カードローン審査の「困った」を解決

カードローンの申込みに際して実際に役立つ記事のみ厳選紹介!

カードローンに申し込む時には、各社申込方法が異なります。そのため、申込みに際して知っておきたいことを紹介していきます。

イオン銀行のように銀行口座が必要なところでは、口座を同時開設することで利用条件を満たすことができるところもあれば、楽天銀行のように専業主婦専用のサイトがあって専業主婦おそうでは無い方の申込先が異なるところもあります。

また、申込みには本人確認書類が必要な場合もありますので、本人確認書類はどんなときに必要となるのかも見ていきましょう。

店頭窓口だけではない!カードローンの申込みには様々な方法がある

カードローンの申込みをしようと思ったら、実は、様々な方法があるのです。

様々な申込方法!

申込方法には以下があります。

  • インターネット
  • 電話
  • 窓口
  • FAX
  • 郵送

これら全ての申込方法に対応しているところもあれば、一つしか対応していないところもあります。
(こちらもご参考に→カードローンの審査に通れる?通れない?

そのため、申込みたい金融機関が決まると、申込方法をチェックすると安心ですね。

例えば、アコムでは上記の中のFAX以外の4つの申込方法に対応していますが、中小消費者金融のアローではインターネット、FAX、郵送での申込みとなりますよ。

申込方法 ネット 電話 窓口 FAX 郵送
アコム
アロー

つまり、時間帯を問わず申し込めるインターネットから申込みをしたい場合は、インターネットからの申込みに対応している金融機関を選ぶ必要があるのです。

カードローンの申込方法には、インターネット、電話、窓口、FAX、郵送等、様々な方法があるのじゃ。

だけど、全てのカードローン会社が全ての申込方法を取り入れている訳ではないから、申込む前に申込方法を確認する必要があるのじゃ。

中小消費者金融では、インターネットしか対応していなかったり、電話にしか対応していないところもあるのじゃぞ。

銀行カードローンでも、来店申込みしか対応していない場合もあるから、事前の確認が重要なのじゃ。

意外に知らない!口座必須の銀行カードローンでは同時開設もできる

消費者金融では、返済方法が振込やATMからの入金となっていますが、銀行カードローンでは、その銀行の口座から自動引落しという方法があります。

そのため銀行カードローンでは、その銀行の口座を必要とする場合があるのです。これも利用条件等をしっかり読む必要がありますね。

イオン銀行の利用条件

イオン銀行では、利用条件に「イオン銀行の普通預金口座をお持ちの方」とあります。そのため、イオン銀行の普通預金口座が無ければ審査に通ることができないのです。具体的な利用条件は以下になります。

  • 日本国内に居住
  • 契約年齢20歳以上65歳未満
  • イオン銀行の普通預金口座を持っている方
  • 本人に安定かつ継続した収入のある方
  • 保証会社の保証を受けられる方
ただし同時申込ができますので、イオン銀行に口座がないからと言って、イオン銀行のカードローンに申し込むことができないわけではないのです。イオン銀行には口座を持っている方と持っていない方で申込み後の流れが変わりますよ。

同時申込の流れ

同時申込をする場合は、以下の流れになります。

インターネットで申込み

申込フォームに入力

必要書類の提出

審査結果の連絡(14時までの申込みは原則即日回答)

普通預金口座の開設

ローンカードの受取り

同時申込では、審査結果の連絡後に普通預金口座の開設となりますので、審査に通らなかった場合は開設にはならないので、無駄に口座が増えることも無く安心ですね。

審査回答後に、自宅へ郵送される申込書に必要事項を記入の上、イオン銀行に返送することになりますが、急いでいる場合は、イオン銀行店舗へ来店して普通預金口座の申し込みをすると、早めに手続きが完了しますよ。

来店の場合はイオン銀行スタッフへ、インターネットでカードローンに申し込み済みであることを伝えると、スムーズに手続きが進みますね。

イオン銀行では、口座が必要となっておるのじゃ。

銀行カードローンには、このように口座必須となっているところもあるから、利用条件のチェックが大切じゃぞ。

口座必須の場合は、同時申込ができる場合もあるから、同時申し込みを利用するなら口座無しでも心配ないのじゃぞ。

ただし、同時申込の場合は審査結果の即日回答はできても、即日融資はできない場合が多いのじゃ。

そのため、急いでいるなら既に口座を持っている銀行のカードローンをチェックしてみるのも一つの手段じゃぞ。

状況によって別サイトで申込み!楽天銀行の申込方法

楽天銀行カードローンでは、他社の口座でも自動引落しができるため、楽天銀行の口座を持っていなくても申込が可能となっています。

楽天銀行は口座無しでも利用可能

楽天銀行では、指定口座からの自動振替で返済となりますが、楽天銀行の口座に限っていません。

そのため他の金融機関の口座でも申込みができるのです。

また、楽天銀行の場合では申込先がたくさんあり、ネット申し込みの場合は該当するサイトから申し込みが可能となっています。

  • 専業主婦の方
  • アルバイトの方
  • 楽天銀行の口座をお持ちの方
  • 楽天IDをお持ちの方
  • 楽天IDをお持ちではない方

上記の申込フォームが用意してありますので、該当するところから申し込みをするとスムーズですね。

楽天銀行では返済用の口座が必要となるが、他の金融機関の口座でもOKとなっているから、楽天銀行の口座は不要となっておるのじゃ。

既にある口座を利用することで、即日融資も可能じゃぞ。

専業主婦・アルバイト・楽天銀行の口座の有無・楽天IDの有無で申込先が異なるから、申込みもスムーズじゃぞ。

知っておきたい!申込みには本人確認書類が必要

カードローンに申し込みをしようと思ったら、気になるのが必要書類ですね。

必要書類には収入証明書類や本人確認書類がありますが、本人確認書類は必ずいりますよ。

本人確認書類の内容

カードローンは「信用」をもとにお金を借りますので、誰に貸すのかを正確に把握するために公的な「本人確認書類」が必要になります。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書

上記が本人確認書類となりますが、金融機関によって本人確認書類として指定している書類は異なりますので、確認が必要ですよ。

金融機関 運転免許証 健康保険証 パスポート 住民票 印鑑登録証明書
アコム
楽天銀行
イオン銀行
カードローンの申込方法は、ネット・電話・郵送・FAX・窓口と様々な方法があり、金融機関によって異なります。そして、必要書類も金融機関によって異なるため、商品概要をしっかり読んでからの申し込みが大切ですよ。

【参考ページはこちら】
カードローンのよくある質問

カードローンの申込方法は、金融機関によって異なるのじゃ。

申込みに際して、イオン銀行のようにその銀行の口座が必要なところもあるし、楽天銀行のようにその銀行の口座は不要となっているところもあるのじゃ。

また、本人確認書類も金融機関によって使える物が異なるため、商品概要はしっかり読んでおくことがポイントじゃぞ。

近年高齢者の生活は厳しく、厚生労働省の調査によると...

カードローンに申し込みをしようと思っているなら、知...

12
閉じる
閉じる