舗を持たずネット銀行として営業しているのです。

そういった意味でも、新しい銀行と言えますね。

SONYが出資してできた銀行とはいえ、実際は「ソニーフィナンシャルホールディングス」という会社が、ソニー銀行株を100%保持する大株主です。同一グループ企業として、「ソニー損保」や「ソニー生命」などがあります。こちらの方は、比較的良く知られていますよね。

ソニー銀行の商品

そんなソニー銀行には、どんな商品やサービスがあるのか、興味が湧いた人もいらっしゃるのではないでしょうか。ソニー銀行が取り扱う商品には、以下のようなものがあります。

  • 円預金
  • 外貨預金
  • 仕組み預金
  • 外国為替証拠金取引(FX)
  • Sony Bank WALLET Visa(デビット付きキャッシュカード)
  • 投資信託・NISA
  • 株式・債券
  • クレジットカード
  • 保険(ソニー損保の代理引き受け)
  • 各種ローン

こうして見ると、メガバンクと何ら変わらない、ごく一般的な金融機関が扱う商品が取り揃えられていると言えますね。

ソニー銀行を利用するには?

では、ソニー銀行の商品を利用したいと思ったら、どうすればよいでしょうか?お伝えしたように、ソニー銀行には店舗がないので、営業エリアというものがありません。インターネットで全国どこからでも利用することができます。

ソニー銀行の企業としてのサイトとは別に、お客さん向けのサービスサイト「MONEY Kit(マネーキット)」が用意されていますので、実際の申し込みや取引はこちらから行います。

日本に住んでいる人なら誰でもインターネットにて口座開設ができますが、15歳未満および88歳以上の方は、郵送による申し込み手続きが必要となります。

2001年に三井住友銀行などとともにSONYが出資してつくられた銀行が、ソニー銀行なんじゃな。ネット銀行じゃから、地域を問わず日本に住んでいる人なら誰でも、インターネットから簡単に申し込めるんじゃ。

金融商品も、一般的な銀行と同じようなものがちゃんとそろっておるんじゃよ。デビットカードやクレジットカードもあるから、興味のある方はサービスサイトのMONEY Kitを覗いてみてはどうじゃ?

ローンはどんな種類があるの?カードローンは今申し込めるの?

ソニー銀行には、各種ローン商品もあるということをご紹介しました。では、どんなローンの種類があるのでしょう?

また、カードローンに詳しい方の中には、「ソニー銀行のカードローンは募集停止したんじゃなかった?」と思われた方もいるかもしれません。この辺りについても、お話していきます。

ソニー銀行のローン商品一覧

ソニー銀行の取り扱うローンの種類と商品を、以下の表にまとめました。

ローンの種類 商品
住宅ローン ・変動セレクト住宅ローン金利プラン
・住宅ローン金利プラン
カードローン カードローン
目的別ローン(新規申し込み受付停止中) ・教育ローン
・新車ローン
・一般ローン

大手銀行や地方銀行などに比べると、ローン商品の種類としては、かなり少ない方と言えますね。

しかも、目的別ローンは、2014年を最後に新規の申し込み受付を停止しているので、2016年現在、申し込めるローンは住宅ローンとカードローンの2つのみということになります。

カードローンは復活!

実は、ソニー銀行では目的別ローンだけでなく、カードローンも新たな申し込み受付を停止している時期がありました。2009年4月~12月まで、さらに2011年7月から2015年7月まで、新規で申し込むことができない状況だったのです。

2011年にカードローンの受付を停止した事情は、SONYの子会社だった「ソニーファイナンスインターナショナル」が廃業してしまったことにあります。この会社は信販業務や保証業務を行っており、ソニー銀行のカードローンの保証会社でもありました。

しかし、保証をしてくれる会社がなくなってしまったため、カードローン業務が続けられなくなってしまったのです。

その後4年間は保証会社の調整がつかない状況でしたが、2015年には、消費者金融として有名な「アコム」が新たな保証会社となり、カードローンが復活したのです。

以前のカードローンはこんな商品だった!

復活したカードローン商品は、これまでとは違う内容になっています。次章で、復活後のカードローン商品を詳しく取り上げますが、その前に2011年7月で新規受付を停止した、かつてのカードローンがどんな内容だったのかご紹介します。

項目 内容
限度額 10万円、30万円、50万円、100万円、
150万円、200万円、250万円、300万円
金利 変動金利
申し込み条件 ・ソニー銀行に円普通預金口座を持っている人
・満20歳以上65歳未満の人
必要書類 限度額100万円以上の場合は
源泉徴収票などの収入証明書類

このカードローンの特徴は、年収によって借り入れできる限度額が決められているところです。(⇒カードローンを利用するための年収

限度額 年収
10万円 50万円以上
30万円・50万円・100万円 200万円以上
150万円・200万円 400万円以上
250万円・300万円 600万円以上

最少の10万円でも50万円以上の年収が必要になるため、専業主婦は借りることができませんでした。

借り過ぎを防ぐ良い条件とも言えますが、総量規制の対象外である銀行では珍しい商品であり、不便を感じる方も多かったと推測されます。

ソニー銀行のカードローンは、いったんは新規の受付を停止していたんじゃが、2015年からアコムを保証会社につけてパワーアップして復活したんじゃ。

そのかわりというのも変かもしれんが、2014年以降は目的別ローンの取り扱いを停止しているんじゃ。しかし、住宅ローンは今も利用できるし、こちらも低金利じゃから家を買う予定のある人はチェックしてみてほしいんじゃ!

ソニー銀行のカードローンは驚きの低金利!検討しない手はない!

ではいよいよ、復活して現在も新規申し込み受付中の、ソニー銀行カードローンについて見ていきましょう。とても良い商品なので、期待してくださいね!(⇒ソニー銀行で借入したい!

ソニー銀行カードローンの概要

まずは、カードローン商品の概要からご紹介します。

項目 内容
限度額 10万円~100万円(10万円単位)、150万円、
200万円~800万円(100万円単位)
金利 2.5%~13.8%
申し込み条件 ・ソニー銀行に円普通預金口座を持っている人
(同時申し込み可能)
・満20歳以上65歳未満の人
・原則、安定した収入がある人
・日本国籍の人または外国籍で永住権を持っている人
・保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる人
必要書類 限度額300万円以上の場合は
源泉徴収票などの収入証明書類

銀行系なので低金利なのは当たり前とも言えますが、その中でも下限金利2.5%というのは類を見ない低金利です。

限度額10万円でも13.8%というのも、同じ借入額なら14%台を適用する銀行が大半ですから、大変お得なカードローンなのです。

以前のカードローンとどこが変わった?

先ほど、復活前のカードローンの内容をご紹介しましたが、どのような点が変わったのか確認してみましょう。

  • 最大限度額が大きくなった
  • 限度額に応じた年収の条件がなくなった
  • 専業主婦OKになった(上限50万円まで)
  • ソニー銀行に口座がなくても申し込めるようになった
  • 他行に振り込み融資も可能になった
  • 所得証明が必要になる金額が100万円から300万円になった

多くの変化がありますが、どれも良い方向に変わったと言えますね!

元々低金利だったのですが、それは維持され、さらに利用や申し込みにおける制限が緩和され、利便性が高まりました。

カードローンの申し込み方法

こんなに優れたソニー銀行のカードローンですが、実際の申し込みはどのようにするのでしょうか?

申し込みは、もちろんインターネットから簡単にできます。すると、最短60分で審査結果回答が来ます。その後、勤務先へ在籍確認の電話があります。確認が取れれば、あとは本審査と契約を残すのみです。

可決となれば、元々ソニー銀行に口座を持っている方なら、即日融資が可能です。口座を持っておらず、カードローンと同時に開設を申し込む場合でも、初回振り込みサービスにより、最初だけソニー銀行以外の指定口座に振り込み融資をしてもらえます。

カードローンの借り入れ方法と返済方法

ソニー銀行のカードローンは、実際に使い始めてからも便利なものです。借り入れや返済は、サービスサイト「MONEY Kit」からもできますし、以下の提携ATMからも可能です。

  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ローソンATM
  • イーネットATM

セブン銀行とイオン銀行なら、何度借入や返済をしても手数料は無料です。その他の提携ATMでは、月5回目以降の返済のみ108円の手数料がかかります。低金利でも手数料がかさんでしまうのは残念ですから、手数料無料はとても嬉しいサービスですね。

返済額はどれくらい?

ソニー銀行のカードローンは、毎月決められた金額を自動引き落としで行う、約定返済方式です。また、約定返済に加えて、余裕があるときにはATMなどから随時返済も可能です。

約定返済日は、2、7、12、17、22、27日の中からお好きな日を選択できます。お給料日後に近い日にすると、残高不足のリスクが減らせて安心ですね。

約定返済額は、前月の返済日の借入残高によって、以下のように決められており、これが最低返済額になります。

前月返済日の借入残高 返済金額
10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超40万円以下 6,000円
40万円超60万円以下 8,000円
60万円超80万円以下 10,000円
80万円超100万円以下 12,000円
100万円超150万円以下 15,000円
150万円超200万円以下 20,000円
200万円超300万円以下 30,000円
300万円超400万円以下 35,000円
400万円超500万円以下 40,000円
500万円超 600万円以下 50,000円
600万円超 700万円以下 60,000円
700万円超 70,000円

残高が10万円以下なら、なんと月2,000円の返済でいいんです。この程度なら無理なく返せますし、随時返済もどんどんしていけそうですね!

2015年から再び申し込み受付を開始したソニー銀行のカードローンは、以前のものよりもずっとお得で便利な商品になったんじゃ!

ソニー銀行に口座があれば即日融資も可能じゃし、大手消費者金融並みのスピード感と言えるんじゃ。しかも、金利面では銀行系の中でも最高水準なんじゃよ。借り換えには使えないが、新しくカードローンを使いたい人には、絶対おすすめじゃ!

改良されて再登場!ソニー銀行のカードローンは便利&低金利!

ネット銀行であるソニー銀行は、ローンの種類は少ないものの、日本全国誰でも利用できる懐の広さがある銀行です。カードローンは、新規申し込み受付を停止していましたが、2015年に再び販売を始めました。

しかも、以前の商品が復活したのではなく、大きな改良が加えられ、まったく新しいカードローンとして登場したのです。

低金利なのはもちろん、専業主婦でも申し込めるようになったり、年収による限度額の制限を撤廃したりと、他行の人気カードローンにも負けない優れた商品となりました。金利で選べば右に出るものはないレベルですので、ぜひご検討くださいね!

【参考ページはこちら】
カードローン会社の一覧はこちら

ソニー銀行は、知名度としてはそれほどではないかもしれんが、カードローンは本当に優れた商品なんじゃ。元々低金利のカードローンとして人気があったが、取り扱いを中止していたから再開を心待ちにしていた人も多いかもしれないんじゃ。

2015年に復活してからまだそれほど年数が経っていないが、今後はどんどん利用者が増えていくと考えられておるんじゃよ。パソコンさえあれば専業主婦も申し込めるようになったから、ぜひ検討してみることをオススメするぞ!

閉じる
閉じる