カードローン審査の「困った」を解決

主婦でもカードローンを使うなら知っておきたい事まとめ

「主婦はお金なんて借りれない」と思っていませんか?実はあなたが今TVやポスターで見かけるカードローンは、すべて主婦の方に対応するものばかりです。

台所事情によってお金が足りなくなることはよくある話。それをヤリクリする主婦にこそ、時には安全な借入先が必要ですよね。

でも頭から不可能と思っているせいか、カードローンについて全くご存知ない方が多いようです。使う使わないは別として、それではイザという時に困りませんか?

そこで今日は、主婦に役立つカードローン情報をまとめてご紹介します。万が一の時のために、是非お役立てください。

主婦もホントに借りれる!安全なカードローンの見分け方と審査のコツ

実はカードローン利用者全体の1/4は女性で、お金を借りている女性の数は意外と多いのです。

そういう人が経済的にだらしないかというとそうとは限らず、例えば貯金を斬り崩したくないために一時的にカードローンを利用する女性も多いのだとか。あまり合理的とは言えませんが、気持ちは分かりますよね。

カードローンの利息は日割り計算されるため、極端な話、給料日前の1日だけ借りるなんてことも可能です。これなら10万円借りても利息は50円足らず。

カードローンには、このように様々な用途が考えられるのです。

初めて借りる主婦には大手カードローンが無難!

このように主婦でもカードローンが欲しいと考えるのは決して珍しいことではありませんが、借入先の選択には慎重になるべきです。

基本的に主婦はどこでも申込み可能ですが、おすすめなのはやはり大手業者や銀行などの金融機関。安心して借りれて、利用方法も分かりやすく初めての方でも迷うことがありません。

今は以下のような銀行の種類も増え、主婦には多くの借入先があります。

  • 大手消費者金融・・・モビット、プロミスなど
  • 大手銀行・・・・・・三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行など
  • ネットバンク・・・・楽天銀行など
  • 新たな形態の銀行・・イオン銀行など
  • 地方銀行・・・・・・みなと銀行など
  • 信用金庫・・・・・・徳島信用金庫など

消費者金融は怖いと思う方も多いのですが、今は法制度も整い、実質銀行カードローンと殆ど変わりなく利用できます。なお法制度については次章で詳しくご説明します。

カードローンはネットバンクの商品もおすすめ!

銀行にはネットバンクや新たな形態の銀行も含まれます。以下のような銀行はインターネットとも相性がよく、主婦の方も何かと利用しやすいでしょう。

  • イオン銀行
  • 楽天銀行
  • セブン銀行
  • ソニー銀行

(こちらもご参考に→主婦からも人気の高いイオンのユトリプラン

ただこの手の銀行ではローンカードが自宅に郵送されるため、家族にナイショにしたい方には向きません。郵送ではなく直接カードを受け取れるのは、自動契約機を利用できる大手消費者金融か一部大手銀行だけです。

なお直接カードを受け取る方法については、また後ほど詳しくご紹介します。

主婦でもお金を借りることは不可能ではない。日常そこいらでよく見かける大手の企業なら、どこでも申込み可能じゃ。皆んな様々な事情でカードローンを利用しており、必ずしもお金の管理が下手だからとは限らんぞ。

大手銀行や大手消費者金融のほか、ネットバンクのカードローンもおすすめじゃよ。ただネットバンクの場合、カードが自宅に郵送されることを忘れんように。銀行の封筒だからバレることはないが、内緒にしておきたい主婦にとって不安要素であることは確かじゃな。

主婦のためのカードローン初歩講座!初めてお金を借りる方必見!

ここで初めて借りる主婦の方向けに、カードローンの初歩的な知識を幾つかご紹介しておきましょう。今は関係なくても後々役に立つ情報もありますので、是非一度は目を通しておいてください。

総量規制があるので年収の3分の1以上は借りれない

総量規制という言葉をご存知でしょうか?

総量規制とは消費者金融に導入された新制度のことで、総額で年収の3分の1以上は借りれないという貸金業者の共通ルールです。

もちろん主婦の方にも適用されますよ。良い機会ですから、一度ここで計算してみましょう。

まずあなたの年収額の合計を計算してください。次にそれを1/3倍します。この計算結果が、あなたが消費者金融で借りれる総額です。

あなたの年収( )円
( )円 × 1/3 = あなたが消費者金融で借りれる総額
総量規制下で借りれる総額にはクレジットカードのキャッシング利用も含まれますが、ショッピング利用残高は含まれません。なお総量規制が適用されるのは貸金業者だけです。

主婦の借入額の上限は決まっていることもある

ただ年収の1/3とは関わりなく、パートやアルバイトの場合は利用上限が決められていることもあります。

主婦の方は、パート収入を非課税の100万円程度に抑えている方が殆どでしょう。この1/3ならば33万円ですが、実際にはなかなかここまでは借りれません。

主婦がたくさん借りようと思ったら、大手やメガバンクだけでなく、地方銀行のカードローンも当たってみる必要があります。

専業主婦は銀行でしか借りれない

ところでご紹介した計算式で、年収が(0)円の方はいますか?お仕事をしていない専業主婦の方ならそうなるはずですよね。

0円で計算すると、消費者金融で借りれる総額も0円になります。つまり専業主婦は消費者金融ではお金を借りれないということになります。

でもこれは消費者金融の場合のみで、銀行は総量規制対象外ですから問題はありません。

お仕事をしていない専業主婦の方は、消費者金融ではなく銀行カードローンを申込んでください。

中小消費者金融はヤミ金とは違うが初心者には不向き

しかし大手消費者金融では申し込めない専業主婦も、中小消費者金融なら申込める場合があります。

勿論これは違法な融資ではなく、総量規制の例外として、配偶者貸付という正規の方法がちゃんと存在するのです。

但し必要書類が多く旦那さんにも内緒にできないため、同じことなら本人確認書類だけで借りれる銀行の方がずっといいですよ。

なお中小消費者金融のことをヤミ金と同一視している方がいますが、それは間違いです。中小消費者金融は正規登録業者ですので、知名度は低くても決して危険な業者ではありません。

ただ初心者には中小消費者金融は何かと使いにくいので、主婦の方にはやはり大手業者か銀行などの金融機関が無難です。

主婦もカードローンを利用するなら、総量規制のことは一応頭に入れておく方がよいな。特に専業主婦は、このせいで消費者金融では借りれんということを憶えておくように。

中小消費者金融なら専業主婦にも対応しておる場合があるが、決して危ない業者ではないものの、やはり初心者にも利用しやすい銀行カードローンの方がおすすめじゃよ。本人確認書類だけで借りれるし、家族にも知られんで済むからな。

主婦のカードローン審査の注意点とは?ココを抑えておけば大丈夫!

カードローン審査においては、職業が重要な意味を持っています。そのため職業によって、その審査対策や注意点はそれぞれ異なります。
(⇒カードローンを利用できる職業とは

主婦というのは職業ではありませんが、やはり共通した審査のコツのようなものがあります。それを幾つかご紹介しましょう。

主婦のカードローン審査には配偶者の存在が重要ポイント

主婦のカードローン審査で一番大事なことってなんだと思いますか?年収額でしょうか?それともパートの勤続年数?

実はそれよりも大切なのは、一家の大黒柱であるご主人の存在です。

配偶者の収入が安定していることが、主婦のカードローン審査には何より重要なのです。

従って専業主婦の場合、配偶者が無職では申込むことができません。

家族にバレない申し込みのコツは契約機を使うこと

また主婦の場合、カードローン利用を家族に知られたくないという方も多いでしょう。でも何も考えず申込むと、家族にバレる可能性もあるので気をつけてください。

先ほどもご説明しましたが、インターネットで申込んで成約すれば、後日カードが自宅に郵送されるからです。

これが困るという主婦の方には、自動契約機の利用がおすすめです。

契約機は大手消費者金融や、一部の大手銀行ならば利用できます。消費者金融の場合、店舗や契約機コーナーまで行かねばなりませんが、一部大手消費者金融は銀行内の契約機も利用できますよ。

ご用心!カードローンを延滞すると家族にバレますよ!

でもせっかくナイショで使っていても、カードローンの返済期日を守らないと、最終的には家族にもバレてしまいますよ。カードローンの延滞は信用情報に登録され、長引くとブラックになる可能性もあります。

  • 1日でも遅れるなら事前に連絡を入れること
  • 延滞の記録は信用情報に登録される
  • 3ヶ月以上延滞するとブラックになる

返済期日を過ぎても入金できないと、最初は携帯に電話が入りますが、それを無視していると督促ハガキが自宅に届き家族にも黙ってはいられなくなります。

延滞は早め早めの対策が肝心で、延滞しそうな時は事前に連絡を入れて相談するのが一番です。

主婦がカードローン審査を受ける場合、他の職業の人とはちょっと異なる観点が必要じゃ。普通は本人収入が重要視されるが、主婦の場合は年収のある配偶者の存在が重要ポイントとなる。

またその配偶者であるご主人に、借入を知られたくない人が多いというのも主婦の傾向じゃろう。その場合、自動契約機の利用がおすすめじゃ。これならその場でカード発行されるので、自宅宛にカードが郵送されるという心配がない。

主婦もナットクのカードローン!商品パターンをタイプ別にご紹介!

最後に主婦の方に特におすすめのカードローンをタイプ別にご紹介しましょう。カードローンにはいろんな商品がありますから、初めての方だと迷うばかりで絞り込むことができません。

そこでカードローンを極々大雑把に3種類に分類してみました。さて、あなたにピッタリなのはどのタイプでしょう?

【お急ぎの主婦に】自動契約機のある大手消費者金融がおすすめ

慌てるとろくなことはないので、カードローン申込みは余裕を持ってというのが原則。しかしお金が必要な時は大抵急いでいますから、慌てるなというのは無理な話かもしれませんね。

でも融資スピード最短の方法を知っていれば、どんな時でも安心です。そこでお急ぎの主婦の方に最適のカードローン申込み手順をご紹介しましょう。

①自動契約機のある大手消費者金融を選ぶ
②インターネットで申込む(PC、スマホなど)
③最寄りの自動契約機でカードを受け取る
④その場に設置のATMから出金

これがおそらく融資スピード最短の借入方法です。ポイントは②で申込みを済ませておくこと。これで借入までの時間が最短になります。

【ナイショで借りたい主婦に】キャッシュカード一体型がおすすめ

知人や家族に借入を知られたくないのは主婦に限らず一般的な傾向ですから、カードローンは申込みから利用まで、そのプライバシー対策は徹底しています。

従って特に隠そうと意識しなくても、まず周囲にバレる心配はありません。たとえATMを使っているところを見られたとしても、お金を借りているようには見えないのが普通です。

しかし「カード」を見られてしまったとしたらどうでしょう?

消費者金融も銀行もカードローンを申し込めば「ローン専用カード」が発行されますから、知っている人が見れば気づかれてしまう可能性もあります。

また家族にお財布の中身を見られて「このカードは一体何?」なんてこともあるかもしれません。

そこまでプライベート対策を気にかける主婦の方におすすめなのが、キャッシュカード一体型です。

これは手持ちの銀行口座のキャッシュカードにローン機能を付帯させたもので、外見はもちろんキャッシュカードのまま。

でもこれを使ってカードローンと全く同様にお金を借りることができるのです。便利さもさることながら、カードを見られてもキャッシュカードにしか見えないのでナイショにしたい方にはピッタリですね。

【ショッピングも楽しみたい主婦に】クレジットカード一体型が最適

ナイショにしたいしショッピングも楽しみたい欲張りな主婦の方には、クレジットカード一体型がおすすめです。

これはクレジットカードにローン機能が搭載された多機能タイプで、銀行発行のキャッシュカード機能付きなら更に便利です。

外見はクレジットカードなので見られても全く問題ありませんし、ショッピング機能付きでポイントが貯まる楽しみも味わえますよ。

【参考ページはこちら】
専業主婦でも利用できるカードローンは?

主婦も時にはカードローンを上手に使いこなすことが大切じゃな。そのためには安全な借入先を選ぶことが先ず重要で、大手消費者金融や銀行のカードローンが候補に上がる。

その中でも、自宅にカードを郵送されたくないという主婦には、大手消費者金融など自動契約機で申込めるカードローンが一番。プライバシー対策を万全にしたい主婦には、キャッシュカード一体型など多機能タイプがおすすめじゃ。

やりくりを任されている主婦の方!給料日前にやりくり...

12
閉じる
閉じる