カードローン審査の「困った」を解決

便利なカードローン!南日本銀行は誰でも使いやすいのが魅力

今では銀行で販売されているカードローンの人気が高まっていますが、人気の秘密は南日本銀行で販売されているカードローンのような、低金利、スピーディーな審査にあるとされています。

南日本銀行の魅力は金利が優遇されるだけでなく、誰でも使いやすいシンプルな借入にまで対応しているところです。

今回は、そんな南日本銀行のカードローン詳細情報を多く掲載いたしましたので、南日本銀行のご利用を予定している方にとって役立つ情報が多く見つかるでしょう。

1万円から借入OK!南日本銀行は小さな借入から申込める

南銀のカードローンには次のような特徴があるので、多くの人が南銀でカードローンの検討をされています。

南銀カードローンは1万円からで返済可能なシンプルさが売りです。また、低収入であってもカードローン審査をしてもらえないわけではありませんので、収入によって使えないというケースは稀です。

銀行では金融商品としてカードローンが販売されているのですが、審査基準を確認してみると、年齢や収入もしくは職業が影響して審査拒否されるケースもあります。

ですが、南銀カードローンでは「パートやアルバイト、専業主婦、年金受給者でも審査対応しています」と記載されているので、安心して審査を受けられるようになっています。
(⇒カードローン審査が受けられる職業とは?

その他の南銀と、他の銀行のカードローン内容の違いは以下のとおりとなっています。

  • 金利には微妙な差があり一般的な銀行のほうが南銀より安い
  • 南銀は一般的な銀行よりも審査がスピーディー
  • 南銀ならではの高速借入シミュレーションが存在する
  • 金額に関係なく1万円単位でシンプルな返済が南銀では可能
  • 中小の銀行と比較すると南銀のほうが融資限度額に余裕がある

その人の都合に合った借入が実現可能!自由に使えるカードローン

銀行全体は、近年になって消費者金融と同じような利用者数の増加が見られている・・・とされています。

一番大きな理由として銀行と消費者金融が合併するようになったのがキッカケでしょう。

有名な銀行では、三菱UFJ銀行とアコムや、新生銀行とレイクがそうです。(こちらもご参考に→新生銀行のカードローンを利用したい方におすすめ

今では、保証会社のみ消費者金融となっている銀行が非常に多いようです。

また、それに伴って融資に関する相談や審査についても柔和するようになり、お使いみちについても自由になりました。

昔の銀行カードローンでは、このようなローンのお使いみちが許されていませんでした。主に下記のような場合のみ融資可能となっていたのです。

  • 当行ですでに銀行口座を開設されている方
  • 審査基準を満たす方で返済能力に問題のない方
  • お使いみちが当社規定のものであった場合
  • お使いみちに事業性資金が含まれていない場合
  • 過去に金融トラブルなどを起こされていない方のみ

結講、厳しいことが書かれていますが、要約するとお使いみちに関しては当社規定に従う必要があります・・・ということです。

今では、口座開設についても行っていない場合でカードローン利用ができるようになっていますし、なによりも利用までに最短であれば30分から1時間となっているのですから驚きです。

こんな申し込みも可能!時間を気にせず申込むことができる

カードローンというと窓口申し込みが定番となっていますが、今では電話による申し込みも知られるようになりました。

電話申込は以下の面で優れているため、南日本銀行をこれから利用する人でも安心して申込むことができるでしょう。

  • アドバイスをもらいながら申込める
  • 相談を行いながら申込める
  • 無料でカードローンに関するサポートも受けられる

近年では、若い女性のカードローン利用者も増えていますが、このようなサービスがあるおかげで若い人の利用も目立つようになりました。窓口に行かなければカードローン契約ができない・・・わけではないのです。

昔に比べると銀行は誰でも使えるものになったのじゃ。1万円という小さな借入もサポートしているのじゃぞ。

窓口以外でもカードローン契約が組めるので、若い人でも安心して利用できるのも魅力じゃ。なにより銀行は、カードローンに関する相談にも力を入れているのじゃぞ。

スピーディーにローンを組める!素早い借入にも強い南日本銀行

融資に関するサービスで、今では珍しくないものが2つあります。

1つはインターネット対応というサービス。もう1つはスピーディーな融資を行ってくれるサービスで、これらについては大手の銀行や消費者金融であれば、必ず対応してくれるサービスとなっています。

中小の消費者金融であっても有名な金融業者では対応しているほどなので、現代のカードローン、キャッシングには必須のサービスですね。

ただスピードに関しては、南銀のカードローンの評価は群を抜いています。

例えば、「クイック審査、簡単申込み」の2つは高い評価となっています。クイック審査はなんと3秒で完了してしまいますし、簡単申込みについても約7分で申込み完了できるサービスとなっているのです。(こちらもご参考に→カードローンの申込みについてもっと詳しく

大手銀行のサービスと比較すると、南日本銀行のクイック審査は1分ほど早く、簡単申込みでは20分ほどの差があります。

これだけ早いと審査が曖昧なのではないか・・・と思ってしまいますが、その点についても不満は少ないようです。

スピーディー審査となっているので、審査時間全体でも1時間以内(正確には最短46分)で回答となっています。

回答とは、融資が可能かどうかの連絡なのですが、銀行では最短でごく少数が30分、一般的な銀行では1時間・2時間が多いとなっていますので、南銀は確かにスピーディーです。

また、インターネットからの審査においても、モバイルバンキングが用意されているとおりで、PC・モバイル共に対応となっています。

モバイルバンキングとは、モバイル(携帯機器)のみで操作可能なインターネットバンキングです。

借入だけでなく、通常の銀行でのお取引についても操作可能となっていますので、時間を無駄にしないで銀行サービスを利用されたい方にはオススメとなっています。

利用者にありがたいサービス!スピード審査で得すること

近年では、クチコミサイトなどでも「審査が速くて1時間以内で融資してくれる業者はありませんか?」という質問やクチコミが存在します。

どうしてこれほど速さにこだわるのか?というと、基本的にノウハウがしっかりしている金融業者であれば、審査時間は短縮できるようになっているからです。

つまり、審査が速い=カード発行まで時間があまりかからない信用の高い業者・・・となるのです。

銀行側もそれを理解しておりますので、実際の審査時間に対して最速では・・・とか、最短では・・・というキャッチコピーが使われています。

また、審査には仮審査と本審査というものがあります。大まかにこの2つで審査は構成されているのですが、面倒臭がらずに仮審査は受けておいたほうが、下記のようなメリットもありますのでオススメです。

  • 借りられるかどうかの基準が理解できる
  • お得なカードローンプランを知ることができる
  • 他のローンと併用した場合の金利などの優遇が一目でわかる
  • 借入額と返済額などのシミュレーションを確認できる
  • キャンペーンなどに申し込めるかどうかがわかる

パッと見た感じでは、あまり凄いメリットのように感じないかと存じます。

ですが、これらのサービスを知らないままでカードローン審査を受けてしまった場合では、後になって申し込んだり確認するのは不可となっている場合が多いので注意しましょう。

また、項目の3番目にある金利などの優遇が一目でわかるというのは、銀行独自のサービスとなっています。

場合によっては、他のローンも併用するだけで金利が1%以上も安くなる場合があるのです。

南日本銀行はカードローン審査もクイックなのじゃ。他の銀行カードローン審査よりスピーディーに審査を行ってくれるのじゃぞ。

それだけでなく、カードローン審査前の融資可能かどうかの判断も行っているのじゃ。とりあえず、借入のみ気になるという人は借入診断を行ってみると良いのじゃ。

専業主婦も借入OK!南日本銀行は主婦の借入も認めている

南銀カードローンと他の銀行を比較した場合、南銀であれば専業主婦のような無収入の方でも、借りられるようになっているのがわかります。

また、同じようなサービスは他の銀行でも対応しているのですが、本当に借りられるのかは不明です。

対応しているサービスなのであれば、借りられるのは当然・・・と思っている人が多いようで、銀行カードローン利用による失敗例を掲載しているサイトでも、「専業主婦でも借りられると聞いていましたが、実際は審査に何度も落ちてしまい困っています」という質問や意見をよく見ます。

なぜ借りられると言っているのに落ちてしまう人がいるのか?というと、それは配偶者の収入によって審査で通るか通らないかが決まってくるからです。

これについては、カードローン情報といったローン情報を掲載しているページで確認できます。

審査基準(お借入れ可能な方)という項目に記載されているのですが、そちらには「配偶者が当社規定において借入が可能な方であった場合」と書かれています。

また、正確な年収などについては不明となっていますので、こちらについては実際に借りられる情報が多い銀行を使わない限りは、人によって結果が違うケースが多いのです。

そして、そんな銀行というのはどこなのか?というと、南銀のような専業主婦でも利用可能と明言している銀行です。

大半の銀行は、「審査までは可能ですが審査通過は容易ではない」という点を伏せて、専業主婦でも借りられます・・・と言っているだけです。

南銀はレディースローンとして知られているほど、女性に対してのカードローンでは高い人気を誇っています。

利用者が増えている!女性専用のレディースローンってなに?

巷で目にすることが多いレディースローンですが、レディースローンの業者には2種類の業者が存在します。

しかし、どのレディースローンを選択しても、借入内容についても同じになるというわけではありません。

具体的に下記の2種類の業者で借りることになります。

業者の種類 内容
専門職対応の業者 ・女性だけの専門職であってもカードローンが利用可能(※)
※ ナイトワーク関連の職業も利用可能
一般職対応の業者 ・事務員といったOLが該当(※)
※ 収入が少ない場合でもカードローンが利用可能
南日本銀行は女性の利用を認めているだけでなく、主婦の利用も認めているのが特徴じゃ。

一般的な銀行では主婦だけのカードローンを認めていないのじゃ。そのため、南日本銀行のように主婦、もしくは女性向けの専用カードローンを販売していないのじゃぞ。

気になるカードローンの豆知識!キャッシングとの違いは?

カードローンとキャッシングはよく比較されていたりします。

大まかに見るとどこが違っているのか?というと、カードローンは小口融資となっているのに対して、キャッシングは小口融資だけでなく大口融資に対応している場合が多いという点で大きく違っています。

他の顕著な違いでは、カードローンはリボルビング払いの返済方式となっていて、キャッシングは回数指定払いか一括払いで返済方式を選択するとなっています。

これらの専門用語を初めて聞く人は、これらの違いについてわかりにくいかと存じますので、下記にてその詳細の案内をさせて頂きます。

小口融資:小口融資とは個人向けの融資で借入額が決まっているものです。

銀行や消費者金融でも規定が設けられており、それ以上の融資では別の金融商品で取引する決まりになっています。

大口融資:主にビジネスプランやビジネスローンとして販売されています。

キャッシングもこちらに該当するのですが、大口であった場合は個人だけでなく法人代表者などという立場を有していない場合には、融資に関する審査・相談が難しい点で小口とは違った融資になります。

リボルビング払い:好きな回数を決められた回数の範囲で指定して支払う返済方式です。

36回払いまで可・・・となっている場合は、1~36回で好きな回数を選択するだけで問題ありません。また、回数による支払金額はシステムで自動計算がされます。

納得のいかない場合は再計算をする形で契約前に変更することも可能です。近年のカードローン、クレジットカードの返済方式で最も採用されているのも特徴とされています。

回数指定払い:回数指定払いは回数が最初から用意されている場合の返済方式です。1回・3回・6回・12回・・・というふうに決まっているので、そちらからで選択を行い返済回数を指定し返済していきます。
一括払い:キャッシング利用において、カードローンと顕著な差になっている部分が一括払いがある点です。

一括払いなので、来月以降で決まった日(約定日)に全額を支払うようになっています。

利用する上でのメリットですが、非常に安い金利が設定されているので、ほとんど利息が発生しない点です。

現代でも主にショッピングローンでは、このキャッシングの一括払いが導入されています。

どちらが便利!カードローンとクレジットカードの利便性

お金を借りる場合、カードローンやキャッシングローン、クレジットカードなどが現代では人気の借入方法となっています。

また、カードローンとクレジットカードの2つは、昔からよく比較されるのですが、実際の金利や利便性を比較してみると、カードローンのほうがやや有利であるのが現代ではわかってきています。

ローンの種類 メリット・デメリット
カードローン ・メリット:利用金額が大きくなるほどに金利が必ず引き下がる
・デメリット:金融機関によって金利やサービスが異なる
クレジットカード ・メリット:現金いらずで商品購入できる
・デメリット:カード会社によって審査が非常に遅い
近年では、銀行でもカードローン以外の金融商品を販売するようになったのじゃ。南日本銀行でも、カードローン以外の金融商品を購入できるようになっているのじゃぞ。

ただし、個人向け小口融資で問題ないという場合は、クレジットカードではなくカードローンを選択して問題ないのじゃ。

これでバッチリ!気になる南日本銀行カードローンの商品情報

南銀カードローンを借りる際の規約や、借入に関する規定については以下のとおりです。

項目 内容
審査基準 満20歳以上70歳未満の方で安定した収入のある方
※ パート・アルバイト・専業主婦・年金受給者も審査可能
お使いみち 自由
※ 個人の趣味といった自由な目的でも利用可能
融資限度額 10万円~500万円
金利(年率) 4.800%~14.500%
融資期間 原則、1年の自動更新
返済方式 残高スライド返済方式
※ 最低支払額は1万円~
遅延損害金 年率18.250%
担保・保証人 不要
必要書類 本人確認書類は以下のとおり
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
※ 希望借入額が200万円超の場合は収入を確認できる資料が必要
保証会社 保証会社は以下のとおり
・九州総合信用?
・?オリエントコーポレーション
・三菱UFJニコス?
・アイフル?
・SMBCコンシューマーファイナンス?

表内の保証会社についてですが、担保・保証人が不要となっているのは保証会社で審査を受け、保証会社で保証を受ける形で契約が開始となるからです。

複数の会社が保証会社に記載されている場合は、記載されている保証会社のどれかで保証を受ける形になるという意味です。

今でも選ばれている!選ばれている理由も多い南日本銀行

南銀カードローンが選ばれている理由を簡素にまとめると、以下のような理由で選ばれていることがわかります。

これから南銀カードローンの契約を検討したい方は、下記の情報もお役立て頂ければ幸いで御座います。

  • インターネットサービスをPC・モバイル両方で利用可能
  • 返済は24時間365日間で原則対応
  • すでに口座開設されている場合は最短79分で利用可能
  • 口座開設されていない場合でも最短3時間45分で利用可能
  • 貸金業法(総量規制)の対象外なので融資限度額に余裕がある
  • 返済は金額によって1万円ずつで変動するシンプルな仕組み
  • レディースローンといった対応でも問題なく対応

【参考ページはこちら】
南日本銀行でも即日融資はできる?

南日本銀行は、カードローンだけでなく他の金融商品も販売しているのじゃ。その中では、女性向けのレディースローンと呼ばれているカードローンも販売しているのじゃぞ。

そのようなサービスがあるだけでなく、誰でも気軽にカードローンが持てるように窓口以外の審査にも対応しているのじゃ。そのようなサービスを用いることで誰にも知られず、且つ自分に合った南日本銀行のカードローンを持てるようにもなるのじゃ。

南日本銀行はサービスが充実しているので、若い女性や主婦のようなカードローンとはあまり縁がない人からも支持されているのじゃ。申込の前に借入診断を受けられるようにもなっているのじゃぞ。

閉じる
閉じる