カードローン審査の「困った」を解決

カードローンの在籍確認!会社への電話連絡を避ける方法

お金が必要になったけれど、手持ちだけでは対処することができない!そんな場面があると思いますが、このような場合カードローンに頼ることもありますよね。お金の問題だから、「家族にばれたくない」とか「会社にばれたくない」と考える人も少なくありません。

そんな人が気にするのはカードローン審査で行われる在籍確認。会社に電話での連絡が来ることになります。この在籍確認は重要なものなのでしょうか?また在籍確認で会社に連絡が来ることを防ぐことができるのでしょうか?

ただの電話でない!在籍確認にはこんな理由がある

カードローンで在籍確認がなぜ行われるのか、というと主に次のような理由があげられます。

  • 仕事をしているのか
  • 申し込み情報に嘘はないか
  • 返済能力があるか

ただの電話連絡ですが、確認が取れれば実際に働いているということがわかるし、嘘でもない、実際に働いているから収入も得ているという確認が取れるのです。このようにただの電話に思えるかもしれませんが、結構重要な審査になっています。

在籍確認は確かに不安!だけど気にしすぎはよくない

カードローンの在籍確認で借金が周りにばれるのではないか…と、よく心配になる人もいますが、会社に連絡が来てもほとんどばれる心配がありません。ここでも会社への連絡を避ける方法を紹介していますが、あまり心配するようなものでもありません。

ですが、会社への連絡は勘弁してほしいという人もいると思うので、そんな人は書類で在籍確認ができないか確認してみるとよいでしょう。

カードローンの在籍確認は自分で出なくてもOK!

カードローンの在籍確認は、自分が電話連絡に出られなくても確認を取ることができます。その場合、電話に出た人には申込みした人は会社にいるのか?と聞いてくると思います。

もちろん電話をかけてくる場合、相手は個人名でかけてくることになります。そこで「今席を外している」という返答で確認を取ることができるようです。自分で出た場合でも、自分の情報をこたえるだけですぐに終わるので、在籍確認であまり不安になりすぎる必要もないでしょう。

あまり気にしすぎもよくないんじゃが、カードローンでの在籍確認は重要じゃ。身元の確認や仕事をしているか、偽造していないかといったことを相手に証明するために重要となってくる。ここで怪しい情報だったり、矛盾していたりすると審査ではじかれることもあり、融資ができん。

在籍確認は誰でも不安だと思うが、自分の情報は誤りがないようにきちんと相手にわかるようにするんじゃぞ。

カードローンの在籍確認!基本避けることは不可

カードローンで融資を受けるとなると、相手からしたらその人に「返済能力があるのか」という点が気になりますよね。融資を受けるとなると、返済もしていかなければいけないわけなので、返済能力はとても重要といえます。

申し込みすると「在籍確認」として会社に連絡がくることになりますが、この確認も「返済能力」を判断するためには重要

そのため、この在籍確認はカードローンで融資を受けるためには避けることは不可能です。

在籍確認は避けられないけど会社への電話連絡は避けられる

カードローンの在籍確認は避けることはできませんが、「会社への電話連絡」は避けることができます。「会社への電話連絡」が避けられるというだけで、在籍確認自体がなくなるというわけではないので、勘違いしてはいけません。

電話での確認が行われないというだけで、実際には在籍確認は行われるので、実質、在籍確認は避けることは不可能なのです。とはいえ会社に電話が来ないというだけで、会社の同僚や上司、後輩といった人にばれるリスクは下がります。

会社に電話がこない!カードローンは書類で在籍確認もできる

カードローンの「電話連絡での在籍確認」を避けるためには別の方法で確認を取ってもらわないといけません。

その方法、というのは「書類での確認」という方法が別の手段として取られることが多いです。

この方法なら、会社に電話連絡が来ることもないので、「いつ会社に電話が来るのか」という点を気にする必要がありません。もちろん必要な書類がないと審査には通らないので、指定された書類はきちんと用意しておかないといけません。

カードローンの在籍確認は勤務していることの証明の他にも返済能力があるのかという点も兼ねているのじゃ。会社にばれたくないとか思うかもしれんが、基本これなくしてカードローンンは使えんから避けることは不可能である。

避けることはできんが、書類を送れば在籍確認ができるから、周りに内密にしたいなら書類で在籍確認を終えるとよいぞ。

ばれたくないなら注意!在籍確認の基本は電話連絡

カードローンの在籍確認は、基本的には会社への電話連絡で行われることがほとんどです。そのためばれてしまうというリスクもあるわけで、申し込みするにあたって特に気にする人も多いと思います。

「書類での在籍確認」ができると紹介していましたが、申し込みするときに何もしなければ通常通り会社への電話連絡で在籍確認が行われることになってしまいます。

書類で在籍確認を行いたい場合、申し込みをした段階でカードローン側に伝える必要があります。

最近のカードローンは在籍確認の電話が来てもばれにくい 

会社に在籍確認の電話連絡が来て、上司や同僚などに「ばれるのがいやだなー」と思う人もいるかもしれませんが、最近のカードローンならば電話が来てもばれにくくなっているのでその心配は必要ありません。電話連絡してくるときは、カードローンの名前を出さないので周りにばれることがなくなりました。

電話連絡を避けたいから「書類で在籍確認をする」このように考える人も周りにばれたくないからですよね。

最近は電話が来てもばれにくいので、絶対に会社の人や周りの人にばれるのが嫌だという人以外は、普通に電話での在籍確認でも特に問題はないでしょう。

書類で在籍確認するのはリスクを限りなく減らすため

カードローンの在籍確認、会社に電話連絡が来てもばれにくいなら別に書類での在籍確認はいらないのではないのか?と当然このような疑問があるかもしれません。いくら電話での在籍確認がばれにくいといっても、それも必ずばれないということではないのです。それに心配性の人は少しでもリスクを抑えておきたいという人もいるはずです。

このような人は書類での在籍確認という方法で勤めていることを証明するとよいでしょう。

今日のカードローンでは在籍確認で借金したことをわかりづらくする工夫を業者もしておる。じゃから、電話での在籍確認でも周りに知られづらいからあまり気にしすぎもよくないのじゃ。

そうはいってもどうしても気になるということなら、書類での在籍確認を使うとよいじゃろう。

少し面倒?書類での在籍確認にはこんな書類が必要

カードローンの在籍確認は避けられませんが、「会社への電話連絡」は避けられます。その方法は「書類での在籍確認」と紹介したと思いますが、どんな書類を提出すればよいのでしょうか。

在籍確認が取れる書類としては、次のような条件を満たしている書類が必要になります。

  • 勤め先が書いてある
  • 勤めていることがわかる

あくまで在籍確認に必要な書類となるので、書類には自分の勤め先が書いてあるものや、本当に務めていることがわかる書類でないと、「書類での在籍確認」を済ませることができます。

書類での在籍確認には具体的にこんな書類がOK!

書類での在籍確認を行うために必要な書類は、具体的にあげるとすると次のようなものになります。

  • 社員証
  • 源泉徴収票
  • 保険証

このような書類ならば自分の名前も書いてあるし、勤め先も証明することができます。会社に勤めているならば、社員証や保険証といったものを持っていると思うので、それを提出するとよいでしょう。

電話が基本の在籍確認!書類でできないこともある

カードローンでの在籍確認はあくまでも電話で行われることが基本となります。申し込みするときに「在籍確認を書類でできないのか?」伝えておいても、できないことも考えられます。その場合、在籍確認は電話となってしまうので、この点は覚えておきましょう。

電話連絡での在籍確認を避ける方法として紹介しましたが、必ず行えるという方法でないので注意してください。

書類での在籍確認は便利と思うかもしれんが、そうもいかんこともある。どうしてかというと、在籍確認を電話でのみしかしてくれんカードローンもあるのじゃ。

この方法は確実というわけではないから頭の片隅に置いておくのじゃ。

こんな場合も!在籍確認なしで融資する場合は融資額に制限が

さて、優良な顧客は在籍確認が行われないことがありますが、どうしても在籍確認が行えないというタイミングもあるのです。たとえば、具体的にどんな場合かというと次のような場合が考えられます。

  • 会社が休みの日
  • 電話しても在籍確認が取れない
  • そもそも電話がない

このように、タイミングが悪く在籍確認することができない場合、融資は制限付きとなることもあるようです。もちろん、翌日自分の勤め先に在籍確認がとれ、審査に通れば制限を解除してもらうこともできるでしょう。

タイミング悪くて在籍確認なしで融資する場合こんな制限がつく

たとえば、融資できる額が少なくされるということがまずは挙げられますね。融資する額が少なければ、返済してくれる可能性も高いわけですから、在籍確認を済ませていない信用が低い人でも融資できることがあります。

まあこのような場合は少ないと思うので、カードローンを使うならば必ず在籍確認が行われ、カードローンの翌営業日や自分の務める会社の翌営業日に在籍確認が行われることとなるでしょう。

カードローン業者にも営業時間があるわけじゃが、運悪く相手の業者が営業していない時に申し込みをしてしまう人もおるじゃろう。その場合、よく営業日に審査が行われることが多いのじゃが、制限付きで借金できる場合もあるんだそうだ。

カードローン側と相談も必要じゃと思うが、急いでいる奴にはうれしい情報じゃろう。

カードローンの電話連絡を避ける方法

最近のカードローンはばれないよう工夫しているので「会社への電話連絡」で借金がばれるということをそんなに心配する必要もありませんが、どうしても避けたい理由があるならば、次のような方法をとるとよいでしょう。

  • 「書類での在籍確認」

すべてのカードローンでこのような方法に対応してくれるわけではないので、必ずできるというわけではありません。その場合は、初めから「電話連絡なし」「郵送物」なしのところで融資を受けるとよいでしょう。

  • 「SMBCモビット」

ここならばWEB完結で申し込みをすれば、会社への連絡や自宅への郵送物なしで融資を受けることができます。カードローンによっては「書類での在籍確認」は対応してくれない可能性もあるので、会社への在籍確認がばれたくないという人は、WEB完結があるSMBCモビットに申込みするのが一番周りの人にばれない方法といえるでしょう。

在籍確認などでばれないという点では魅力的ですが、必要な書類や条件が厳しくなるので確認することも忘れずに行いましょう。多少、条件が厳しくなったり、必要物が多くなったり面倒になるのは、会社に電話連絡を取られないためには仕方のないことです。

書類での在籍確認、は面倒かもしれませんが、よく担当の人に詳細を聞いて必要なものは必ず用意するようにしましょう。

【参考ページはこちら】
カードローン会社一覧はこちら

最後になるが、カードローンの在籍確認は電話でも内密にしやすくなっておるし、書類提出で済ませることもできるのじゃ。さらに借金が知られにくくするために申し込み方法をかなり工夫しているカードローンもある。

知られずにカードローンは契約することが可能じゃから、今すぐに借金する必要がないやつでも持っておく価値は十分にある。一度WEBを見たり、電話で相談してカードローンについて聞いてみるとよいじゃろう。

閉じる
閉じる