カードローン審査の「困った」を解決

在籍確認は?家族にバレない?主婦のカードローン利用で知りたい知識

最近はカードローン利用者も増え、その中に主婦や専業主婦の方も増えてきているようです。

気軽にお金を借りられるのが魅力ですが、利用するためにはカードローンの審査の中でつきものと言える「在籍確認」をクリアしなければなりません。。

とはいえ、普段生活している中で在籍確認を行われることがないため、「在籍確認が何かわからない」方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は主婦の方がカードローンを利用する上でギモンになりやすい「在籍確認」について徹底解説。

加えて専業主婦が借りられる会社など、オススメのカードローンも紹介します。

主婦がお金を借りる上で知りたい「在籍確認」の知識

主婦の方がカードローンなどでお金を借りる際、気になるポイントと言うとやはり「在籍確認」ではないでしょうか。

そもそも在籍確認って何?なんのためにやるの?どういったシステムで行われるの?と、何もかもがよくわからない!という方もいると思います。

そこでまずは「在籍確認とは何か?」そして「どのように行われるのか」「注意点はあるか」といったところを解説していきましょう。

「在籍確認」とは、記入した勤務先本当に在籍しているかの確認

そもそも「在籍確認」とは何か。それは、自身が記入した勤務先に本当に勤めている(在籍している)のか確認するための作業です。

なぜそんなことが必要なのかというと、カードローンは原則安定した収入がある方しか申し込みが出来ません(利用条件にそぐわないため)。

そのため、仮に勤務先に架空の職場を記入していた場合、収入がない人に対してお金を貸してしまうことにもなってしまうので、それを防ぐために本人が勤めているかを確認する必要があるわけです。

なので基本的にカードローンやキャッシングの審査において、在籍確認が行われないということはありません。

在籍確認の確認方法は基本的に「電話」

在籍確認は、基本「電話」にて行われます。勤務先に電話があり、「○○さん(申込者)はいらっしゃいますか?」と聞かれるようです。

その際、会社名を名乗ることはなく担当者名(個人名)を名乗ります。例えば「田中と申しますが…」という感じですね。

銀行のカードローンの場合は銀行名を名乗るケースもあるようですが、消費者金融の場合は会社名は絶対に名乗らないといっていいでしょう。

電話を取る人は本人でもそれ以外の方でも問題ありません。加えて、本人がその日会社に出勤していようがいまいがそれも関係ありません。

なぜ本人が電話に出なくてもいいのか、そして本人がその場にいなくてもいいのか不思議に思う方もいると思いますので説明しますと、在籍確認とはあくまで「記入した勤務先に勤めているか」が重要なんです。

なので他の方が出て「今席を外しています」と言うだけで、申込者がその会社に在籍していることはわかりますよね。

確認さえ出来れば、本人が電話口に出ている必要はないのでパートで短時間しか働いていない主婦の方でも、週に2~3回しか出勤していない主婦の方でも問題なく在籍確認をパスすることが出来るというわけです。

在籍確認が行えなかった場合、審査に落ちる可能性大!

在籍確認は「ただ勤務先に電話をするだけ」と、非常にシンプルなものですが、実はとっても重要なんです。

理由は先ほども説明したとおり、きちんと勤務先に勤めていることが確認できないと、収入があるかどうかが確認できないからなんですね。

つまりなんらかの理由で在籍確認が行えなかった場合…例えば電話に出た人が「社員の個人情報については簡単にお答えすることは出来ません」などと回答したら確認しようがありませんよね。

もちろん一度確認できなかった場合は連絡先に連絡がいくでしょうからすぐに落ちてしまう、ということはないと思います。

しかし「そんな社員いません」と言われてしまったら大ピンチ。虚偽の記入をしているのでは?と判断されて審査に落ちてしまう可能性がぐっと上がります。

特に転職したばかりなど、職場に馴染んでいないときは要注意ですね。

在籍確認は、カードローン会社がお金を貸す上で「お金を貸しても大丈夫か判断する最終確認」と言ってもいいじゃろう。

職場に電話がかかってくるのは不安ではあるが、ここは乗り越えるしかないところと思ってガマンじゃな。

どうしてもイヤ!という場合、職場の人に前もって伝えておくといいじゃろう。具体的には「クレジットカードを新規で申し込んだから在籍確認がくるかも」といった感じじゃな。

カードローンとクレジットカードはちょっと違うが、まあ在籍確認がくると言っておけば自分宛の電話は「在籍確認かも」と思ってくれるし、かつ個人情報保護の点からも「答えられない」と言う返答をすることがなくなるから安心じゃな。

会社によっては在籍確認の時間を指定できることもあるようじゃから、自分が電話に出られる時間を指定するのもアイデアじゃな。

こんなケースではどうなるの?「在籍確認の疑問」に回答!

在籍確認はカードローン審査の上で重要なもの!ということはおわかりいただけたのではないでしょうか。

しかし重要ではあるものの、そんなに構えることはなく簡単に済むことも同じくわかっていただけたと思います。

とはいえ「やっぱり在籍確認は避けたい」「職場の人に絶対にバレたくない」など、どうにか在籍確認を避けたかったり、不安を減らす方法が知りたい!という方も多いでしょう。

なのでこのトピックでは、「在籍確認に関する疑問」を解消していきたいと思います。

勤務先に電話連絡が行くのはどうしてもイヤ!どうすれば?

一番の悩み、不安が「職場の人にカードローンに申し込んだことがバレてしまうこと」ではないでしょうか。

言うなれば、在籍確認さえなければ誰にもバレずにスムーズにカードローンが利用できるのに…といったところですよね。

どうしても在籍確認がイヤなのであれば、在籍確認の代わりに書類を提出することでOKとしてくれる会社もあります。

具体的には消費者金融の「プロミス」は、原則電話による在籍確認を行うのですが、カードローンの申込完了後すぐに電話で相談することで電話連絡の代わりに書類提出で在籍確認の代わりとすることも可能です。

ただし必ず書類で代わりが出来るわけではないこと、必要書類は「源泉徴収票」や「給与明細書」といった収入を証明、かつ勤務先の名前が記載されている書類が必要なのできちんと用意する必要があります。

また、会社によっては在籍確認を原則行わないところもあります。

具体的には銀行系カードローンの「セブン銀行ローンサービス」は、原則在籍確認を行っていないため、絶対に職場に在籍確認をしてほしくない方でも安心です。

その代わりセブン銀行の預金口座を保有(持っていない場合は開設)する必要があります。

探せば在籍確認や電話連絡がナシのカードローンもありますので、そういった商品から選ぶようにするといいでしょう。

会社が在籍確認を受け付けていない時はどうすれば?

自身が派遣社員として働いている場合、会社が在籍確認を受け付けていないことがあります。

特に数千人、数万人という単位で派遣社員がいる(登録されている)場合、在籍確認を行っても把握できていないため意味がなく、そもそも会社が在籍確認には個人情報保護法の観点からムリとしているところもあります。

ただ在籍確認はカードローンだけではなくクレジットカードや生命保険の審査の際も行われるため、在籍確認を一切受付ない…ということは実はありません。

たいてい電話による在籍確認を受け付けない会社の場合、代わりに「在籍証明書」を発行してくれるはずです。それを提出することで在籍確認の代わりとしてくれ、ということですね。

電話による在籍確認が会社として出来ない(受け付けていない)場合、カードローン会社や金融機関によっては在籍確認は電話のみ、としているところもあるようですので、申し込む前にこの方法でも大丈夫か確認しておくほうがいいでしょう。

せっかく申し込んだのに書類提出では在籍確認にならない、と言われてしまってはちょっと悲しいですからね。

専業主婦の場合は在籍確認がないケースがほとんど

それでは主婦といっても、家事や育児に専念している「専業主婦」の方々の場合、在籍確認はどうなるのでしょうか?

そもそも在籍確認は勤務先に勤めているか(申込時に記入した勤務先が正しいか)を確認するためのものです。勤務先がない専業主婦の方の場合、在籍確認する先がありませんよね。

よって、専業主婦の方の場合は基本的に在籍確認が行われることはありません。もちろん本人への連絡はいきますが、自身の携帯電話を指定しておけば自宅の固定電話にかかってくることもありません。

しかし「自分への連絡がくるのはわかるけど、旦那の勤務先に電話がいったらバレちゃうんじゃ…」と心配している方もいると思います。

その点についても心配はいりません。旦那さん(配偶者)の勤務先に在籍確認の連絡が行くことはありません!

「楽天銀行スーパーローン」のQ&Aにおいても、

配偶者の収入証明のための書類、勤務先への電話連絡(在籍確認)はありません。

と明記されています。これは楽天銀行のケースなので他のカードローンもすべて同じというわけではありませんが、在籍確認が絶対来ないようにしたい!と考えている方は「Q&A」や「よくある質問」などで在籍確認があるかチェックしてみてもいいでしょう。

申し込む前に電話などで確認してみるのも有効ですね。

在籍確認ひとつとっても色んなギモンが出てくるものじゃ。

特に在籍確認に対応していない会社の場合は在籍証明書で代わりになるかを事前に問い合わせておく必要があるから、少々面倒ではあるな。とはいえカードローンが利用できなくなるよりはマシじゃ。

専業主婦の場合、特に心配することはない。固定電話を記入しておいても、連絡先として指定した番号にしか電話をかけてくることはないから(延滞していたりなど、理由がある場合はかけてくる可能性はあるが)安心していいぞい。

それでも気になるなら、在籍確認がないと名言されている会社を選ぶのがベストじゃな。もちろんこれも100%ではなく、必要だと思ったら在籍確認が行われることもあるぞい。

主婦でも選べる会社が違う?カードローンの選び方とは

ここまで「主婦の方」を対象として職場や家族にバレないか…ということをお話してきました。

もちろんこれも大切な知識なのですが、主婦の方の場合はまず「カードローンの選び方」という点で気をつけなければいけない点があるんです。

なぜなら、主婦には自身に収入がある「兼業主婦」と、自身に収入がない「専業主婦」の2種類があるからです。自身の収入の有無で選べるカードローンは、実は大きく変わってくるんです。

まずはどんなカードローンがあるのか、簡単にご紹介

とはいえ、カードローンにもいろいろ種類があるの?と思った方もいると思いますので、まずはそこから説明したいと思います。

カードローンとして大きく取り上げられるのは

  • 消費者金融系カードローン
  • 銀行系カードローン

の2種類でしょう。

他にもクレジットカード会社(信販会社)が発行しているカードローンや、労働組合や共済などが提供しているカードローンもあります。

消費者金融系というのは、昔であれば「サラ金」と言われていたお金を貸すことを生業としている会社を指します。法律上は「貸金業者」に分類されます。

名前を出すとCMでもおなじみの「プロミス」や「SMBCモビット」、「アコム」などですね。

今の大手消費者金融系カードローンの多くは「銀行系消費者金融」と言われることも多く、銀行のグループ会社に属していたり、子会社になっていることが多いです。例えば「アコム」は三菱UFJ銀行グループ(MUFG)の消費者金融です。

しかし業務形態は「消費者金融」なので、銀行のカードローンとは違います。

銀行系カードローンは、その名前の通り銀行(都市銀行・地方銀行など)や信用金庫が提供するカードローンです。

それこそ「みずほ銀行」や「三菱UFJ銀行」など、様々な銀行がカードローンを提供していますのでネットなどで目にする種類は消費者金融系に比べると銀行系の方がずっと豊富といってもいいかもしれません。
(⇒三菱UFJ銀行カードローン情報

自身に収入がある主婦なら、基本的にどんなカードローンも利用OK

パートやアルバイトであっても、派遣であっても正社員であっても…何かしらの方法で収入を得ているのであれば、この記事では「兼業主婦」に分類させていただきたいと思います。

そんな兼業主婦の方であれば、基本的にどのようなカードローン商品であっても利用することが可能です。

具体的には「総量規制」の対象となる「消費者金融」や「クレジットカード会社(信販会社)」のカードローンと、銀行系のカードローンですね。

総量規制とは貸金業者に適用される法律「貸金業法」にて

  • 貸金業者は申込者の年収の3分の1を超えた金額を貸し付けてはならない
  • 1社から50万円を超えて、他社からの借入を含めて100万円を超えて借りる時は収入証明書を提出する

などの内容が定められています。

専業主婦の方は自身に収入がないので、借入可能な金額は「0円」となり、貸金業者からお金を借りることは出来ないんです。なので消費者金融などからお金を借りることが出来るのは兼業主婦の特権!といっても良いかもしれません。

しかし金利面で見ると消費者金融は最高金利(一番高く設定した金利)が18%前後なのに対し、銀行系カードローンは15%前後が多いので、より利息を少なくしたいなら銀行系カードローンの方がオススメです。

もちろん商品の中には「勤続年数が○年以上」「正社員じゃないと不可」「年収が○万円以上」といった条件がある商品もありますのですべてを利用できるわけではないですが、探せる範囲が非常に広いと言えますね。

専業主婦なら、銀行系カードローン一択。専業主婦でも借りられる

対して自身に収入がない専業主婦の場合、総量規制があるので消費者金融や信販会社のカードローンを利用することは出来ません。

ただ、すべて利用できないというわけでもありません。

総量規制には収入のない専業主婦でも借入が出来るように「配偶者貸付」という制度が定められています。

これは配偶者(夫)の同意書や夫婦関係を証明する書類を提出することで、本人と配偶者の年収を合算し、その3分の1までならお金を借りることが出来る仕組みです。

ただ大手の消費者金融ですと受け付けていないことが多く、規模が小さい会社での借入となるでしょう。

また、信販会社であればカードローンにも「家族カード」をつけることが出来るものもあります(例:クレディセゾンの「MONEY CARD」)。

どちらにしても配偶者の同意が必須となりますので、旦那さんに内緒での借入は不可能です。

家族にバレずにお金を借りたい、というのであれば銀行系カードローン一択となります。

銀行系カードローンであれば自身の個人情報及び信用情報(お金の利用履歴のようなものです)のみでお金を借りることが出来ます。…が、やはり自身に収入がないため、借りることが出来る金額(利用限度額)に制限があるケースが多いです。

主婦といっても様々な主婦がいる。今回は自身に収入がある主婦と収入がない主婦という2パターンに分類したが、その2パターンでも大きく違いがあることがわかるのう。

兼業主婦であれば消費者金融のカードローンを選ぶことが出来るし、かつ他のカードローンでも限度額に基本的に制限はない。もちろん年収によって利用できる金額は変わるがの。

しかし専業主婦の場合、銀行系のカードローンしか利用できんし、かつ利用限度額にも制限がかかっておる。とはいえ30万円~50万円くらいじゃから、利用するには十分、むしろ多すぎるといってもいいくらいじゃな。

主婦の方にオススメカードローン。理由もつけて紹介!

最後に、主婦の方にオススメできるカードローンをご紹介したいと思います。

なぜオススメできるのか?という理由ももちろんあわせてご紹介しますので、カードローン選びの参考にしていただけたらと思います。
(⇒カードローン会社一覧をチェック!

少額借入ですぐ返済!という方にオススメ「ノーローン」

カードローンを借りるのはたまに。しかも借入金額は5万円くらいまで…と、どちらかといえば少額の借入で利用しようと思っている兼業主婦の方にオススメなのが「ノーローン」です。

なぜノーローンがオススメなのか。それは「7日間まで借入に利息がつかない」「完済した翌月以降の借入は、また7日間利息がつかない」というシステムを取っているからです。

日常的に借りることはない、返済するときは一括で出来るだけ利息を少なくしたい。そう思っている方にはぜひ利用していただきたいと思います。ただ、消費者金融ですので残念ながら専業主婦の方の利用は出来ません。

利用限度額 金利 専業主婦の利用 即日利用
1万円~300万円 4.9%~18.0% 不可 可能(自動契約コーナー)

すぐに使えて在籍確認などもなし!「セブン銀行ローンサービス」

働いていても在籍確認はなく、しかも申し込んで最短10分で審査結果がわかるカードローン、それが「セブン銀行ローンサービス」です。

利用できる限度額は最高でも50万円と少ないものの、主婦の方には十分と言える額ではないでしょうか。

また、口座に直接振り込んでくれる形の借入、「振込融資」はなんと24時間対応。「そういえば明日引き落としだった!」なんて深夜に気づいてもすぐに対応できます。

金利も銀行カードローンらしく15.0%と低めの設定に。ただしセブン銀行の口座を開設していることが条件となりますので、口座を持っていない方は口座を開設する必要があり、かつそれには2週間程度かかりますのでそれだけはご注意を。

利用限度額 金利 専業主婦の利用 即日利用
10万円~50万円 15.0% 可能 可能(要口座開設済)

お買い物のついでに使える!「イオン銀行カードローンBIG」

日常のお買い物でお世話になっている人も多いかと思います「イオン」。そんなイオンの銀行、イオン銀行のカードローン「カードローンBIG」もオススメです。

利用できるATMがとても豊富(イオン銀行はもちろん、コンビニなどでも利用可能です)ですし、審査結果も原則その日のうちに回答してくれますのでちょっとせっかちな方でも安心です(笑)。

金利も低めなので負担も少なく、初めてのカードローンとしてもおすすめです。

ただ、審査結果はその日のうちに出ても、その日のうちに借入(即日融資)出来るのは既にイオン銀行の口座を持っている方のみなので、その点はご注意ください。

利用限度額 金利 専業主婦の利用 即日利用
30万円~800万円 3.8%~13.8% 可能(50万円まで) 可能(要口座開設済)

キャッシュカード一体型も!「みずほ銀行カードローン」

銀行のカードローンは、どうしても預金口座を開設していないと利用できない、または利用するまでに時間がかかります。

とはいえ「わざわざカードローンのために預金口座を開設するのも…」という方もいますよね。

しかし、「みずほ銀行」であれば口座を持っている方は多いのではないでしょうか?

もちろんみずほ銀行もカードローンを提供しています。その名も「みずほ銀行カードローン」…そのまんまですね。

みずほ銀行カードローンは普段利用しているキャッシュカードにカードローン機能を付加することが出来るので、手続きさえ済ませば今手元にあるキャッシュカードでお金を簡単に借りられます。

しかも金利もかなり低い設定となっており、今回表にしてご紹介しているのは「コンフォートプラン」ですが、「エグゼクティブプラン」を獲得することが出来ればさらに低い金利での利用が可能です。

(ただし明確な条件はなく、審査の結果によってどちらのプランか決定されるので、最初からエグゼクティブプランを狙っていく…というのは難しいかと思います)

利用限度額 金利 専業主婦の利用 即日利用
10万円~1000万円 4.0%~14.0% 可能(30万円まで) 可能(要口座開設済)

もちろん専業主婦の方も利用が可能ですが、限度額は30万円とちょっと控えめです。

正直会社よりもバレたくないのは家族!家族バレを防ぐには?

ここまで主婦の方にオススメなカードローンをご紹介してきましたが、最後はちょっと趣向を変えてみましょう。

勤務先に連絡がくる「在籍確認」。これも不安ではありますが、それよりも不安、恐怖を感じるのは「家族にバレる」ことではないでしょうか。

もちろんご主人に許可をもらったり、相談した上で利用しているならなんの問題もありませんが、内緒で利用している場合うっかりバレてしまうと大変なことに…。

世の中のご主人は鈍感な方は多いものの(笑)、しっかりと対策をうつことは大事でしょう。

そこで、家族にバレないようにするポイントをまとめてみました。

ポイント 解説
口座振替は
履歴が残る!
返済方法として便利な「口座振替」ですが、
記帳するとその履歴がしっかり残ってしまいます。

カードローン専用の口座を作るか、
返済方法に振替以外(ATMでの返済など)にする工夫を。

郵便物を
来ないように設定
お知らせなどでたまに郵便物を送ってくる会社もあります。
ダイレクトメールは電話などで要請すれば
送ってもらうのを止めることが出来るので連絡しておきましょう。

ただし、提携ATMを利用した場合などは
利用明細書が送られてくることがあります。

利用は基本ATMが
おすすめ
ATMで利用すると、その場で明細書が出るので
家に郵便物が来ることがありません。

※ただし一部の会社では、提携ATMを利用した場合
利用明細書が郵便で送られてくるので注意

バレたくないなら
キャッシュカード
一体型を
お財布の中にローンカードがあって
それを見られてバレるのがイヤ…!という方は
キャッシュカード一体型のものを選びましょう。

今回みずほ銀行をご紹介しましたが、
他にもキャッシュカード一体型の商品は多いので
探してみてください。

これを守っていれば絶対にバレない!…というわけではありませんが、かなりバレにくくなるはずです。

普通はここまでこだわる必要はないとも思いますが、参考にしてみてくださいね。

おすすめのカードローン会社の紹介じゃ。多分主婦の場合、ガッツリお金を借りることはないと想定して少額の借入でも満足度が高い会社をセレクトしておる。

たまに借りるのであればノーローンのような無利息期間が繰り返して利用できる会社、金利が低いところであればセブン銀行やイオン銀行、そしてみずほ銀行などじゃ。

もちろん今回紹介しきれてないが、他にも魅力的なカードローンはたくさんあるから、自分に合っていると思える会社を是非探してみてほしいぞい。

また、利用をはじめてから家族にバレないようにする努力…とでも言っていいんじゃろうか?それも大事じゃな。

とはいえ難しいことをしなくても簡単にバレることはないじゃろうから、あまり構えすぎないほうがいいじゃろうな。

主婦でも在籍確認は怖くない!知識を持っていれば大丈夫

在籍確認のことを中心として、主婦の方のおすすめカードローンをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

専業主婦の方はもちろんですが、兼業主婦の方でも在籍確認は特別怖いわけではない、ということがおわかりいただけたかと思います。

それでもやっぱりどうしても嫌だな、と思ったら在籍確認の電話がある金融会社を避けて、「セブン銀行」など在籍確認がないカードローンを選ぶようにするといいと思います。

在籍確認にかかわらず、そのことに対して知識がないとどうしても怖いものです。しかし知識を身につけることで「そんな大したことではないな」とわかるので不安も減り、安心出来るのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
みずほ銀行のカードローンは専業主婦でも大丈夫?

主婦だけとはいわず、働いていてカードローンを利用したいと思うのなら、必ず通らなければならない道と言えるのが「在籍確認」じゃ。

時間としては5分もかからんし、在籍しているかどうかを確認するだけじゃからその電話でカードローンかどうかバレてしまう、ということは基本ない。よほどカンがいい人か、電話に出た人がカードローンの利用をしたことがあるかくらいじゃろうか。

まあ、きちんと知識を持っていればそう怖いことはないし、専業主婦であれば在籍確認もない。どうしても嫌ならセブン銀行カードローンのような商品を選べばOKと、回避策もある。

きちんと返済も出来る見通しがあり、利用条件を満たしているけれど在籍確認だけが心配というのなら、そこまで構えんでも大丈夫じゃ。実際終わったら「なんだこんなもんだったのか」と思えるはずじゃよ。

閉じる
閉じる