カードローン審査の「困った」を解決

審査に落ちた人必見!楽天カードローンの審査で通るために必要なこと

多くの人が利用している銀行では楽天銀行が有名です。ですが、楽天カードローンであっても審査に落ちたという人はいますので、今回は楽天カードローンの審査に通るコツなどを案内していきます。

審査で落ちたという場合は、もしかすると銀行ではなく申込者に問題があるかも知れません。なので、自己分析を行う方法についても解説しています。

今回は、そんな楽天カードローン審査で落ちる人を対象として、どのような対策が存在するのかについても記載しています。

楽天銀行は甘い?楽天銀行カードローンが甘いと思われている理由

最初に楽天銀行の審査で落ちた人でも、また楽天銀行でカードローン審査を受ける理由について案内します。

その理由ですが、楽天銀行は他の銀行より審査が甘いと思っている人が多くいるからです。ですが、他の銀行と比較してもそれほど審査が甘いわけではありませんので、楽天カードローンは誰でも持てるものではないのです。

(⇒カードローンを利用できる年収はいくら?

また、有名な銀行カードローンの審査基準にスポットを当ててみると、以下のような基準で審査を行っているケースが目立ちます。

  • 年収180万円以上の方
  • 安定した収入のある方
  • 1年以上の勤務実績を証明できる方
  • 他の金融業者でローン契約をあまりされていない方

上記の項目に多く該当しない人は、楽天銀行以外の審査でも審査に落ちやすい傾向にあるでしょう。

銀行は他の金融機関に比べて審査に落ちたという人が多いので、銀行はカードローン審査が甘いというのは噂程度の情報だと思ったほうが賢明です。

楽天銀行の特徴!楽天銀行と他の銀行では審査に大きな違いがある

次にカードローン審査の内容についてですが、楽天であればインターネットのみでカードローン審査を終えることが可能となっています。

インターネット対応している銀行が増えているとは言われていますが、実際は大手銀行など一部でしか対応していないサービスです。

近年では、このようなサービスに対応しているかどうかも業者選びでは重要となっています。

重要とされている理由ですが、インターネットであれば「身バレ」を防げるため重要とされるケースが目立ちます。

身バレとは

家族や同僚に対して、カードローン契約を行っていることを伏せられることを主に言います。

インターネットに対応していない場合、書類などが郵送されてくるため、書類に書かれている業者名などから、カードローン契約をされていることが簡単にわかってしまいます。

そのため、今では銀行や消費者金融でも、楽天銀行カードローンのような身バレしづらい対応を心がけています。

ですが、こちらも一部の銀行や消費者金融のみで行っているサービスなので、楽天銀行が特に人気となっているわけです。

使いやすい銀行系!楽天銀行が主婦からも支持されている理由

銀行系というと、カードローン審査の申し込みを行った後の審査で、長い時間がかかってしまうこともあります。ですが、楽天カードローンであれば審査も消費者金融並みのスピードなので、今ではカードローンをあまり利用しない主婦からも支持されているのです。

また、楽天銀行はカードローン審査が甘いわけではないので、金融事故、勤続年数に問題がある人ではカードローン審査を受けられません。このことを理解して申込むようにしましょう。

他にも「料金に関するサービス」で、他の金融業者を圧倒するようなサービスを楽天銀行は行っています。

例えば、楽天銀行であれば大半のサービスは手数料0円なので、実質0円の状態で利用することが可能です。

他の金融業者では、口座開設時、サービス利用時に小さな金額ですがお金がかかってしまいやすいのです。

金額にして100円~1000円ほどでお金がかかるのですが、こちらについても主婦といった節約を意識している人にとっては重要です。

楽天銀行で販売されている楽天カードローンは、カードローン審査が甘いというわけでは無いのじゃ。なので、審査基準を満たせない人ではカードローン審査を受けられないのじゃぞ。

他の銀行と比較して審査対象者が多いので、楽天カードローンの人気は高いのじゃ。

どんな人が通る?楽天銀行カードローンの審査で通る人の特徴

楽天銀行の審査で落ちやすい人の特徴を元にして、逆に楽天銀行の審査で落ちにくい人(通る人)の特徴を検証していきます。

一番重要とされているポイントは、今回はじめてカードローン審査を行うのかどうかです。今回がはじめてではない場合、人によっては簡単な項目の記入でミスをしている場合も多く、それだけの理由でカードローン審査に落ちていることもあるのです。

実際にカードローン審査で落ちやすい人の特徴というのは、下記のようにそれほど多くもありません。

  • 毎回、違った内容でカードローン申込を行っている
  • 前回審査に落ちてから日をあけずに同社で審査を受けている
  • 現在、ローン返済などでトラブルが発生している

これらの問題は、個人であっても確認しようと思えばいつでも確認できるポイントです。

ですが、「カードローン審査で通りたい!」と思ってしまうと、このようなイージーな問題点を見極めることもなく、そのままカードローン申込をしてしまうのです。

問題となるのは、「毎回、違った内容でカードローン申込を行っている」場合です。

毎回、違った内容でカードローン申込を行った場合の問題点

金融業者は、今では個人信用情報機関を使って信用情報をチェックしています。

これは銀行や消費者金融に大きな違いはありません。つまり、「あまりにも内容が違っている」場合は審査が進まなくなるのです。

簡単なことかも知れませんが、なるべくメモを取るなどして毎回の記入に食い違いが発生しないよう注意しましょう。

審査で知っておきたいこと!審査で通りやすくするためのコツを検証

楽天カードローンの審査で落ちた人に役立つ情報を案内させていただきます。

コツとなりますが、楽天銀行の審査で落ちづらい状況を生むために、なるべく借入希望額を大きくしないというのがコツです。

実際にカードローン審査において、「借入希望額を大きくするのはナンセンス」とも言われているのです。

ナンセンスと言われている理由

カードローン審査は、人の手のみで行われているわけではないということを知っておきましょう。

例えば、一次審査・二次審査があった場合・・・一次審査は「システムによる自動審査」である場合が多いです。近年では、インターネットから審査を受けた場合、最短60分以内で審査結果が出ますが、これはシステムによる判別がされているからです。

言い方を変えると、「審査で通りやすい金額で借入希望額を設定」した場合、一次審査を比較的容易に突破することも可能となります。

次に二次審査と言われている本審査を行っているのですが、ここでも借入希望額はチェックされます。

次に本人確認を行い情報に誤りがないかチェックされ、さらに在籍確認で勤務先に誤りがないかもチェックされるのです。

このようになっているので、安易に大きな借入希望額を設定しないほうが良いとされています。

信用できる情報は多い?インターネットとクチコミの信ぴょう性

「銀行で200万円借りられた!」、もしくは「消費者金融で100万円借りられた!」というクチコミをインターネットではよく見かけます。ですが、このような情報は「今では過去の情報」として扱ったほうが良いでしょう。

というのも、昔は総量規制のような規制がなかったため、前述のような大きな借入も可能だっただけ・・・だからです。

総量規制とは

借入額の総額に対して発生する規制のことです。

例えば、年収の3分の1以上は借りられない場合が多いのですが、これは銀行以外の金融業者では必ず対応される問題でもあります。

銀行は「総量規制対象外」なので安心しても良いのですが、消費者金融などは総量規制の対象なのです。

つまり、先ほどのクチコミは昔のクチコミを頼りにして、それらしいクチコミを書き込んでいるだけです。

クチコミサイトの中には「紛らわしい情報も多い」ので、うまい話を見かけた際には信用しないのが鉄則です。

銀行では大きな借入にも対応している・・・ということは嘘ではありません。ですが、正確には「借入が必要と判断された場合」です。

なので、下記のような理由でローン申込を行った場合では100万円未満しか借りられないことが多く、100万円以上では楽天銀行の審査であっても落ちたりすることが多いです。

  • ショッピング目的
  • 資格取得が目的
  • 美容などの施術に関する料金が目的

上記のものはどれも50万円以内で対応可能なものばかりです。

そのため、大きな融資を必要している・・・と判断されない限りは、銀行であっても100万円以上の大きな融資を受けられないことが多いのです。

カードローン審査は、借入のトラブルが目立つ人では審査に通りにくいのじゃ。なので、借入のトラブルを解消してから申込を行うことも大事なのじゃぞ。

借入希望額についても同じことが言えるのじゃ。借入希望額が小さいほど、カードローン審査はスムーズに進むということも、覚えておいたほうが良いじゃろう。

主婦も借りられる!主婦でも楽天ならカードローン審査の対象

楽天銀行カードローンは、女性からも支持されているという案内をしましたが、女性の中で特に申込みされている職業は「主婦」とされています。

現代では、主婦という職業であっても安定した収入を得ている人もいますし、人によっては実業家のような形で大きな収入を得ている人もいるのです。

なので、昔のように「低収入者、主婦、学生」に関してはお断り・・・というケースも減っています。

ただ、注意して欲しいのですが「専業主婦は対象外」というケースは多いです。もしくは、「年金受給者は対象外」となっていたりします。

楽天銀行の審査基準に関する補足

楽天銀行では専業主婦は審査対象となっていますので、審査に通ればカードローン契約を組めます。

ですが、「上限50万円までの借入に対応」となっているので、楽天銀行は制限を設ける形で専業主婦の契約も認めているのです。ただ、50万円というのはかなりサービスされているほうです。

というのも、一般的な銀行では30万円以内という場合があまりにも多いからです。もしくは、専業主婦のみ審査対象から外しているケースも少なくありません。

そのような背景もあるので、楽天銀行カードローンは主婦からも支持を得ているのです。

審査の難易度は?他の銀行とカードローン審査の難易度を比較

楽天銀行の審査の難易度についてですが、他と比較するとどれだけ審査が厳しいのか?に関しては、触れられていないことが多いです。

なので、今回はどれほどの難易度となっているのか検証していこうと思います。

検証の際に特に参考にさせてもらったのは、楽天銀行カードローンの契約が出来た人の体験談です。

体験談を抜粋すると、下記のようなギリギリ審査に受からないような人も、楽天銀行カードローンであれば審査に通っていることがわかりました。

・年収80万円の40代女性(パート)

毎月7万円程度の収入なので、年間では84万円ほどの収入しかない40代女性も、体験談の中ではカードローン審査の通りやすさについて指摘されていました。

重要なのは、他の銀行ではすべて審査に落ちたという点です。

楽天銀行カードローンは、本当に低収入者(女性)でも審査で通すということが、このような体験談を見ることで確認できます。

・年収240万円の20代女性(派遣社員)

年収240万円なので収入は問題ないのですが、この女性の場合は「見込みの年収」なので審査に落ちてしまう可能性もあります。

見込みというのは、最近になって働くようになったので、正確な年収が不明な場合に用いられます。

しかし、年収を確認できる給与明細などの用意だけで、楽天銀行カードローン審査に通ったという体験談も多く存在するのです。

このように収入、勤続年数が微妙な方でも、楽天カードローンであれば審査に通る可能性があります。

他の銀行と比較すると、それほど審査が厳しくないため、多くの人が審査を受けられる可能性がある銀行として、楽天銀行のことを覚えておくのも良いでしょう。

楽天カードローンは主婦であってもカードローン審査を受けられるのじゃ。専業主婦も対象としているので、審査対象の範囲は他の銀行よりも広いのじゃぞ。

また、収入が少なく、勤続年数が短い場合でも、その人に合ったプランを提供してくれるのじゃ。これも楽天銀行の魅力じゃろう。

楽天銀行だけの魅力!?楽天銀行が人気となっている理由のまとめ

何度も楽天銀行の魅力的なところをPRさせていただきました。

ですが、他にもPRすべきところがあるので、そちらに関しても案内させていただきます。

特に注目して欲しいところは、楽天銀行であればWEBのみで審査を終えられるところです。

WEBのみの審査とは

WEB完結型カードローン審査というのですが、消費者金融でも対応している業者は数少ないです。

従来のWEB審査となにが違うのか?というと、完結型の場合は「データ上で本人確認」が可能です。

従来の審査では、書類の郵送は必須となっているので、そのあたりでどうしても審査完了までに時間がかかります。

ですが、WEB完結型の場合はデータをメールなどで送付するだけで良いのです。

例えば、自分の顔写真や本人確認書類もWEBのみで対応してくれるので、わざわざ「コピーをコンビニなどで作成する」必要がないのです。

その他にも以下のような魅力があるので、楽天銀行カードローンを支持している人は多いです。

  • インターネットでほとんどの操作を終えられる
  • クレジットカードの申込も同時に行える
  • 満62歳以下であれば契約可能なカードローン

初心者でも契約しやすい!契約者の多い楽天銀行カードローン商品情報

最後に楽天銀行カードローンの商品情報を掲載します。

以前に、楽天銀行の審査で落ちたという人は詳細部分をチェックし、情報を次回の審査に役立てていただけると幸いです。

業者名 楽天銀行
商品名 楽天銀行スーパーローン
金利(年率) 4.9%~14.5%
融資限度額 500万円
審査基準 1.満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)
2.日本国内に居住している方
3.外国籍の方は永住権、特別永住権をお持ちの方
4.安定した収入のある方(※2)
5.保証会社の保証を受けられる方
※1 パート、アルバイト、専業主婦は60歳以下の方
※2 専業主婦も審査対象
遅延損害金 19.9%
必要書類 1.楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書(※)
2.本人確認書類
3.収入証明書類
※ インターネット申込の場合は不要
担保・保証人 不要
手数料 ATM利用手数料は有料(※)
※ 1万円の借入:108円
※ 1万円超の借入:216円
保証会社 株式会社セディナ

【参考ページはこちら】
カードローンを利用できる金融業者はどこ?

銀行カードローンの審査が、現代では甘くなっているというのは根も葉もない噂じゃ。なので、楽天銀行についてもカードローン審査が甘くなっているわけではないのじゃぞ。

楽天銀行の場合、カードローン審査の対象者が多いため、男性だけでなく女性であってもカードローン審査を受けられるのじゃ。審査対象者には主婦も含まれるので、納得のいくサービスを提供しておるのは確かじゃろう。

しかも、WEBのみの審査にまで対応しているのじゃ。他の銀行では対応していないこともあるので、こちらも楽天銀行だけの魅力と言えるじゃろう。

閉じる
閉じる