カードローン審査の「困った」を解決

主婦必見!みずほ銀行カードローンなら夫に内緒で借入れ可能

主婦が家計を管理している家庭も多いのではないでしょうか?そんな時に借入れができると便利ですよね。いちいち夫に許可を取ってから借入れするのは面倒なので、できれば夫に内緒で簡単に借入れを済ませたいと思いませんか?主婦の中にはアルバイトやパートなどで収入がある主婦と、全く収入がない専業主婦がいます。

同じ主婦でも収入がある主婦と無い主婦では借入れ先が変わってくるので、違いを知っておきましょう。

ここでは、主婦が申し込みをするのは消費者金融と銀行のどちらが良いのか、収入がある主婦と無い主婦に分けて説明していきますよ。そして銀行カードローンの例として、みずほ銀行カードローンを紹介していきます。

知っておきたい!主婦の申込み先

主婦が夫に内緒でお金を借りようと思ったら消費者金融、銀行のどちらが良いのか知っていますか?一般的には金利が低いのは銀行、審査が緩いのは消費者金融と言われますよね。実は主婦でもパートやアルバイトなどで安定した収入がある主婦なら夫に内緒でどちらからでも借入れができます。

過去の借入れ状況などに金融事故が無く、審査に通る自信がある場合では銀行の借り入れが低金利で良いですね。一方、専業主婦で収入が全くない場合で、夫に内緒で借入れするなら銀行へ申し込みするのが良いでしょう。消費者金融では総量規制があるため専業主婦が借入れの申し込みをしても断られることが多いのです。

夫に内緒で借入れ 銀行 消費者金融
収入のある主婦
専業主婦 ×

次から詳細を説明していきますよ。

主婦がお金を借りるには、収入があるか、収入が全くないのかが重要になるのじゃ。

アルバイトやパートなどで月々安定した収入があれば、銀行でも消費者金融でも問題なく借りることができるのじゃぞ。

反対に全く収入が無い専業主婦であれば、消費者金融での借入れはあきらめて、銀行カードローンに申し込みをするのじゃぞ。

アルバイトやパートで収入がある主婦の借入方法

パートやアルバイトなどで毎月安定した収入がある主婦では比較的借入れがしやすいです。自分の収入で申し込めば良いので、夫に内緒で借入れできますよ。
(⇒主婦におすすめ借入情報

消費者金融で借入れ

消費者金融で借入れを希望する場合では、総量規制によって借入限度額は年収の1/3までとなっていますね。例えば年収100万円の場合では30万円程度が借入限度額となります。また一度の借入希望額が50万円を超える場合と、他社との借入総額を合わせて100万円を超える場合は収入証明書が必要になります。

総量規制:
? 個人の借入総額は年収の1/3まで
? 申込み先1社での借入希望額が50万円を超える場合、収入証明書の提出を求める
? 他社との借入総額を合わせて100万円を超える場合、収入証明書の提出を求める

つまり年収100万円の主婦は、50万円を超える借入れができないため、収入証明書の提出は必要ありませんね。そうなると必要書類は、運転免許証などの本人確認書類のみとなり、簡単に申し込めますよ。

みずほ銀行で借入れ

みずほ銀行で借入れを希望する場合では総量規制がないので年収の1/3を超える借入れが可能になります。しかし銀行でも年収の1/3程度を借入れの目安としていますので、年収100万円の主婦が確実に審査に通りたいなら、30万円程度の借入希望が無難となりますよ。

またみずほ銀行カードローンでは、利用限度額が200万円以下の場合では収入証明書の提出は不要となっています。そのため、みずほ銀行でも必要書類は本人確認資料のみで簡単に申し込みができますよ。

収入がある主婦が消費者金融からお金を借りるなら、年収の1/3までが利用限度額となるのじゃ。

また、一度に50万円以上の借入を希望するなら収入証明書の提出が必要なのじゃぞ。

みずほ銀行カードローンを利用するなら、利用限度額の設定はないのじゃが、年収の1/3程度が審査に通りやすい金額となるのじゃ。

200万円を超える金額を希望しなければ、収入証明書の提出も不要じゃぞ。

専業主婦など、収入が全く無い主婦の借入方法

全く収入の無い専業主婦の場合では消費者金融での借入れは難しくなります。なぜなら2010年6月に改正貸金業法というのが施行されました。この法律によって消費者金融などの貸金業界では総量規制ができたり、グレーゾーンの廃止が行われたり、さまざまな変化が起きたのです。

その変化の一部として専業主婦の借入れが難しくなりました。具体的には先ほど紹介した「年収の1/3を超える借入れは出来ない」という決まりですね。専業主婦は収入がありませんから年収も0円となります。つまり借り入れできる金額が無いのです。

総量規制の例外

しかし総量規制にも例外があるのです。専業主婦の場合では、配偶者と合算して夫婦2人の年収の1/3まで借入れ可能となりました。けれど、この場合では必要書類に配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類が必要となっています。そのため夫に内緒で借入れするということはできません。

総量規制の例外:
配偶者と併せた年収の1/3以下の貸付け(配偶者貸付け)
※配偶者の同意書・夫婦関係証明書面等の提出が必要

専業主婦なら銀行カードローン

銀行カードローンであれば、総量規制の適用はありませんので、専業主婦の借入れに配偶者の同意が必要になることはありません。

そこで専業主婦が借りるには銀行カードローンは銀行法がピッタリです。(こちらもご参考に→専業主婦は無職でも借りられる?)銀行法に基づいて運営しているため改正貸金業法は関係なく収入の無い専業主婦でも借入れ可能となっています。

専業主婦など、全く収入がない主婦が消費者金融に申し込むのは辞めた方が良さそうじゃぞ。

総量規制の例外で、専業主婦が消費者金融に申し込みをする事は出来るのじゃが、配偶者の同意が必要となっておるから、夫に内緒で借入れすることはできないのじゃ。

つまり、専業主婦なら総量規制が関係ない銀行カードローンに申し込みをすると、スムーズに借入れできるのじゃぞ。

主婦にピッタリ!みずほ銀行カードローン

それでは数ある銀行の中から、みずほ銀行カードローンを例に挙げて紹介していきます。みずほ銀行カードローンは、専業主婦に対してどんな貸付条件があるのか見ていきましょう。

  • 契約時満20歳以上満66歳未満
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の保証を受けられる方

安定かつ継続した収入がある方が対象となっていますが、本人に収入が無い場合は、配偶者に安定かつ継続した収入があれば、利用限度額30万円を上限に申し込むことができるのです。

申込書の入力内容

申込みをする時には、申込書に入力する必要がありますね。その中には、勤務先情報の入力があります。みずほ銀行カードローンの場合では、最初に「収入がある方」か「収入がなく配偶者に収入がある方」か、を選択する必要があります。

そこで、収入がなく配偶者に収入がある方を選ぶと、勤務先情報も配偶者の勤務先情報を入力することになりますよ。具体的には以下の4点ですね。

  • 名称
  • 勤続年数
  • 業種・内容
  • 税込年収

あらかじめ、これらの情報を調べてから申し込みをするとスムーズになりますよ。配偶者の勤務先名称、勤続年数、業種・内容、税込年収となりますから、普段の会話から把握するか、源泉徴収票などの書類をチェックする必要がありますね。

みずほ銀行カードローンの金利

さて、みずほ銀行カードローンではプランや利用限度額によって金利が異なります。

利用限度額 コンフォートプラン エグゼクティブプラン
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0% 年7.0%
300万円以上400万円未満 年7.0% 年6.0%
400万円以上500万円未満 年6.0% 年5.5%
500万円以上600万円未満 年5.0% 年5.0%
600万円以上800万円未満 年4.5% 年4.5%
800万円以上1,000万円以下 年4.0% 年3.5%

専業主婦では利用限度額30万円が上限となりますので、コンフォートプランで金利は10万円以上100万円未満の年14.0%が適用となりますね。消費者金融では年18.0%のところがほとんどなので、4.0%も低い金利で借りることができますよ。もちろん担保や保証人は不要なので夫に内緒で申込みもできますね。

みずほ銀行カードローンの自動貸越機能

みずほ銀行では自動貸越機能があるので主婦の利用にはピッタリですよ!自動貸越機能とは、普通預金口座の残高が不足した時に自動的に不足分をカードローンから借入れを行ってくれるものです。

例えば「普通預金口座には3万円しか残っていないけど、どうしても5万円必要」と言う時には普通預金口座から5万円引き出すと不足分の2万円はカードローンから自動で借入れをしてくれるのです。

この機能はカードローンのカードを「キャッシュカード兼用型」を選ぶ必要がありますよ。「キャッシュカード兼用型」と「カードローン専用カード」がありますので間違えないようにしましょう。しかも「キャッシュカード兼用型」にしておくと、万一カードを夫に見られても安心ですね。

併せて便利!スイングサービス

みずほ銀行カードローンには、スイングサービスもあります。自動貸越機能では預金口座の現金の引き出し時、不足する分をカードローンから借入れする機能でしたが、スイングサービスは、公共料金やクレジットカードの支払いで普通預金口座の残高が不足する時に、自動的に融資するものになります。

つまり、支払日に残高が不足していてもカードローンから自動で融資を行い、不足分をカバーしてくれる優れものなのです。スイングサービスの中には、こういった自動融資サービスの他にも、自動振替サービスがあります。

自動振替サービスでは、カードローン口座へ多めにカードで入金した場合、プラス残高部分を返済用普通預金口座に自動で入金してくれるのです。いくら返済したら良いのか分からない時には多めに返済しておくと、多かった分は戻ってくるので助かりますね。

みずほ銀行カードローンの申込方法は5種類

みずほ銀行カードローンの申込方法は5種類から選ぶことができます!

  • パソコン
  • モバイル
  • 郵送
  • 電話
  • 窓口

パソコンなら24時間受け付けしているので夫のいない時にコッソリ申し込みができますよ。またパソコンで申し込む時にはみずほ銀行に口座があるか、無いかで申し込むボタンが違います。口座がある場合では「キャッシュカード兼用型」になり、お手持ちのキャッシュカードを利用して即日融資が可能となります。

「カードローン専用カード」が持ちたい場合や口座が無い場合では、口座無しを選ぶと審査結果は申し込んだ当日に分かります。その後、手続きを完了すると1~2週間後にカードが手元に届くことになります。

口座を持っていないけど急いでお金が必要だという時には、本人確認書類と印鑑を持って近くのみずほ銀行窓口へ行きましょう。みずほ銀行なら消費者金融と違って銀行なので、来店しやすいですよね。夫に内緒で借入れできる可能性も高いですよ。

【参考ページはこちら】
一番手軽にみずほ銀行カードローンを申込める方法は?

みずほ銀行カードローンなら自分名義で夫に内緒で借入れできるのじゃ。ただし、申込書には、配偶者の勤務先情報を入力する必要があるから、把握しておく必要があるのじゃぞ。

みずほ銀行カードローンなら自動貸越機能、スイングサービス等、内容も充実しており、しかも上限利用額30万円、年14.0%と低金利で借りることが可能なのじゃ。

夫に内緒で借入れしたいなら、パート主婦にも専業主婦にもみずほ銀行カードローンがピッタリじゃぞ。

閉じる
閉じる