カードローン審査の「困った」を解決

三和銀行は三菱UFJ銀行へ!人気のバンクイックとは?

現在は三菱UFJ銀行となっている三和銀行ですが、今では人気がバンクイックに集中している状況でもあります。

バンクイックは若者だけではなく、老若男女に関係なく利用されている三菱UFJ銀行のカードローンとしても有名です。

今回はそんな老若男女問わずで支持されている、バンクイックに焦点を当てる形で人気の秘密を探っていきますので、バンクイックに興味がある人に御一読いただければ幸いです。

知名度が高いと安心?バンクイックは知名度が高いことで有名

今までカードローンは金利ばかり注目されてきましたが、近年では金利以外も注目されるようになりました。

というのも、カードローンだけで比較をすると、金利について大きな差が発生しないようになってきているからです。では、何を重点的に確認して・・・カードローン申し込みすると良いのか?ですが、それは知名度を元にして選ぶのが良いとされています。

知名度といわれると、銀行カードローンならどこでも高いのでは?と思われていますが、実際はそうでもなかったりします。

実際に知名度だけで業者選びをしてみるとわかりますが、多くても5~10程度の銀行しかリストアップできないからです。
(⇒カードローン会社一覧はこちら

その理由ですが、やはりインターネット対応・非対応の銀行に分かれる点が大きいでしょう。

バンクイックはインターネット対応のカードローンとなっていますので、多くの人が安心して利用できる銀行として知名度を上げており、今ではインターネット対応の銀行ほど人気を高める傾向にあります。

誰にも知られないで済む!ネット申し込みは身内にバレない?

インターネット対応の銀行カードローンは、近代において高い人気を誇っています。

特にWEB完結型とされているカードローンの人気は高いもので、インターネットを用いたカードローン審査というと、基本的にはWEB完結型のことを言っています。

なぜ、多くの人がWEB完結型でカードローン審査を受けるのか?についてですが、ネットで理由などを調査してみると、下記のようなカードローン審査と利用目的があり、WEB完結型くらいしか条件を満たすものがないから・・・という理由が見つかりました。

  • インターネットから申請するとバレにくい
  • インターネットから申請すると時間のロスが少ない
  • WEB完結型のカードローン審査はスマートフォン対応
  • 申込むだけでキャンペーン適用になるケースが多い
  • 知名度が高くクチコミの評価も悪くない

多くの人が気にしているのは、実をいうと項目の1番目となります。

カードローンは、審査を受けてもバレない・・・とは言われているのですが、実際は利用する金融業者によってはバレる可能性も十二分にありえます。

その為、近年ではバレにくいカードローン審査のほうに重点を置く形で、業者比較されているランキングサイトなども増えてきました。

こんなサービスも評価されている!三菱東京UFJ銀行の魅力

三菱東京UFJ銀行は金利が安いだけでなく、WEB完結型で審査を受けられるため身内にカードローン利用がバレにくいと案内しました。

ですが、以下のようなサービスも評価されているので、三菱東京UFJ銀行の魅力は以下のようなサービスも含むと捉えたほうが良いでしょう。

  • 審査基準が分かりやすい
  • 債権回収が分かりやすい
  • 定期連絡が分かりやすい

銀行でカードローン契約を組むと、上記のようなサービスが分かりにくいため利用を控える人もいます。

ですが、三菱東京UFJ銀行では審査基準が3項目(年齢、収入、借入状況)しか存在しませんので、初めてカードローン審査に申し込む人でも焦る心配がありません。

また、債権回収、定期連絡についても公式サイトで触れています。なので、債権回収が回収業者を通じて行われること、定期連絡が多くないことを先に理解した状況でカードローン契約を組めるのです。

このような初心者を意識した分かりやすさもバンクイックの魅力でしょう。

三和銀行を通じて借りられるカードローンはバンクイックというのじゃ。老若男女でも使いやすいカードローンとして知られているのじゃぞ。

なによりネットのみでお金を借りられるWEB完結型のため、身内にお金を借りていることがバレにくいという利点もあるのじゃ。

低金利というのは本当?三和銀行の金利は本当に安い?

金利というのは、カードローンで借りているお金を元金として、それに対して幾らの利息をつけるのか?という場合に、適用される利率のことです。

大金を借りる場合、金利の仕組みを知っておくことが大事と言えます。100万円を14.0%の金利で借りると1年間に14万円の利息が発生しますが、8.0%であれば8万円の利息で済むため、金利が安いほど大きな得となるからです。

金利というのは、後になって下げてもらうというのは、基本的には不可能になっているので、当初から金利が安い銀行や消費者金融を利用する必要があるというわけです。

ちなみに、先ほどの比較では大げさな金利を用いましたが、銀行や消費者金融で金利の比較をすると、大体ですが2.0%程度の差が発生するとされています。

次に三和銀行の借入による金利ですが、4.6%~14.6%となっていますので、銀行カードローンだけで比較をしても金利は安いです。

銀行の金利の平均を求めると、4.5%~14.5%となっているので、金利の微妙な差を見ると三和銀行の借入では、少しだけ損をするかも知れません。

ですが、銀行によっては以下のようなケースもありえるので、やはりバンクイックのほうがお得という意見をインターネットで多く見かけます。

  • 金利の上限が15.0%以上の銀行カードローンも存在する
  • 借入が50万円以上では100万円までしか存在しない
  • 金利の下限・上限が他とは違う仕組みになっている
  • 融資限度額が高くても実際は高い金額で借りづらい
  • 審査が厳しく審査スピードも早くない

デメリットも知っておこう!銀行の比較に関する補足説明

上記のリストでは大雑把に、どのような点で違いがあるのかを案内しました。

ですが上記のリストによる解説では、それでも金利が安い銀行のほうがカードローンではお得なのでは?と、思う人もいるかもしれません。

なので、補足説明として金利の詳細についても説明させて頂きます。

1.金利の上限が15.0%以上の銀行カードローン・・・に関する補足説明

金利の上限とは借入においては重要な部分です。というのも、高いほどに金利が全体的に高くなるからです。

最終的に金利が4.0%になるカードローンでも、ほとんどの人は金利が高い状態で借りている状態となっています。

2.借入が50万円以上では100万円まで・・・に関する補足説明

借入というのは融資限度額で定まっているケースと、プランでまとまっているケースの2つが、大まかではありますが存在します。

その為、銀行カードローンによってはあまり借りられないケースもあるのです。

3.金利の下限・上限が他とは違う仕組み・・・に関する補足説明

金利についても、銀行によっては特殊なカードローン(金融商品)になっているものがあります。例えば、8.0%~12.0%といったカードローンもあるのです。

金利だけで見れば大変お得・・・と感じますが、実際は1~50万円までと融資限度額に余裕のないものが多いです。

金利が妙に低いものは、その分だけ借入額が引き下がる仕組みになっているのです。

銀行からお金を借りる場合は、消費者金融に比べて金利が安くなりやすいのじゃ。なので、そのような利点を活かして銀行選びをすると良いじゃろう。

ただし、すべてのサービスが充実しているとは限らないのじゃ。銀行の場合、消費者金融と比べてカードローン審査が遅い、もしくは審査そのものが厳しいこともあるので、そのことを理解して申し込む必要もあるじゃろう。

三和銀行だけのサービス!テレビ窓口なら審査時間も短くなる

三和銀行の借入は、テレビ窓口でカードローン申請をした場合でも、最短40分でカードローン利用可能となっています。

つまり、三和銀行であれば他の金融機関より早くカードを受け取れるというメリットがあるのです。

ちなみに、銀行カードローンは遅いところだと、「1時間以上かかる、もしくは翌日、1週間以内にカードが到着する」という3パターンが存在します。

1時間以上でカード発行となればいいのですが、銀行は申込のタイミングによっては、必ず翌日に発行するという流れになっていますので、最短40分で受け取れるというのは、非常に使い勝手の良いカードローンとなるのです。

三和銀行の借入では、テレビ窓口に関するカードローンも高い人気となっています。

銀行に直接訪れるわけですが、仕切りがあるので申請時は周りに見られないで済むようにもなっています。

また、テレビ窓口では銀行員による案内もありますので、初心者の方も安心してカードローン申請できるようになっています。

また、バンクイック申込のもう1つのメリットとなるのですが、先に銀行口座を開設しておく必要はありません。三菱UFJ銀行のホームページでも、「当行の口座不要」という案内が出ています。
(⇒三菱UFJ銀行カードローン利用者は増えてる?

手数料・入会金は不要?申込の際に発生するサービス

前述までは、金利やサービス面でバンクイックがいかに優れているかを案内しました。

ですが、三和銀行の借入では他にも優れているところがあるので、そちらについても案内していこうと思います。

他より優れているところその1ですが、三和銀行の借入では入会金に関しては0円となっているので、カードローンを組む際の手数料が発生しないようになっているのです。

これは良く見かけるサービスと思われていることが多いのですが、よくよく確認してみると「初年度のみ無料」となっている銀行や、「手数料が○○代のみかかります」と案内している銀行が多く存在しているのです。

つまり、完全に無料となっている銀行は大手銀行のカードローンくらいです。これも三和銀行の借入においては、他に比べて優れているところと言えるでしょう。

他より優れているところその2ですが、三和銀行の借入では提携先ATM利用料金が0円です。

これもあまり知られていないのですが、他のカードローンでは手数料として100円以上と消費税がかかってくる仕組みになっているので、カードローンを細かく利用する予定であれば、バンクイックを選択するほうが無難と言えます。

三和銀行はテレビ窓口も用意しているのじゃ。なので、カードローンを組んだことが無い人でも窓口の案内を通じて、カードローン契約が組めるのじゃぞ。

その他にもサービスに関する手数料はすべて無料となっているのじゃ。大手銀行で良く見かけるサービスじゃが、中小の銀行ではあまり見られないサービスとしても有名なので、このような魅力も踏まえて銀行選びをしたほうが良いじゃろう。

便利な仮審査!借りる前から借入が可能かどうか判断出来る

バンクイックでは仮審査についても用意されているので、わざわざカードローン申請をしないでも、カードローン審査を通過できそうかどうか仮審査を通じて知ることができます。

仮審査とは

本審査のことを通常のカードローン審査といいますので、仮審査はもっと簡単に本審査を行うものだと理解してください。

よく勘違いされるものに借入シミュレーションが存在しますが、こちらは実際に借りて返済をする場合に、借入額と返済額を入力した場合では、どのような金額となるのかを予め算出して知っておけるものです。

仮審査は、借入シミュレーションとは違い、本審査を通過できるだけの信用があるかを知るために行うものです。また、仮審査には以下のようなメリットもあります。

  • 本審査の審査時間が通常より速くなる
  • オススメのプランを提示してもらえる場合もある
  • 本審査を保留にしておき好きなタイミングで申込める
  • 仮審査を受けておくとその記録がメールで通知される
  • 多数の銀行や消費者金融で同時に仮審査を申込める

信用は高いほど良い!カードローン審査で用いられる信用

カードローンというと、信用が高いほどに借入額についても高くなると言われていますが、近年では信用イコール属性によるスコアリングと言われるようになっています。

具体的に信用は以下のような仕組みで定まるようになっていますので、誰もが年収・職業のみで高い評価となるわけではありません。

項目 信用:高い 信用:普通 信用:低い
年齢 20代 30代 40代以降
年収 400万円~ 200万円~ 200万円未満
職業 公務員、大手企業勤め 中小企業勤め、派遣、自営業 パート、アルバイト
住居 自宅が家族所有 自宅が本人所有 マンション、アパート住まい
電話 固定電話 携帯電話 プリベイド携帯
金融事故 なし 軽微なものが1件 軽微以上の事故が数件
三和銀行では仮審査も行っているのじゃ。とりあえず審査に通りそうか判断したい場合、このような審査を通じて現状を把握してみると良いじゃろう。

また、収入が少ない人でもカードローン審査に通るチャンスがあるのじゃぞ。三和銀行は信用も含めてカードローン審査を行っておるので、借入・返済の状況が安定している人ほど審査に通るのじゃ。

主婦も借入可能!三和銀行は専業主婦にも優しい銀行

三和銀行の借入でもそうですが、近年では銀行や消費者金融に関係なく、「パート、アルバイト、主婦、専業主婦、無職」の人でも、カードローンがもてるようになっています。

パートやアルバイトは、実際に安定した収入があるので理解できるのですが、「収入が曖昧な専業主婦、無職の人がどうして借りられるのか?」と疑問に思う人もいるでしょう。

ですが、銀行であっても以下のような条件を守れるようであれば、カードローン審査において安易に審査落ちとしないように配慮しているのです。

  • 配偶者が代わって返済をするという形で契約する
  • 年金を利用して返済を行う形で契約する
  • 仕事の内定が取れている場合、支払開始日を先送りにする形で契約する
  • 担保をつけた状態で契約する
  • 保証人をつけた状態で契約する

このような仕組みでもカードローン審査は可能となっています。

また、消費者金融であればこのような対応を、以前から行っていたので疑問に思うことはないのですが、どうして現代になって銀行がこのような対応もするようになったのか・・・というと、それは現代ではカードローン申請者が増えているからです。

過去では、特殊な事情や生活に余裕のある人が、主だって銀行カードローンを利用していました。ですが、現代では消費者金融よりも金利が安い・・・ということで、銀行カードローンを利用する人が増えてきているのです。

しかも、銀行や消費者金融の中には、提携することで保証会社が消費者金融になっている銀行も存在します。つまり、銀行の審査が昔のように厳しいものではないというのが、現代では知れ渡っているというわけです。

そのような状況になっているため、銀行カードローンについても審査がずいぶんと柔和になっています。

他と比べてなにが違う!?他の銀行カードローンより魅力的?

三和銀行の借入だけでは、今一つどれだけバンクイックが優れているのかがわかりづらいので、バンクイック以外の銀行カードローンと比較をしてみました。

銀行名 金利 融資限度額 利点
三菱UFJ銀行 4.600%~14.600% 500万円 ・銀行ではトップクラスの審査スピード
・インターネットから申込可能
・他社からの借入・おまとめにも対応
・口座開設不要
・パート、アルバイトでも申込可能
住信SBIネット銀行 1.990%~7.990% 1000万円 ・収入証明書類は300万円まで不要
・他社からの借入・おまとめにも対応
・明細をインターネットで確認できる
オリックス銀行 3.000%~17.800% 800万円 ・収入証明書類は300万円まで不要
・インターネットから申込可能
・他社からの借入・おまとめにも対応
・口座開設不要
・30万円以下の借入は7000円から返済可能
みずほ銀行 4.000%~14.000% 1000万円 ・同行で住宅ローンを契約していると金利優遇
・審査は最短であれば即日回答

【参考ページはこちら】
銀行系カードローンのプロミスなら安心?

三和銀行は主婦であっても利用できる銀行なのじゃ。なので、大手のカードローンで審査が甘いところを探しているという人は、三和銀行でカードローン申込みしてみると良いじゃろう。

また、サービスにおいても充実しているのじゃぞ。仮審査が可能となっておるから、無駄なく審査で受かるかどうかを判断できるようになっておるし、なにより審査基準が分かりやすいカードローンなのじゃ。

ある程度の収入があり、信用がある人であればカードローン審査で落ちる心配も少ないじゃろう。さらにネットを通じて審査、契約することが可能になっておるので、時間を無駄にすることなくカードローンを持てるのじゃ。

閉じる
閉じる