カードローン審査の「困った」を解決

申し込み条件は厳しい!SMBCモビットの審査が甘いというのは噂だけ!?

いくら計画的に生きていても、お金を借りなければ乗り越えられないようなピンチは、誰の人生にも訪れる可能性のあるものです。そうなったときの借入先として、消費者金融を真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

銀行系よりも審査が甘いと言われている消費者金融系ですが、そこにはどんな理由があるのでしょうか?また、大手消費者金融である「SMBCモビット」は、消費者金融系の中でも特に審査に通りやすいという噂がありますが、これは本当でしょうか?

今回はSMBCモビットに焦点を当てて、なぜ審査が甘いと言われているのか、本当に甘いのかなどといった点についてお話していきたいと思います。

基本を確認!消費者金融系が銀行系よりも審査が甘いのはなぜ?

世間に貸金業者は非常にたくさんありますが、それらは3種類の業種に分けることができます。どんな業種かによって、商品の特徴や審査基準が異なるものです。まずは、そんな基本的なところからお話を始めていきます。

貸金業者の種類

お金を貸すことを業務としている会社には、以下の3種類があります。

種類 含まれる企業 会社名の例
銀行系 大手銀行・地方銀行・第二地方銀行
信用金庫・農協など
三井住友銀行・スルガ銀行など
消費者金融系 大手消費者金融・中小消費者金融(街金)など SMBCモビット・アコム・フクホーなど
信販系 クレジットカード会社 セゾン・セディナなど

それぞれ、貸金業務以外にも保証事業やクレジットカード事業なども並行して行っている会社もあったりしますが、貸金業という点において、上記の分類がなされるのです。

業種によるカードローンの特徴

カードローンやキャッシング商品は、当然ながらその貸金業者ごとに差があります。しかし、上記の業種ごとに共通して見られる大まかな傾向も、あるのです。表にまとめると、以下のようになります。

項目 業種別の傾向
金利 ・消費者金融系:高い
・銀行系:低い
・信販系:高い
最大限度額 ・消費者金融系:普通
・銀行系:大きい
・信販系:小さい
審査基準 ・消費者金融系:甘い
・銀行系:厳しい
・信販系:比較的甘い
総量規制 ・消費者金融系:対象
・銀行系:対象外
・信販系:対象

全体的な傾向では、業種によって上記のような差があると言えます。以前は、消費者金融系は利便性が高く審査回答や融資スピードも速い一方、銀行系は融資までに時間がかかるものでした。

しかし近年では、銀行系も顧客獲得のためにどんどん利便性を高め、今ではほとんどスピードの差は無くなってきていると言えます。

SMBCモビットのカードローン

今回のテーマであるSMBCモビットも、利便性やスピード感という点では、とても優れたカードローンを出しています。

ただ、上記でお伝えしたように、SMBCモビットは消費者金融系なので総量規制の対象になっています。ということは、SMBCモビットでは年収の1/3までしか借りられないということです。

SMBCモビットの限度額は消費者金融の中では大きい方なのですが、年収の1/3未満しか借りられないため、限度額が大きいからと言って実際に借りられる金額も大きくなるわけではないので、ご注意ください。

また、総量規制の影響で、ご本人の収入がゼロである専業主婦や学生も、SMBCモビットを利用することができません。仮に配偶者に安定収入があったとしても、申し込み自体不可能となっています。

このようなSMBCモビットのカードローンの特徴は、次章でより詳しくお伝えします。

消費者金融の審査はなぜ甘い?

業種によるカードローン商品の違いとして、消費者金融系の審査は甘い傾向があることをお伝えしました。これは、一体なぜでしょうか?

まず、顧客獲得のためというのが大きな理由でしょう。かつては、「サラ金」という俗称で呼ばれ、あまり良いイメージではなかった消費者金融。このイメージを払拭し、どんな人にでも気軽に利用してもらうため、また、銀行系との差別化を図るために、比較的甘い審査をしているのです。

しかし、審査が甘いということは、貸し倒れになるリスクも高まります。このリスクに備えるため、消費者金融系では高めの金利を設定しているのです。つまり、多めの保証料が金利に含まれているというわけですね。
一般的に、銀行系のカードローンは審査が厳しいと言われておるんじゃ。それは、ブランドイメージを守るためというのもあるじゃろうが、具体的には低金利を実現するためにそうなっているんじゃよ。

消費者金融系はその逆で、高い金利でリスクに備えつつ、より多くの人々に利用してもらうために審査を甘めにしているというわけじゃな。総量規制があるから、そんなに多くのお金が貸せないというのも、審査の基準に影響しておると言えるんじゃ。

どんな商品?SMBCモビットのカードローンやWeb完結申し込みを総復習!

SMBCモビットを含む消費者金融系は、利便性が高くて審査が甘い反面、金利が高い傾向があることをお話しました。ここからは、SMBCモビットのカードローン商品を具体的にご紹介しながら、消費者金融系の特徴通りなのか否かを考えていきましょう。

SMBCモビットのカードローンの概要

SMBCモビットのカードローン商品の概要は、以下の表のようになっています。

項目 内容
限度額 1万円~800万円
実質年率 3.00%~18.00%
申し込み条件 ・満年齢20才~69才の人
・安定した収入のある人
・SMBCモビットの基準を満たす人
必要書類 ・運転免許証などの本人確認書類
・条件によっては源泉徴収票などの収入証明書類

消費者金融では、大手の会社でも最大限度額500万円というところが多いですが、SMBCモビットはなんと800万円です。銀行系レベルと言えますね。その分、下限金利がとてもお得になっています。この点は、一般的な消費者金融系の特徴とは、ちょっと違うところです。

ただ、総量規制がありますから、よほど高収入の人でない限り、それほど多くの金額を借りられるわけではありません。なので、上限金利が適用される方も少なくないはずです。その上限金利は、消費者金融系としてはごく標準的なものとなっています。

SMBCモビットへの申し込み方法

SMBCモビットのカードローンに申込むには、以下のような方法があります。

  • WEB完結
  • パソコン
  • 携帯・スマートホン
  • 郵便
  • 電話
  • ローン申込機

大手消費者金融らしく、どんな人でも便利に申し込めるように、多くの選択肢が用意されています。

WEB完結とは?

上記の中で最もスピーディーかつ簡単に申し込みができるのが、WEB完結という方法です。これは、申し込みから契約、借入および返済まで、すべてをWEBで済ませることができるというものなんです。

WEB完結を利用できる人には、一般的な申し込み条件の他にも、以下のような条件があります。

  • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行に本人名義の普通預金口座があること
  • 全国健康保険協会発行の保険証または組合保険証を持っていること

つまり、社会保険か組合保険に加入できる勤務先で働いていて、かつ上記の2つの銀行いずれかに口座がある人のみがWEB完結を利用できるのです。

すなわち、国民健康保険の人は利用不可ということなのです。

次章で詳しくお伝えしますが、WEB完結には

  • ローンカードの発行がない
  • WEB完結なら電話連絡なし
  • 自宅への郵送物がない

このような特長があります。そのため、即日融資はもちろん可能ですし、誰にも知られずにカードローンが利用できるというメリットがあるのです。

SMBCモビットの利用方法

SMBCモビットの借入方法は、大きく分けて以下の2種類があります。

  • パソコン・電話などによる指定銀行口座への振り込み
  • 提携ATM

そして、返済方法には以下のものがあります。

  • 提携ATM
  • WEB完結の場合は、自動引き落とし

主な提携ATMは、以下の通りです。

  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • プロミスATM
  • イーネットATM
  • ローソンATM

この他にも、多くの地方銀行なども提携金融機関となっており、借入や返済に利用できます。

SMBCモビットの最大限度額と下限金利は、消費者金融系の中では最高水準じゃな。ただ、総量規制があるから、最大限度額の800万円を借りるには、2,400万円以上の年収がないとダメじゃ。せっかくの低金利も、活かせる人は意外と少ないかもしれんのじゃ。

WEB完結は、書類の提出もWEB上でできるし、借入や返済もパソコンやスマホからいつでもどこでもできて、とっても便利なんじゃ!ただし、国民健康保険の人は利用できないのが残念なところじゃな。

SMBCモビットの審査は実際はどうなの?

SMBCモビットのカードローンをご紹介しましたが、そんなSMBCモビットが消費者金融系の中でも特に審査が甘いと言われている理由のひとつが、申し込み方法の中に隠されていました。つまり、WEB完結という申し込み方法が、審査が甘いと捉えられる一因のようなのです。

ここでは、その辺りについて切り込んでみましょう。

SMBCモビットはWEB完結なら電話連絡なし!?

SMBCモビットでWEB完結を利用して申し込むと、原則として職場への電話連絡が省略されます。
勤務先に電話がかかってくることに抵抗があってカードローンに申込めないという人も多いでしょうから、これはとってもありがたいサービスです。(⇒勤務先に電話をされたくない場合

ご紹介したように、WEB完結を利用できる人は社会保険か組合保険の人に限られています。ということは、自営業や個人事業主の人は申し込めないということ。属性が優れていない人は、申し込みの段階で受け付けないということなんです。

そして、WEB完結では保険証の写しを提出する必要がありますから、それが在籍確認の代わりになっているというわけなのです。

WEB完結は収入証明が必要

また、WEB完結で申し込む場合、保険証の写しに加えて、源泉徴収票などの写しと、直近1か月分の給与明細書の写しが必要になります。本人確認書類も、もちろん提出しなければなりません。

一般的には、所得証明が必要になるのは借入希望額が大きい場合に限られますが、SMBCモビットのWEB完結の場合は、金額にかかわらず提出が求められます。

これらの書類によって、勤務先と勤続年数、年収および本人確認ができますから、カードローンの審査において重要な部分は、きちんと精査しているのです。

しかも、社会保険や組合保険の保険証があるということは、会社員か公務員と言えますよね。この時点で、安定継続した収入があると判断できますから、審査を甘くしているわけではありません。必要書類の多さからいっても、審査が厳しめとさえ言えるかもしれません。

WEB完結以外では審査は甘い?

では、WEB完結以外の申し込み方法を選んだ場合、SMBCモビットの審査は甘いと言えるのでしょうか?

SMBCグループの会社には「プロミス」もあり、SMBCモビットもこれと同じ位置づけなのです。つまり、母体に大きな金融会社があり、グループ内には銀行系のカードローンや、信販系(セディナ)のカードローンもあります。

このように、同一グループ内でそれぞれの商品特徴に適した顧客を選ぶことができたり、業種によるデメリットや利益・損益をグループ内でカバーし合うことができたりすることが、SMBCモビットが属するSMBCグループの強みと言えます。

そのため、SMBCモビットが多少審査を甘くしてでも顧客獲得に乗り出すことは、じゅうぶん考えられますね。

他社借入は慎重に!

ただ、SMBCモビットの審査に通ったからといって、勢いづいて他社にまで申し込んだりするのはオススメできません。口コミによれば、SMBCモビットは他社借入に厳しいという声が見られるからです。

一旦審査に通って利用し始めても、定期的に限度額などの見直しがなされます。そこで延滞などはもちろんのこと、他社借入があったりした場合、利用可能額の引き下げとなってしまうおそれがあるのです。

他の消費者金融に比べて、SMBCモビットはこの辺りに厳しいと言えますので、もっと借りたいという方はSMBCモビットで増額の相談をされるとよいですね。

WEB完結はとても便利なものじゃが、よく調べてみると、申し込み時に必要な書類は、普通の申し込み方法よりも多いんじゃな!しかも、WEB完結を利用できるのは会社員か公務員であることも条件じゃから、審査が甘いなんてことはないんじゃ。

WEB完結以外の申し込みの場合は、巨大グループ企業ならではの強みによって、多少は審査に融通が利くと言えるかもしれん。

しかし、属性に大きな問題があれば否決となるし、他社借入には厳しいと言われておるから、SMBCモビットに申し込むときは他社を完済してからにすべきじゃな!

SMBCモビットは審査が甘いわけではなかった!?WEB完結は提出書類多し!

「SMBCモビットは審査が甘い」というのは、カードローンを検討している多くの方が耳にしたことがある噂かもしれません。しかし、実際のところ決して審査が甘いというわけではないのは、お話してきた通りです。

WEB完結で申し込むと電話連絡がないことが、そんな噂の理由かもしれません。しかし、Web完結は提出書類も多いですし、限られた属性の人しか利用できないため、審査が甘いなどということはありません。

ただ、巨大グループ企業の一員である強みとして、他社借入などがなくて属性が良い人なら、比較的簡単に可決になるといったことはあり得ます。その場合も、しっかりとした審査はありますから、油断は禁物と言えますね!

【参考ページはこちら】
SMBCモビットのカードローン審査は主婦でも通れる?

SMBCモビットは、SMBCグループの会社のひとつであって、独立した消費者金融会社というわけではないんじゃ。しかし、それが「SMBCモビットは審査が柔軟」と言われている理由のひとつでもあるんじゃ。

ひとつのグループ内に銀行系、信販系、消費者金融系のすべてのカードローンを持っているというのは、なかなか大きな強みじゃな!

WEB完結は電話連絡がないから、審査を適当にやっているように思う人もいるかもしれんが、それは大きな間違いじゃ!社会保険か組合保険の人しか利用できないし、給与明細書や収入証明書類も必要じゃから、どちらかと言えば厳しめなんじゃよ!

閉じる
閉じる