カードローン審査の「困った」を解決

銀行系カードローンをもっと便利に使えるようになる知識まとめ!

かつてはカードローンやキャッシングといえば消費者金融、通称「サラ金」と呼ばれるところを思い浮かべる人が多かったものです。しかし近年、銀行にも魅力的なカードローン商品が増えてきて、実際に利用する人も多くなっています。

優れた銀行系カードローンがたくさん出てきたことで、単に選択肢が広がっただけでなく、これまで借り入れができなかった人たちにもカードローン利用のチャンスができました。

ここでは、そんな銀行系カードローンについての基本情報から、より便利にお得に使えるようになる情報まで、幅広くご紹介しています。お好きなところから、目を通してみてください!

消費者金融との違いはどこにある?銀行系カードローンの特徴とは?

まずは銀行系カードローンというものについて、ごく基本的なところからお話を始めましょう。銀行系にはどんな特徴があるのか、他の業種のキャッシングとの比較を通してご紹介します。

銀行系以外にはどんな種類があるの?

カードローンやキャッシング業者は、以下のように分類できます。

  • 銀行系
  • 消費者金融系
  • 信販系

消費者金融系とは、アコムやプロミス、モビットなど大手消費者金融や、その他中小規模の消費者金融のことを指しています。このような消費者金融系は、かねてからキャッシング商品を取り扱ってきた、貸金業者としてもっとも良く知られているところと言えます。

また、信販系とはセディナやセゾンなどのクレジットカード会社のことで、クレジットカードのキャッシング枠だけでなく、専用ローンカードを発行するタイプの商品も取り扱われているところも多いです。

消費者金融系と信販系の特徴とは?

これら3業種の中で、消費者金融系と信販系は「貸金業法」という法律に基づいてカードローン商品を販売しています。

一方、銀行系は「銀行法」という法律を遵守することになっています。

消費者金融系と信販系は同じ法律を元にしているため、カードローン商品の内容も共通する部分が多いです。たとえば、

  • 金利が高い
  • 最大限度額が小さめ
  • 総量規制のため年収の1/3未満しか貸付できない
  • 借入限度額50万円から収入証明書が必要な業者が多い
  • 専業主婦は配偶者に安定収入があっても原則NG

このような特徴があります。

最大限度額については、ひとつひとつの業者を見ていけば、銀行よりも高い大手消費者金融もありますので一概には言えません。

しかし、金利が高い傾向や総量規制による縛りがあることは、すべての消費者金融系および信販系に共通しています。(こちらもおすすめ→レイクは金利が高めだけどおすすめ?

ただし、審査スピードについては、消費者金融会社はとても速いところが多く、信販系は時間がかかるところが多いという違いがあります。

銀行系のメリット

お伝えしたように、銀行系は消費者金融系および信販系とは守るべき法律が違いますから、他業種にはない独自のメリットがあると言えます。

すなわち、銀行系のメリットとしては、

  • 低金利でお得に借りられる
  • 最大借入限度額が大きい
  • 総量規制対象外
  • 借入額が小さければ収入証明不要なところが多い
  • 配偶者に安定収入があれば借入できる可能性がある

このような点が挙げられます。

同じ金額を借りるにしても、消費者金融系や信販系よりも低金利で借りられるケースも多いんです。

銀行系は、金利がお得なのが最大のメリットじゃな。長期的に使えば使うほど、金利の差はどんどん大きくなってくるんじゃ。

ただし、大手消費者金融なら、初めての人を対象に無利息期間がつくサービスをやっているところも多いんじゃ。1回だけ利用するつもりなら、このサービスを使うのもお得じゃよ!

銀行系なら総量規制対象外!専業主婦でも借りられる可能性アリ!

消費者金融系と信販系との比較を通して、銀行系の特徴を簡単に見てきました。中でも総量規制対象外であるということが、銀行系の大きなメリットと言えます。ここでは、その総量規制対象外であるということについて、もう少し詳しく見ていきます。

総量規制とは?

2010年に完全施行された改正貸金業法において、初めて「総量規制」というものが導入されました。これは、貸金業者からの過剰な融資を規制して、消費者が健全にキャッシング等を利用できるようにするための規則なのです。

先にも少し触れましたが、総量規制によって以下のような取り決めがなされました。

  • 他社借入も含めて年収の1/3までしか借りられない
  • 50万円以上および他社借り入れを含めて100万円以上の契約希望額のときは、収入証明書類が必要
  • 本人の収入がゼロの専業主婦には融資されない

かつては年収の1/3以上でも借りられたので、どんどん借金してしまい、結局返済し切れなくなって自己破産するなど大変な状況に追い込まれる人も少なくなく、これを改善するために総量規制が設けられたのです。

総量規制導入以前は、専業主婦が消費者金融にて借りられることがあったのですが、今では大手消費者金融ではほぼ100%不可能な状況となっています。

総量規制の例外

とはいえ、総量規制には以下のような除外や例外もあります。

  • 顧客に一方的に有利になる貸し付け(借り換え等)
  • 配偶者貸付
  • 個人事業主に対する貸し付け
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン

消費者金融系でも「おまとめローン」や、「ビジネスローン」などという商品名で、個人事業主や会社の代表者に向けたカードローンがあったりしますが、これなら年収の1/3を超える金額でも借入できる可能性があります。

ビジネスローンは事業資金にも生活費にも使えるので、個人事業主の方にはおすすめです。

専業主婦は銀行系一択!

上記の総量規制の例外の中に「配偶者貸付」というものがあります。これは、夫婦の年収を合算した金額の1/3までなら貸し付けOKという例外で、つまり収入ゼロの専業主婦(主夫)でも夫(妻)の年収の1/3までなら借りられる可能性があるということです。

しかし、この例外は中小消費者金融のごく一部でしか行われておらず、大手ではまず不可能です。しかも、配偶者貸付を行っているところでも、消費者金融ですからやはり金利は高めです。

銀行系なら、わざわざ配偶者貸付を行っているところを探さなくても、ほぼすべての金融機関で専業主婦も利用可能となっているうえに、低金利です。

したがって、専業主婦の方がカードローンを検討する際には、銀行系の中から選ぶことをオススメします。

もしも消費者金融なのに年収の1/3を超える貸し付けをしているところがあったら、それはヤミ金融とか闇金と呼ばれる悪徳業者の可能背があるから要注意じゃ!

ただし、総量規制の除外に当たる貸し付けなら消費者金融でもOKじゃから、気をつけて見てみると良いんじゃ。

銀行系であれば、専業主婦でも配偶者に安定収入があれば借りられる可能性があるのは、助かる人も多そうじゃ!

知っておこう!銀行系カードローンの審査に通るにはどうすべき?

低金利、総量規制対象外など、いろんなメリットがある銀行系カードローンですが、もちろん審査に通らなければ利用することができません。

それでは、どうすれば審査に通りやすくなるのでしょうか?詳しくはカテゴリー内の記事をご覧いただくとして、ここでは重要なポイントだけをご紹介します。

銀行系の審査基準

巷では、銀行系カードローンの審査は厳しいという言わさもありますが、実際のところはどうなのでしょうか?(⇒銀行系カードローンの審査は厳しいの?

銀行系を含めどの業者も審査基準をはっきりと公表してはいないため、絶対的なことは言えませんが、銀行系が特に厳しくてその他の業種は審査が緩いということはありません。

どの業者においても、保証会社による審査において返済能力があると認められなければ、お金を借りることはできません。返済できることを示すためには、申し込みにおいて年収とバランスのとれた利用限度額を記入することも重要です。

個人信用情報

銀行系に限ったお話ではありませんが、カードローンやキャッシングの審査において、個人信用情報ほど重視されるものはありません。

個人信用情報とは、現在の借入額や返済額、滞納、任意整理や自己破産件数等の金融事故に関する情報などが記載されているもので、これに望ましくない情報があると審査に合格するのはとても厳しくなります。

なので、延滞や債務整理などが記載されている状態での新たな申し込みは、避けておきましょう。不安な方は、自分の個人信用情報を開示請求して、問題がないことを確認してから申し込みをしてくださいね。

口座開設をしておこう

消費者金融系と違って、銀行系カードローンの場合、その銀行に口座を持っていることが条件となる商品が多いです。カードローンの申し込みと同時に口座開設の申し込みもできるというところが多いですが、これだと融資までに余計な時間がかかることもあり得ます。

なので、申し込みたいカードローン商品が見つかったら、まずはその銀行に口座を作っておくことをオススメします。もちろん、元々口座を持っている銀行のカードローンを選ぶというのも良い方法ですね。

ただ、中には三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」のように、自行に口座開設不要のカードローン商品もあります。

口座を作らずにカードローンを利用したい方は、そのようなところを探してみても良いでしょう。

なぜ審査落ちしたか分からず、個人信用情報を調べてみたらそこに原因があったというケースもあるから、以前に滞納や債務整理などをしたことがある人は、まず自分がブラックになっていないか調べてみると良さそうじゃ。

口座がなくても利用できる銀行系カードローンもあるが、自行ATMなら手数料無料で利用できるところが多いし、口座を作ってキャッシュカードとローンカードをひとまとめにしてしまうのも便利じゃよ。

銀行系カードローンにはメリットいっぱい!賢くお得に借りてみよう!

以前は融資までに時間がかかったり、お堅いイメージがあったりした銀行系カードローンですが、今では即日融資可能なところも多くなり、広告の影響もあってかなり人気が高まってきています。

メガバンクだけでなく、地元の銀行や信用金庫なども銀行系に含まれますので、選択肢はかなり豊富です。さらに、どこも金利が低くて総量規制の対象外というメリットは、共通しています。

そんな魅力的な銀行系カードローンをより便利に賢く使えるようになるために、ぜひこのカテゴリー内の記事をご覧になってみてください!

【参考ページはこちら】
カードローン会社一覧をチェック!

最近の銀行系カードローンは本当に便利になっておるんじゃ。インターネットで申し込めたり、審査結果回答も素早く来るようになっていたりして、利便性においても消費者金融系に引けをとらないんじゃよ!

しかも金利が低くてお得じゃし、専業主婦でも利用できる可能性があるし、カードローンを検討している人は、銀行系を第一候補にするのも悪くない選択じゃ!

銀行カードローンは、消費者金融より審査が厳しいと言...

カードローンの中でも人気の銀行系ですが、銀行系カー...

カードローンの発行元には、消費者金融や信販会社、銀...

お金を借りるには実に多くの企業が揃っていますが、ど...

カードローンは銀行、銀行系、信販会社、消費者金融と...

12
閉じる
閉じる