カードローン審査の「困った」を解決

自営業の資金調達にカードローンはアリ?金利以外の注意点も

基本的に個人で何かしら事業を始める、もしくは既に事業を始めてはいるけれども資金がちょっと心もとない…という時には融資をしてもらうのが一番です。

融資をしてもらうところでぱっと思いつくのは銀行です。

事業を始めるというタイミングであれば公的な融資をしてもらえる可能性もありますね。

そして、忘れてはいけないのが「カードローン」。最近では自営業・個人事業主の方向けのカードローンも増えてきているんです。

そこで今回は事業を行っている人が会社の資金としてカードローンを利用する際のメリットや注意点など、賢く利用するためのポイントを解説します。

手軽に個人事業の資金を借りることが出来るのは「カードローン」

正直言って、個人事業でいくらかお金が必要になってしまった、という場合は「事業性資金として利用できるカードローン」が非常にお手軽です。

その理由として

  • 対応が早く、商品によってはその日のうちに融資してもらえる
  • 審査が銀行や公的機関に比べるとずっと甘い
  • 事業計画書といった書類が不要の場合も多い
  • 担保や保証人が不要のケースもある
  • 商品が多く自分に合ったものを選びやすい

このような点が挙げられます。それぞれどのようなことが個人事業主・自営業の方にとってメリットとなるのか見て行きましょう。

早い場合はその日のうちに借り入れが出来る

支払い日が迫っているけれど、それまでに資金が用意できない!といったピンチの時には非常に頼りになるのが対応の早さです。

銀行の融資や公的機関からの融資を受ける場合、申し込んでから実際融資を受けるまでの時間が非常に長く、早くても数週間、1ヶ月以上後になることも珍しくありません。

支払いが迫っているときにそんなに悠長に資金融資を待っていられない!そんなときにはカードローンは神の一手と言ってもいいのではないでしょうか。

銀行系カードローンでも消費者金融系カードローンでも、大手を選択すれば即日融資を受ける可能性が高くなりますので、選択肢の幅が広い点も借りる側としてはありがたいですね。

審査が他の借入方法に比べると甘く、必要書類も少ない

これも差し迫っているときには助かるポイントではないでしょうか。

銀行や公的機関に事業資金としての融資を申し込むとなると、どうしても事業計画書であったり収支計画書であったりと細かい書類を用意しなければなりません。それを元に審査・面談を行いますから時間も相応にかかるというわけですね。

そして銀行などもきちんと返済できないとお金を貸すわけにはいきません。

これはカードローンであっても同様なのですが、金利が低い分審査も厳しくなります。そのため融資の打診をしても追加融資を断られてしまう、なんてよくある話です。

カードローンはそのような融資に比べると金利は高いですが審査は甘く、事業計画書などの書類も必要としないところがほとんどです。

また、必要書類が少ないのと同様に、無担保・無保証人で資金を融資してくれるカードローンが多いので気軽に利用することが出来るのもポイントです。

銀行や消費者金融、専門の会社からクレジット会社まで

個人事業主の方や経営者の方を対象にしたカードローン(ビジネスローン)は昔に比べて非常に商品が多くなっており、いざ探してみると出るわ出るわ、というくらいたくさん種類があります。

もちろん金利や利用限度額もそれぞれ違いますので、自分に合った商品を見つけやすいメリットがあります。

選択肢が少ないと「ここが気に入らないけど、他に貸してくれるところがないから…」としぶしぶ借りる、なんてことになってしまいますがそのような心配はありません。

事業性資金は総量規制の「例外」となるので年収に関係ない

カードローンを利用しよう、と思った方の中に「でも総量規制であまりお金を借りられないのでは…?」と疑問が湧いた方もいるかもしれません。

総量規制とは貸金業者(消費者金融・クレジットカード会社など)に対して適用される法律「貸金業法」にて定められているもので、自身の年収の3分の1を超えた金額の借入は出来ない、というものです。

ですが、その中の「例外」として「個人事業者に対する貸付」が認められています。法人はダメですが、個人事業として行っている事業用の資金であれば、年収の3分の1を超える貸付を受けても問題ないんです。

なので「大手消費者金融のビジネスローンを利用したいけど、年収が心配」という人でも大丈夫!気にせず借入をすることが出来るんです。

もちろん返済能力に合わせた借入限度額とはなってしまいますが…。

ビジネスローンを利用する際のメリットじゃな。

やはり一番のメリットは「審査が銀行や公的融資に比べると甘い」部分じゃろう。融資を考えるということは、資金が必要ということじゃ。いくら低金利だからといっても簡単に銀行からの融資がおりるかどうかはわからんし、審査にも数ヶ月という時間を要することもある。

「とりあえずお手軽に資金を調達したい」という人であればビジネスローンは願ったりかなったりな商品と言っても過言ではなさそうじゃ。

また、様々な会社がビジネスローン、あるいは事業性資金としても利用できるローン商品を提供しているから自分で選ぶことが出来る点もメリットと言える。昔に比べて選択肢が増えたのはいいことじゃな。

借りる前に!きちんと知っておくべきビジネスローンの注意点

銀行の融資や公的融資に比べると手軽に資金を調達することが出来る、ということがカードローン(ビジネスローン)の大きなメリットと言えます。

しかしながらきちんと知っておくべき点、注意しておかなければいけない点はもちろんあります。

  • 普通の「カードローン」は利用できない
  • 銀行や公的融資と比べて利息がかなり高い
  • 借りられる金額に制限がある
  • 銀行からの融資を受けにくくなる可能性がある

このあたりが利用する前に知っておくべき注意点となります。それぞれどういうことなのか解説していきます。

一般的なカードローンは利用することが出来ない

まずはこれから。カードローンとして有名な三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」やアコムのカードローンなどは申し込むことが出来ません。

正確に言えば、個人事業主の方でも自分の趣味や旅行など、プライベートなことに使う資金としてカードローンを利用する場合はOKなのですが、仕事の資金としてはお金を借りることが出来ないということです。

例えば「みずほ銀行」のカードローンを見てみると、借りた資金の使いみちは自由、とあります。

しかしながら「事業性の資金としては利用できません」ともありますので、会社の資金としてみずほ銀行のカードローンで借りたお金を充てることは出来ません。

消費者金融の「プロミス」には「自営者カードローン」があります。

これは自営業をしている方、つまり個人事業主の方が事業のための資金として利用することが出来るカードローンになっています。

プロミスの「自営者カードローン」のように、きちんと「会社の資金として扱ってもいい」と明記されているカードローンを利用するようにしましょう。

中には使いみちとして「フリー」と書かれていても利用できない場合もあります。

利用を始めてから「ダメ」と言われては大変なので、利用したいカードローンが事業資金として使えるかどうかわからない場合、事前に確認はしておきましょう。

これは、個人事業主(自営業者)は一般的なカードローンが利用できない、というわけではありません。資金使途が事業性のあるものでなければ(生活費として利用する、車の購入資金に使うなど)申込みすることが可能ですし、利用することも可能です。

あくまで借りたお金を設備資金など事業用に利用してはダメ、ということですね。

銀行や公的機関などの融資と比べて支払う利息が多くなる

次に注意すべきところはここですね。ダイレクトに金銭にかかわるところなので、一番重要なポイントといってもいいでしょう。

多くの「ビジネスローン」、「自営業者向けカードローン」は会社の資金として使うことが出来ても、ほぼ一般的なカードローンとその形は変わりません。

あくまで資金としても使えます、といったところです。

そのため多くは無担保・無保証人になっているため、金利についてもかなり高めの設定となっています。

かなり高め…とは言いますが、一般的なカードローンと比べても法外、といえるくらい高いわけではありません。同じくらいの金利と思っていただければOKです。

銀行、消費者金融、ビジネスローン専門の会社などでそれぞれ個人事業主の方向けのカードローンの金利と利用限度額を表にまとめてみました。

会社名または商品名 金利(年率) 利用限度額
スルガ銀行
スルガカードローン
14.9% 10万円~最高300万円
スルガ銀行
スタートアップローン
(新規開業のみ)
固定金利(所定利率) 30万円~最高500万円
オリコクレジット
CREST for Biz
6.0%~18.0% 10万円~最高300万円
オリックスクレジット
オリックスクラブカード
50万円コースは8.0%~17.8%
それ以外のコースは6.0%~14.9%
50万円~最高500万円
クレディセゾン
MONEY CARD EX
15.0% 1万円~最高100万円
プロミス
自営者カードローン
6.3%~17.8% 10万円~最高300万円
ビジネクスト
カードローン
100万円未満は13.0%~18.0%
100万円以上は8.0%~15.0%
1万円~最高1000万円

ごく一部ではありますが、会社の資金として利用できるカードローンをまとめるとこのようになります。

利用限度額や適用される金利はかなりバラバラであることがわかりますね。非常に種類は多いですが、きちんと選択しなければならないと言えるでしょう。

また、利用限度額及び金利面について一般的な(個人向け)カードローンと比較してみたいと思います。

会社・金融機関名 適用金利 利用限度額
イオン銀行 3.8%~13.8% 最高800万円
東京スター銀行 4.5%~14.6% 最高500万円
アイフル 4.5%~18.0% 最高500万円
オリックスVIPローンカード 3.0%~16.8% 最高800万円

比較してみると個人向け銀行系カードローンの方が金利(最高金利)が低く設定されている商品の方が多く、どちらかといえば消費者金融系カードローンに近い金利設定となっているのがわかりますね。

金利が高くても、10万円や20万円程度であればそんなに大きい影響はありません。借り入れている金額が少なければ金利が高めでも大きく差は出ないからです。

しかし、これが100万円や200万円といった数百万単位となると利息だけでもかなりの金額になることが容易に想像できるかと思います。

仮にオリコクレジットの「CREST for Biz」で200万円を借り入れた場合のシミュレーションをしてみましょう。

適用されるされる金利は「5.4%~12.0%」と大きく幅がありますが、12.0%で計算してみます。

返済方法は借り入れ残高によって毎月の返済額が変わる「残高スライド返済」にて試算してみると、利息は約「88万円」となります。

ちなみに最低金利である「5.4%」で計算しますと利息は約「30万円」となり、3分の1近くに抑えることができています。

この利息を高いと見るか安いと見るかは人それぞれかもしれません。しかし、決して無視できる金額ではないと思います。お金に敏感な経営者の方なら当然そう考えるでしょう。

対して公的な融資や銀行の融資であれば3%や2%といった低金利で借りることが可能なので利息は大きく抑えることが出来ます。

借りられる金額に制限があり、希望する金額に満たないことも

3つ目は、銀行などの融資と比べるとどうしてもその金額が抑え目であることが挙げられます。

先ほどの表を見てみると、借り入れが出来るのは300万円~500万円、唯一ビジネクストだけが1000万円までの融資を可能としています。

しつこいですがあくまでこれは一部ですので、ビジネクスト以外のビジネスローンでも1000万円~2000万円まで資金の融資を可能としてるところだってあります。ただ、それはやはり少数であり、多くは500万円くらいが限界なのが実情です。

この金額は個人が好きな用途で利用すると考えれば十分すぎるほどの金額です。

とはいえ事業を行っていて運転資金にしたい場合や新しく機材を導入したい場合など、まとまった資金が必要な場合にはどうしても500万円じゃ足りない!というケースもあるでしょう。

そのときに複数のビジネスローンを利用するのか、それとも銀行などからの資金のつなぎとして利用するのか…といった計画はきちんと立てておかないといけません。

出来るだけ大きな金額をまとめて借りるのであれば、保証人や担保が必要ないカードローンではなく、担保が必要となるローンやカードローンの利用を考えるべきでしょう。

また、先ほども触れましたが消費者金融やクレジット会社でビジネスローンを利用する場合は総量規制の例外となりますので、事業のための資金であれば年収の3分の1を超える金額であっても借りることが可能になっていますが、確定申告書や決算書などの書類を提出する必要があります。

銀行からの融資が受けられにくくなる可能性は考えておく必要アリ

最後は、今後銀行から融資をしてもらいたいと考えている方には非常に重要なポイントといえるでしょう。

すべての銀行がそうと言いませんし、担当の方の印象や考え方、お金の借り方に返済状況といった様々な要素が絡んでくるところなので、断言出来るところではないところではあります。

しかしながら傾向としては、ビジネスローンやカードローンで事業のための資金を調達した経験がある場合、銀行の融資が降りにくくなる可能性があります。

考えられる理由として、まずは「カードローンを利用しなければならないほど資金状況が悪かったのではないか」と思わせる点です。

設備投資などでまとまった資金が必要な状況であればそんなことはいってられない、と言いたくなる気持ちもありますが、そういった考えになってしまうこともあるのは事実です。

そして「カードローンそのものにいい印象を抱いていない」というケースもあります。

担当の方が個人的な考えでいい印象を抱いていない、という場合もあれば銀行の方針としてカードローンを利用している人に対しては融資を控えるとしているところもあります。

現在は昔よりもカードローンに対する考えも少しずつ変わってきている部分もありますが、まだまだそういう部分があるのも事実です。

加えて、「他の銀行などで融資が降りなかったからカードローンでお金を借りたのではないか」という想像が出来てしまうという点もあります。

カードローンを利用したことを隠していても「個人信用情報機関」に信用情報(カードローンやクレジットカードの使用の詳細情報)は数年間残っていますから確実にバレます。

それを黙っていることで印象が悪くなり融資をしてもらえない、なんてことにもなりかねません。

カードローン・ビジネスローンを利用している状態で銀行からの融資を求めるのであれば、きちんと話す必要があります。

つなぎとして利用しているのであればその旨を、完済後に融資を受けたいというのであれば完済計画を提出するなど、担当者にアピールするものがあればいいかもしれません。

カードローンでもそうなのですが、お金を借りていてもきちんと完済できているのであれば逆に借りていることが審査でプラスに働くこともあります(返済能力があると認められるため)。

ただし、もちろんですが返済を延滞しているようなことがあればマイナス評価にしかなりません。こちらも信用情報に登録されており、ごまかすことは出来ないので注意しましょう。

よく言われるビジネスローンを利用する際のデメリットじゃな。

どれもデメリットとして重要なものではあるが…目先の話でいうと金利じゃろうな。実際に比較してみるとわかるが、大手消費者金融と同程度の金利でしか利用することが出来ん。まあ、担保も不要な商品が多い分、金利が上乗せされているのは仕方ないと言える部分じゃがな。

将来的な話となると、銀行からの融資を受けにくくなることじゃろう。とはいえ業績が悪化して融資を受けるのではなく、業績が上がり事業の拡大のために銀行から融資を受けたい、という形であればビジネスローンを利用していたことはあまり関係ないかもしれん。

融資を申し込む前にビジネスローンでの借金を完済しておくというのも有効じゃな。

必要な経費が高いならおすすめなのは銀行や公的融資

手軽に借りることが出来るなど、大きなメリットがあるのがカードローン・ビジネスローンですが、やはり金額が大きくなればなるほど銀行や公的機関から融資をしてもらうほうがお得です。

ただ、融資をしてもらうまでの壁は非常に高く、カンタンにお金を借りることが出来ないのが実情でしょう。

必要書類が多い、条件が厳しい、審査も厳しいのが現実

融資を受けるとなると、

  • 事業計画書(既に事業を行っている場合は収支がわかる書類なども必要になります)
  • 設備投資のために融資が必要なのであれば見積書
  • その他銀行または公的機関が必要とする資料

といったものがまず必要になります。

特に事業計画書は重要で、これひとつで融資が決まるとも言えるくらいです。融資をもらうために、プロにきちんと見てもらってから申し込みに臨む人もいます。

また、日本政策金融公庫などの公的な機関からお金を借りるとなると申し込みの条件が厳しいこともあります。

例えば「新規創業融資」という、新たに事業を興す際の資金として融通してもらうことができる制度がありますが、開業して5年以内しか対象になりせん(新規対象なのでこちらは当然ですが)。

加えて以前の職種と同じ業種の場合(独立する場合など)は、前の会社に6年以上勤務しているか、転職前と合わせて通算で6年勤務している必要がある…など、なかなか細かい条件が提示されています。

しかもチャンスは1度だけで、審査に落ちてしまうと二度と申し込みが出来ないという厳しいものになっていますから、事前の準備は必須ですし、失敗が許されないというプレッシャーも相当なものになることが想像できます…。

その分公的融資ということもあり、金利はこれ以上はないだろうといっていいくらいにに低い設定になっており、「2.0%」で融資を受けることが出来ます。

銀行の場合はここまで細かい条件が必要にならないケースが多いですが、その分審査が厳しい傾向にあります。

公的融資を受ける際にも面談がありますがもちろん銀行から融資してもらう際にも同様に面談があり、事業計画などについて事細かく聞かれます。

もちろんそれに答えることが出来ないと「先が見えていない」と判断されて融資がおりないと考えておいていいでしょう。

銀行も慈善事業をしているわけではないので、きちんと返済できる見込みがないとお金を貸してはくれません。ここは事業を行うのですから、きちんと先を見据えた計画を立てなければいけないところですから、きちんと対応出来ないほうが問題という考えもありますが…。

銀行の融資ならカードローンタイプではないものも選択肢に

そんなに急いでいるわけではない、カードローンタイプにこだわっていない方が銀行からの融資を受けたいのであれば、カードローンタイプではない商品も選択肢に入ってくると言えるでしょう。

例えば「スルガ銀行」の事業性資金にも利用できるフリーローン「スルガフリーローン」をご紹介しましょう。

利用条件 利用限度額 適用金利
・契約時の年齢が満20歳~70歳以下
(申込み金額が100万円以上の場合65歳)
・スルガ銀行所定の保証会社の保証が受けられる
10万円~
200万円以内
14.9%

金利は銀行系カードローンと同じくらいとなっています。返済回数は最高で60回(5年間)となっており、事業性資金としてだけでなく、他の資金用途でも利用できます。

同様の商品に「関西アーバン銀行」の「アーバンフリーローン(無担保型)」もあります。

利用条件 利用限度額 適用金利
・申込時の年齢が満20歳で
 完済時の年齢が76歳未満
・継続して安定した収入がある
・保証会社の保証が受けられる
10万円~
300万円以内
5.8%・7.8%・9.8%・13.5%
のいずれか

こちらも事業性資金以外にも利用が出来ますので、様々な用途でお金を借りたいと思っている方なら、まとめての借入も可能です。

フリーローンは「最初にお金を借りてあとは返すだけ」という形式なのでカードローンのようにフレキシブルに利用することは出来ませんが、「今ここでお金を借りたい」というニーズにはしっかりと応えることが出来ます。

また、適用される金利もカードローンタイプに比べると低いのも嬉しいポイントですね。

公的融資や銀行での企業に対する融資はきちんとした事業計画が必要じゃ。これは事業を興す際に必ず仕入れる知識のひとつとなるじゃろう。

こういった書類の提出が面倒じゃから避けたい、と考えておる人もいるじゃろうが、事業計画が認められないレベルであれば起業しても事業を継続できるかどうかわからないとも言える。もちろん認められなくても素晴らしい業績を上げる会社もあるじゃろうがな。

融資を受けること自体に大きなデメリットはないし、むしろ低い金利で事業資金を手に入れることが出来るのじゃからメリットしかないと言える。チャレンジという意味でも審査を受けてみてもいいかもしれんのう。

使いどころを考えればビジネスローンは便利!

審査は厳しいけど金利はかなり低い銀行や公的な融資、大して金利は高いけれど保証人や担保がいらず手軽に借りることが出来るビジネスローン…。

どちらもメリット・デメリットが明確にあります。

正直ビジネスローンは利用しない方がいいのではないか?と考える方もいると思います。ですが、使い方や考え方によってはビジネスローンはとっても便利なのも事実なんです。

どのような方がビジネスローンに向いているのかを考えてみましょう。

従業員が少ないなど、必要経費が少ないケース

例えば特に従業員を必要とせず、個人がフリーランスとして事業を行っているような場合です。

ちょっとした広さのレンタルオフィスがあれば十分、他はパソコンや交通費、諸費用程度…といった、せいぜい100万円程度までの費用しか必要としないのであれば、わざわざ公的融資や銀行からの融資を期待する必要性はぐっと低くなります。

借りるお金が少額であれば金利が高いデメリットの影響も抑えられ、手軽に借りることが出来る、利用限度額の中であれば追加の借り入れも可能…といったメリットをたくさん受けることが出来ます。

今後銀行などからの融資を受ける気がないケース

潔く(?)銀行からの融資はアテにしない!という漢らしい考えをお持ちの方の場合は、ビジネスローンを最大限活用することが出来ますし、する必要がある…といえるかもしれません。

どうしても融資が降りるまでに時間がかかってしまいますので、スピーディな資金調達を考えているのであればビジネスローンは最適な選択肢となります。

ただし担保アリで金利を低めに設定した商品にするなど、金利の高さというデメリットを出来るだけ少なくするようなカードローン(ビジネスローン)を探す必要があるでしょう。

すぐに現金が必要になることが多いケース

まとまったお金が急に必要に!ということが多い場合は、スピーディに対応してくれるビジネスローンやカードローンの方が便利に使うことが出来るでしょう。

契約だけしておけば好きなタイミングで借り入れが可能なので、念の為にと契約しておくのもいいですね。

ただ、こちらも借り入れる金額によっては利息が結構かさんでしまいますので、商品を慎重に選ぶ必要があります。

変わり種!?クレジットカードで事業資金をゲット

普段の生活の中でふっと事業性資金が必要になる…というケースはまあありませんが(笑)、生活にも役立ち、かつ事業性資金の調達にも便利!な商品もあります。

オリコクレジットの「UPty for Biz S」という商品は、クレジットカードに事業性資金利用OKなキャッシング枠を備えたものです。

もちろんカードを利用したショッピングも最高200万円までOK(利用枠によります)。事業性資金として利用OKなキャッシング機能もついており、枠は最高で100万円までです。

適用される金利は80万円コースまでは「18.0%」、100万円コースは「15.0%」と決して低くはありませんが、事業性資金OKなキャッシング枠がついているクレジットカードは非常に珍しいので、個人事業主でそんなに資金が多く要らない方、またはつなぎにちょっとだけ使いたい方にオススメです。

規模が小さめの事業を行っている、特に銀行からの融資を望んでいない場合はこういったビジネスローンは非常に貴重な選択肢と言えるじゃろう。

もちろんビジネスローンを利用したからといって銀行からの融資が全く受けられなくなることはない。が、金利面で考えると金額によっては銀行から融資を受けたほうがいいのでは?というケースもあるじゃろうな。

とはいえ数千万単位でもない限りはビジネスローンでも十分に返済出来る、という人も多いじゃろうし、その点は利便性との兼ね合いで自分の好みという結論になってしまうかのう。

金利は高めだが、自分のニーズに応えられる商品を選ぶことが一番

事業を行っているのであればあまりカードローンは利用しないほうがいい、というアドバイスをもらったことがある方もいるかもしれません。

とはいえ必ず銀行から融資してもらえるわけではありませんし、だからといって事業をたたむわけにもいきません。この時を乗り越えればなんとかなる、というケースも十分にあるでしょう。

既に銀行から融資を受けている方の場合は、つなぎとしてビジネスローンを利用するといったような使い分けも出来るでしょうし、結局は「自分のニーズに合っているか」がポイントと言えます。

カードローンと銀行・公的の融資はお互いにメリットとデメリットが真逆といえるものなので、上手く補えるような使い方をすることで資金調達もぐっとラクになるかもしれません。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用できる金融業者はどこ?

自己資本金が潤沢にあれば別じゃろうが、たいていの場合はどこかで融資をしてもらったり出資をしてもらわないとなかなか事業が立ち行かないこともあるじゃろう。

「ただこの時を乗り越えたい」というのであればカードローンでも十分な選択肢と言える。借入ることが出来る金額は決して大きくはないが(1000万以上OKなところもあるにはあるがの)、設備投資などの資金として十分に役に立つはずじゃ。

個人事業で社員をほぼ雇うこともなくやっているようなケースであれば、それこそ銀行での融資や公的融資を利用しなくても十分にやっていける、ということが多いじゃろう。クレジットカードにキャッシング機能(事業資金に利用OK)がついたものでも十分ではないじゃろうか。

閉じる
閉じる