カードローン審査の「困った」を解決

巣鴨信用金庫カードローンはパート・アルバイトも申し込み可!

巣鴨信用金庫は、東京都に本店を持っている、大正11年に設立された歴史ある信用金庫です。営業地区は東京都を始め、埼玉県・千葉県に渡っています。

その巣鴨信用金庫にはカードローン商品が2種類あり、その中には、パート・アルバイトでも申し込めるものがあるのです。

パート・アルバイトだと審査に通りにくいカードローンがある中で、はっきりとパート・アルバイトでも申し込み可だとわかっていると、そのような勤務形態で働いている人でも不安になることなく申し込みができますよね。
(⇒パート・アルバイトでも利用できるカードローンの見分け方

それでは、巣鴨信用金庫の2種類の商品はそれぞれどのような特徴を持っているのでしょうか。詳しく見ていきましょう!

巣鴨信用金庫のカードローン商品ラインナップ

それでは、巣鴨信用金庫にはどのようなカードローン商品があるのか、パートやアルバイトの人が利用できる商品はどれなのか、商品ラインナップを確認しましょう。

巣鴨信用金庫には、下記の2種類のカードローン商品があります。

  • ミニカードローン
  • ゴールドプラスカード

これらは、利用できる人の条件や、融資の利率などの商品内容に違いがあります。また、申し込み方法なども違ってきます。

そのため、それぞれの商品の特徴を知って、自分に合った商品を選ばなければいけないということですね。

2種類のカードローンのうち、パート・アルバイトでも申し込みができるのはミニカードローンの方です。

とはいえ、巣鴨信用金庫は信用金庫なので、希望すれば誰でも借り入れができるわけではないんです。そこで、信用金庫だからこその、カードローンの利用条件を確認しておきましょう。

信用金庫だからこそのカードローン利用条件に注意!

信用金庫は、その信用金庫がある地域に住んでいる人が利用者となることで地域の繁栄をはかることを目的として作られている、地域密着主義の金融機関です。つまり、利益を上げることを目的とするよりも、地域の利益を優先して経営が行われているとういうことですね。

そのため、信用金庫の営業地域は一定の範囲に制限されていて、その制限があることによって預かった資金を地域の発展に生かすことができるという仕組みになっています。

そこが信用金庫ならではの良さでもあるのですが、その分巣鴨信用金庫の営業地区内に住所・事業所・勤務先のいずれかがないとカードローンは利用できないという融資条件が発生する理由にもなっています。

この条件を満たしていない人は、残念ながら巣鴨信用金庫のカードローンを利用することは不可能だということですね。それを前提として、巣鴨信用金庫の商品の利用が可能な方に向けて、巣鴨信用金庫のカードローン商品の特徴をお伝えしたいと思います。

巣鴨信用金庫には、『ミニカードローン』と『ゴールドプラスカード』の2種類のカードローン商品があるんじゃな。

信用金庫は、もともと地域密着型の金融機関であることから、営業区域が制限されるという特徴があるんじゃ。

じゃから、カードローンを利用する場合にも、巣鴨信用金庫の営業地区内に住所や事業所がなどがあることといった、信用金庫ならではの利用条件があることに注意が必要なんじゃよ。

融資対象が広く多くの人が借りやすい!ミニカードローン

それでは、パート・アルバイトでも申し込み可の、ミニカードローンから見てみましょう。この商品は、はっきりとパートやアルバイトの人でも申し込みができると明記されています。そのため、それらの勤務形態の人でも安心して申し込むことができるんですよ!

それでは、ミニカードローンについて詳しく確認したいと思います。

ミニカードローンを利用できる人

巣鴨信用金庫によると、ミニカードローンを利用できるのは下記の条件を全て満たしている人です。

  • 巣鴨信用金庫の営業地区内に住所・事業所・勤務先のいずれかがある
  • 満20歳以上65歳未満である
  • 公的健康保険に加入している
  • 安定、継続した収入を得ている(パート・アルバイトの人でも申し込みができる)
  • しんきん保証基金(保証会社)の保証を得ることができる

最初にも確認したように、巣鴨信用金庫のミニカードローンは全国どこからでも利用できるものではありません。巣鴨信用金庫の営業区域内に住所があるか、事業所を有しているか、営業区域内にある事業所に勤めているかの条件を満たしていなければいけないので、注意しましょう。

それから、年齢制限を満たしていて、公的健康保険に加入していることも必要です。

安定、継続した収入はパート・アルバイトによるものでもいいということになるので、他の条件が大丈夫ならパート・アルバイトの人でも申し込みができるということがわかりますね。
(⇒カードローンを利用できる職業とは?

ただし、審査に通るためには、保証会社であるしんきん保証基金の保証を得ることができなければいけません。保証付きなので担保や保証人を用意する必要が無いため便利なのですが、そのかわり巣鴨信用金庫の審査と合わせて保証会社の審査にも通る必要が出てきます。これに関しては、後で詳しく確認します。

それから、カードローンの保有枚数に制限があることも、巣鴨信用金庫のミニカードローンの特徴です。同じしんきん保証基金が保証するカードローン用カードを2枚持っている人は、それ以上カードを持つことができません。ただし、それ以外の保証会社のカードであれば問題とはされません。

しかし、実際の審査を元に考えると、それが他の保証会社のカードであっても、すでに2枚持っていれば、借り入れが多くあり返済が難しいと判断されるため、審査にはかなり不利になります。

カードローンをすでに3枚持っていると、あらたなカードローンの審査通過はかなり難しいと言われています。そのため、たとえしんきん保証基金が保証するカードではなくても、審査を受ける時点でカードローンを2枚以上持っている人は要注意です。

融資が受けられないのはどんな人?

巣鴨信用金庫では、申し込みができない人の条件として以下の内容を明記しています。そのため、これらに該当する人は、残念ですが巣鴨信用金庫のミニカードローンを利用することはできません。

  • 未成年の人
  • 単独では法律行為を完全に行えない人(民法上の規定による)
  • 定まった住所が無い人
  • 安定、継続した収入を得ていない人
  • 公的健康保険に加入していない人

もちろんですが、これらの条件に当てはまっていなくても、書類を元に行われた審査で返済能力が無いと判断されれば、審査に通らないこともあります。

さらに、保証会社の保証を受けられない場合も、融資が受けられません。ミニカードローンの保証会社は、先ほども確認したようにしんきん保証基金です。保証会社は何をしているのかと言うと、以下のような働きをしています。

  • ローン申し込みがあった時に審査を行う
  • 利用者が滞納した時に代位弁済を行う
  • 債権の回収を担当する

保証会社は、銀行や信用金庫のカードローンにつけられているもので、主に信販会社や消費者金融などが保証会社となっています。保証会社は銀行や信用金庫と共に審査を行なうのとともに、利用者が滞納した時には銀行や信用金庫に利用者の代わりに返済を行います。

その後、債権の回収も担当します。その見返りとして保証料を受け取っているのですが、保証料は正直なところそれほど高くないので、債権の回収をするととても手間が取られるうえにあまり得はないことになります。そのため、保証会社としては、信用度が高くない人にはお金を貸したくないわけです。

ちなみに、保証料は融資利率に含まれています。そのことから考えても、保証会社が受け取れる保証料はそれほど高くないことがわかりますね。だから、保証会社は申し込みがあったら、本当にその人の保証ができるかどうかをきちんと審査するのです。

保証会社に保証できないと判断された人は、カードローンの審査に通らず、融資を受けることができません。

ミニカードローンの商品内容

次に、ミニカードローンの利率や、利用限度額など、商品内容について確認してみたいと思います。

融資利率 貸越極度額 利用期間 資金使途
13.5% 30万円・50万円 3年間 原則自由

まず、融資利率ですが、金融情勢などで変化する可能性があります。

貸越極度額は、30万円か50万円のいずれかとなります。貸越極度額は、利用実績を積み、審査を受けて通れば、30万円から50万円、または50万円から100万円に増額することも可能となっています。ただし、それには1年以上の利用実績が必要です。

利用期間は3年間となっていますが、再度審査を受ければ継続して利用することも可能です。ただし、更新ができるのは更新時に70歳を超えていない人のみです。

資金使途は原則自由となっていますが、事業資金と他の借り入れの返済の資金としては利用できません。

ミニカードローンの申し込み方法

ミニカードローンは、インターネット経由かファックスを利用して仮審査の申し込みをすることができます。

仮審査が終わると、審査結果が連絡されます。審査結果の連絡があったら、巣鴨信用金庫に来店して手続きをすることになります。その際には、申し込みをした本人が行く必要があります。

担保や保証人、手数料は必要?

先ほども少し触れましたが、ミニカードローンは保証会社の保証が得られることを利用の条件としており、万が一返済ができない事態に陥った場合は保証会社がいったん巣鴨信用金庫に返済を代理で行ってくれる仕組みになっているので、担保や保証人は必要ありません。

その後、利用者はしんきん保証基金へ返済を続けることになります。

厳密に言えば、保証会社に保証を依頼するにあたって保証料の支払いが必要なのですが、これは融資利率に含まれていますので、支払ったような気がしていなくても保証料を支払っていることになります。

手数料に関しては、カードを発行するための手数料は必要ありません。ただし、契約書の印紙代200円が必要です。

申し込みの時に必要なものは?

申し込み時の必要書類は、下記の通りとなります。

  • 運転免許証(運転経歴証明書)または写真付きの住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • 指定口座の届け印

カードローンの申し込みの際には、運転免許証、住民基本台帳カード、パスポート、健康保険証などのうち、いずれかの本人であることが証明できる書類があれば申し込める商品もあります。

しかし、巣鴨信用金庫では、本人であることを証明する書類と合わせて、健康保険証も提出する必要があります。

利用できる人の条件として公的健康保険に加入していることが求められていますが、その確認の意味もあるということです。

ミニカードローンの借り入れ方法

借り入れをする時は、巣鴨信用金庫のATMを利用して借り入れができます。また、提携先の金融機関のATMを利用しての借り入れも可能です。提携金融機関には、以下のようなものがあります。

  • 信用金庫
  • 銀行
  • 信用組合
  • 農協
  • 労金

多くの場所で借り入れができるので、とても便利ですね!

借り入れは、貸越極度額の範囲内なら何度でも借り入れが可能です。利用は千円単位となっています。

ミニカードローンの返済方法

ミニカードローンの返済額は毎月決まっており、1万5千円ずつとなっています。この金額が、毎月10日に返済用に指定した口座から自動で引き落とされます。利用残高がこの金額より低い場合は、利用残高の全額が引き落とされます。

また、毎月の返済以外に、ATMを利用して随時返済を行うことができます。金額は1円以上であればいくらでもよくなっています。

ただし、提携先の金融機関のATMを利用して返済する場合は、下限の金額が変わることもあります。

ミニカードローンは、より多くの人を融資の対象としている商品なんじゃな。そのため、パートやアルバイトの人が巣鴨信用金庫でお金を借りたいと思うなら、ミニカードローンの方を選ぶべきじゃぞ。

申し込みがインターネットやファックスでできる点も、使いやすいと言えるな。ただし、この商品は多くの人向けとは言っても、誰でもが審査に通るわけでもないんじゃぞ。

これがあったら申し込みができないという条件も明記されておるから、しっかり確かめることが大切じゃ。

特定のローンを契約している人のみ利用可!ゴールドプラスカード

では、もう1つのゴールドプラスカードの方はどのような商品なのでしょうか。

こちらはパート・アルバイトの人の利用が本当にできないのか、合わせて確認しておきたいと思います。

ゴールドプラスカードを利用できる人

ゴールドプラスカードを利用できるのは、下記の条件を全て満たしている人です。

  • 巣鴨信用金庫の営業地区内に住所・事業所・勤務先のいずれかがある
  • 満20歳以上65歳未満である
  • 公的健康保険に加入している
  • 安定、継続した収入を得ている
  • しんきん保証基金(保証会社)の保証を得ることができる
  • 巣鴨信用金庫の住宅ローン、有担保型のリフォームプラン、住宅金融支援機構のいずれかを利用している
  • 上記のローンを利用している上で、返済実績が1年以上で延滞が無い

ゴールドプラスカードも、巣鴨信用金庫の営業区域内に住所があるか、事業所を有しているか、営業区域内にある事業所に勤めているかの条件を満たしている人でなければ、利用することができません。

それから、年齢制限を満たしていて、公的健康保険に加入していることも必要です。

では、パート・アルバイトの人の利用についてですが、ミニカードローンのところでは明記されていたパート・アルバイトの人でも申し込みができるということが、ゴールドプラスカードの説明には書かれていません。

さらに、ゴールドプラスカードを利用する条件として、住宅ローンなどのローンを利用していることというものがあります。

住宅ローンなど、ここで挙げられているローンは、通常パート・アルバイトという雇用形態では、ほぼ審査には通りません。

それらのことから、ゴールドプラスカードはパート・アルバイトの人が利用するのは難しいカードローンであるという結論が出ます。

また、しんきん保証基金の保証を得ることができなければいけません。申し込みができない人の条件は、ミニカードローンの場合と同じなので、ここでは省きます。

ゴールドプラスカードの商品内容

次に、ゴールドプラスカードの利率や、利用限度額など、商品内容について確認してみたいと思います。

融資利率 貸越極度額 利用期間 資金使途
8.0% 50万円・100万円 3年間 原則自由

まず、融資利率ですが、ミニカードローンの場合と同じく金融情勢などで変化する可能性があります。ゴールドプラスカードの方が、ミニカードローンよりも融資利率が低いことがわかりますね。

貸越極度額は、50万円か100万円のいずれかとなります。ミニカードローンのように、増額を希望することはできません。それから、貸越限度額の希望が150万円以上の場合、前年度の年収が300万円あることが求められます。

利用期間は3年間となっていますが、再度審査を受ければ継続して利用することも可能です。ただし、更新ができるのは更新時に70歳を超えていない人のみです。

資金使途は原則自由となっていますが、事業資金と他の借り入れの返済の資金としては利用できないということも、ミニカードローンと同じです。

ゴールドプラスカードの申し込み方法

ミニカードローンは、インターネット経由かファックスを利用して仮審査の申し込みをすることができましたが、ゴールドプラスカードの方はインターネットやファックスで仮審査を申し込むことができません。

そのため、ゴールドプラスカードを利用したい場合は、巣鴨信用金庫の個人ローンセンターに連絡を入れ、問い合わせをすることが必要です。

担保や保証人、手数料は必要?

ミニカードローンと同じく、保証会社の保証が得られることが利用の条件のため、ゴールドプラスカードでも担保や保証人は必要ありません。保証料は、融資利率に含まれています。

手数料に関しては、カードを発行するための手数料は必要ありません。ただし、契約書の印紙代200円が必要です。

申し込みの時に必要なものは?

申し込み時の必要書類は、下記の通りとなります。

  • 運転免許証(運転経歴証明書)または写真付きの住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • 指定口座の届け印

ゴールドプラスカードを申し込む場合も、必要書類はミニカードローンと同じになっています。

ゴールドプラスカードの借り入れ方法

借り入れをする時は、巣鴨信用金庫のATMを利用して借り入れができます。また、提携先の金融機関のATMを利用しての借り入れも可能です。提携先に関しては、ミニカードローンの場合と同じなのでここでは省略します。

借り入れは、貸越極度額の範囲内なら何度でも借り入れが可能です。利用は千円単位となっています。

ゴールドプラスカードの返済方法

ゴールドプラスカードの返済額は毎月決まっており、いくら返済が必要かは貸越極度額によって変わります。金額は下記の通りです。

  • 貸越極度額が50万円…1万5千円
  • 貸越極度額が100万円…2万円

この金額が、毎月10日に返済用に指定した口座から自動で引き落とされます。

また、毎月の返済以外に、ATMを利用して随時返済を行うことができます。金額は1円以上であればいくらでもよくなっています。ただし、提携先の金融機関のATMを利用して返済する場合は、下限の金額が変わることもあります。

ゴールドプラスカードは、貸越限度額がミニカードローンよりも高く、さらに融資利率が低い点でもお得な商品と言えるな。

じゃが、この商品の利用条件はミニカードローンよりも厳しく、巣鴨信用金庫の住宅ローンなどの特定のローンを利用している人で、なおかつ1年以上の返済実績があり、延滞も無いことが求められるんじゃ。

じゃから、パートやアルバイトの人には、利用は難しいと言えるな。

アナタにはどっちが向いている?両者を比較してみよう!

上記の内容を元に、両者のカードローンを比較してみたいと思います。

利用できる人に関しての比較

利用できる人に関しては、巣鴨信用金庫の営業地区内に住んでいる人しか利用できないという規定や、年齢に関する制限は両方のカードローンで同じです。さらに、更新できる年齢や保証会社の保証が必要なことも同じですね。

しかし、その他の利用できる人に関する利用条件は大きく違います。ミニカードローンの方はパート・アルバイトも含め多くの人が利用できますが、ゴールドプラスカードは住宅ローンなどのローンを利用している人しか利用することができません。

つまり、パート・アルバイトの人を始め、所定のローンを利用していない人が巣鴨信用金庫のカードローンを利用するなら、ミニカードローンの方に申し込まなければいけないということがわかります。

商品内容に関しての比較

ミニカードローンに比べ、ゴールドプラスカードの方が金利が低く、また貸越限度額が高くなっていることがわかります。これはどういうことかと言うと、同じ金額を借りたとしたら、ゴールドプラスカードを利用している人の方が利息が安いということです。

ミニカードローンの方は、パート・アルバイトの人でも借り入れが可能なことからもわかるように、融資の対象としている人が幅広くなっています。一方で、ゴールドミプラスカードの方は、利用できる人がかなり制限されています。

ゴールドミニカードローンの方は、対象となるローンの利用期間が1年以上で延滞が無い人が利用できる商品となっていることから、すでに返済実績がある人を対象としていることが言えます。

したがって、貸したお金が帰って来ないリスクは少ないと言えます。反対に、ミニカードローンの方はそうではないので、リスクが高いのです。その分、ミニカードローンでは、金利を高くしたり貸越限度額を低くしたりすることで、返済が滞った場合に備えているというわけです。

そのため、同じ巣鴨信用金庫のカードローンでも、商品内容に差が出て来るのです。

その点を考慮すると、所定のローンを利用している人が巣鴨信用金庫のカードローンを利用するなら、ゴールドプラスカードを選んだほうがお得です。

利用方法に関しての比較

借り入れ、返済など、利用方法に関しては違いはありません。ゴールドプラスカードの場合、利用限度額によって返済金額が変わりますが、違いはそれくらいです。

ただし、申し込み方法は違います。ミニカードローンの場合、気軽にインターネットやファックスで仮審査を申し込めますが、ゴールドプラスカードはその方法が使えません。そこに注意が必要です。

利用条件を元に考えると、パートやアルバイトといった雇用形態の人を始め、ほとんどの人にとってはミニカードローンがお勧めの商品と言えるな。

じゃが、ゴールドプラスカードの方がお得な商品であることは間違いないから、利用できる条件を満たしている人は、ぜひこちらの商品を検討したいものじゃ。

パート・アルバイトの人向けの商品はミニカードローン!

以上のように、巣鴨信用金庫のカードローンには2種類あり、条件などが違う点もあります。

どちらの商品が有利かを考えてみると、金利や貸越極度額などの条件はゴールドプラスカードの方がいいので、そちらが利用できる条件を持っている人は、まずはそちらから検討してみるといいでしょう。

一方ミニカードローンは、パート・アルバイトの人でも申し込みができることからわかるように、より多くの人にとって借り入れしやすいカードローンとなっていますので、こちらの方が向いている人も多くいることになります。

そう考えると、ミニカードローンの方は、ゴールドプラスカードの利用条件に合わない人が選ぶべきカードいうことになりますね。

同じ巣鴨信用金庫のカードローン商品であっても、利用できる条件に違いがありますので、まずは条件をきちんと確認して、自分に合ったカードローンを選ぶことが審査に通りやすくなり、確実に利用できるようになるためのコツです。

【参考ページはこちら】
信用金庫のカードローン情報はこちら

巣鴨信用金庫の2種類のカードローン商品は、それぞれ利用できる人に関する条件が違うんじゃな。パートやアルバイトの人が巣鴨信用金庫で借りたい場合は、ミニカードローンがお勧めじゃ。正社員などの雇用形態の人でも、多くの場合ミニカードローンの方が条件に合いやすいな。

ただし、ゴールドプラスカードの方が融資の条件はいいから、巣鴨信用金庫で住宅ローンを組んでいるなどの条件を満たしている人は、こちらの商品の利用を考えてみるといいな。

自分に合った商品を選ばなければ、審査に通りにくくなってしまうのじゃ。じゃから、利用条件をよく確認して申し込むことは、とても大切なことなんじゃぞ。

閉じる
閉じる