カードローン審査の「困った」を解決

借入先を決めていない人に教えたい!おすすめカードローン会社一覧

「今月はどこかからお金を借りないとちょっと乗り切れないかも…」なんていう経験がある人も、少なくないのではないでしょうか。そんなとき、家族や友人知人を頼れればいいのですが、そうでない場合は貸金業者を検討しなければなりません。

でも、カードローンを利用したことがない人にとっては、何を基準にどうやってローン会社を選べばいいのかさえよく分からないものですよね。

そんな方々のために、このカテゴリーではおすすめのカードローン会社を一覧にしてご紹介しています。初心者の方も、あらためて情報収集したいという方も、ぜひ参考になさってくださいね。

カードローン会社にはどんな種類があるの?業種ごとの違いは?

カードローン商品自体にも非常に多くの種類がありますが、カードローンを扱っている業者もまた多いものです。でも、カードローンを取り扱う業者は、大きく3種類に分けられるって知っていましたか?まずは、そんな基本的なところから見ていきましょう。

カードローンの取り扱い業者

カードローンや、それとほぼ同じ意味のキャッシング商品と言えば、消費者金融のものだと思っている人も多いのではないでしょうか。でも実際は、消費者金融以外にも以下のような業種にカードローンがあるんです。

業種 具体的な業者の例
消費者金融系 ・アコム、モビットなどの大手消費者金融
・フクホーなどの中小消費者金融
信販系 ジャックス、セゾンなどのクレジットカード会社
銀行系 ・三菱東京UFJ銀行などの大手銀行(都市銀行)
・静岡銀行などの全国の地方銀行
・全国の信用金庫や農協などの地域密着型金融機関
・楽天銀行などのネット銀行
・イオン銀行やセブン銀行などの新しい形態の銀行

大別すると3業種ですが、その内訳にはこれだけ様々な業者があるんです。こんなにたくさんの業者から、どうやってひとつのカードローン会社に決めればいいのか迷ってしまいますよね。

業種によるカードローン商品の違い

たくさんの中からうまく自分に合った商品を選ぶためには、まず業種ごとの特徴を知っておきましょう。それぞれの業種とその特徴は、以下の通りです。

業種 特徴
消費者金融系 ・金利が高め
・利便性が高い
・大手は初めての人を対象に無利息キャンペーンがあるところが多い
信販系 ・金利が高め
・最大限度額が小さめ
・融資までに時間がかかる
銀行系 ・最大限度額が大きめ
・金利が低め
・総量規制対象外

ざっと比べるとこのような違いがあります。

どれがいいかは、急いでいるかどうか、いくら借りたいのか、長期的に使っていくのか一度だけの予定なのか等、自分の希望やライフスタイルによっても異なります。

まずは、自分のカードローンに対する希望をよく考えることから始めましょう。

総量規制とは?

どの業種から借りるのかについて考えるとき、重要なポイントのひとつに総量規制があります。

総量規制とは、年収の1/3までしか借りることができないという、貸金業法によって定められている規則です。年収を基準にしているので、収入がない専業主婦の方などは、原則として借入ができません。

しかし、銀行系カードローンは銀行法によるものなので、総量規制の対象外となり、専業主婦でも配偶者に安定収入があれば借入可能なのです。

したがって、ご本人に収入がない方は、必然的に銀行系を選ぶことになりますね。

貸金業者にもいろいろあって、業種によってそれぞれメリットとデメリットがあるんじゃな。

最近は店舗を持たないネット専用銀行も増えてきたが、これは都市銀行と同じような銀行業を営むれっきとした銀行なんじゃな。

専業主婦など自分には収入がないけど借入はしたいという人は、総量規制についてもよく知っておくべきじゃな!

審査基準をチェック!事前に準備して審査で可決を勝ち取ろう!

カードローン会社の選択や申し込みにあたって、初心者の方なら分からないことが次々出てくるものです。(⇒カードローンのよくある質問をチェック!)その中でも、審査条件がどのようなものなのかは特に気になるところですよね。そこで、審査でどんなところをチェックされるのかを知っておきましょう。

審査でチェックされる項目

カードローンに申し込んだ後、審査でチェックされる項目は以下のようなものです。

  • 勤務先・職種・雇用形態
  • 年収
  • 勤続年数
  • 家族構成
  • 居住形態・居住年数
  • 固定電話・携帯電話を所有しているか否か
  • 個人信用情報(クレジットヒストリー)

基本的にすべての情報をチェックされるのですが、この中でも、非常に重視されるものとそれほどでもないものがあります。

詳しくはカテゴリー内の記事を参照していただくとして、特に重要な「個人信用情報」については、次章にご説明します。

審査は保証会社が行う

このような情報を元に審査が行われるわけですが、申し込みをしたらその情報が保証会社に送られ、実際の審査はその保証会社が行います。

今ではほぼすべてのカードローンにおいて担保も連帯保証人も不要で、代わりに保証会社が保証するシステムになっています。したがって、返済能力のない人に貸してしまうと保証会社が代わりに返済しなければならなくなるので、それを回避するためにきっちりと保証審査を行うのです。

業者によって委託している保証会社が異なり、また、別々の貸金業者が同じ保証会社を利用することもあります。保証会社について事前に知りたければ、各金融業者のサイトで商品概要説明書を確認してみましょう。

職場や家に電話がかかってくるの?

できることなら誰にも知られずに借入をしたくて、「自宅や職場に電話や郵送物があると困るんだけど…」と考える人も、少なくないのではないでしょうか。

しかし実際は、審査に前後して在籍確認電話を勤務先にかけてくる業者が多いです。

先述の通り消費者金融は、原則として本人に収入がある人にしか貸せませんので、勤務先に電話連絡をして収入があることを確認するのです。

でも、条件を満たせば、電話確認を省略できる業者も皆無ではありません。勤務先に電話がかかってこないことを条件にカードローン会社を選びたい人は、ぜひ他の記事にてご希望に合う業者を探してみてくださいね!

今のカードローンは保証人も担保もいらないから、とっても気軽に申し込めるようになっておるんじゃ。代わりに保証会社が保証業務をやっていて、保証料は金利に含まれていて利用者が支払う形になっているんじゃな。

返済シミュレーションで月々の返済額を事前に確かめておくことも、借入希望額を算出するのに必要なことじゃ。そうすることで、審査に通る可能性も高まるんじゃよ!

個人信用情報を攻略しよう!信用情報機関とはどんなところなの?

ここからは、審査において何よりも重視される個人信用情報についてお話します。どのような状態なら審査に通りやすいのか、個人信用情報はどこに保管されているのか、そもそも個人信用情報って何なのか等、初心者さんにも分かりやすくご説明します。

個人信用情報って何?

個人信用情報、別名クレジットヒストリーとも呼ばれるものは、具体的には以下のような情報のことです。

  • 氏名・勤務先・運転免許証番号など個人に関する情報
  • いつどの業者に申し込んだか等、申し込みに関する情報
  • 滞納の有無など返済状況に関する情報
  • どの業者からいくら借りているか等借り入れに関する情報
  • 自己破産・債務整理等、金融事故情報

申込者のこれまでの借り入れや返済、申し込みなどに関する情報が、ほぼすべてが網羅されているのです。

信用情報機関とは

これらの個人信用情報は、「指定信用情報機関」と呼ばれる、以下のような機関によって収集・保管されています。

  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター
銀行系のローンに関する情報は全国銀行個人信用情報センターが、クレジットカードや消費者金融業者いわゆるサラ金に関する情報はCICとJICCが、それぞれ収集して保管しています。申し込みがあったら各業者は、これらの信用情報機関に申込者の情報を照会して、審査を行うのです。

審査に通るためには

個人信用情報に良からぬ情報が記載されている状態を、「ブラック」と呼びます。ブラックの状態で新たにカードローンに申し込んでも、審査に通る可能性はほぼないと言ってよいでしょう。

具体的には、個人信用情報に延滞や金融事故情報、また、複数の他社借入がある等の状態がブラックに当たります。

このような情報は、信用情報機関の保管期限が過ぎれば消去されますので、ブラックではなくなってから申し込みをするようにしましょう。

個人信用情報についての知識は、カードローンの利用において絶対に必要なものじゃ。どの会社を選ぶにしても、個人信用情報がブラックなら門前払いなんじゃよ。

自分の個人信用情報を照会することもできるから、不安な人は申し込む前に調べておくとよいんじゃよ!

カードローン会社一覧の中から自分に合った業者を慎重に選ぼう!

人気芸能人を使った広告の影響もあって、カードローンは気軽に申し込めるイメージがあります。また、枠内でいつでも何度でも借入できる利便性もあるので、若い人にも人気ですよね。とはいえ、借金をすることには変わりないですから、慎重に考える必要があります。

安易に申し込みをして、否決になってしまうと、それがまた次の審査において不利に働くことになってしまいます。そうならないようにするには、しっかりと情報収集をして自分に合ったカードローンに、高い確率で審査に通る状況で申し込むことが大切です。

業者を決めかねている初心者さんには難しく感じるかもしれませんが、こちらのカテゴリー内の記事を一通りお読みいただければ、うまく可決になる方法についてもいろいろな知識を得ることができますよ!

【参考ページはこちら】
カードローンを利用できる金融業者を教えて!

一昔前はカードローンといえばサラ金というイメージじゃったが、今ではいろんな業種にいろんなカードローン会社があるから、初めての人は特に迷ってしまうものじゃな。

このカテゴリー内の記事を読めば、どの会社にどんな内容のカードローンがあるのか、一通り分かるようになっておるんじゃ。これまで知らなかった業者も、きっと見つかるはずじゃよ。

ひとつの業種にしぼって選ぶのもよいし、すべての業種のカードローンを徹底比較してみるのも勉強になりそうじゃ!多くの情報を得て、自分にぴったりのカードローンを選ぶんじゃよ!

このカテゴリの最新記事
12345...102030...
閉じる
閉じる