カードローン審査の「困った」を解決

どこに住んでいても使える?千葉銀行のカードローンを検証

三菱東京UFJ銀行の『バンクイック』や、みずほ銀行の『みずほ銀行カードローン』などの名前は、多くの方が聞かれたことがあるのではないでしょうか。近年、銀行でもカードローン商品が多く取り扱われるようになり、大手銀行の商品の名前はCMでもよく聞かれます。

それと合わせて、最近地方銀行のカードローン商品も注目を集めるようになっています。
(⇒地方銀行?大手銀行?使うならどっち?

その中の一つが、千葉銀行のカードローン商品です。ですが、地方銀行の商品を利用する場合、注意点があります。それは、全国どこに住んでいても申し込めるのではなく、利用地域が限られている商品も多いことです。

では、千葉銀行のカードローン商品はどうなのか、詳しく検証しましょう。

地方銀行では営業区域内のみで使える商品が多い!?

大手の銀行の場合、全国どこに住んでいてもカードローンの申し込みができますが、地方銀行のカードローン商品の場合、住んでいる地域によって申し込みを制限している商品が多くなっています。

地域密着主義が多い地方銀行だからこその制限がある!

地方銀行には、地域密着主義を掲げている銀行が多くあります。今回カードローン商品について取り上げている千葉銀行も、地域と共に歩むことを目指した取り組みを行っているとホームページ上で述べています。

地方銀行は、その銀行がある地域に貢献することを目指して経営を行っていることが多いため、金融商品も周辺に住んでいる人向けのものが多いということなんですね。そのため、カードローン商品の利用をその銀行の営業地域内に住んでいる人に限定している商品がほとんどなのです。

例えば、以下のような地方銀行のカードローン商品は、カードローンを利用する上で居住地や勤務地に関する条件を設けています。

銀行名と商品名 居住地や勤務地に関する利用条件
北洋銀行『スーパーアルカ』 住まい・勤め先が北海道内にあること
福島銀行『フリーライフ』 福島銀行の営業エリア内に住まいか勤め先があること
愛知銀行『リブレ』 愛知銀行の営業区域内に住まいか勤め先があること
高知銀行『サポート』 高知銀行の営業エリア内に住まいか勤め先があること(四国島内にある店舗に限る)
長崎銀行『ブイクラス』 長崎銀行の営業エリア内に現住所があり、取引店の近くに住まいか勤め先があること

その一方で、以下のような一部の地方銀行では、全国どこに住んでいても利用できるカードローン商品を取り扱っています。

  • 静岡銀行『セレカ』
  • 山口銀行『マイカードやまぐち君』
  • トマト銀行『キューリ』

地方銀行の場合、全国から利用できる商品はそれほど多くはありません。

申し込みできる地域は限られていても利用は全国でできる!

ここまでで確認したように、地方銀行のカードローン商品は、カードローンを利用する上で居住地や勤務地に関する条件を設けている場合が多いのです。ということは、そのような商品に申し込みができるのは、その商品を扱う地方銀行の近くに住んでいたり勤め先があったりする人のみです。

ですが、申し込みができるエリアと、実際にカードを利用してお金を借りることができるエリアとは、実は違います。どういうことかというと、申し込みには条件が設けられていても、借り入れをする時は全国各地でできるのが一般的だということなのです。

カードを持っていれば、それを利用して、その銀行のATMだけではなく提携先の金融機関やコンビニのATMなどからも借り入れをすることができます。つまり、申し込みは制限されていても、借り入れは全国からできるということなんですね。

旅行先でちょっとお金に困ったからお金を借りたいというようなときにも、便利に借り入れができます。

千葉銀行のカードローン商品には地域に関する条件があるの?

それでは、千葉銀行のカードローン商品に申し込みたい場合、地域に関する条件があるのでしょうか。

結論から言えば、千葉銀行でもやはり申し込みできる人に関しての条件が設けられています。設けられている利用条件は商品ごとに違いますので、千葉銀行で扱われているカードローン商品ごとに利用条件や商品の特徴などを確認したいと思います。
地方銀行は、メガバンクとは違ってその銀行がある地域に貢献することを目指す、地域密着主義を掲げている銀行が多いんじゃな。じゃから、カードローン商品の利用も、その銀行がある地域周辺に限っているのが一般的なんじゃよ。

とはいえ、例外もあって、中には全国どこからでも申し込める商品を持っている地方銀行もあるんじゃよ。

それから、申し込みできる地域は限られていても、借り入れなどの利用は全国からできるのが一般的じゃ。

インターネット支店ならより広いエリアで利用可!クイックパワー

千葉銀行では、3種類のカードローン商品が扱われています。最初にご紹介するのは、クイックパワー<アドバンス>という名前の商品です。

この商品は、インターネット支店での取り引きを希望するかどうかによって申し込み可能なエリアが変わることが特徴です。

では、詳しく見ていきましょう。

申し込み可能なエリア

クイックパワー<アドバンス>に申し込みできるのは、以下の条件を満たしている人です。

◎インターネット支店での取り引きを希望する場合、以下のエリア内に住まいがあること

  • 千葉県全域
  • 東京都全域
  • 埼玉県全域
  • 茨城県全域
  • 神奈川県の川崎市と横浜市

◎インターネット支店以外での取り引きを希望する場合、以下のエリア内に住まいまたは勤め先があること

  • 千葉県全域
  • 東京都(千代田区、新宿区、文京区など一部地域)
  • 埼玉県(春日部市、草加市、三郷市など一部地域)
  • 茨城県全域
  • 神奈川県の川崎市と横浜市

全エリアを紹介すると多数になるので、一部地域を抜粋してご紹介しました。詳しくは、千葉銀行のホームページ上に公開されています。また、ここに挙げられていても一部利用できない地域がありますので、詳細が知り合い場合は電話で問い合わせましょう。

申し込みは、以下の方法でできます。

  • インターネット(パソコン・スマホから)
  • モバイル端末から
  • 電話・ファックス
  • 郵送

借り入れ・返済ができるエリア

では次に、借り入れや返済ができるエリアをチェックしましょう。クイックパワー<アドバンス>の借り入れや返済は、全国各地からできます。

借り入れは、以下の方法で可能です。

  • 千葉銀行のATMで
  • 都市銀行、コンビニなどの提携先のATMで
  • インターネットバンキングやテレフォンバンキングで

コンビニなどでも借り入れが可能なので、それらがある場所ならどこでも借り入れが可能なんですね。それから、インターネットバンキングやテレフォンバンキングでの借り入れもできますので、インターネットや電話が使える環境ならどこででも借り入れできます。

また、希望すれば自動融資サービスを追加することも可能です。自動融資サービスとは、クレジットカード・公共料金などの引き落としの時に、指定預金口座の残高が不足している場合不足分の自動融資が受けられるというものです。

返済は、以下の方法で可能です。

  • 自動返済(毎月1日に口座から引き落とし)
  • まとめての返済

返済方法は、毎月1日に定期的に自動返済となっていますが、余裕がある時にはまとめての返済も可能です。1日が銀行の休業日の場合は、翌営業日が引き落としの日となります。その場合は、千葉銀行のATM、提携ATM、インターネットバンキング、テレフォンバンキングから返済が可能です。

返済も、地域を限定されず行えますね。ちなみに、毎月の返済額は借り入れ残高によって決まる方式を取っています。

エリア以外の利用条件

カードローンを利用するためには、エリアに関する条件以外にも満たすべき条件があります。そこで、クイックパワー<アドバンス>のその他の利用条件を合わせて確認しましょう。

  • 契約時に満20歳以上65歳未満であること
  • 安定収入があること
  • 保証会社(エム・ユー信用保証株式会社)の保証を受けられること
  • クイックパワーまたはクイックパワー<アドバンス>を契約していないこと

ここで言う安定収入には、パートやアルバイトによる収入も含まれます。また、専業主婦の場合、配偶者に安定した収入があれば申し込みが可能です。ですが、収入が年金のみの人は申し込むことができませんので注意しましょう。

それから、以前の千葉銀行のカードローン商品であるクイックパワー、そして現在のカードローン商品であるクイックパワー<アドバンス>をすでに契約している人は、新たに申し込みをすることはできません。

商品詳細

クイックパワー<アドバンス>の商品詳細は、以下の通りです。

金利 利用限額 資金使途
4.3~14.8% 30万円~500万円 自由(事業性資金としての利用は不可)

この商品は、おまとめローンや借り換えローンとしても利用できます。

この商品を利用するメリット

この商品は、派遣社員やパート・アルバイト、それから専業主婦の人でも申し込みをすることができます。さらに、千葉銀行の普通預金口座を持っていなくても申し込みが可能なので、多くの人にとって借りやすいことがメリットです。ただし、カードローンの申し込みと同時に口座を開設する必要はあります。

また、最短であれば来店不要で即日融資が可能です。千葉銀行から審査結果の連絡を正午までにもらうことができれば、当日中の借り入れができます。普通預金口座を持っていない人は、口座の開設も正午までに終わることが条件です。そのため、即日融資を希望する場合は、できる限り早めに申し込みをすることが大切です。

それから、この商品は所得証明書の提出が不要な点も大きなメリットです。

例えば、申し込み限度額が100万円以上の場合のみ収入証明書が必要、など条件付きで書類を提出しなくていい商品は多くあるのですが、一切不要と明言しているカードローンは珍しいと言えます。

必要書類は、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類のみですので、手軽に申し込みができますね。

クイックパワー<アドバンス>は、インターネット支店での取り引きを希望することでより多くの人が使える可能性のある商品なんじゃよ。

派遣社員やアルバイト・パートの人でも利用できるから、この商品になら申し込めるという人は多くいることになるな。

最短であれば即日融資も可能じゃから、使い勝手もいい商品だと言えるんじゃぞ。

利用するには年収500万円以上必要だが条件が良い!プレミアクラス

次に、プレミアクラスという名前の商品をご紹介します。この商品は、年収が500万円以上無ければ利用できないことになっているので、多くの人にとって使いやすいとは言い難いのですが、その分融資条件が良い商品です。

では、詳しく見ていきましょう。

申し込み可能なエリア

プレミアクラスに申し込みできるのは、以下のエリアに住まいか勤め先がある人です。

  • 千葉県全域
  • 東京都(千代田区、新宿区、文京区など一部地域)
  • 埼玉県(春日部市、草加市、三郷市など一部地域)
  • 茨城県全域
  • 神奈川県の川崎市と横浜市

クイックパワー<アドバンス>のようにインターネット支店での取引を希望するかどうかは、申し込み可能エリアには影響しません。全エリアを紹介すると多数になるので、一部地域を抜粋してご紹介しています。

申し込みは、以下の方法でできます。

  • インターネット(パソコン・スマホから)
  • 電話・ファックス

この商品の場合、契約は店舗に来店して窓口でするか、郵送で申し込みをするかのどちらかが必要になります。つまり、ネットで申し込みはできても、契約はネット上ではできないということですね。

借り入れ・返済ができるエリア

では次に、借り入れや返済ができるエリアをチェックしましょう。プレミアクラスも、借り入れや返済は全国各地からできます。

借り入れは、以下の方法で可能です。

  • 千葉銀行のATMで
  • 都市銀行、コンビニなどの提携先のATMで
  • インターネットバンキングやテレフォンバンキングで
  • 口座の残高が不足している時に受けられる自動融資サービス

コンビニなどでも借り入れが可能なので、それらがある場所ならどこでも借り入れが可能なんですね。それから、インターネットバンキングやテレフォンバンキングでの借り入れもできますので、インターネットや電話が使える環境ならどこででも借り入れできます。

それから、この商品では申し込み時に利用する旨を記入すると、自動融資サービスが受けられます。残高不足を心配しなくていいので便利ですね。

返済は、以下の方法で可能です。

  • 自動返済(毎月1日に口座から引き落とし)
  • まとめての返済

返済方法は、毎月約定返済日に定期的に自動返済となっていますが、余裕がある時にはまとめての返済も可能です。その場合は、千葉銀行のATM、提携ATM、インターネットバンキング、テレフォンバンキングから返済が可能です。返済も、地域を限定されず行えますね。

ちなみに、毎月の返済額は借り入れ残高によって決まる方式を取っています。

エリア以外の利用条件

プレミアクラスのその他の利用条件は、以下の通りです。

  • 契約時に満20歳以上60歳未満であること
  • 同一勤務先での勤続年数が3年以上であること
  • 個人事業主・同族会社オーナーではないこと(一部の職業を除く)
  • 年収が500万円以上あること
  • 千葉銀行で給与振り込みか住宅ローンを利用中であること
  • 保証会社の保証を受けられること
  • 千葉銀行の他のカードローンを契約していないこと

この商品の利用条件は、かなり厳しめに設定されているのがおわかりいただけるかと思います。

個人事業主・同族会社オーナーはこの商品を利用できませんが、以下のようないわゆる師士業者と呼ばれる人は例外として利用が可能です。

  • 医師
  • 弁護士
  • 税理士
  • 弁理士
  • 司法書士
  • 公認会計士
  • 不動産鑑定士

勤続年数や年収の条件のほかに、千葉銀行で給与振り込みまたは住宅ローンを利用していることが必要であるなど、普段からの千葉銀行との取り引きも重視されています。

商品詳細

プレミアクラスの商品詳細は、以下の通りです。

金利 利用限額 資金使途
4.0~5.5% 300万円~500万円 自由(事業性資金・投機性資金としての利用は不可)

この商品を利用するメリット

この商品は、住宅ローンを利用しているとさらに0.2%割引の金利で借り入れができますので、住宅ローンを契約している人で商品の利用条件に合っている人は、さらにお得に利用することが可能です。

また、自動融資サービスが受けられるので、口座の残高不足を心配しなくてもいい点でも便利ですね。

ただし、即日融資を受けることはできませんし、また提出する書類も以下のように多いので、手軽に借り入れができる商品だとは言いにくい部分もあります。

  • 運転免許証、写真入りの勤務証明書などの本人確認資料
  • 勤続年数または営業年数が確認できる書類
  • 確定申告書や源泉徴収票などの所得証明書類
  • 不動産登記簿謄本などの自宅の所有が確認できる書類
  • 届け印
千葉銀行のプレミアクラスはとても利用条件が厳しい商品なんじゃが、その分契約できれば金利も低くお得に使える商品でもあるんじゃぞ。

申し込み可能なエリアには、やはり決まりがあるな。利用するのは全国どこからでもできるが、申し込める人には限りがあるということなんじゃ。

住宅ローン利用で金利優遇!マイワレット

最後にご紹介するのは、マイワレットという商品です。この商品は、住宅ローン利用者であれば金利の優遇が受けられます。

では、詳しく見ていきましょう。

申し込み可能なエリア

マイワレットを利用できるのは、以下のエリアに住まいか勤め先がある人です。

  • 千葉県全域
  • 東京都(千代田区、新宿区、文京区など一部地域)
  • 埼玉県(春日部市、草加市、三郷市など一部地域)
  • 茨城県全域
  • 神奈川県の川崎市と横浜市

全エリアを紹介すると多数になるので、一部地域を抜粋してご紹介しました。詳しくは、千葉銀行のホームページ上に公開されています。また、ここに挙げられていても一部利用できない地域がありますので、詳細が知り合い場合は電話で問い合わせましょう。

申し込みは、以下の方法でできます。

  • 店頭
  • 郵送

この商品は、インターネット経由で申し込むことができません。郵送で申し込みたい場合は、最寄りの店舗に電話しましょう。

借り入れ・返済ができるエリア

では次に、借り入れや返済ができるエリアをチェックしましょう。マイワレットも、全国各地から利用できます。

借り入れは、以下の方法で可能です。

  • 千葉銀行のATMで
  • 都市銀行、コンビニなどの提携先のATMで
  • インターネットバンキングやテレフォンバンキングで
  • 口座の残高が不足している時に受けられる自動融資サービス

この商品も、様々な借り入れ方法が利用できるので、全国各地から使えます。また、プレミアクラスと同じく、この商品でも自動融資サービスを受けることも可能です。その場合は、申し込みの際にこのサービスを利用する旨を記載しておきましょう。

返済は、以下の方法で可能です。

  • 自動返済(毎月1日に口座から引き落とし)
  • まとめての返済

返済方法は、毎月約定返済日に定期的に自動返済となっていますが、余裕がある時にはまとめての返済も可能です。その場合は、千葉銀行のATM、提携ATM、インターネットバンキング、テレフォンバンキングから返済が可能です。返済も、地域を限定されず行えますね。

ちなみに、毎月の返済額は借り入れ残高によって決まる方式を取っています。

エリア以外の利用条件

この商品は、利用限度額によって利用するための条件が違います。では、利用限度額ごとに確認していきましょう。

◎利用限度額が30万円のマイワレット30、給与振り込み無しで利用する利用限度額が50万円のマイワレット50の場合

  • 契約時に満20歳以上65歳未満であること
  • 安定収入があること(アルバイト・パート・年金収入のみは不可)
  • 千葉銀行のカードローン商品を他に契約していないこと

この商品は、アルバイトやパートの人は利用できないことになっています。

◎給与振り込みありで利用する利用限度額が50万円のマイワレット50、利用限度額が100万円のマイワレット100、利用限度額が200万円のマイワレット200の場合

  • 契約時に満20歳以上65歳未満であること
  • 安定収入があること(アルバイト・パート・年金収入のみは不可)
  • 千葉銀行で給与振り込みか住宅ローンを利用中であること
  • 千葉銀行のカードローン商品を他に契約していないこと

この商品で高い利用限度額を希望するなら、給与振り込み口座に千葉銀行を指定していたり、住宅ローンを契約していたりなど、普段からの取引があることが必要なんですね。

商品詳細

マイワレットの商品詳細は、以下の通りです。

金利 利用限額 資金使途
8.8~14.8% 30万円~200万円 自由(事業性資金としての利用は不可)

この商品は、先ほども確認したように、利用限度額が条件によって違います。

この商品を利用するメリット

この商品は、住宅ローンを利用しているとさらに0.2%割引の金利で借り入れができますので、住宅ローンを契約している人で商品の利用条件に合っている人は、さらにお得に利用することが可能です。

また、自動融資サービスが受けられるので、口座の残高不足を心配しなくてもいい点でも便利ですね。つまり、プレミアクラスと同じようなメリットを持った商品で、年収の制限が無い分使える人が多い商品だと言えます。

ですが、申し込みたい時には来店もしくは郵送で申し込まなければならないなど、やや手間がかかる印象を受けます。

マイワレットも、申し込みをするには指定された地域内に住んでいるか勤務先があるかすることが必要なんじゃな。

この商品も、住宅ローンを利用していると金利の割引が受けられるから、そういう人にはお得な商品じゃ。年収の制限が無い分、申し込みやすいと思う人も多いかもしれんな。

千葉銀行のカードローン、審査は厳しい?甘い?

商品内容を確認して、利用してみたいと思った時、審査は気になるところですよね。そこで、千葉銀行のカードローンの審査について確認しましょう。

消費者金融系より銀行系カードローンの方が審査が厳しい!

銀行系カードローンの場合、消費者金融系よりもどうしても審査が厳しくなります。なぜかというと、銀行は消費者金融よりも低金利で融資をしていますし、利用限度額が高い商品も多いからです。

その分、きちんと回収しなければ利益が出にくいということですし、貸し倒れのリスクも大きいので、審査がより慎重になります。

消費者金融の場合、お金を貸す時に銀行からお金を借りて融資しますから、利益を上げるにはどうしても銀行より金利が高くなってしまうのです。そうなると、銀行系カードローンにみんな流れてしまいますよね。

そうならないように、審査基準を銀行系とは違った感じで設けることによって、より多くの人を融資の対象とし、顧客の確保をしていることもあって、消費者金融系カードローンの方が審査に通りやすいのです。

千葉銀行も、地方銀行ではあっても銀行ですから、審査の厳しさはメガバンク系のカードローンと同じ感じで、消費者金融系より厳しめだと思っていいでしょう。

電話による確認もあります

千葉銀行のカードローンの場合、申し込み内容を確認するために電話で連絡をするということが明記されています。

ということは、申し込んだのが本当に本人かということを確認するために自宅または携帯電話への連絡もありますし、本当に仕事をしているかどうかを確認するための勤務先への連絡(在籍確認)もあると考えられますね。

商品によっては利用条件が厳しいものも!

先ほど、商品ごとの利用条件を確認しましたが、中でもプレミアクラスはとても条件が厳しくなっていることがおわかりいただけたかと思います。ですが、その分融資の条件は良いので、条件に合えばお得に使える場合もあります。

3種類の商品がありますので、利用条件を元に自分に合った商品を探して利用したいものですね。

審査では何が重視される?

クイックパワー<アドバンス>の商品内容紹介では、年収の多さよりも年収に対して返済がどれくらいの割合を占めているかを重視して審査を行っていると説明されています。

つまり、単純に年収が多いから審査に通りやすいというのではなく、年収に対して返済額が占める割合が低く、返済に無理が無いと判断される方が審査に通りやすいわけですね。

ということは、申し込みの段階で高い利用限度額を希望するのではなく、必要最小限にとどめておくと審査に通りやすくなるということがわかります。

地方銀行の商品ではあっても、銀行系のカードローンであることには違いが無いから、千葉銀行の審査は消費者金融系カードローンほど審査が甘くは無いと考えるべきなんじゃな。

特に、千葉銀行では返済に無理が無いかどうかを重視して審査を行っていることがわかっておるから、必要最小限の利用限度額を希望することが審査に通りやすくなるコツなんじゃよ。

申し込み時は制限があるが契約後は全国から使える!千葉銀行の商品

以上のことから、千葉銀行のカードローンがどこに住んでいても使えるのかについて、以下のような結論が出ます。

  • 申し込みにはエリアに関する条件があるのでどこに住んでいても使えるとは言えない
  • 借り入れや返済はどこにいても可能

千葉銀行は地方銀行なので、申し込みができるエリアが制限されていますので、全国どこに住んでいても使えるカードローンではないということになりますね。

ですが、借り入れや返済はどこからでも可能なので、契約後旅行先で使ったりなどの場合には便利に利用できます。

【参考ページはこちら】
カードローン会社一覧はこちら

千葉銀行は、地方銀行のカードローン商品であることもあって、申し込みするには指定されたエリア内に住んでいるか、または勤務先があるかすることが必要なんじゃな。

契約をした後には、借り入れや返済はどこからでもできるから、旅行先でちょっとお金に困ったなどという時には、エリアを気にせずに利用できる商品というわけじゃよ。

千葉銀行のカードローン商品は3種類あって、それぞれに性格が違うんじゃ。じゃから、自分に合った商品を探して申し込むとより便利に使えると言えるな。

閉じる
閉じる