カードローン審査の「困った」を解決

スイングサービスを使おう!みずほ銀行カードローンの便利機能

カードローンと言うのはもともと消費者金融のキャッシングローンが元になっています。このキャッシングローンの利用者が増えていたことから、この市場に銀行が一斉に参入したのですが、一気に扱う業者が増えたことで現在利用者獲得競争に突入しています。

どんな業界でも同じですがカードローンでも利用者の獲得競争を行う場合には、他との差別化が重要になります。

そこで金融機関が考えるのは利用者にいかに便利に利用してもらうかという事で、ここから様々なサービスが考え出されています。

カードローンが一層便利になる?スイングサービスとは何か

カードローンの基本機能というのは銀行でも消費者金融業者でも同じで、他のローンと違って一度契約して返済を適切に行っていれば、借り入れを何度も繰り返すことができるという事です。

この点ではどこの金融機関のカードローンも違いが出るという事はありません。しかしカードローンには付帯サービスという物があります。

付帯サービスというのはカードローンにくっつけてカードローンの使い方を便利にしたり、返済を忘れないようにしたりという様々なサービスのことで、これによってカードローンに機能を追加して他金融機関のカードローンとの差別化を図ることができます。

みずほ銀行のカードローンとは

みずほ銀行というのは都市銀行の中でも三菱東京UFJ銀行とならび資金量では日本を代表するメガバンクと呼ばれる巨大銀行の一つです。
(⇒みずほ銀行カードローン情報

国内の支店網も充実しており、何らかのお付き合いのある人は非常に多いのではないでしょうか。

もちろんカードローンも提供しており、貸出限度額としては300万円とか500万円という銀行が多い中、早い段階から800万円という高額な設定にしており、最近いち早く1000万円まで引き上げました。

もちろん借入限度額が誰でも1000万円というわけではなく、1000万円とはあくまで最高借入限度額という上限額の意味で、実際にはこの範囲で審査により決められることになります。

また審査でも現在審査時間の短縮の風潮に乗って他行が30分というように高速化している中、即日融資には対応しているもののあえてそこをアピールするのではなく、どちらかといえばじっくり審査を行うという方針をとって他行とは一線を画しています。

利用しなければ損!スイングサービスとは何か

みずほ銀行のカードローンで提供するサービスにスイングサービスというものがあります。もちろんスイングサービスと聞いて知っている人はそう多くはないでしょう。スイングサービスとはいったいどのようなものなのでしょうか。

スイングサービスというのは何もみずほ銀行だけの言葉ではなくて、もともとは普通預金と定期預金の間で行われていたサービスを指す言葉でした。したがって他行でもスイングサービスというものがある可能性はあります。

簡単に説明すると普通預金口座と定期預金口座を開設し総合口座通帳を作っておき普通預金が一定額を超えるとその分を自動的に定期預金に振替え、普通預金が一定額を下回ると定期預金の契約の更新時に更新しないで普通預金に振り替えるというサービスを指したものです。

みずほ銀行カードローンのスイングサービス

しかしここで言うみずほ銀行カードローンのスイングサービスというのは返済用普通預金口座とカードローン口座の関係に置き換わっています

返済用普通預金口座というのはカードローンの返済のほか、公共料金の返済等に利用する口座です。

カードローン口座というのはカードローンの借り入れをする時に利用する口座でスイングサービスはこの2つの口座間のやり取りについてのサービスで、現在これには次の2つの機能が提供されています。

  • 自動融資サービス
  • 自動振替サービス

1つめは自動融資サービスと呼ばれるもので公共料金の支払いやクレジットカード決済で返済用口座の残高が足りない場合、利用限度額の範囲内で不足額を融資し、返済用普通口座に入金してくれるものです。

ただしカードローン自体の返済を行う場合には融資されません。つまり自動融資サービスを利用してもカードローンの月々の返済の口座引き落とし日に返済用普通預金残高が足りなくても自動融資対象外となり、滞納という事になる訳です。

もう一つは自動振替サービスというものでカードローン口座への入金後残高がプラスになった場合にはプラスになった部分について返済用普通預金口座のほうに自動的に振り替えてくれるサービスです。

ただしこの自動振替サービスが利用できるのはみずほ銀行のATMか、あるいは提携しているコンビニATMのうちイーネットとローソンのものを利用した場合のみで利用が可能で、同じ提携先ATMでもセブン銀行ATMを利用した場合には今のところ利用することができません。

どちらも便利なサービスになっているのでみずほ銀行カードローンを利用する場合には、利用を検討することを勧めます。

自動融資サービスのような自動融資機能は他行でもよく見るものですが、自動振替サービスのほうはあまり見かけません。

スイングサービスを利用するにはどうするか

では実際にこのスイングサービスを利用するにはどうすれば良いのでしょうか。これには利用者のカードローンの利用方法によって違いがあるのでそのあたりをよく理解しておきましょう。

まずキャッシュカード兼用型のカードローンを利用している場合は自動振替サービスのほうは予め利用できるように設定されています。自動融資サービスのほうは必要に応じて利用者のほうが申込むことになりますので注意が必要です。

これに対してローン専用カードでカードローンを利用する場合には両方のサービスを利用者の意志によって申込むという事になります。

便利な機能ですから利用条件と機能をよく理解してカードローンの契約時に申込んでおきましょう。

分からない部分はフリーダイヤルで電話で確認

このスイングサービスについてはホームページに他のサービスと一緒に説明が出ています。ただし多少説明不足の面もあるので、よく説明を読んで分からない点があった時にはどこが分からないのかメモを取っておいてください。

一通り目を通したところで、メモしておいた、分からない部分については、みずほ銀行に直接電話をして確認しておきましょう。みずほ銀行では専用のフリーダイヤルを用意していますので、遠慮せずに質問しましょう。

内容がよくわからない部分があるうちは申込するのは止めましょう。分からないのに契約してしまったら、思わぬ損失になってしまう可能性もあるので、まずは内容を確認し理解した上で利用するのかしないのか判断して申し込む様にするという癖をつけてください。

カードローンを利用するときは利用限度額とか金利を選択基準にするという場合が多いし、それも重要なんじゃが、もう一つ見逃してはいかんのがカードローンそのものの機能ではなく、それに付加する形で受けられる様々なサービスじゃ。

例えばみずほ銀行のカードローンにはスイングサービスというものが有って、自動融資してくれたり、自動振替してくれたりするもので残高不足などの場合に大変便利じゃ。

もしみずほ銀行カードローンの利用を考えるのであれば、このスイングサービスも利用してみてはどうかのう。

知らなければもったいない!カードローンを使い尽くそう

こういったあまり目立たないが有ると便利という付帯サービスはこのスイングサービスのほかにも各金融機関が用意しています。

特に銀行には預金口座もあるのでサービスがしやすくなりますので狙い目かもしれません。カードローンは競争状態にありますから、各金融機関は何とか差別化するために今も知恵を絞っているはずです。

たとえばカードローンだけでは実現できないようなことをキャッシュカードやクレジットカードと連携すれば、さまざまなサービスが出てくるでしょう。

カードローンは借金ということは忘れない様にしよう

はっきりさせておく必要が有るのはカードローンは借金だという事です。付帯サービスが付いて便利とかいう議論の前に、借金はしないほうが良いのは言うまでも有りません。

どうしても借り入れが必要という場合に限って付帯サービスなども一緒に利用すれば便利になるという前提で話を進めることにします。利用目的もないのに付帯サービスが便利だから借金をしようというのは本末転倒です。

申込時には必ず付帯サービスを確認する

まずこういった付帯サービスは知らなければ利用できませんので、申込もうとするカードローンにどんな付帯サービスがあるのか確認しておきましょう。

窓口などで申込んでいたころは説明を受けることができましたが、現在は窓口で申し込む人は少数派ですので要注意です。

最新情報についてはホームページを確認したほうが、内容が古くなる可能性のあるパンフレットよりも正確です。またホームページであれば各金融機関の付帯サービスを比較することも可能ですので、自分にとって便利なのはどこかということも分かってきます。

もちろんホームページ上ではカードローン自体については詳細に記載されるようになってきていますが付帯サービスについては記述が少ない場合もあるので、先ほども言いましたが分からない部分については必ず取り扱う金融機関に直接確認してどのようなサービスかを理解してください。

新しいサービスが出ている可能性有り!最新情報を確認しよう

中にはかつて調べたけどそんなサービスは無かった筈だと言う人もいるかもしれませんが、先ほども説明したように現在は熾烈な利用者獲得競争が行われているのです。金融機関は常に新しいサービスというものを考えていることを忘れてはいけません。

まずは内容をよく理解する必要がある

ただしこういった情報には金融関連特有の用語がつかわれている場合や、預金と貯金のように銀行と郵便局で違うなど大変複雑で、どうしてもわからない用語が出てきます。しかも知っている用語も特有の意味合いがある場合もあって実は理解できていない場合もあるので注意が必要です。

これは何も金融関連の用語に限りません。日常用語でも金融関係で使われると、特有の意味合いになるというようなこともあるので、こういったサービスの内容がなかなか理解できていないという人は意外に多いようです。

したがってこういった付帯サービスを利用する場合にもっとも重要になるのがサービスの内容をしっかり理解するという事です。

自分の利益や便利さにつながるかどうか考えてみる

ただしこの付帯サービスを利用するときには、守らなければならない鉄則があります。それはそのサービスを利用する前に、そのサービスが自分に及ぼす影響を考えてみることです。これによって申込むか否かを判断することができます。まずその点を挙げておきます。

  • 自分の利益になるか
  • 自分に対する危険を軽減できるか

申込むべきだと判断する理由の1つ目は、そのサービスを利用することによって自分に何らかの利益があるのかという事です。何も利益にならないようなサービスを敢えて申込む必要があるとは思えません。

もう一つはそのサービスを利用することによって自分に対する危険性を軽減できるのかという事です。例えば返済日を忘れて入金しなかったというようなことをサービスを利用することによって事前に回避できれば、そのサービスは利用価値があります。

サービスも考慮に入れながらカードローンを選ぼう

カードローンを選ぶ場合には利用限度額とか金利とかを気にするのが普通ですが、カードローン全体の機能として捉えるのであれば、こういった付帯サービスについても無視することはできません。

したがって基本機能を重視するのは良いのですが、常に進化しているこういったサービスもよく理解して、何が一番自分の利益になるのかという事を考えながら選ぶことを勧めたいと思います。サービスを使いこなすというように考えましょう。

どんなこともそうですが、カードローンでもとにかく金利やか各種手数料が低いものと考える人が多いですが、サービスを利用したことによって危険性を回避できれば、結局そちらのほうが利益になったというように、総合的に考えていく事が重要だと覚えておいて下さい。

自分の利益につながるかが利用するしないの分かれ目

ここで説明したみずほ銀行カードローンのスイングサービスも一部そうでしたが、サービスによってはカードローンの契約と同時に自動的に利用できるものもあります。そういう場合にもその機能をよく理解しなければ利用できません。

また申込みが必要なサービスというものも当然いろいろあるわけですから、どのように利用するのか、あるいはどのような組み合わせが良いのか、更に組み合わせによってはかえって使い難いとか、事前によく考えて見ることが必要です。

考えなければいけないのは自分の利益や安全にどうつなげていくかという事です。要するに先ほど説明した鉄則に従って、自分のためになるのであれば、せっかく用意されたサービスですから積極的に利用するようにしましょう。

このみずほ銀行カードローンのスイングサービスのように、カードローンに付けてより便利に利用できる付帯サービスは多くのカードローンで提供されておる。カードローンを利用するのであれば、どのようなサービスが提供されているのか一度調べてみてほしい。

こういったサービスはカードローンに機能を追加するものと、利用している時の返済日忘れ等の危険を回避するものなどが有る。

自分の利益に繋がると考えられるのであれば積極的に利用を考えても良いじゃろう。逆に利用しても自分には役に立たんと考えられる場合は契約しても意味が無いので、よく見極めてからの申し込みが必要じゃな。

利用することが信用に繋がる!カードローンの上手な使い方

こういったサービスを利用することにはもう一つ良い副産物があります。それは利用場面が増えることによって金融機関とのお付き合いが深まることです。

金融機関というのはこのお付き合いというものを大変重視します。

お付き合いが深まるにしたがって何が嬉しいのかというと、カードローンでは金利を優遇してくれたり、利用限度額を増額してくれたり、様々な面でお得な利用につながっていくことになるのです。

金融機関とのおつきあいでは信用がもっとも重要

金融機関とのおつきあいで重視されるのは信用というものです。この信用が有るか無いかで金融機関の対応は天と地ほどの差が出ることになり、長期間で見ると大きな利益の差になって表れることになってしまいます。

しかしこの信用というものはそう簡単には構築することはできません。これは個人間のお付き合いに似ています。初対面の相手は誰でも警戒するはずです。しばらくお付き合いすれば話し相手ぐらいに打ち解け、更に進めば何かの貸し借りなどもできるようになります。

金融機関とのお付き合いも同じ事で金融機関が利用者を信用するまでには長い時間がかかり、この間利用者の方は地道にお付き合いを進めていくしかありません。

お付き合いには給与振込や積立預金のための普通口座や定期口座を開設したり、各種ローンを利用したりと様々な方法があり、それぞれ長期的に利用することで信用に結び付きます。

しかもこの間例えばカードローンを例にすれば返済をしっかり行い適正な利用を続けなければなりません。ただし滞納などが発生すれば信用構築どころか信用失墜になるため、安易な利用はできないのです。

信用は最初は殆どゼロから始まる

信用というものはこのお付き合いから生まれてくるものですが、当然最初はゼロからはじまります。これは例えば年収が大きな人でも小さな人でも差は有りません。金融機関はお付き合いのない人は基本的に言って信用してくれません。

したがってカードローンの場合も申込み直後というのは信用ゼロから始まります。自分は社会的地位も高く収入も大きいので、銀行の評価も高いはずだと思っても実際にどうなのかという事がわからない以上金融機関としては評価のしようがなく信用は得られません。

このため、カードローンで申込み直後に設定される利用限度額というものは、非常に少額な設定になります。これはあなたはまだ信用することができませんから、まずは少額で様子を見させてくださいという意味です。

カードローンの場合利用限度額の増額には信用を高める必要がある

したがってカードローンと言うのは最初のころはお試し利用期間という位置づけだと思えば良いと思います。本格的な利用が認められるのは利用限度額を増額してもらってからという事になるのです。これにはそれなりの信用が要求されます。

したがって増額というものは誰にでもできることではありません。先ほど説明したように地道に適正利用を続けることが必要です。利用するほうも結構大変なのです。

またカードローンを上手に使うために非常に大切なのはカードローンの使いやすさが重要です。このためカードローンを選ぶ際には自分にとって使いやすいものを選ぶことが大切といわれている訳です。使いにくいものは必ず途中で利用しなくなってしまいます。

そこで登場してくるのがここで説明している付帯サービスなのです。付帯サービスというのはカードローンを便利に利用するために金融機関が用意しているものですから、これを利用することによって、カードローンをさらに利用しやすくすることができます。

便利になれば何が起きるのかというと、さらにカードローンの利用が進むという事です。カードローンの利用が進めば、それだけお付き合いが深くなることになり、更には金融機関の感じる利用者への信用という面での評価は高くなっていきます。

ただし必要のない利用は厳に慎まなければ、借り入れが大きくなって返済に窮する可能性も出てくるので、信用ができて大きな借り入れができるようになったとしても、利用については十分注意しながら行わなければなりません。

適正利用のために必要なサービスもある

またサービスの中にはカードローンの利用で大変重要になる適正利用をサポートするサービスもあります。適正利用で重要になるのはある程度の利用とその返済ですが、問題になるのは返済です。

もし利用中に返済日を忘れたりして、残高不足で引き落としができなかったりしたら、その時点で適正利用とは言えなくなり、そこまでに築いた信用というものは崩壊してしまいます。以後そう簡単に評価は元には戻ることはありません。どうしても避けたいものです。

そこで金融機関の方ではそういうことを避けられるようなサービスを提供している場合もあります。

たとえば返済日前や返済日にメールで知らせてくれるというようなサービスです。こういったサービスも大きく考えれば自分の利益になるサービスと言えるでしょう。

信用が高まって利用限度額が増えれば金利が下がって更にお得

もし信用が高まって利用限度額の増額の審査に通れば、うれしいのはその点だけではありません。利用限度額が高くなればそれに伴って金利の見直しも行われ以後それまでとは違って有利な借り入れができる様になります。増額では金額よりむしろこちらが重要かもしれません。

したがって増額というのは早ければ早いほど、カードローンの利用は有利になるという事になります。しかし説明したようにそう簡単には信用は作れませんから、利用者によっては歯がゆい思いをしている人も多いかもしれません。

こういったカードローンの付帯サービスを利用することのもう一つの効能は、便利に利用できることでカードローンの利用を促進し、信用増大につながることじゃ。信用というものは付き合いが多くなればなるほど自然と大きくなるものじゃ。

信用が大きくなると何が嬉しいのかと言えば、利用限度額と金利が見直され、もっと条件の良い借り入れができるようになる事じゃ。もちろんそのためには再度審査を受ける必要が有るから誰でもというわけではないぞ。

ただしいくら便利になってもカードローンの使い過ぎは返済が増えて自分の首を絞めることにも繋がる。必要性のない安易な借り入れは厳に慎まねばならんぞ。

利用中の人も便利になる!自分のカードローンを調べてみよう

では次に既にカードローンの利用をしている人について考えてみましょう。最近は銀行や消費者金融で利用者の獲得競争をしているのはお話ししましたが、CMを使った宣伝活動が激しくなっていますからすでに利用している人は非常に多いはずです。

しかもそういう人の場合ここで説明しているいる付帯サービスというものをそもそも知らないか、知っているとしても、申込時に有ったサービス程度しか知らないという人が殆どでいろいろと提供されているサービスの恩恵を受けていない人が意外に多いようです。

カードローンは利用者獲得競争はなぜ起きたのか

ちょっと話をおさらいしておきましょう。

カードローンと言うのは説明したように当初は消費者金融だけの金融商品で競争がなかった訳ではありませんが、サラ金のイメージもあって大きな利用の波というものは有りませんでした。

そこで自動契約機の開発やイメージの刷新である程度の利用者を確保したわけです。しかしそうなってくると金融機関の本家といってもよい銀行も黙っていられなくり、それまで提供していなかった無担保、無保証人のローンというものの提供を始めたわけです。

さらにここで貸金業法が改正され消費者金融の足かせになってしまい、現在では銀行のほうが優位に立つことになって、今では銀行間でしのぎを削っているといってもよいような状態になってきています。

差をつけるために金融機関はサービスを提供している

そこで何とか自分のところのカードローンを魅力的に見せるために金利を有利な設定にしたりするのですが、すぐにこういう競争では横並びのような状態になってしまい、なかなか特徴というものが出せません。要するにカードローンの機能としての差というのはそれほど作ることができないのです。

もちろん金融機関の考え方で利用限度額には結構大きな差が出ているのですが、その他の部分ではあまり目立った違いがないというのが実情です。そこで考えたのが付帯サービスでこれを充実させることが差別化につながるのではないかとということです。

金融機関によってはそうは考えない場合もあるのですが利用者的には自分にとって有利になるのであればそちらを選びたくなるのは当然の話です。

すでにカードローンを利用しているならまずはサービスを確認

そこで既にカードローンを利用している人はどうすれば良いのかという話になるのですが、まずは自分の利用しているカードローンにはどういった付帯サービスがあるのかを確認することが必要です。それがわからなければ話は進みません。

その確認が終わったところで、そのサービスを自分が利用すべきなのかどうかを考えてみましょう。これは先ほど説明した鉄則に沿って考えましょう、自分にとって利益があるかあるいは危険を除去できるのかよく考えてみて下さい。

よく考えたうえで利用したいものがあるのであればすぐに申込方法を調べてみましょう。特に自分には必要ないというのであれば、利用するのは見合わせて、またしばらく間を置いて、新しいサービスができていないかをときどき確認して下さい。

金融機関に利用可能なのかを確認する

ただしカードローンは時々新しいものに世代交代のようなことが行わせますから、以前利用していたカードローンはすでに利用の受付を停止したりしていて、新しいカードローンの付帯サービスは利用できない場合もあります。また他のサービスとの関係でそのままでは利用ができないという事も有ります。

こういうときにはどちらのサービスが自分にとってより有利になるのかという事をよく考えてみましょう。場合によってはお得な方に乗り換えればよいのです。

このように利用のために何らかの障害がある場合には、まずは金融機関に相談して、どうすれば良いのかアドバイスをもらうようにしましょう。場合によっては現在のものほうが有利という場合もあるので、冷静に判断しなければなりません。

利用可能な便利サービスで申込みが必要な場合は申込もう

相談の結果利用可能であれば、再度その時点で念のため自分の必要性を確認するようにして下さい。利用を始めてから必要がなかったあるいは、かえって面倒なことになったというのでは全く意味がありません。

必要性があるのであれば積極的に利用することを考えましょう。これまでいろいろと問題に感じていたようなことも解決できるかもしれません。

利用する場合、サービスによって申込みが必要になる場合とならない場合がありますが、申込が必要という場合には、すぐに申込方法を調べて申込みましょう。

自分にとって必要がなければ申込まなくてよい

自分の不利益にはならないが、利益にも繋がるとは思えないというようなものは必要性はありません。

いろいろ調べて使えるものが無かったらちょっとショックかもしれませんが、あえて新しいものを利用する必要はないので止めておきましょう。人によってはそういう場合でも勢いで申込んでしまうという人もいますので要注意です。

もちろん悪影響が出ないという事であれば申込んでも構わないので、あとは自分の判断で決めるべきことですから自己責任でお願いします。必要なのは落ち着いて考えるという事です。

【参考ページはこちら】
カードローンのよくある質問

みずほ銀行のカードローンには自動融資などを行うスイングサービスという付帯サービスがある。このサービスは自分が行わなければならない作業を自動的に行ってくれて、大変便利じゃ。

このような付帯サービスにはこの他にも様々なものが有って各金融機関がカードローンを便利に使えるように提供しておる。そこでカードローンを利用する場合には、どのような付帯サービスがあるのか良く調べて、利用することで自分の利益に繋がるのであれば利用を検討してみてはどうかのう。

こういった付帯サービスを使う事でカードローンの利用が促進され、信用構築が進み、利用限度額の増額などにつながる可能性もある。しかし注意しなければならんのは便利だからと言って利用する必要のない時まで借入れしてしまう事じゃ。借入が大きくなれば返済はきつくなるという事は忘れてはいかんぞ。

カードローンを既に利用しているのであれば、どのような付帯サービスがあるか一度調べてみたらどうじゃろう。以前は無かったとしても、新たに提供されるものもあるじゃろうから、自分が便利になるのであれば見逃す手は無いぞ。

閉じる
閉じる