カードローン審査の「困った」を解決

カードローンを使うには勤務先への電話は不可避?対処法は?

「今月は、どこかからお金を借りないと乗り切れそうにないな…」なんて思うことは、誰にでもあり得ます。そんな時に頼れるものとして、銀行や消費者金融などのカードローンがありますよね。

でも、誰かに知られることが嫌で、カードローンに申し込むのをためらってしまう人も多いと思います。特に勤務先に電話がかかってくる「在籍確認」というものは、職場の人に借金が知られたらと考えると、どうしても抵抗を感じてしまいますよね。

この在籍確認を避ける方法って、あるのでしょうか?ないのであれば、どんな対策が考えられるでしょうか?今回は、その辺りについてじっくりお話していきます。

勤務先に電話がある目的は何?在籍確認をしない業者はないの?

できれば誰もが避けて通りたい、カードローン申し込み後の在籍確認。これがあるがために、申し込みたくないという人も多いのに、なぜこんな面倒なことが行われているのでしょうか?まずは、ここからお話を始めていきましょう。

在籍確認は審査の一環

カードローンやキャッシングに申し込む際、以下のような個人情報などを記入する必要があります。

  • 勤務先・年収・勤続年数
  • 職種・雇用形態
  • 家族構成
  • 居住形態・居住年数
  • 健康保険証の種類
  • 固定電話・携帯電話の有無
  • 他社からの借入件数・借入総額
  • 希望借入額

このような情報を元に、貸金業者は申し込みを受けると審査を行い、返済能力があるかどうかを判断するというわけです。審査に必要な情報の中に「勤務先」もあり、本当に申請通りの職場で働いているかどうかを確認するために、在籍確認の電話があるのです。

なぜ勤務先を確認するの?

審査において勤務先を確認されるのは、何となく当たり前に思っている人も多いでしょうが、改めてその意味を考えてみましょう。勤務先に在籍確認の電話をするのには、以下のような目的があると考えられます。

  • 申し込みに虚偽の申請がないか確認する
  • 本当に安定収入があるか確認する
  • 融資金額の判断材料にする

もしも在籍確認がなかったら、審査で有利になるために嘘の勤務先や年収を書く人が現れないとも限りません。申し込みの時点で嘘を書いてしまう人は信用できませんから、このような人にお金を貸したい業者はないでしょう。

また、安定収入がないと返済が滞ることもじゅうぶん予想されます。

そもそも「安定継続した収入があること」がすべての貸金業者の貸し付け条件ですから、本当に申請どおりの勤務先や収入があるのかを確認するために、わざわざ職場に電話をかけてくるのです。

また、特に消費者金融は、年収の1/3までしか貸せないという総量規制がありますので、勤務先や収入が本当であることが確認できないと、可決だとしても融資額を決定できません。

銀行系の場合は総量規制の対象外ではありますが、勤務先や年収を大きな目安にして融資金額を決めるのは同じですから、やはり在籍確認は重要な意味を持つのです。

在籍確認無しという業者はないの?

このような事情から、ほとんどすべての貸金業者において、ごく当たり前に在籍確認が行われています。いくつかの消費者金融や銀行を例にとって、在籍確認状況をご紹介します。

業者名 在籍確認に関する記載
三井住友銀行 勤務先への在籍確認をする場合がある
オリックス銀行 在籍確認あり
三菱UFJ銀行 自宅や勤務先に確認の電話をする場合がある
アコム 自宅や勤務先に確認の電話をする場合がある
SMBCモビット WEB完結申し込みなら電話・郵送なし
みずほ銀行 在籍確認についての記載なし

このように、多くの銀行や消費者金融で、在籍確認をする場合があるということが公表されています。

必ず申込者全員に在籍確認をするのではなく、「する場合がある」という言い方をしていますが、特に初めて申し込む人ならほぼ在籍確認はあると考えた方がよいでしょう。

そんな中、SMBCモビットはWEB完結という方法で申し込みをした人に限り、電話連絡なしことになっています。SMBCモビットについては後ほど詳しくご紹介しますが、SMBCモビットのカードローンに申し込める人の年齢は69歳以下となっており高齢者対応をとっていることでも、助かる人は多いはずです。

やはり、ほとんどの銀行や消費者金融では、ごく当たり前に勤務先に電話をかけてくるようじゃな。その主な目的は、申し込み人が信用できる人なのか、返済能力はあるのかを確認することじゃ。

電話をかけられたくないからと言って、嘘の勤務先を書くのは絶対NGじゃ!どうしても電話連絡が嫌な人は、SMBCモビットのようなところを選ぶか、申し込む前に電話で相談することをオススメするぞ!

あらかじめ知っておこう!在籍確認はどこから?何を聞かれるの?

ほとんどの銀行や消費者金融において、在籍確認が行われていることをお話しました。それにしても、在籍確認は実際どんなふうに電話がかかってくるのでしょうか?あらかじめ知っておけば、必要以上に不安にならなくて済みますよね。

そこで、どこからどんなふうに在籍確認をされるのか、お話したいと思います。

在籍確認はどこが行うの?

在籍確認の電話をかけてくるのは、申し込んだ業者だと思っている人も多いと思います。もちろん、それは間違いではありません。しかし、銀行や消費者金融といった申し込み先だけでなく、保証会社から在籍確認がある場合もあるのです。

自社で審査や保証業務まで行っている金融機関もありますが、別の会社やグループ内の会社に審査や保証を依頼している貸金業者も多いものです。

たとえば、三菱UFJ銀行は「アコム(株)」が、みずほ銀行なら「株式会社オリエントコーポレーション」が審査および保証を行います。なので、このような申し込んだ銀行や諸費者金融とは別の保証会社から電話がかかってくることがあります。

とはいえ、貸金業者と保証会社が重複して在籍確認をしてくることは、通常ありません。

どちらかが1回電話をかけてくれば、勤務先に在籍していることはじゅうぶん確認できますので、ご安心ください。

在籍確認では何を聞かれるの?

貸金業者か保証会社から電話がかかってくるとなると、身構えてしまう人もいるかもしれません。しかし、ほとんどすべての業者はプライバシーに配慮して、銀行名や消費者金融名ではなく個人名で電話をかけてきてくれます。

具体的には、「○○(個人名)と申しますが、△△さん(申込者の名前)はいらっしゃいますか?」というように電話をかけてきます。自分で電話を取った場合は、そのまま申し込みのお礼や、これで在籍確認が取れたこと、引き続き審査や手続きを進める旨を伝えられる程度で終了です。

仮に職場の他の人が在籍確認の電話に出てしまったとしても、本人に取り次いでもらえれば上記の内容をお話して終わりですし、もしも外出中だったとしても「今、席を外しています」と言ってもらえれば、その職場で働いていることは確認できますので、それで終了です。

受け答えとしては、「はい」「私です」「そうですか」「よろしくお願いします」程度で済みますので、職場の人に電話を聞かれても借金をしていることには気づかれずに済みます。

在籍確認に抵抗感を持っていたけど、その実際を知ってみたら意外と拍子抜けしたという人も多いかもしれんな。

会社名ではなく個人名でかかってくるし、傍で聞いていてカードローンに申し込んだことが分かるような会話はしなくても大丈夫じゃから、心配しすぎる必要はないんじゃ。

本人が電話口に出てから会社名を名乗るはずじゃが、保証会社からかかってくることもあり得ることを知っておくと驚かずに済みそうじゃな。

準備が肝心!勤務先への電話連絡をうまく乗り切る秘訣とは?

在籍確認の内容をお話しましたが、それを知って少し安心されたという方も多いのではないでしょうか。しかし、実際の職場環境は様々ですから、まだ不安を覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、在籍確認をうまく乗り切るための方法についてご紹介します。

電話連絡がないところを選ぶ

繰り返しになりますが、原則として、ほぼすべての金融会社において在籍確認はあります。しかし、先にもご紹介した通り、SMBCモビットのWEB完結申し込みなら、電話も郵便物もなしで契約ができます。

SMBCモビットのWEB完結を利用するためには、以下の条件があります。

  • 三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行に本人名義の口座を持っていること
  • 社会保険の保険証か組合保険証を持っていること

この2点に当てはまる方は、電話連絡なしで借入ができます。ただし、属性が思わしくないなど、人によっては在籍確認が必要となるケースもありますので、ご注意ください。

また、三菱UFJ銀行は、土日祝でもテレビ窓口でローンカードを即日発行してくれます。多くの一般的な会社が休みの日でも即日発行可能ということは、在籍確認なしで借入できる可能性もあります。これも、属性に問題ない人に限られると思われますが、該当する方はぜひお試し下さい。

取引のある銀行で相談してみる

誰でもひとつは、給与振り込みや公共料金などの引き落とし、あるいは貯蓄などのため、いずれかの銀行に口座を持っていると思います。

そのような、普段取引のある銀行であれば、毎月お給料が振り込まれていることや、継続的な引き落としができていることから、返済能力があることを理解してもらえるでしょう。銀行に相談し、そのような取引を在籍確認の代わりにしてもらえないか交渉してみるのも、ひとつの手段です。

住宅ローンや自動車ローンを利用している銀行であれば、なおさら有利と思われます。急いでいるときにはできない方法かもしれませんが、覚えておくとよいでしょう。

また、収入や勤務先がない専業主婦の人は、総量規制のためSMBCモビットのような大手消費者金融では借りることができません。ですから、専業主婦でも申し込める銀行系で、かつ自分や配偶者が普段取引があるところがオススメです。(こちらもご参考に→専業主婦でも申込めるカードローンはある?

担当者に相談してみる

大手消費者金融は特に、お客さんのプライバシーを考慮する姿勢を持っているところが多いです。なので、あらかじめ担当者に連絡し、職場への電話以外の方法で在籍確認ができないか相談してみるのもアリです。

たとえば、近い日付の給料明細や源泉徴収票を写真に撮ってデータを送るとか、社員証のコピーを送るなど、申込書に記載した勤務先で確かに働いているという証明になる方法を話し合ってみる余地は、じゅうぶんあります。

それが無理でも、自分が電話を取りやすい日時を伝えるなど、様々な方法が考えられますのであきらめずに相談してみましょう。

直通の電話番号を伝える

いろんな書類を書き慣れている人は特に、勤務先の電話番号として会社の代表番号を書いてしまうことがあります。

大きな企業や支店が多い会社に勤めている人が、本社の代表番号を書いてしまうと、その番号に在籍確認の電話をされても本人につながらないことが考えられます。

自分のデスクに専用電話があるという人はもちろんその番号を、そうでない方もご自身に一番近い電話番号を書くようにしましょう。

言い訳を考えておく

職種や職場環境によっても大きく違いますが、普段自分宛てに電話がかかってくることが滅多にないような勤務先もあります。その場合、在籍確認の電話があると、いくら個人名でかかってくるとはいえ、職場の人に「何の電話だったの?」と聞かれてしまうこともあり得ます。

このようなことが起こり得る勤務先の場合は、あらかじめ職場の同僚に怪しまれないための言い訳を考えておくことをオススメします。たとえば、

  • 保険もしくはクレジットカードを申し込んだからその確認
  • 親や親戚が急用でかけてきた
  • セールスの電話だった

このような電話なら職場にかかってきてもそれほど不自然ではないですから、一番ご自身にあった言い訳を考えておくと安心ですね。

どうしても電話連絡を避けたい人は、SMBCモビットや三菱UFJ銀行のカードローンがオススメじゃな。ただし、属性不良の人や申込書に不備があるなど、場合によっては確認のための電話がかかってくることもあるから要注意じゃ!

あらかじめ電話で希望日時を伝えたり、他の方法がないか相談したり、言い訳を考えておいたりするのも大切なことじゃな。備えあれば憂いなしじゃ!

業者を選んで条件を満たせば在籍確認なしも可能!対処法も色々!

多くの銀行や消費者金融では、審査の一環で勤務先に電話をして在籍確認をする作業を行っています。しかし、中にはSMBCモビットのように、条件を満たせば電話も郵送物もなしで、誰にも知られずにカードローンを利用することができる業者もありました。

しかし、やはり在籍確認がないところは限られているので、カードローンの内容などが希望に合わない場合は、在籍確認のあるところを選びたいものですよね。職場への電話をうまく乗り切るための方法もいろんなものがありますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

在籍確認がネックでカードローンに申し込めないのは、もったいないことです。ぜひ、ここに挙げた方法をご参考に、お試しくださいね。

【参考ページはこちら】
カードローンのよくある質問

カードローンは誰でも気軽に申し込めるものじゃが、在籍確認というのが砦になって、利用したくてもなかなかできないという人も、きっといるじゃろうな。

そのせいでお客さんが減るのは貸す側にとっても問題じゃから、電話による在籍確認をなしにするなど、各社それぞれ工夫を凝らしているんじゃ。

特に大手なら、サービスの一環で申し込む人の希望に応えようとしてくれることが多いから、遠慮せずに不安なことは何でも相談してみるとよいんじゃよ。

閉じる
閉じる