カードローン審査の「困った」を解決

人気の理由は大きな借入額!ポケットカードでキャッシング!

みんなが知っていて身近な大手消費者金融に、低金利がうれしい銀行カードローンなど、お金を借りられるところはたくさんある現在ですが、クレジットカード会社でもキャッシングが可能なのは意外と知らない人も多いかもしれません。(⇒カードローンを利用できる金融業者

クレジットカード会社のカードローンやキャッシングは「信販系」とよばれ、ほとんどのカード会社で利用できます。しかし、どの会社、どの商品を選ぶかで、カードローンの内容がかなり違うのが信販系の特徴でもあります。

そんな中から今回は、「ポケットカード」というカード会社についてご紹介していきます。もうポケットカードのクレジットカードを持っている人も、そうでない人も、ぜひ参考にしてくださいね。

クレジットカード会社のカードローンって?銀行や消費者金融との違い

まず最初に、クレジットカード会社のカードローンについてよくご存じない人のために、銀行や消費者金融のカードローンとの違いも含めながら、ご説明したいと思います。特徴を知っておくと、いざというとき選びやすいですよ。

貸金業の種類

現在、お金を借りられる業者は、以下の3つの業種に分けられています。

  • 消費者金融系
  • 銀行系
  • 信販系

消費者金融系は、アコムやアイフルなどの大手はもちろん、フクホーなどの中小消費者金融まで、規模の大小にかかわらずすべての消費者金融が含まれます。

また、銀行系には、みずほ銀行などの大手銀行や地方銀行、さらには全国各地の信用金庫といった金融業者や農協、労働金庫などが含まれます。

そして、クレジットカード会社がやっているカードローンやキャッシングが、「信販系」と呼ばれるものなのです。

信販系と他の業種との比較

では、クレジットカード会社が取り扱っているカードローンには、他の業種のものと比べてどんな特徴があるのでしょうか?比較しながら見てみましょう。

業種 金利 総量規制
消費者金融系 比較的高い 対象
銀行系 比較的低い 対象外
信販系 比較的高めだが、
銀行系並みの会社もある
対象

3つの業種間の主な違いは、金利と総量規制があるかどうかです。

信販系は従来、消費者金融系くらいの金利を設定するところが多く、金利が高めなイメージでした。しかし近年は、銀行系にも匹敵するほどの低金利なカードローンを取り扱うカード会社も増えています。

このように、同じ信販系の中でも会社によって大きく内容が異なるのが、信販系の特徴のひとつです。したがって、信販系でカードローンを利用したいとお考えの方は、いろいろなカード会社のカードローン商品を調べてみることをオススメします。

信販系は総量規制の対象になる!

信販系のカードローンは、消費者金融系と同様に総量規制の対象になることも、特徴のひとつです。

総量規制とは、2010年の貸金業法改正によって定められた、「借入総額は年収の1/3まで」とする決まりのことです。つまり、年収300万円の人は、どれほど返済能力があったとしても、100万円の枠までしかカードローンを利用することができないのです。

銀行系は、この総量規制の対象外なので、返済能力さえあれば年収にかかわらず大きな金額を借り入れることも可能です。たくさん借りたいという人は、信販系は向かないことを覚えておくとよいでしょう。

それ以外の信販系の特徴

他の業種との主な違いは、金利と総量規制に関してですが、それ以外の信販系の特徴として、会員特典が多いことが挙げられます。

クレジットカード会社には、ポイントプログラムや会員向けのホテルやレジャー施設などでの優遇があるところが多いのですが、カードローン会員にもこれらのサービスが付くところが多いです。しかし、どんなサービスがあるかはカード会社によって違います。

ただ、ポケットカードのカードローンを利用する際の注意点として、信販系にしては珍しく、カードローンの利用者にはこの会員特典がないということが挙げられます。ポイントや特典が欲しいという人は、クレジットカードのキャッシング枠の方がよいでしょう。

また、信販系の特徴として、審査が甘いという噂を聞いたことがある人もいるかもしれません。しかし、これは事実とは言えません。信販系でも他の業種でも、返せない人に貸すほどお人よしではありません。返済能力の有無をきっちりと審査され、これだけなら返せると見込まれた分だけを借りられるのです。

申し込む前に、クレジットヒストリーに延滞や金融事故歴などの問題がないか確認し、本当に返していけるのかどうかをよくシミュレーションしておきましょう。(⇒カードローンの審査基準をチェック!

最近、信販系のカードローンは進化を続けておるから、信販系としてまとめて言える特徴としては、総量規制の対象になるということくらいかもしれないんじゃ。

金利については、銀行並みに低金利なところから、従来通り消費者金融系レベルのところまで、実に様々じゃ!会員特典もいろいろじゃから、興味があるクレジットカード会社のサイトをじっくり見て、比較してみるとよいんじゃよ!

ポケットカードってどんな会社?クレジットカードにはどんなものが?

それでは次に、「ポケットカード」というクレジットカード会社がどんなところなのか、見ていきましょう。ポケットカードのクレジットカードや、そのクレジットカードのキャッシング枠などについてもご紹介しますので、カードローンと合わせてご検討ください!

ポケットカードの概要

ポケットカードは正式には「ポケットカード株式会社」といいます。このクレジットカード会社は、その他の大手のカード会社に比べると、知名度的にはやや劣ってしまうかもしれません。

というのも、ポケットカードはある意味、新しいクレジットカード会社なのです。ポケットカードの前身である「株式会社ニチイ・クレジット・サービス」が1982年に設立されて以来、名称変更を経て、2001年に再び現在の「ポケットカード株式会社」に名前が変更されました。

また、2012年にはかねてから業務提携していた「ファミマクレジット」を吸収合併して大きく成長するなど、現社名になってからの歴史はそれほど長くはないものの、きちんとした実績のあるクレジットカード会社なのです。

ポケットカードのクレジットカード

ポケットカードのクレジットカードには、自社カードとして「P oneカード」というものがあり、その中でも「Standard」「Premium Gold」「P」「Wiz」の4種類があります。

「P oneカード」に共通する特典として、すべてのカード決済が自動で1%割引となります。公共料金も1%引きになりますので、とってもお得感がありますね。また、「Standard」なら年会費無料でポイントの失効がありませんので、気軽にお得なクレジットカードを作りたいという方にもピッタリです。

その他、提携カードには以下のようなものがあります。

  • ファミマTカード
  • Tカードプラス
  • ZOZOCARD
  • コーナンカード
  • 千趣会POCKETメンバーズカード

他にもまだいろんな提携カードがありますが、ポケットカードの提携カードは、どれも年会費無料か初年度無料のものばかりです。よく利用するお店があれば、提携カードにするのもポイントがたくさん貯まってお得です。

クレジットカードのキャッシング枠

これらのクレジットカードでも、キャッシング枠を利用すればお金を借りることができます。

ローン専用カードをご紹介する前に、ポケットカードのキャッシング枠についても知っておきましょう。

「P oneカード」のキャッシング枠は、4種類とも共通で以下のような概要になっています。

項目 内容
限度額 500万円
金利 4.40%~17.95%
必要書類 源泉徴収票などの所得証明書類
(キャッシング枠と他社借り入れの総額が100万円超
または新たに50万円超を借り入れる場合)
クレジットカードのキャッシング枠としては、決して悪くない内容です。とはいえ、クレジットカードを持っているだけでは、キャッシング枠は利用できません。キャッシング枠をつけるには、改めて審査を受けて可決される必要があります。

専業主婦などの本人に収入がない方は、キャッシング枠を付けることができません。また、未成年の方もキャッシングは利用できませんので、ご注意ください。

また、提携カードにつくキャッシング枠には、「P oneカード」と同じものもあれば、カードの種類によって違うものもあります。提携カードを検討していてキャッシング枠も使うかもしれないという方は、しっかりと検討中のカードの貸し付け条件をご確認くださいね。

ローンカードが必要かよく検討を!

クレジットカードは手元に現金がなくても、後で決済されるという意味では、借金やカードローンとそれほど変わりません。このようなショッピング枠でじゅうぶん事足りるという方もいらっしゃるでしょう。

また、上記のようなクレジットカードにつけることができるキャッシング枠もありますから、クレジットカード1枚でも生活に支障がないという人も多いはずです。

カードローンはいざという時に便利なものですが、本当にクレジットカードに加えてローンカードまで必要かどうか、よく検討してくださいね。

ポケットカードのもっとも基本的なクレジットカードは、「P oneカード Standard」というもので、ショッピングはもちろんキャッシング枠も最大で500万円までつけることができるんじゃ!

クレジットカードのキャッシング枠としては優れた内容と言えるから、場合によってはカードローンよりもこちらの方がいいかもしれんのじゃ。迷ったら、お客様センターに相談してみるのも良い手じゃよ。

ポケットカードのカードローン「Fマネーカード」を大解説!

最後に、ポケットカードのクレジットカードではない、ローン専用のカードについてご紹介します。その名も、「Fマネーカード」。どんな内容のカードローンなのでしょうか?

Fマネーカードの商品概要

さっそく、Fマネーカードの内容を見てみましょう。

項目 内容
限度額 500万円
金利 4.40%~17.80%
申し込み条件 20歳以上の安定継続した収入がある人
(ただし学生は除く)
必要書類 ・運転免許証などの本人確認書類
・源泉徴収票などの所得証明書類

カードローンの内容としては、消費者金融系のそれに近いと言えます。ただ、下限金利が低めなので、限度額が大きければ消費者金融系よりもお得になることもあるでしょう。

また、「P oneカード」のキャッシング枠は最大限度額が同じであるにもかかわらず、上限金利は17.95%なので、ほんのわずかではありますがローンカードの方が金利としてはお得になるケースが多そうです。

学生は申し込みできませんが、それ以外の人は安定継続した収入があって20歳以上であれば、誰でも申し込めます。他のカードローンと同様、保証人も担保も不要です。

Fマネーカードの利用方法

Fマネーカードは、以下のATMで借り入れおよび返済ができます。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそなグループ
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • 多くの地方銀行・第二地方銀行・信用金庫
  • MasterCard・VISA・JCBのステッカーが貼ってあるCD・ATM
  • コンビニATM

利用できる提携ATMが非常に多く、利便性に富んでいると言えます。ただし、借り入れには以下のような手数料がかかります。

利用金額 手数料
1万円以下 100円+税
1万円超 200円+税

利用する回数や期間が大きくなればその分手数料がかさみますので、ご注意くださいね。

Fマネーカードの返済について

Fマネーカードの返済方法には、以下の2種類が用意されています。

  • 一括払い
  • リボ払い

一括返済は、元金と利息分を合わせた金額を、月末の締切日の翌々月1日に一括して支払う方法です。ATMからは利用できず、指定口座に振り込みをする形での返済となります。

一方、リボ払いとは毎月同じくらいの金額に分割して返済していく方法で、こちらは振り込み以外にも自動引き落としも可能です。

リボ払いの返済日は毎月1日で、取引残高に応じて以下のように返済額が決められています。

締切日残高 返済額
~100,000円 5,000円
100,001円~150,000円 6,000円
150,001円~200,000円 8,000円
200,001円~250,000円 10,000円
250,001円~500,000円 13,000円
500,001円以上 100,000円増すごとに3,000円ずつ加算

当然ながら、借入額が大きくなればなるほど、月々の返済額も大きくなりますので、無理なく返済できるよう必ず返済シミュレーションをしてから借りるようにしましょう。

ポケットカードのローン専用カードは、「Fマネーカード」というんじゃな。最大限度額や金利も消費者金融と同等以上の水準で、良い内容じゃな!提携ATMの種類もすごく多いから、実際使っていくうえでも便利そうじゃ!

ただ、銀行カードローンは自行のATMなら手数料無料というところがほとんどじゃし、消費者金融系でも大手は手数料がかからないところもけっこうあるんじゃ。

それを思うと、ATMの手数料がかかってしまうところは、ちょっと残念かもしれんのじゃ。

ポケットカードはキャッシング枠もカードローンも使い勝手良し!

ポケットカードというクレジットカード会社のカードローンを中心に、クレジットカードのキャッシング枠との比較も含めながらお話してきました。

クレジットカード会社としては他社にも有名なところが多いですが、ポケットカードのクレジットカードやキャッシング枠、それからローンカードによるキャッシングまで見渡してみたところ、決して他に引けを取る内容ではないことが分かりました。

限度額500万円は信販系としては大きい方ですし、利用できるATMもすごく多いので、使い勝手の良いキャッシングと言えます。もちろん、保証人不要です。ぜひ、クレジットカードと合わせて検討してみてくださいね。

【参考ページはこちら】
カードローンのよくある質問をチェック!

カードローンを検討するときに、信販系をファーストチョイスにする人は少ないかもしれんが、よく探してみればお得な商品があったりするから、ぜひ信販系も見てみるべきなんじゃよ!

今回紹介したポケットカードのカードローンも、内容としてはなかなか魅力的なんじゃよ。ただ、ポイントプログラムの対象にはならないから、ポイントやカード会員向けの特典を重視する人は、クレジットカードのキャッシング枠の方がオススメじゃよ。

どんな使い方をしたいのかによって、自分に合う方を賢く選ぶべきじゃな!

閉じる
閉じる